日本軍はどうすればアメリカ軍に勝てたの?

    164
    コメント

    1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:48:01.96 ID:OAR8y5SE0
    ちょっと真面目に議論したい


    5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:48:59.94 ID:TOTbU8HG0
    風船爆弾で細菌兵器プレゼント


    22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:54:12.61 ID:ZdrM5sxW0
    >>5
    これは結構ガチな気がする


    7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:49:41.49 ID:xwZHAZa+0
    プライドがなかった
    だから負けた



    8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:50:32.29 ID:r6n8ZkOW0
    >>7
    逆にプライド高すぎたんだ


    9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:50:41.88 ID:+zZpIORM0
    WWⅠ WWⅡのタイのようにすれば最低の被害で最高の成果が出せた


    10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:50:49.51 ID:0JxxuqIZ0
    上層部が馬鹿じゃなかったら勝てた


    25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:54:37.53 ID:23kwt4Ov0
    ヤマト作る金でゼロ戦作ってりゃ勝てたってマジで?


    30:革命的美少女 ◆CCCPJCzf1Y :2011/05/25(水) 19:55:37.38 ID:mzaUxA0V0
    >>25
    空母作ってりゃ良かった


    27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:55:05.10 ID:XsXIaxKt0
    鉄人28号超人機メタルダー強化外骨格

    1つでも完成していれば…


    37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:57:38.34 ID:2nDnRLP8O
    >>27
    チート杉


    36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:57:15.02 ID:n+r0VbdW0
    日本軍の精神力は異常だったらしい
    米軍兵は一発被弾したらそこで終了
    日本兵は死ぬまで戦い抜く姿勢を貫く(これは軍の訓練によって培われたもの)
    この精神力と奇襲作戦・白兵戦?で中盤まではアメリカを苦しめた

    しかしそれ以外の作戦は準備してないので、戦術の変更ができなかった
    あとインパール作戦で流れが変わったって言ってた


    43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:59:06.82 ID:lianPyoSP
    >>36
    米兵は被弾しても治療を受けて戻ってくる
    日本兵は華やかに散って()お終い

    俺ならアメリカを支持するね


    39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:58:31.50 ID:Yeg0NTxt0
    資源があれば、工業力があれば……
    って意見をよく聞くけど

    もそも、そんなものが日本に備わってりゃ
    戦争なんかしなくても良かったんじゃないか?


    54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:01:05.35 ID:bjQH6GIDO
    >>39に同意
     
    日本は資源欲しさに植民地確保しようとドイツに乗っかっただけ
    資源があれば戦争をする必要はなかった。
    まあ、アメリカに占領されたかもしれないが


    46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:59:32.64 ID:sEy0hgE6O
    ミッドウェーで負けたのが大きいとかなんとか

    大東亜興亡史で連合国と講和して
    枢軸国と戦うとかいう
    後味の悪いシナリオがあったけどありえたのかな?


    55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:01:07.53 ID:lianPyoSP
    >>46
    仮にミッドウェーで勝ってても時間の問題だったと思う
    そもそも、結果論だけどあの戦い自体負けが必定だったようだし


    50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 19:59:55.67 ID:LSZcC+ci0
    江田島があと10人は居れば余裕で勝った


    51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:00:21.83 ID:Yeg0NTxt0
    >>50



    56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:01:19.82 ID:f/QGzyGkP
    とりあえず、レーダー技術とターボ技術がなかったのが痛かった
    ゼロ戦でB-29落せればあそこまで完膚なきまでに負けることは無かった


    83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:05:43.71 ID:MpOD0gUe0
    >>56
    零戦はそもそも艦上戦闘機で、成層圏での迎激戦向けの機体じゃないぞ。
    震電あたりがあと半年早く量産化されてればなんとかなったって説はあるな。


    69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:03:56.35 ID:23kwt4Ov0
    ヤマトは一体なんだったんだ
    空母と戦艦の違いって何よ


    85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:05:59.22 ID:Yeg0NTxt0
    >>69
    簡単に言えば、戦艦は戦闘用の艦艇の中でも主力に位置する艦。
    強固な装甲とでかい艦砲で敵艦をガチンコ勝負をするのが仕事

    空母っていうのは航空母艦のこと、要は海上を移動する航空基地
    攻撃方法は、もっぱら艦載機によって行われる。


    74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:04:28.35 ID:f/QGzyGkP
    むしろイタリアがいらなかった


    93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:07:15.89 ID:Ppc5nea00
    >>74
    イタリア馬鹿に出来るほど日本も国力良くねぇよ
    最近じゃ最弱伝説なんて誇張ばかりなんて言われてるし


    86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:06:03.98 ID:P3DIfkdR0
    これさ、いつもアメリカに勝つってのが目的だけど
    支那に勝つじゃだめなの?
    もともとそういう戦争だったんだし



    115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:11:45.74 ID:sEy0hgE6O
    >>86
    仮に支那倒しても米畜が横槍入れてくるんじゃね?

    牟田口は盧溝橋事件の時に戦死してればよかった


    101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:09:41.19 ID:VOvOwCRC0
    韓国はそのころ原始時代だっけ?


    117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:12:00.27 ID:G4tKk18Y0
    >>101
    もう併合も済んでるから近代化してる


    102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:09:43.08 ID:7oGfeU5I0
    あのころは完全に物量がモノを言うからどうやっても勝てない


    109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:10:33.73 ID:9j5rUFf30
    >>102
    なお技術力でも大敗してる模様


    110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:10:47.63 ID:Ua6bU9gq0
    暗号とかバレバレで情報ダダ漏れだったからな


    111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:11:01.31 ID:Yeg0NTxt0
    真珠湾作戦にしても、攻撃目標が艦艇、航空基地及び航空機ばっかりで
    空母は取り逃がすし、肝心のドックやら燃料貯蔵施設やらを無傷で残しちゃったのはまずかった

    もちろん奇襲作戦だから、機動艦隊の損傷を極力抑えて迅速に撤退する必要があったとはいえ
    その後の作戦行動を全体的に見ても、戦術的勝利に固執して戦略的に敗れるパターンが多いような気がする


    121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:12:30.06 ID:8SpwBp240
    アメリカ→日本の暗号解読を徹底的にやる
    日本→作戦がバレても気にせず作戦を変えない

    アメリカ→兵士をローテーションで休ませる。休んでる間は部下の教育に当たらせる

    日本→特攻して全滅したら補給


    129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:13:53.09 ID:bE07e8/K0
    隣の家に居たじーさんがミッドウェーで戦って戦史に残るような人だったけど
    天皇崇拝はマジですごいね。戦争終わって何十年経っても崇拝してた


    136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:14:56.74 ID:8SpwBp240
    ハワイの燃料破壊しとけばよかっただろって意見はよく聞くな


    157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:18:40.97 ID:g3lnjwwY0
    そういや今のところアメリカの空母を沈めたのは
    日本だけだよな


    159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:18:55.96 ID:bjQH6GIDO
    アメリカが核落とした目的って何なの?
    戦争を手っ取り早く終わらせるためとか聞くが、個人的には一度実戦で使ってみたかったからだと思うんだ


    166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:20:15.11 ID:TlXNoSRJ0
    >>159
    両方だろうな
    体裁のために前者で押し通すのが勝者の言い分だ


    167:革命的美少女 ◆CCCPJCzf1Y :2011/05/25(水) 20:20:27.26 ID:mzaUxA0V0
    >>159
    実験と、ソ連への牽制


    169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:20:44.72 ID:P3DIfkdR0
    >>159
    早く終わらせないとソ連が対日戦に介入してくるからってのが一番じゃないかな
    戦後の米ソの対立構造はもうすでにわかってたから少しでも日本へのソ連の影響を抑えたかっただろうし


    161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:19:21.12 ID:Yeg0NTxt0
    昭和天皇「短期決戦って言うけど、アメリカとやって勝てるの?」

    ○○「そういう見通しです」

    昭和天皇「支那と戦う前も勝てるって言ったのに、まだ収集ついてないじゃん」

    ○○「……中国は広いので、なかなか思い通りには……」

    昭和天皇「中国は広いって、太平洋はもっと広いじゃん」

    ○○「…………」

    昭和天皇「絶対に勝てるの?」

    ○○「……絶対に、とは申しかねます……」



    190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:24:22.96 ID:O/FgaQRw0
    仮にミッドウェーで日本が圧勝したとしてもそれで限界だよね
    せいぜいハワイが取れるかどうかってところだろ
    この時点でアメリカがやる気満々だったら結局日本の負けは確定
    史実より多少戦争が長引くだけってなりそうな


    192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:25:05.81 ID:5g9JBiGz0
    どうあがいても むり


    197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:25:33.26 ID:QyVa3cPC0
    そもそも講和するにしてもそのコネというかラインすら当時の日本持ってなかったんじゃね?
    て事は仮に原爆でワシントン吹っ飛ばしたとしてもアメリカ国民が戦意を失わない限り止まらないわけで、
    そこで戦争を止められなければいつかは押し切られて終わる

    結局どう頑張ってもはっきりした戦勝は無理で、よくてせいぜいヴェトナム戦争みたいなアメリカが実質敗北だけど泥沼で
    どっちも被害甚大って状態にしかなれないと思う


    208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:27:48.02 ID:47+gzewj0
    >>197
    ソビエトを通して講和しようとしてた
    でもあの露助ども参戦しやがったから無理だった

    1940年の時点で
    石油の78%、鉄類の70%、工作機械の66%をアメリカから輸入してたの


    210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:28:17.27 ID:jJb7p1Ps0
    戦争には負けたけど十分戦っただろ
    勝ち負けじゃなくてその戦いの後の世界情勢考えれば
    日本が歴史を動かすための大きな歯車になりえたのは間違いない

    問題は戦後の処理がすごいなあなあで終わったところだな


    217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:29:22.28 ID:JLb+bsjW0
    >>210
    それはあるな
    大東亜戦争はまさに日本の歴史の集大成と言ってもいいほどの聖戦だったと思ってるぜ。
    だが、その後の歴史は……


    224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:31:34.23 ID:x1NueyPN0
    これで日本勝ったらどうなるんだろう
    調子乗ってガチで欧米植民地をむしり取るのかね
    海軍は猛反対するだろうが・・ってかむしろしろ


    239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:32:56.40 ID:tPn+hVnw0
    >>224
    海軍ってむしろ対米戦争推進派だったんじゃないの?


    259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:36:55.62 ID:lUYDC/c40
    >>239
    最終的に海軍が対米開戦に同意したのは杉山参謀本部総長の一言がきっかけ
    「。海軍はアメリカと戦ったら必ず負けると陛下に言え。負け戦しかできないのなら、陸軍も賛成する」
    これで海軍は諦めた


    227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:31:44.21 ID:O/FgaQRw0
    大和は作ったのは仕方ないにしても使い方を完全に間違ってたよな
    国民にまでひた隠しにするんじゃなくて、もっと大きく宣伝するべきだったよ
    そうすればアメリカもモンタナとか作り出して空母作る余力が削がれるし


    238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:32:45.66 ID:47+gzewj0
    >>227
    秘密兵器って憧れない?


    268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:37:58.86 ID:FC4FZqq30
    >>227
    開戦しなかった場合の、アメリカの「平時」建造計画 

    アイオワ級戦艦6隻、モンタナ級戦艦5隻建造
    アラスカ級大型巡洋艦6隻建造
    エセクロス級正規空母11隻建造
    アトランタ、クリーブランド、バルチモア級巡洋艦を合わせて40~50隻建造

    おまけとして、海軍航空隊を15000機増強する
    また、モンタナ建造に合わせて、パナマ運河も拡幅する


    252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:34:44.81 ID:32xQRVTj0
    戦争しなかったら経済封鎖でジリ貧

    戦争に負けたけどその後の朝鮮戦争でアメリカが日本の復興を早めないといけなくなった

    結果、植民地にされることもなく朝鮮特需で経済成長→ウマー

    日本大勝利wwwwwwwwwwwwwwwww


    298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:43:53.69 ID:sEy0hgE6O
    中学・高校だと太平洋戦争とか詳しく教えないよね
    そのせいで日本が馬鹿だから開戦したって認識になってるし


    305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:45:03.01 ID:pFvV+CcR0
    >>298
    たいてい教科書のラスト近くだから
    時間が足りなくなって習う前に終わっちゃうんです


    300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:44:13.00 ID:MK8eY75T0
    新大陸を先に見つけて移民するくらいしかなくね?
    アメリカができた時点で詰んでるだろ


    307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:45:30.67 ID:2G0ZPkX20
    ドイツがソ連を電撃作戦でさっさと殲滅して、
    イタリアがまじめに戦ってくれていればよかったのに


    317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:47:33.95 ID:Yeg0NTxt0
    >>307
    真面目に戦ってあの通りなんだよ

    いや、イタリアも戦いようによっては強いんだけどね
    「自分の意思で戦うと滅法強い」けど、「命令されて戦わせられる」とあんまり強くないと言うか……
    ある意味、日本人とは対極にいる国民なのかも


    90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:06:14.19 ID:6TxNSgUo0
    そもそも開戦前から上層部の
    対米戦シミュレーションや国力比較なんかでも
    日本は間違いなく負けると結論を出してる

    それでも開戦したのは
    白人の地球支配が世界中に広がり大手が掛かってたから


    97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水) 20:08:34.60 ID:bjQH6GIDO
    負けるってわかってるのに戦争したのはそこに意義があったから
    俺ならビビって何もできんわ

    当時の軍人尊敬する








    5年程さがしてる画像があるのだが・・・・・・・

    オナホ使った事が無い奴って人生損してるぞwww

    清楚で可愛い女の子が校内一のDQNに喰われていた件


    キニ速の全記事一覧

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    人気記事ランキング

      おすすめサイト最新記事一覧

      コメント

      1.気になる名無しさん2011年05月26日 10:19  ▽このコメントに返信

      「米国よりも先に原爆を開発する」
      これが出来ないならドイツやソヴィエトでも米国に勝てないよ

      2.気になる名無しさん2011年05月26日 10:29  ▽このコメントに返信

      >>5でもあったけど
      エボラなりインフルエンザなりのウイルスを先制でアメリカに大量にばらまけば勝てるんじゃないのか?
      アメリカが日本本土爆撃するにはだいぶ時間かかるし、島を要塞化しつつ守りに徹すれば後はアメリカ人が勝手に死ぬのを待ってればいいだろ。
      時々新型ウイルスを送り込みつつ。

      3.気になる名無しさん2011年05月26日 10:31  ▽このコメントに返信

      原爆の犠牲がなければ、ソヴィエトに北海道をまるごと持って行かれてたかもしれないんだよな。
      賛成はできないけど、犠牲者の方々には敬意を表したい。

      4.気になる名無しさん2011年05月26日 10:37  ▽このコメントに返信

      開国しなきゃよかった気が・・・                    すべての元凶はザビエル

      5.気になる名無しさん2011年05月26日 10:37  ▽このコメントに返信

      細菌は死滅したりするんで無理

      6.気になる名無しさん2011年05月26日 10:40  ▽このコメントに返信

      バルチック艦隊破っただけでも十分日本すごくね?

      7.気になる名無しさん2011年05月26日 10:40  ▽このコメントに返信

      原発はソ連へのけん制とよくいわれてるが、ヤルタの資料を見るとみると、アメリカとイギリスが「早く参戦して日本にとどめさせ」と強引に参戦させたというのが正解らしい。
      問題は参戦時の条件で、北海道を欲したスターリンと領土の回復しか認めないアメリカの間の綱引きが長引く可能性が高かったから、業を煮やしたアメリカが「いいからとっととやれ」という意思をこめて原発を投下したという話を聞いた。

      8.気になる名無しさん2011年05月26日 10:41  ▽このコメントに返信

      まぁ日露戦争も負ける要素十分で短期決戦目当てで戦って、色々な要素が組み合わさってうまく勝てただけ。

      9.気になる名無しさん2011年05月26日 10:43  ▽このコメントに返信

      江田島が10人という話はよく耳にするが、逆に言うとチートキャラの権化である江田島が10人いないと勝てないくらい差があったということだからな。

      10.気になる名無しさん2011年05月26日 10:44  ▽このコメントに返信

      戦争に負けたおかげで今の繁栄があるんだよ
      自国の歴史くらい勉強しなきゃだめだな

      11.気になる名無しさん2011年05月26日 10:48  ▽このコメントに返信

      ドイツと同盟を結んだ時点で、アウト。
      陰でホクソ笑んでいたのがチャーチル。
      中立国アメリカを参戦させたいが口実が
      なかなか無かった。
      ドイツと同盟を結んだ日本を追い詰めて
      日本から攻撃させれば、英米両国は本当
      のターゲットであるドイツに、宣戦布告
      する口実が出来るから。
      実際、真珠湾奇襲を聞いたヒトラーは
      トンマな日本を口汚く罵ったそうな。

      12.名無し2011年05月26日 10:48  ▽このコメントに返信

      アメリカの時代は終わったね。
      語る価値もないテロ国家。
      もう劣等感を感じる必要も無いと思います。

      13.気になる名無しさん2011年05月26日 10:51  ▽このコメントに返信

      中国を早めになんとかして
      ドイツとソ連を挟撃したらなんとかなったかもね
      個人的になんでアメリカに喧嘩売ったかわかんないのだけど

      14.2011年05月26日 10:55  ▽このコメントに返信

      徳川幕府が鎖国せずに大航海時代に乗り出して大量に植民地ゲットしてたら勝てた
      戦国時代の日本はガチで世界最強レベルだったのに、鎖国による300年の停滞は大きすぎる

      第二次大戦大東亜戦争は植民地持ってる国と持ってない国の戦争なんだから、持ってる側にいれば負けなかった

      15.気になる名無しさん2011年05月26日 10:56  ▽このコメントに返信

      ※7
      ルーズベルトは結構弱気でスターリンに譲歩しまくってたのよ。チャーチルが危機感持つくらい。
      でもルーズベルトの死後、トルーマンは「原爆あるならソ連参戦しなくてもいいんじゃね?」って思い至ってる。
      だから45年8月なんて段階でソ連が参戦するのは、戦後考えるとアメリカ的にも迷惑なわけで。ヤルタ会談の頃とは状況が大分違うからねえ。

      16.気になる名無しさん2011年05月26日 10:56  ▽このコメントに返信

      勝てないのは当然だとしても
      何とか負けないように出来なかったものか…
      負けるにしても負け方が悪すぎる

      17.気になる名無しさん2011年05月26日 10:56  ▽このコメントに返信

      資源なんかあったら
      それこそ欧米各国に集中攻撃されて
      中国のように植民地化されてたよ

      18.気になる名無しさん2011年05月26日 10:57  ▽このコメントに返信

      ヒトラーは真珠湾直後は日本を誉めまくってたよ
      「戦争に負けたことのない国が味方になった」って喜びまくってた

      19.気になる名無しさん2011年05月26日 10:58  ▽このコメントに返信

      >>10
      戦争に勝った日本の今なんて誰も知らないけどな
      「戦争に勝っていたら繁栄したわけがない!」
      なんてのはミジメなよかった探しですよ

      20.気になる名無しさん2011年05月26日 10:59  ▽このコメントに返信

      真珠湾は宣戦布告と同時に攻撃だったのが
      裏方の官僚が手こずって予定時刻に布告できず
      完全な闇討ち状態に。これでアメリカがブチ切れた。
      軍部も軍部でミッドウェー海戦なんか図上演習もせずに
      おっ始めたから惨敗。

      ハルノート突きつけられた時点で戦争確定だったんだから
      叩くだけ叩いてどこかで講和に持っていくしかなかった。

      山本五十六は考えていたようだけど、他の奴らが
      突っぱねていた間に戦死。

      まぁどうしようもない。

      21.2011年05月26日 11:00  ▽このコメントに返信

      米13
      ABCD包囲網とハルノート
      「日本はアメリカが支援する中国国民党を侵略するテロ国家だから石油禁輸ね、中国から撤退したら再開の交渉を前向きに考える用意が無くもないよ」

      22.気になる名無しさん2011年05月26日 11:02  ▽このコメントに返信

      陸軍と海軍にもっと統一感があればもっとマシだったかも。
      勝つためになにをするかっていう一番重要な点が
      「精神論・根性」で思考停止してたのがまずい。

      23.気になる名無しさん2011年05月26日 11:10  ▽このコメントに返信

      意義ってなんだよ意義って

      負けて植民地失って何の意味があったんだよ

      そもそも国際連盟脱退が痛すぎるだろ

      24.気になる名無しさん2011年05月26日 11:11  ▽このコメントに返信

      日本史の復習スレか

      25.気になる名無しさん2011年05月26日 11:14  ▽このコメントに返信

      どうでもいいけど戦後の教育の路線は絶対に間違ってると思う。

      天皇陛下でもなんでも「日本の心」が何も無い。

      そして第二次世界大戦で戦った人たちを只の馬鹿扱いされたままなのが悲しくてしょうがない

      26.2011年05月26日 11:15  ▽このコメントに返信

      橘館長がいたら勝てた

      27.気になる名無しさん2011年05月26日 11:15  ▽このコメントに返信

      日本は本土決戦をして、ベトナムみたいにアメリカ市民の反戦感情を煽るしかなかった。

      28.気になる名無しさん2011年05月26日 11:15  ▽このコメントに返信

      始める前にどうやって戦争を終わらすのか
      想定をしていたんだろうか?
      まさかワシントンに日の丸揚げるまで続けるつもりだったのか…?

      29.気になる名無しさん2011年05月26日 11:20  ▽このコメントに返信

      精神論の台頭は日露戦争が原因だな。
      大和の代わりに空母作ったとしても航空機がなければ意味ないしパイロットがいなければ動かせない。でも日本はパイロットを少数精鋭方式でしか養成できなかったからやはり無理。
      さらに南方からの輸送路の防衛を軽く見過ぎていた。
      あと少ない戦力をフルに活用できる指揮官がほとんどいなかったのも痛い。 

      30.気になる名無しさん2011年05月26日 11:21  ▽このコメントに返信

      ベトナム戦争みたいに大国アメリカですら韓国と手を組むと負けるんだから
      世界一の貧乏神韓国と併合しなかったらなんとかなったかもしれない

      31.気になる名無しさん2011年05月26日 11:23  ▽このコメントに返信

      ※25
      同意

      日本は情報戦に強けりゃ勝てたかもしれんね

      32.気になる名無しさん2011年05月26日 11:23  ▽このコメントに返信

      日本の不幸は、何百万の自国民を犬死させ、国土を焦土と化した戦争責任をうやむやにしたまま朝鮮やベトナム戦争の特需で経済成長し、繁栄してしまったことだと思う。
      いいかげんな事やって責任取らなくてもOK、Okな体質が、今までの政府や東電、原子力推進派みてたら、そのまま引き継がれてる。
      大本営発表そのままのマスコミ、周囲の目を気にして声をあげない
      家畜のような国民。
      戦中の日本そのままだよ。次の戦後は決して前のようにいかない。

      33.気になる名無しさん2011年05月26日 11:25  ▽このコメントに返信

      >>28
      アメリカは東京に星条旗を上げるまでを想定してた

      まあ、何処でミスったかというと、イギリスとの同盟切って、ドイツと組んだのが最大のミス、これで殆どの国を敵に回してしまった

      軍部の暴走も酷かったけど、満州にアメリカの利権を突っ込ませておけばアメリカとも戦争にならなかった
      そうすると、中国はうまい具合に中華民国、中華人民共和国、満州国と天下三分の計となって共産主義も封じ込められた

      34.気になる名無しさん2011年05月26日 11:25  ▽このコメントに返信

      満州事変の時にもっと上手く立ち回っていたら、とは思う。
      あと人事と軍内部の対立が酷すぎた。
      どーも日本人って人使いとか人心掌握とかが下手な気がする。

      35.気になる名無しさん2011年05月26日 11:26  ▽このコメントに返信

      今の日本を見てると結局無駄死にに近いな
      現に日本はもう二度と解けない洗脳を受けて
      狂い始めてる

      36.気になる名無しさん2011年05月26日 11:27  ▽このコメントに返信

      >>31
      情報戦ではアメリカは一枚も二枚も上、日系人の強制収容があったが、実際あれの為に日本が持ってた情報網は完全に潰されてしまった

      日本の情報網を潰すことと、あとで日系人に謝罪して保証することのコストを天秤にかけて前者を取った

      37.気になる名無しさん2011年05月26日 11:28  ▽このコメントに返信

      武力では絶対勝てないから、どこで休戦の落としどころを見つけられたかって話だわな。

      東南アジアに出るか出ないかのところで止まってれば中国、台湾、朝鮮は日本だったかもね。

      38.気になる名無しさん2011年05月26日 11:29  ▽このコメントに返信

      >>35
      今でも言えるけど、軍部がある意味、組織化官僚化してた、
      そうなると、戦争に勝つよりも組織を守ることを重視し始めてしまうんだよ

      39.気になる名無しさん2011年05月26日 11:32  ▽このコメントに返信

      負けたんだからそっとしておいてやれよ

      40.気になる名無しさん2011年05月26日 11:40  ▽このコメントに返信

      満州鉄道の経営権を米国と折半して米海兵隊に警備をさせりゃあよかった。
      中国の匪賊や軍閥とドンパチやってりゃ中国に援助なんぞしてなかっただろう。

      41.気になる名無しさん2011年05月26日 11:45  ▽このコメントに返信

      当初の作戦計画では、日本近海に待ち構えて来寇したアメリカ軍を漸減邀撃
      決戦に持ち込んで早期講話に持ち込むハラだった
      ところがそれ以前に日中戦争を始めていてそれを口実に対日制裁
      資源的にジリ貧になっていたから資源確保が最優先だった
      真珠湾攻撃の目的は当分の間アメリカ太平洋艦隊を動かさないという狙いでは成功だったけど、その後がね
      ミッドウエーもガダルカナルも早期講話を狙ってのもので結局失敗
      そのまま守りに入ったとしても生産力による戦力差と潜水艦による通称破壊戦でかなり追い詰められていた
      ・・・つまり、どのみち負けていたんじゃね?ってこと

      42.気になる名無しさん2011年05月26日 12:01  ▽このコメントに返信

      ※40
      そのあたりから米国の犬になって
      アジア権益をわたすしかないよね

      43.気になる名無しさん2011年05月26日 12:17  ▽このコメントに返信

      負けたけど今俺らは平和に暮らしてるよ
      彼らのお陰なのは間違いないよ

      44.気になる名無しさん2011年05月26日 12:19  ▽このコメントに返信

      日本単独じゃどうやっても無理
      アメリカ以外ならどうにかなったんだろうけどね

      45.気になる名無しさん2011年05月26日 12:19  ▽このコメントに返信

      ぶっちゃけると、
      五十六を外せば勝てた。
      あの莫迦が情けを掛けずに、
      最初の一年で徹底的に叩いておくべきだった。

      46.気になる名無しさん2011年05月26日 12:19  ▽このコメントに返信

      中国を速攻で占領して朝鮮半島ごとセットでアメリカにプレゼントしかないな
      アメリカとソ連が中国を舞台にやりあい始めたら支援で儲けるもよし
      ドサクサでフィリピンインドネシアを資源基地として吸収するもよし
      キチガイシナチョンの謝罪スルニダー攻撃の対象もアメリカに移って何も問題なかった

      47.気になる名無しさん2011年05月26日 12:22  ▽このコメントに返信

      勝った負けたではない。

      一矢報いる為に立ち上がった。

      48.気になる名無しさん2011年05月26日 12:22  ▽このコメントに返信

      1.ドイツがソビエトに勝つ望みなんて万に一つもない。
      2.彼我の国力の差は10倍に及ぶ
      3.アメリカ人は存外に継戦意欲がある

      この時点で何をどうやっても日本が勝つシナリオは存在しないと思うし、日本とて資源目当てで戦争をやったのだから、ヨーロッパに非難される謂れはないとはいえ、聖戦でもないだろう。

      49.気になる名無しさん2011年05月26日 12:25  ▽このコメントに返信

      ※2
      日本が研究していた細菌兵器はチフス・ペスト辺り。
      エボラは戦後に発見された病気な。

      まず細菌を生きた状態で米本土まで持っていけたかどうか疑問。
      (風船爆弾は10000mまであがってジェット気流に乗る)
      細菌が所定の効果を発揮するかも疑問。
      9300発飛ばした風船爆弾の実際の戦果が民間人6人死亡って程度を考えれば、効果は無いに等しいだろ。

      一応米軍では風船爆弾にBC兵器が搭載されていることを警戒していたみたいだけど。
      実際にBC兵器を使えば米国民の戦意喪失より戦意高揚の効果だけが上がって、日本の被害が大きくなる結果になるよ。

      50.気になる名無しさん2011年05月26日 12:27  ▽このコメントに返信

      交渉材料として一定の戦果をあげた状態で講和だな

      51.気になる名無しさん2011年05月26日 12:35  ▽このコメントに返信

      ※50
      いやいやそんな風に甘く考えてたから
      ボロ負けしたんだって

      52.気になる名無しさん2011年05月26日 12:36  ▽このコメントに返信

      物量に圧倒的に差があるから勝てるわけが無い。
      やり方次第で勝てたと思ってるヤツは戦争てのはつまるところ国力(主に経済力)の総力戦である、てことが理解できないアホ。

      53.気になる名無しさん2011年05月26日 12:40  ▽このコメントに返信

      ※18
      それリップサービスや
      『我が闘争』の原版読めばわかるけど、日本人のことは唯一白人を倒した東洋人として激しくdisってる
      日本語訳では削除された部分な
      それを補うためか同盟組んだ後はお世辞言ってるんだが正直信用ならん

      54.気になる名無しさん2011年05月26日 12:58  ▽このコメントに返信

      日独伊三国同盟にソ連が加わっていたら、勝ちはムリでもそこそこの条件で講和できたんでは?

      55.気になる名無しさん2011年05月26日 13:02  ▽このコメントに返信

      ヒトラーが同盟相手を中国から日本に変更しなければ、まだ可能性があったんだよなぁ

      56.気になる名無しさん2011年05月26日 13:04  ▽このコメントに返信

      大戦前迄日本へ資源を輸出して居た国はアメリカ自身だったそうな。

      57.気になる名無しさん2011年05月26日 13:13  ▽このコメントに返信

      そもそも開戦経緯があやふやだからな
      官僚組織である海軍がアメリカ軍拡前の今なら勝てると踏んで
      強引に開戦しただけの話。 日本の欠陥政治システム上、止められません
      いらない道路が延々と作られたりするのと全く同じ。

      海軍にしたって艦隊決戦で一回勝つだけしか考えてない低脳ぶりは
      想定外を連発する原発関係者と変わらん。
      今後、開戦原因をあやふやにした様に、大々的に隠蔽と改ざんが
      行われる事は間違いなし。

      58.気になる名無しさん2011年05月26日 13:18  ▽このコメントに返信

      元※268の建艦計画は1938年~40年にかけて成立した
      ヴィンソン案スターク案の事だろうから、開戦しようが
      しまいが1942年後半から始まる戦艦、空母の大量竣工は
      戦前から決まっていたんだよね。開戦で若干修正された
      だけで。しかも大きくなるほうに。
      その事は米国議会の予算審議関連の情報から帝国海軍上層部は
      知っていた。山本五十六の42年中は暴れてみせる発言は
      そのことを踏まえているんだよ。42年中に講和に持ち込もう
      にも、43年から大量の海軍戦力が登場することが分かって
      いるのに講和を受ける馬鹿はいない。その事を五十六さんは
      理解していない訳も無いと思う。博打打だから。

      真珠湾攻撃を行わなかったなら、42年早々に中部太平洋で
      日米海軍の激突が起こり、戦前の想定どおり漸減邀撃作戦で
      米太平洋艦隊を撃破できたとしても連合艦隊にも相当の損害は
      発生するであろうし、そうなれば43年以降の新しい米太平洋
      艦隊を阻止する艦艇はほとんど残っていないことになる。
      最小限の損害で米太平洋艦隊を撃破し、43年以降の新しい艦隊に
      対応するための手段として真珠湾攻撃が立案されたのだろう。

      疑問なのは、真珠湾攻撃以降の海軍戦略をなぜ立てていなかった
      のだろうという事。それは連合艦隊の職分ではないという事
      なのだろうか?真珠湾攻撃は戦術/作戦レベルの立案で
      それ以降の戦略案とは異なるレベルではあるから、それも
      もっともではあるけど。そうであるなら全体戦略案を策定する
      海軍軍令部の怠慢というべきか。まぁ漸減邀撃作戦をこねくり
      まわすことしかやっていなかったのかもしれないね・・・

      59.気になる名無しさん2011年05月26日 13:19  ▽このコメントに返信

      つづき

      真珠湾以降の戦略は、
      1.中部太平洋の島嶼の航空基地/要塞化
      2.小規模遊撃部隊による通商破壊戦
      3.東南アジア他資源地帯からの通商護衛強化
      というオーソドックスなもので、米新艦隊の進出に対して
      島嶼の基地航空戦力、潜水艦、温存した主力艦で漸減邀撃作戦を
      行う事で米海軍に攻勢不能なレベルの出血を強いて講和に
      持ち込む。かなぁ・・・

      60.気になる名無しさん2011年05月26日 13:25  ▽このコメントに返信

      日本が資源欲しさに戦争を仕掛けたって言ってる奴、嘘ではないけどそうせざるを得ない状況に追い込まれてたってのは無視か?w
      石油などの資源を日本に売らないようにさせて、その他にも無理難題を日本に押しつけて、最終的に「このまま何もせず言いなりになっていたら日本は滅亡する」という状況にまで追い込まれたからこその戦争だったんだが

      61.名無し2011年05月26日 13:26  ▽このコメントに返信

      トルーマンとかGHQとかいう名前について言及していけば、なぜこんなクソ国家に成り下がったのかが理解できる。覚えとけ。少なくとも今の俺らは今の日本の教育で「アメリカに洗脳され続けている」

      62.気になる名無しさん2011年05月26日 13:46  ▽このコメントに返信

      明確な戦争目的もないくせに曖昧なスローガン掲げて大陸とか太平洋に深入りした時点で勝てるわけがない。よってどうしたってアメリカにもイギリスにも中国にも勝てるわけがなかったんじゃないか。

      63.気になる名無しさん2011年05月26日 13:47  ▽このコメントに返信

      ハワイの湾口施設とかが無傷だったのが痛いだろ。
      補給が無ければ太平洋上では行動が制限されるからな。
      ハワイの基地を徹底的に叩いていれば、もうちょっと戦えたし、
      資源帯を持ったまま講和に持ち込めたよ。

      64.気になる名無しさん2011年05月26日 13:55  ▽このコメントに返信

      そんなんより現実の無能政権とそれを選んだ愚民をどうするかを考えろよ。

      65.気になる名無しさん2011年05月26日 16:11  ▽このコメントに返信

      ↑考えたら何か変わるの?

      66.気になる名無しさん2011年05月26日 16:58  ▽このコメントに返信

      日本が負けるとは最初から皆わかってた。
      だから日本は戦争に負けても日本を守れる方法を考える必要があった。
      日本の良い落とし所を見つける必要があった。

      アジアから白人を追い出して軍事教育を施したおかげで日本が負けてもアメリカの標的を次のアジアにそらすことができたのは幸運だと思うぞ。

      朝鮮戦争、ベトナム戦争でアメリカの日本侵略計画から目をそらすことができたどころか、特需までもらえたからな。
      それに結局は欧米各国はアジアを再植民地かすることは出来ず、アジアはすべて独立できたんだから勝利者は日本といっても良いくらいだわ。

      67.気になる名無しさん2011年05月26日 16:59  ▽このコメントに返信

      開戦時点で米軍に10万単位の戦死者出させれば、米国世論を対日批判から政権批判に切り替わって、条件次第(ハルノートの受諾&枢軸同盟からの脱退)では米議会が講和に傾く可能性もあるかも。

      ※63
      徹底して叩いても精々2年遅れる程度だろ。
      燃料タンクが駄目になればタンカーを常駐させれば良いし、艦艇の補修は軽程度なら工作艦や浮きドックを持ち込めば補える。
      1944年以降に米軍の大規模拠点になったウルシー環礁の状態になるだけ。

      68.気になる名無しさん2011年05月26日 18:02  ▽このコメントに返信

      ※64
      どうやって10万もの出血させるんだ?
      そういう甘い考えが敗戦の理由だって気づけよ

      69.気になる名無しさん2011年05月26日 18:57  ▽このコメントに返信

      ハワイが太平洋のヘソすぎる
      ハワイ王国崩壊8年くらい前にむこうの王様から天皇の娘に縁談に大正天皇が乗ればよかった
      そうすればハワイでアメリカ系移民の革命運動が起こった時にもその時島民の4割を占めていた日系移民の保護を名目に王室を支援でき、
      アメリカが真珠湾に大部隊を展開することもなかった
      つまり、戦争になっても逆に日本がアメリカ本土を狙えた上に、ハワイ→フィリピンのアメリカ植民地の流れも止められた。

      でもまぁアメリカ首脳部に「日本を狙え日本を狙え日本を狙え」とか吹聴してたソ連のスパイを排斥すれば一番手っ取り早い

      70.気になる名無しさん2011年05月26日 19:02  ▽このコメントに返信

      やはりドイツがソ連攻めた時に日本も長年の敵ロシアを攻めるべきだった
      ドイツが生きない限りインドから先へはやはり辿りつけない

      71.気になる名無しさん2011年05月26日 19:35  ▽このコメントに返信

      >>5
      中国に毒ガスとか使ってたけどそれを撒けばよかった
      けど毒ガスを製造するのにも大量の人がいる。製造してる途中でどれだけ防護服かぶっても死ぬ。今の原発と同じ

      補足だけど毒ガスが作られてた広島の大久野島は当時地図から消されてた。今はうさぎでいっぱいで平和。毒ガスも残ってない。

      72.気になる名無しさん2011年05月26日 20:57  ▽このコメントに返信

      開戦して負けるのは解っていた
      「とりあえずこの日までに何も決まらなかったら開戦ね☆」
      って決めといてその日数が来たから開戦…

      だれも開戦したがってなかったのは不幸だよね

      73.気になる名無しさん2011年05月26日 21:22  ▽このコメントに返信

      ※69
      ルーズベルトのニューディールが失敗して、1940年の大統領選で共和党が政権を取ったら良かったのかも。
      とは言え、ウィルキーやデューイだと欧州介入しかねないので、孤立主義的な傾向のあるロバート・タフトが政権取ってれば、日独にとって大きく状況が違ったと思う。
      少なくとも日本が対米開戦する事は無かったんじゃないかな。

      74.気になる名無しさん2011年05月26日 21:35  ▽このコメントに返信

      当時の日本軍の首脳陣が精神論者が多く、技師さえも前線に送っていたから……『紺碧の艦隊』は一つの答えと思う。

      75.気になる名無しさん2011年05月26日 22:14  ▽このコメントに返信

      >>70 そうなんだよな。真珠湾の時点でドイツのソ連侵攻は頓挫しかけてたからヒトラーは大喜びしたんだろ。負け戦の棺おけに態々片足突っ込んだんだから諜報能力が決定的に低すぎる。

      76.気になる名無しさん2011年05月26日 22:33  ▽このコメントに返信

      元々、増税の口実の為に始めたような戦争だろ
      政府債務はGDPの2倍、戦時国債はドサクサ紛れに全部紙切れ
      国民を騙して官民癒着で私服を肥やした軍閥はハイパーインフレで全員死亡

      勝つ方法は資源運搬用の輸送船団に、海軍が護衛を着ければよかっただけ
      「輜重輸卒が兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち」
      という事で資源を満載した輸送船は日本海に”ほぼ全て”沈んだ(誇張無し)

      経済制裁で資源が不足していたという話は嘘っぱちなので信じないようにw

      77.気になる名無しさん2011年05月26日 22:42  ▽このコメントに返信

      そもそも日本の海軍がアホすぎて、ガラクタみたいな戦艦や巡洋艦は多かったが
      対潜攻撃が可能な駆逐艦がほとんど無かったという

      早い話、敵国の潜水艦に対して完全無防備ですので
      原油を満載したタンカーを敵潜水艦から護衛しようにも手の打ちようが無いんだな、これが

      そもそも日本は資源なんぞこれっぽちも取れないんだから
      海上の輸送経路確保が主戦場になるのが、当たり前だろ

      78.気になる名無しさん2011年05月26日 23:16  ▽このコメントに返信

      アメリカ国民の厭戦気分を煽る方向性が必要だった
      ベトナム戦争が示すように無限の生産力があっても
      大衆の感情さえコントロールできればアメリカにも勝つチャンスはある

      79.2011年05月26日 23:23  ▽このコメントに返信

      なんだか戦後何十年とたつのに
      現代の日本人も同じような弱点を抱えているのではないかと思ってしまう

      80.気になる名無しさん2011年05月27日 01:36  ▽このコメントに返信

      意義なんてねーよボケw

      81.気になる名無しさん2011年05月27日 02:45  ▽このコメントに返信

      ベトナム戦争みたいに戦死者増やして厭戦感情を抱かせるために
      アメリカ本土を空襲するのが一番だと思うけど
      どう考えてもアメリカ本土まで届く飛行機なんか作れんわなw

      82.気になる名無しさん2011年05月27日 03:40  ▽このコメントに返信

      日本を軟弱だとか思ってる奴は、相当な馬鹿だろうな。ククク

      83.気になる名無しさん2011年05月27日 05:38  ▽このコメントに返信

      アメリカかイギリスかどっかのお偉いさんが
      「日本の功績は植民地政策を叩き潰し白人こそが最強の人種ではない事を証明した事」
      「真の敗者は植民地の多くを失った欧米先進国」

      みたいな事言ってたな・・うろ覚えだけど

      84.気になる名無しさん2011年05月27日 05:52  ▽このコメントに返信

      あくまで自論だが、ドイツから高性能のレーダーの提供を受けられれば勝てた可能性があると自分は信じている
      高性能レーダーはアメリカよりドイツの方がかなり先行して開発に成功していた
      量産はまだだったが・・・
      ぶっちゃけ洋上戦闘はいかに遠くの敵を発見出来るかによるところが大きい
      高性能レーダーが無きゃ空母も戦闘機も運用出来ない
      アメリカはドイツが高性能レーダー開発を知って数千人単位で科学者を開発に突っ込み、短期間で開発に成功
      コレを活用する事によってアメリカは日本の艦隊をフルボッコに出来た
      お互いに高性能レーダーが無い状態なら空母の出番は無く、恐らく艦隊同士による砲撃戦だったろう
      それなら旧日本海軍は結構イィトコ行けたと考える
      増してやドイツから早期に高性能レーダー受諾に成功していれば彼我の立場は逆転していたと愚考する

      85.気になる名無しさん2011年05月27日 06:03  ▽このコメントに返信

      「じゃあなんでドイツは同盟国のクセにレーダー技術くれなかったの?」っていうと、日本のせいで(レーダー搭載機が撃墜、回収)技術が漏洩されるのを恐れたのと、単純に信頼されてなかった(ぶっちゃけ「差別」)から
      まぁドイツからしたら必死こいて開発した極秘の新技術を東洋の猿に渡したせいで外部に漏れ出すなんて耐えられなかったんだろうな、当時の常識的に考えて・・・

      86.気になる名無しさん2011年05月27日 07:26  ▽このコメントに返信

      とりあえずソ連はゴミ

      87.気になる名無しさん2011年05月27日 10:50  ▽このコメントに返信

      よくハルノートは受け入れられないとの意見を聞くが
      満州安堵
      朝鮮半島安堵
      国連信託統治領安堵
      大型艦艇の数は減らせ
      などの条件は国際条約としては至極真っ当
      戦争の理由はない
      単に拡大主義に待ったをかけられただけ
      その拡大方針も、正直言ってイギリスとの同盟を破棄らなきゃ
      組んでオランダをやってインドネシアはとれただろうに
      単に外交上の力不足
      その外交力もなしに戦そうやって勝てるわけない

      88.気になる名無しさん2011年05月27日 10:51  ▽このコメントに返信

      大東亜共栄圏を実現して国力の面からにらみを利かせるのがジリ便を避ける手だと考えた
      そのため日本は植民地も日本にすることによって素早い団結を試みたが、戦略論が備わってなかったんですね
      当時は白人→黄色猿への差別ナショナリズムがひどかったと、以上こんな事を大学に行ってようやく教えられた
      なんで太平洋戦争と呼ぶんだっけかな

      89.気になる名無しさん2011年05月27日 11:48  ▽このコメントに返信

      >どう考えてもアメリカ本土まで届く飛行機なんか作れんわなw

      別に飛行機でなくても西海岸の都市を艦砲射撃するだけでも嫌戦意識を充分刺激できるのでは?

      90.気になる名無しさん2011年05月27日 12:05  ▽このコメントに返信

      >あくまで自論だが、ドイツから高性能のレーダーの提供を受けられれば勝てた可能性があると自分は信じている
      >高性能レーダーはアメリカよりドイツの方がかなり先行して開発に成功していた

      信じるのは勝手だがそんなモノがあったらそもそもバトルオブブリテンでドイツが負けることも無かった罠。
      迎撃機の運用も含めたレーダーシステムについての当時の先駆はどう見ても連合国(というよりイギリス)。
      よしんば概念だけ新しい情報として入っても、日本の工業技術では設計通りに作ることがそもそもできない。

      91.気になる名無しさん2011年05月27日 12:33  ▽このコメントに返信

      パールハーバーは奇襲だけで終わらせないで
      占領すべきだったはず
      前線基地がないアメリカは戦いにくいし
      なにより当事の日本一国の石油消費量の二年分の備蓄がそこの基地にはあった
      有利な条件で早期講和に持ち込むならガチだったのに
      上層部は愚鈍だとしか言いようがない

      92.気になる名無しさん2011年05月27日 14:53  ▽このコメントに返信

      とりあえず、
      海軍航空戦力に"大空のサムライ"が100人と
      陸軍地上部隊に"不死身の分隊長"が100人いれば
      戦局は変わっていたかもしれない。

      ついで言うなら中国戦線にルーデルさんを借りてくれば・・・

      93.気になる名無しさん2011年05月27日 17:30  ▽このコメントに返信

      まともな人や国家、国民に対して誠実な人物や次代を担うはずであった当時の若者が戦争で多く失われたのは本当に残念だったな。
      おかげで現代の日本人はやたらと戦争反対を唱えるが平時にあって乱を忘れずという言葉すら忘れてる始末。
      今じゃ自衛隊は絶対に必要とか言うと右翼扱いされるような時代になってしまった。
      今回のような震災時に見直されるくらいで、今も自衛隊の人たちはかなりの重労働を食事、寝床、風呂が不足した現状でこなしてるんだろう。
      国民のために働いてくれる人たちには過去も現在も頭が上がらない。

      94.気になる名無しさん2011年05月27日 22:41  ▽このコメントに返信

      中学は社会
      高校で日本史と世界史で分化するからなあ
      中学までしか日本の歴史は勉強してません^^
      という奴は本当に多いんだよ 未履修関係なくな

      95.気になる名無しさん2011年05月27日 22:57  ▽このコメントに返信

      そもそも大陸に進出したのが間違いだったんだよ。
      日本海側の都市を要塞化してロシアに対抗すればよかった。
      台湾や朝鮮に莫大な投資をして結局回収できず。
      逆に東北地方などは冷遇されて、5・15事件や2.26事件が起こる遠因になってしまったし。

      96.気になる名無しさん2011年05月28日 13:56  ▽このコメントに返信

      ※93
      いやいや、日本なんて元々そんなもんだよw
      大正の頃も長く戦争がなかったんだが
      その頃の軍人なんて税金の無駄扱いで馬鹿にされまくり
      かと思えば日中間で紛争が起こり始めたら一気に軍マンセーに
      で、今度は敗戦で全部軍が悪いと袋叩き
      最近は災害派遣の活動でべた褒め、実に日本人らしい

      97.気になる名無しさん2011年05月28日 14:31  ▽このコメントに返信

      どうやらアメリカは最初から日本をカタにハメるつもりだったみたいですね。
      真珠湾というエサを撒き、最初に勝たせて引っ込みをつかなくさせるという
      初歩の初歩戦術ですよ。

      だいたい第一次大戦の結果バルト三国が独立したように
      植民地による帝国主義経済は終焉に近づいていたわけよ。
      それに反して領土拡大に固執した時点で時代遅れと言わざるをえないですね。

      世界不況からの脱出を戦争に求めたのが第二次大戦の遠因ですから、
      巻き込まれるのはある程度やむを得ないにしろ、
      少なくとも中国大陸から撤収すればアメリカの矛先をかわせたうえ、
      国共合作も解消できてもっと自由に動けたのは間違いないでしょう。

      98.気になる名無しさん2011年05月28日 16:20  ▽このコメントに返信

      すごーくアナログだったけどコンピューターで未来位置予測射撃とかしてたんだよ。そりゃ根性だけじゃ勝てないよなー

      99.気になる名無しさん2011年05月28日 21:16  ▽このコメントに返信

      今考えるとハルノートは渡りに船だったんじゃなかろうか。
      泥沼化していた中国大陸での戦争から撤退できる理由ができたわけだから。

      100.気になる名無しさん2011年05月30日 01:30  ▽このコメントに返信

      アメリカが要求してた満州の共同開発を容認してたらアメリカとの戦争は無かったかもな。

      101.気になる名無しさん2011年05月30日 20:53  ▽このコメントに返信

      日本が勝利してたら?
      いまよりもくそったれな世界がくる
      今世界を指揮できるほどの才覚を持った人物はいない
      有能な者ほど表舞台にはでてこないし、国家なんていうわかりやすい所が国を動かしているわけではない。本当にそうなら日本みたいな無能官僚国家な国はとっくに滅びている。いつだって指導者はいる。

      一番最近ではヒトラーはそれになれた
      戦勝国によって、彼の宗教的思想による虐殺行為や暴走行為が避難されるばかりで、政治的指導力などに目をみはるものがある

      ドイツの敗因としては失速した電撃作戦、冬がくるのが早かったこと、終盤においての日本との連携の失敗、第1次大戦での敗北
      例を挙げだせばきりはない
      日本も同じだ
      技術力の未熟さ、根本的な戦術ミス、資源不足(議論されてきたとおり戦争の目的自体が資源絡みだったが)

      戦争に負ける理由も勝てたかもしれない理由も腐るほどある。
      冬が来るのがもう少し遅ければ、ドイツはソ連を降伏させることができたかもしれない(こうなっていれば北方領土問題も無かったかもしれない)、ミッドウェーでの勝敗とかとかとかとか

      では勝った後どうなっただろう?アメリカは日本の植民地に成り下がり、ドイツ、日本、中国あたりが世界を指揮するような立場にあるような世界が生まれるのではないか?
      軍国主義の日本はそのままで暴走した軍部による独裁は続くだろう。







      あまりよろしくないな

      102.気になる名無しさん2011年05月30日 21:40  ▽このコメントに返信

      ヒトラーは馬鹿だよ。
      あいつがソ連敵に回さなければ、ヨーロッパは完全に制覇できたのに。
      ドイツも日本も国力考えずに戦線広げすぎたのが決定的なミス。

      103.気になる名無しさん2011年06月01日 23:50  ▽このコメントに返信

      どうがんばっても勝てっこない
      アメリカの機嫌を取りながらアジア開発して
      国力を

      104.気になる名無しさん2011年06月09日 00:30  ▽このコメントに返信

      日中戦争が始まって険悪になる前まで、帝国海軍や陸軍はアメリカ軍と軍事交流をしていて、将官は渡米して見学し、士官は米軍兵学校や軍に留学していた。
      その為に日本とアメリカの経済格差を身をもって知っており、軍も政府も一部のバカを除いて本気になったアメリカに勝てるとは思ってなかった。

      その前に、暴動による中国在住の日本人数百人殺害で始まった日中戦争が無かったら太平洋戦争は無かったかもしれないけど。(中国人によってアメリカ政府へのロビー活動とマスゴミ工作により日米対決の下作りをされている)


      105.気になる名無しさん2011年06月09日 00:44  ▽このコメントに返信

      >102
      その辺りは難しい。欧州制圧は出来たかもしれないけど、その分だけソ連の対日圧力が酷くなり、満州、朝鮮半島、中国の半分はソ連領になっていたかも。
      (ソ連のT34を主とする最新鋭重戦車隊は満州国境と極東配備され、欧州方面は旧戦車のみ)
      あと日本もドイツもソ連と中国の焦土作戦により引き摺り出された面もある。

      106.気になる名無しさん2011年06月09日 09:26  ▽このコメントに返信

      がんばってアメリカ内部のソ連のスパイ全員暗殺すればアメリカはソ連危険視するだろうから戦争回避できるんじゃないの
      …まあゾルゲも始末できなかった日本には無理かなぁ

      107.気になる名無しさん2011年06月11日 04:08  ▽このコメントに返信

      アメリカに勝てたか?とか言ってる時点で頭が沸騰しとる
      せめてアメリカに負けなかったか?について議論しろよ

      108.気になる名無しさん2011年06月18日 07:30  ▽このコメントに返信

      >>107
      どう考察しようが問題ないと思うが

      109.ブードゥー教信者2011年06月26日 13:22  ▽このコメントに返信


      ・戦わないで負ける
      ・戦って負ける

      どっちを選ぶ?って話だろ

      110.気になる名無しさん2011年07月01日 09:08  ▽このコメントに返信

      日本史って
      近代からやるべきだよな

      縄文とか弥生に何ヶ月もかけてもしかたないべ
      いまだにあやふやな事ばかりで順番さえ違うかもって時代なのに

      111.気になる名無しさん2011年07月01日 09:18  ▽このコメントに返信

      アジアを完全に制圧して資源確保してからアメリカと戦うべきだった。

      112.気になる名無しさん2011年07月01日 10:47  ▽このコメントに返信

      知れば知るほど日本の勝ち目が無いのがわかってしまうからな

      113.気になる名無しさん2011年07月01日 11:11  ▽このコメントに返信

      対ソ戦参加したら陸軍独裁確定なので、海軍が無理でも何でもいいからアメリカと開戦しただけだからねぇ。攻め勝つのは無理でも太平洋の島々で持久は出来るしドイツがソ連倒せばアメリカも諦めるという思惑が大誤算だったのがあの負けっぷりの理由。経済封鎖だのハル・ノートだのは開戦責任逃れの誤魔化しだよ。

      114.気になる名無しさん2011年07月01日 11:17  ▽このコメントに返信

      相手国の事をもっと学ぶべきだった。
      日本は英語禁止とか徹底してたけど、アメリカは親日家が生まれるほど日本の事研究してたって言うしな。

      115.気になる名無しさん2011年07月01日 21:46  ▽このコメントに返信

      備蓄一年分なんてどう戦ってもジリ貧だよなぁ
      結局前半はマレー作戦の様に超快進撃だったけれど後半はボロボロ
      せめて資源があればもう少し…資源があれば戦争してないか(´・ω・`)

      116.気になる名無しさん2011年07月02日 21:47  ▽このコメントに返信

      結果論でいえばあの戦争でアメリカに勝つ必要なんてないんだが、しいて言えば以下の2つの手段での戦争回避かね
      あの頃の米国はアジアに対する差別意識がひときわ強いので付き合いづらいが、満州国の利権に米国も入れるという妥協が出来てれば戦争は回避できたかも
      もしくは米国に影響力の強いユダヤ人の満州国への移民計画を日本政府が実行出来てれば世界の状況は大きく変わってたかもな

      117.気になる名無しさん2011年07月03日 18:53  ▽このコメントに返信

      確かに日本は戦争では負けた。
      だが勝負には勝ってるんだぜ?

      いまの世界を見ろ。
      アジア・アフリカは白人の植民地から解放され、
      有色人種は白人と同等の立場を得た。
      これだけでも日本が戦争をした意義はある。
      日本があの戦いを行わなければ、
      未だに白人至上主義がまかり通っていたかも知れない。

      日本人よ誇りを持て。

      118.気になる名無しさん2011年07月03日 22:18  ▽このコメントに返信

      >>117
      誇りはいらないから、おばあちゃんを返してくださいい・・・

      119.気になる名無しさん2011年07月04日 16:39  ▽このコメントに返信

      ※34みたいに「もっとうまく立ち回れば」って言う人がいるし、実際利己的にはもっとうまく立ち回ることは可能だったんだが、その選択はあり得なかったんだよ。戦略目標が「東洋の解放」だったからな。

      だからロシアの脅威に晒されている満州から引くわけにはいかなかったし、中国を貪り食ってるイギリスと組むわけにもいかないし、※116の言うようにアメリカに満州利権を食わせて共犯者にするのは利己的には正解だがそれもできなかった。

      で、そんな無茶な目標だったが※117の言うように達成されたのさ。

      120.気になる名無しさん2011年07月05日 23:57  ▽このコメントに返信

      どうやっても勝ち目が無い。
      それは当時の識者の常識でもあった。
      だからこそ、当時の政治家や天皇は勿論、軍隊ですら戦争反対だった。
      それを、マスゴミが反米感情を煽りまくって世論を戦争賛成一色に染め上げたせいで、戦争せざるをえなくなってしまった。
      そう、ちょうど民主党に政権交代した時と同じようにな。

      民主党が与党になって得をする奴がマスゴミを使って世論を操作したように、
      日本がアメリカと戦争になって得をする奴が、世論を操作して開戦させたんだ。
      昔も今も、日本はいつだって中国や半島の工作員によって世論を操作され、自ら破滅の道を進まされてるんだ。

      日本が勝つ唯一の方法は、戦争しない事だったんだよ。

      121.気になる名無しさん2011年07月06日 14:24  ▽このコメントに返信

      昔の日本人は、ヘラヘラして奴隷になるよりは、
      戦って自由を求めることを選んだ。

      日本は負けたが、結果いじめっ子のアメリカさんに認められた。

      人間、立てるときに立たなければ文化そのものが死ぬ。

      122.気になる名無しさん2011年07月06日 14:24  ▽このコメントに返信

      昔の日本人は、ヘラヘラして奴隷になるよりは、
      戦って自由を求めることを選んだ。

      日本は負けたが、結果いじめっ子のアメリカさんに認められた。

      人間、立てるときに立たなければ文化そのものが死ぬ。

      123.キムチ帝國カプサイシン一世2011年07月06日 21:41  ▽このコメントに返信

      戦略が不明瞭だった為、それを実現する戦術においても無理が生じたので、同胞等を大量自滅させる方向に向かった。

      結果から学ぶべきは
      1)戦略領域が無秩序に拡大しないように目的と目標を限定するべきだった。
      2)日露戦争同様に、誰かが止めねば小国日本は滅亡すると言う危機感を持ち、講和外交に尽力するべきであった。

      アメリカと戦って、どこで和睦するつもりだったのか。
      中国やソ連とも戦って、日本をどうするつもりだったのか聞きたい。

      きっと利己主義的な売国精神に当時の日本も蝕まれていたに違いない。

      124.気になる名無しさん2011年07月06日 23:15  ▽このコメントに返信

      1アメリカに手を出す場合
      死ぬ気でハワイだけ占領→ハワイ付近で空母4隻や大和をフル動員→
      ハワイ沖で死ぬ気で防衛戦→でも、ひたすら御免なさい、アメリカさん→
      ただハワイ住民は人質→犠牲の上に成り立つ講和

      2アメリカに手を出さない場合=合衆国的に開戦理由が無くなる
      お好みで英領インドかソ連領を抑えて連合国か共産圏の戦争継続意欲をそぐ
      →それでもアメリカには御免なさいし続ける→消極的講和

      面従背反で正面切って戦わないのが一番利口な気がする。

      125.気になる名無しさん2011年07月06日 23:16  ▽このコメントに返信

      戦争って必要だよなぁ

      126.気になる名無しさん2011年07月19日 03:41  ▽このコメントに返信

      恥も外聞も投げ捨てて何でもありなら勝てた

      127.気になる名無しさん2011年07月21日 14:24  ▽このコメントに返信

      いつの時代も非対称戦を除いて、貧乏人は戦争には勝てない。

      128.気になる名無しさん2011年07月29日 17:24  ▽このコメントに返信

      >>14
      >戦国時代の日本はガチで世界最強レベルだったのに

      明王朝どころか朝鮮王朝にも勝てなかったやんw

      129.気になる名無しさん2011年07月29日 17:36  ▽このコメントに返信

      アメリカと陸上自衛隊の共同演習で、アメリカ兵士に
      「優秀なのは分かるが、自殺的な行動が目立つ」と指摘されてたな。
      相撲とか見てても思うけど、合理主義より、正々堂々と戦ってそれで負けたなら仕方ない、という国民性なのかもしれん

      130.2011年07月29日 18:54  ▽このコメントに返信

      メキシコもしくは棍棒振るわれてた南米を拠点にして諜報網をつくり、中根中のような黒人指導者を陸軍がバックアップしてアメリカ本土を内戦状態にする。

      …それくらいしか光明がみえん。


      インド国民軍を二年で戦力化したし、インド人に比べても士官、下士官候補が黒人にはいなそうだけどやりようによっては師団規模の戦力作れたんじゃないか。

      B29工場も黒人ストで少しとまったし、造船所、航空機工場でテロ起こすことも不可能じゃなかったかも。


      関係ないけどインド人の武装親衛隊があるとは…アーリア人だからいいのか

      131.気になる名無しさん2011年07月29日 19:26  ▽このコメントに返信

      建国以来の総力戦と言っても、犠牲者は全人口の3%だったんだよな…
      戦って負けることが日本の精神だったんだろう
      そもそも今の価値観で何を語っても無駄だけど

      132.気になる名無しさん2011年07月30日 03:03  ▽このコメントに返信

      ヒトラーがユダヤ人迫害しなかったら核を持てたのはドイツじゃないか?

      133.気になる名無しさん2011年07月30日 04:16  ▽このコメントに返信

      日本は資源が無かったから戦争に走った。それって、原発止めたら、また
      戦争しなきゃ石油が手に入らなくなるということではないのか。

      134.気になる名無しさん2011年07月30日 04:19  ▽このコメントに返信

      >>131
       今の価値観で、昔の価値観とその行動を理解してはじめて歴史が生まれる
      のじゃないかね。

      135.気になる名無しさん2011年07月30日 19:44  ▽このコメントに返信

      ソ連を同盟に引き込めれば勝てた。
      ソ連と戦わなければドイツが欧州制覇→米東海岸攻撃に行けた。
      二正面作戦になるし、東海岸は主要都市が多いから守りを固めざるを得ない。
      また、北太平洋からソ連が攻めれば、日本はアジアを獲れる。
      これでアメリカを孤立させて疲弊させれば勝てる。といいなぁ

      136.気になる名無しさん2011年07月31日 18:30  ▽このコメントに返信

      開戦初期の計画通り、相手に長大な補給路を維持・負担させてれば講和くらいには持っていけたんじゃないか?
      日露で鮮やかすぎる勝利をしたために、国民がイケイケどんどんになる+海軍が戦果厨になる=初期計画破棄して負け戦 ってどこかで見た。

      137.気になる名無しさん2011年08月01日 00:14  ▽このコメントに返信

      >>108
      のような視野狭窄が、日本を破滅直前まで追い込んだんだよ。

      「戦わない。そして負けない」

      そういう選択肢を考えようとしなかった人たちと、
      そういう選択肢を良しとしなかった人たちがいた。
      軍上層部から一般国民までまんべんなく。

      138.気になる名無しさん2011年08月04日 13:34  ▽このコメントに返信

      ※124
      直接手を出さなくてもアメリカは参戦しただろうな。
      実際、真珠湾攻撃以前から中国に義勇軍送ってんだしさ。

      139.気になる名無しさん2011年08月04日 13:57  ▽このコメントに返信

      僕もアメリカを支持するね(キリッ

      140.気になる名無しさん2011年08月04日 15:10  ▽このコメントに返信

      割と本気でアメリカと戦わなくちゃいけないだろ。
      アメリカVS反アメリカ連合軍で世界をアメリカの支配から守らないと
      もうアメ公は勝手に世界地図分断して自分たちがどこにいても
      戦争できるように各地に基地と軍配備してるのに
      反抗しないのはおかしい。

      上から目線で国に命令してくるし脅すし
      やりたい放題だよ
      他の国同士で争うのは勝手だがせめてアメリカ叩き潰してから
      争ってくれ

      アメリカの支配を許す世界全てがおかしい

      141.気になる名無しさん2011年08月05日 01:47  ▽このコメントに返信

      相手がチート級でも逃げられない戦いがあったんだよ。

      今の平和ボケの俺達じゃ想像つかないよな・・・

      142.気になる名無しさん2011年08月10日 19:39  ▽このコメントに返信

      >>132
      言われる通り。
      ユダヤ人物理学者がドイツ軍に掴まる前、かなりアメリカへ亡命している。

      143.気になる名無しさん2011年08月11日 15:36  ▽このコメントに返信

      当時日本はABCD包囲網やらハル・ノートで追い詰められてた。
      言っちゃえば自衛のための戦争だったとも言えるわけで。
      もう戦争に踏み切らないと日本という国体そのものを失いかねなかったんだよ。

      戦後の学校教育じゃファシストに走った日帝の侵略戦争で片付けられちゃってるけどな。
      結果論ではないけど、東南アジアを支配してた帝国主義をぶっ壊したわけだし、なにもかも日本が間違ってたわけでもねぇのにな。

      144.気になる名無しさん2011年08月12日 12:23  ▽このコメントに返信

      ※143
      馬鹿だねえ。
      本当に馬鹿だねえ。
      中学校の歴史レベルでいいから、もう一度勉強し直せ。

      145.気になる名無しさん2011年08月13日 18:34  ▽このコメントに返信

      アメリカでこんな事があった
      女の子「○○国の人に性的虐待されました」
      アメリカ国民「なんだって!?そんな国の連中を生かしておけん」
      戦争・・・
      戦争が終わりに差し掛かる頃、アメリカが戦争をしたいがために女の子に偽の証言をさせた。

      日本との戦争はアメリカが船を勝手に日本の海域に入って挑発していたんじゃなかったっけ?
      自己防衛の為攻撃戦争が始まった。

      146.気になる名無しさん2011年08月15日 20:42  ▽このコメントに返信

      アメリカが原子爆弾を日本に落とした理由は、もし兵力を上げて日本本土に上陸したらイオウトウ島やガダルカナル島以上に犠牲がでるというルーズベルト大統領が考えた。
      だからアメリカは日本の広島、長崎、に原子爆弾を投下した・       そもそも日本がポツダム宣言を受け入れなかったのがダメだな・・・   ドイツとイタリアと日本は、独仏日三国軍事同盟を結成した。      イタリアはドイツを恐れて同盟を結んだかもなw            まぁ俺ら現代人はわからん真実やなww                真実はナゾ

      147.気になる名無しさん2011年08月17日 14:36  ▽このコメントに返信

      所詮中学生ごときの意見なのでスルーしてもらってかまいません
       まず、原爆は日本は開発できない。
      あり得ないがもしも開発できても核の資源足りなくて1発~3発が限度。
      工場も焼けてるし。
      ちなみに日本は原爆を敵艦隊攻撃用の最終兵器として開発していた。
      原爆の対艦攻撃力はビキニ環礁の水爆実験で実証済み。
       次に大和型戦艦について。
      大和(武蔵も)は作り始めるときに造船所を拡張するという膨大な予算が組み込まれ、大東亜戦争が始まる前にもう作り始めていた。
      航空機の時代になったのは開戦後。途中で大和の建造を止める訳にもいかなかった。ちなみに大和型戦艦の三番艦(後に空母)の建造を止めたのは予算が足りなかったため。決して航空機の時代に切り替えた訳ではない。
      大和のアウトレンジ戦法についてだが、当然当たるわけないよね。
      弾薬庫からにしてせいぜい1~2、3発ぐらいがいいとこで、下手に撃つと一発も当たらない。

      148.気になる名無しさん2011年08月17日 14:59  ▽このコメントに返信

      追記
       まず、真珠湾攻撃の第二撃について
      幾つもの歴史書に真珠湾攻撃の南雲長官の消極性について批判されている。
      しかし実際、真珠湾の第2波攻撃隊を出撃させても、効果は無しというデータが出ており、実際、そんな事をしたって、ベテラン搭乗員を失うだけ。
       最後に、ゼロ戦について(部隊でもこの言い方)。
      実際、ゼロ戦は空中戦に必要な旋回性能と、多大なる航続距離(実際は航続距離ではなく、軍部は滞空時間を要求)に加え、一撃離脱戦法に必要な速度性能を防御力を落とすし、生まれた主力戦闘機である
      通信性能も悪く(理由は簡単で、銅線をを覆うビニールの部分を間違えて布にしていただけ)ラバウルではこれを搭乗員が切り落としてしまったという話があるほど。
      世界の主力戦闘機の中でも最も弱い戦闘機を争うほどの戦闘機は実は大艦巨砲主義によって生み出されたもの。
      理由は滞空性能の要求にある。つまり敵攻撃機の来襲に備えるには、できるだけ滞空性能があった方がよい(発着艦をなるべく減らす)ということだ。
       皆さんの考察に役立つ情報だったら幸いです。
       長文失礼しました。

      149.気になる名無しさん2011年08月23日 17:23  ▽このコメントに返信

      そもそも、1~2年頑張ればドイツが勝ってくれるだろ的なかんじだったらしいしね

      150.気になる名無しさん2011年09月08日 22:04  ▽このコメントに返信

      >161
      ちょっと違う。”勝つ”んじゃなくて短期決戦で早期講和出来るのかと質問している。

      その問い質しの前に、帝国は金無いのに戦争なんて出来るのかとも言っている。

      151.気になる名無しさん2011年09月10日 17:59  ▽このコメントに返信

      米国に勝つなら、そうだな…

      豊臣秀吉が、もっと視野を広く持ち朝鮮出兵なんてせず、
      取りたい放題の太平洋の島々を支配化に入れる。
      パプアニューギニアやオーストラリア、ニュージーランドとかね。
      北米もロッキー山脈より西側くらいなら獲れたな。アラスカも。
      豊臣がダメなら、徳川の時代でも全然間に合う。
      鎖国して当時大した勢力じゃないヨーロッパが十分な力を付けるまで何もしなかったのが最大の間違いだな。
      これは中国人は特に痛感してるんじゃないかな。

      明治維新以降で考えるなら、優秀な人材を全部軍人なんかにしてないでしっかり基礎研究しないと話にならない。
      WW2までの時間考えても技術的には追いつく時間はあったと思う。
      あとは、今と同じの官僚支配だったのが最大の問題。
      せめて防衛省で統一すべきだった。海軍省、陸軍省で分けた弊害がでかい。

      WW2始まった後って考えると何しても勝てない。
      加えて戦争の回避も無理。米国は日本を潰す気だったからね。
      回避するなら日露戦争直後くらいまで戻る必要がある。

      152.気になる名無しさん2011年09月10日 18:10  ▽このコメントに返信

      >そもそも、1~2年頑張ればドイツが勝ってくれるだろ的なかんじだったらしいしね

      皮肉なことに、真珠湾攻撃のときにソ連の大攻勢が始まってる。
      ちゃんと欧州戦線見てればドイツ頼みの開戦はしなかったかもな。

      まぁ日本から奇襲しなくても、米西戦争みたいに日本が米商船を撃沈したって、でっち上げて戦争することになってたみたいですが。

      153.気になる名無しさん2011年09月24日 08:34  ▽このコメントに返信

      性行為

      154.気になる名無しさん2011年09月29日 13:37  ▽このコメントに返信

      自分は戦争とか知らないけど、
      1 技術力で相手に勝る
      2 資源が豊富で生産性で勝る
      3 人口で勝る
      4 指導者、教育者で勝る
      何で負けたかって理由はこれくらいでどうすれば勝てるかなんてことは
      考えるだけ無駄。その当時の日本人が考えて考えてやりぬいた結果だからこそ
      不満なんてない。過去の戦争も意味があったと思わないと過去で死んでいった人まで否定されることになるから
      ありがとうございましたでいいと思う^^
      先進国になり平和になり良かったと思う。
       それより原発問題とか財源確保の問題とかに目を向けろよ^^

      155.気になる名無しさん2011年10月05日 16:07  ▽このコメントに返信

      ドイツはどう足掻いてもソビエトに勝てなかった
      日本はアメリカ相手の全ての戦いに勝ったとしても損耗を補填できずに負ける運命だった
      日本の戦死者のうち多くは南方戦線における戦病死と餓死であり
      そもそも戦闘に参加すらできずに死んだ
      考え抜いてやり抜いたという事実もない
      参謀本部がガタガタなのは補給要請への対応を見れば分かることだ
      多くの人間は怯え、他人に責任を押し付けることだけに必死だった
      平和な時代に生まれた恵まれた人間が彼らを糾弾するのもどうかとは思うが、無駄に美化することもないだろう
      死んだ人間を悼むのは正しいが、あの戦争に評価すべき点など無い

      156.硫黄島からのパラペラム2011年10月15日 02:27  ▽このコメントに返信

      のらくろがいれば勝ったんじゃん?漫画見たけどあいつすげーよ?ライフルでB17撃ち落とすは、零戦単機で戦艦滅茶苦茶沈めるし 最終的に丘に国旗刺して「大本営発表、我が軍はワシントンを制圧セリ」って言ってた
      ただ・・真顔なんだよね・・・終始 

      157.気になる名無しさん2011年11月07日 16:36  ▽このコメントに返信

      もっとドイツの技術を早くからとりいれるべきだった。日本もロケット戦闘機「秋水」などを作っているが終戦をそのままむかえてしまった。もう少し終戦
      が遅ければ戦局は変わっていた!

      158.罪人少女2012年01月28日 02:08  ▽このコメントに返信

      日本軍は誇り高い人達だけど何でもかんでも武士道と比べすぎ
      特攻隊だって上の連中が無理やり武士道と特攻をくっつけただけ

      159.気になる名無しさん2012年03月11日 12:27  ▽このコメントに返信

      俺が居なかったことが最大の敗因

      160.7742012年04月10日 19:07  ▽このコメントに返信

      大本営発表が全て真実だったとして
      その被害を加味した上でも日本の数倍の国力を持ってた国にどうしたら勝てたととか妄想するだけでもナンセンスwww

      161.兵隊さん2012年05月26日 09:44  ▽このコメントに返信

      俺んちのじいちゃんわ元日本兵だけどこうゆってた食糧不足で力と体力がなくて負けたってちゃんと食料があれば勝てたって言ってたよちなみに友食いしてたって

      162.気になる名無しさん2012年05月26日 09:49  ▽このコメントに返信

      簡単に言えば特攻している時点でだめだってといってたじいちゃんが

      163.気になる名無しさん2012年09月05日 13:05  ▽このコメントに返信

      資源が豊富ででかい国のアメリカにかてるわけがないよね(悲)

      164.気になる名無しさん2012年09月21日 13:31  ▽このコメントに返信

      情報戦の負けだな。
      あの時点でアメリカを敵に回すには無理がある。
      けどアメリカには当時、日本を攻撃できる大義名分がない。
      日本がそれを知っていればハル・ノートなどのような揺さぶりに悩む必要もなかっただろうね。
      必死こいてプロパガンダ放送するだろうが、そんなもので騙されていたら後世、アメリカは大恥をかくことになる。

      でも俺は別にアメリカに負けてもよかったと思ってるよ。仮にアメリカと大戦しなかったとしても日本&ドイツではソビエトには勝てなかっただろう。
      結果論だが戦後に復興もして今じゃ立派な大国となっている。
      戦後に残された理不尽な科せは俺たちのような後世の人間が修正していけばいいじゃないか。

      キニ速の全記事一覧

      週間ページランキング

      過去記事ピックアップ
      最新記事
      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      はてなブックマーク
      3日間集計逆アクセス
      Copyright (C) 2011 キニ速 -気になる速報-. All rights reserved. ブログパーツ