ミュージック・ビデオ・アワードの受賞PVを貼っていくスレ

    23
    コメント

    2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:06:13.55 ID:zT8ndSOZ0
    まず最初に、SPACE SHOWER TVという音楽専門チャンネルがあり、
    そこで毎年

    「その年の優れたプロモーションビデオ」

    を決める企画がある。基本的にJ-POPの中からね。

    これがミュージック・ビデオ・アワード→MVAである。
    男性部門だのロック部門だの色々と賞があり、
    各部門賞を取った作品の中から、その年のもっとも優れたPVが選出される。


    そんなわけで、まずはその年の大賞作品である

    「BEST VIDEO OF THE YEAR」をそれぞれ貼っていく


    3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:08:54.98 ID:zT8ndSOZ0
    1996年
    ガッツだぜ!!/ウルフルズ



    部門賞…「BEST YOUR CHOICE」
    ↑の部門は、いわゆる「人気投票」。
    基本的に番組の審査で各部門賞などが決まるが、
    この部門のみ一般からの投票を受け付けている。


    この時代にすでにこんなにバカバカしいプロモを作れたウルフルズは凄い。
    スペシャと馴染みが深いアーティストでもあり、
    その関係での受賞の面ももちろんあることはある。
    が、それを抜きにしても、
    「殿様」という意味不明なコンセプトと曲の持つ明るさがちょうど良くマッチしている、
    良い作品ではないかと思う。個人的にはスゴイ好き


    4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:11:09.85 ID:4QUAzF2LO
    期待



    8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:13:21.87 ID:zT8ndSOZ0
    1997年
    Shangri-La/電気グルーヴ


    部門賞…なし
    電気グルーヴもまたスペシャとなじみの深いアーティストである。
    この曲は電気グルーヴの最大のヒット曲……だったはず。
    SPRING RAINをサンプリングした売れ線なメロディーとは裏腹に、
    PVの随所に小ネタを仕込んだ、電気グルーヴらしい「おふざけ感」に溢れた作品。
    スケベイスをこんなにカッコよく映し出すPVを他に知らない。


    10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:17:27.51 ID:zT8ndSOZ0
    個人的に好きな部門賞の作品とかも貼って行きたい。


    1998年
    ピンクスパイダー/hide with Spread Beaver


    部門賞…なし
    この当時は部門自体があまり多くない。
    部門賞を分けて、その受賞作の中から更に……という体制はこの後に固まって行く。


    当時の放送は見ていなかったので的外れな意見かもしれないが、
    やはり「餞別」としての意味合いが強い受賞なのかもしれない。
    hideという偉大なミュージシャンへの追悼の意が、
    この受賞に含まれていないとは言い切れないだろう。

    ただ曲の完成度の高さや、
    攻撃的なプロモの持つインパクト、
    そしてそれに負けないhideのパワー自体も十分に受賞に値するか。


    11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:22:08.58 ID:zT8ndSOZ0
    1999年
    Pieces/L'arc~en~ciel
    http://www.musicpv.jp/music.cgi?id=4344

    部門賞…なし

    ストーリー仕立てのPV。
    不吉な記憶を持ったナイフを巡る物語、ということなのだが……
    そこまで印象的なストーリーというわけでもないのが正直な所。
    まぁ、あくまで個人的にはだけど。

    ただ、当時のラルクの圧倒的人気を考えたら、
    一定以上のクオリティを持ったPVを発表した時点で受賞もやむなし、と感じてしまう。
    曲に関しては言うことなしの名曲。
    あとPVのハイドが非常に厨二臭くて面白い。


    ようつべに動画が無い場合は、
    胡散臭いサイトのURLを貼る羽目になってしまうがご容赦して欲しいです。


    12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:27:35.97 ID:zT8ndSOZ0
    2000年
    STAY AWAY/L'arc~en~ciel
    http://www.youtube.com/watch?v=EW4Z9XL7W2M&feature=player_embedded

    部門賞…「BEST GROUP VIDEO」

    曲が良いのはもちろん、こちらの作品はPVとしても非常に面白い。
    「オフィス」「スーツ」というコンセプトと不可思議な世界観を見事に融合し、
    締めには「あのダンス」でスパッと終わらせる構成も中々。

    エキストラ含めてダンスシーンはCGらしい(出典Wikipediaなので不確定)。
    インパクトとコンセプト、そして「魅せる」ことに関して最大限に特化した傑作PV。

    なにより世間的にはこの年のラルクは正に「化け物」と呼ぶべき活躍をしていたはず。
    その実績も含め、ラルクの2年連続受賞を果たすに相応しいPVではないだろうか。


    13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:30:50.02 ID:zT8ndSOZ0
    2002年
    traveling/宇多田ヒカル


    部門賞…「BEST FEMALE VIDEO」&「BEST ART DIRECTION VIDEO」

    この年から年度末の開催になったので、年代が一つ繰り上がる。
    宇多田の元夫、紀里谷和明が監督を務めたことでも有名。
    その色彩感覚や世界観の形成は、流石の一言。
    その証拠に、美術面で高く評価された作品に送られる
    「BEST ART DIRECTION VIDEO」での受賞もしている。

    もちろん他の要素もあってのことだが、
    ここまで「アートディレクション」に特化して受賞を果たした作品も珍しい。


    作品としてはアレだったけど、「GOEMON」も作品中の色使いは非常に綺麗だった


    14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:35:43.46 ID:zT8ndSOZ0
    2003年
    東京/桑田佳祐
    http://musicmovie.blog48.fc2.com/blog-entry-3545.html

    部門賞…「BEST STORY VIDEO」

    桑田扮するタクシーの運転手「石本」の身に巻き起こる、
    夢とも現実ともつかない妖しげなストーリーのPV。
    解釈については公式のスペシャルサイトもある
    http://www.sas-fan.net/tokyo-special/index.html

    この曲自体、桑田が売れ線を意識せずにやりたいことをやるための曲であり、
    PVの世界観もまたそれなりに練られている。
    曲のじっとり感も、PVとの融和性が良く中々。

    ただ、やはり大御所であるが故に「接待受賞」なんじゃないかなー
    という憶測はどうしても浮かんでしまう。


    15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:41:12.69 ID:zT8ndSOZ0
    2004年
    くるみ/Mr.Children


    部門賞…「BEST GROUP VIDEO」

    2年続けての大物受賞だが、こちらは前年度と比べても、
    非常に納得が行く受賞だった。
    ストーリー自体が非常にわかりやすく、かつ誰からも愛されるような内容である。

    そして曲が持つ確かな力と、
    PVということで一切言葉を出さずに表現する役者たちの演技力が、
    とても見事にかみ合っている。
    このクオリティのPVをミスチルが出したんじゃあ、
    そりゃあ新人、中堅の出る幕は無いだろう、とすら思ってしまった。

    ちなみに最後のオチに関してだが、もちろん全くの大嘘である。


    18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:49:54.69 ID:zT8ndSOZ0
    2005年
    GALAXY/RIP SLYME


    部門賞…「BEST HIPHOP/R&B VIDEO」

    悪いPVではないのだが、
    この年に関してはもっと相応しい作品があったのでは、とついつい感じてしまう。
    もちろんクオリティは決して低くない。
    カラフルで見ていて目にも楽しく、
    「指遊び」というコンセプトも5人組である点を活かしていてグッド。
    それぞれ全員に見せ場があるように作ってある構成も評価できる。

    が、やっぱりもっといい作品があったのに……と思わずにはいられない


    19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 21:57:47.64 ID:zT8ndSOZ0
    2006年
    JOY/YUKI
    http://musicmovie.blog48.fc2.com/blog-entry-1506.html

    部門賞…「BEST FEMALE VIDEO」

    謎の集団と謎のダンス。
    一度見たら中々忘れられないインパクトがある。
    なによりもYUKIの持つ可愛らしさがきちんと表現されている作品。
    「魅せる」という以上に、アーティストの「プロモーション」として考えた時に、
    とても優れたPVであることは確かだろう。

    何よりこの曲を聴いて、こういうPVを作ろうとしたセンスが凄まじい


    20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 22:05:11.11 ID:zT8ndSOZ0
    2007年
    しるし/Mr.Children


    部門賞…「BEST GROUP VIDEO」

    こんなこと言いたくないけど、非常に面白みがない。
    「くるみ」の時と違い、大した工夫やアイデアがあるわけでもなく、
    出演も桜井のみで、バンドとしてのプロモ効果も薄い。

    まあ、曲が正統派直球のバラードなので、
    プロモの方も飾らずに、シンプルに攻めた。と受け取れなくもない。
    が、やはりこれをその年1番の「PV」としてはあまり上手く評価できない。


    22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 22:14:21.01 ID:zT8ndSOZ0
    2008年
    花の名/BUMP OF CHICKEN


    部門賞…「BEST GROUP VIDEO」&「BEST YOUR CHOICE」

    バンプ自体がスペシャに育てられた、と言っても過言ではないほど、
    スペシャと縁のあるバンドである。
    前述の「BEST YOUR CHOICE」でも受賞歴があり、
    新曲リリース時はこの人気投票で毎年上位に顔を見せる。

    PVはタイアップ先である三丁目の夕日を意識しつつ、
    メンバーたちが素朴に演奏しているだけのシンプルなもの。
    ……と思いきや、背景では色々と物騒な出来事が起こっている。

    徐々に展開も過激になっていき、
    「どういうことだよ!」と突っ込まずにはいられないが
    メンバーたちは気にせずに演奏を続ける姿がシュール。
    曲自体が優しい曲調なのもギャップの原因の一つか。

    プロモの解釈案などは全く見ていないので、
    裏には深いストーリー性があるのかもしれないのだが、
    そういったウラ要素を抜きにしても、
    なんとなく納得させられる不思議な魅力がある作品である。


    23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 22:21:33.70 ID:zT8ndSOZ0
    2009年
    モノノケダンス/電気グルーヴ


    部門賞…「BEST GROOVE VIDEO」
    ちなみに↑の部門は、
    「ダンスミュージック」を専門とするアーティストたちが対象の部門。

    完全に「大物」や「アイドル的人気」のアーティストたちが大賞を取るもの、
    と近年の傾向で思われていたMVAで、
    なじみ深いとはいえ、ここに来て電気グルーヴが大賞を受賞する。
    たまにこういうことがあるから、スペシャは侮れない。

    彼らからすれば毎度のことなのだが、シャングリラ以上にネタ要素に溢れているPV。
    小ネタが随所に散りばめられ、一度見ただけでは把握できない。
    アニメーションのようでいて、実際は実写で作られているだが……

    何よりもこのPVの見どころはオチである。
    前述の「アニメのようで実写」という表現方法を最大限に活用した、
    予想のつかない、かつ反則的な展開が素晴らしい。


    24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 22:30:01.24 ID:zT8ndSOZ0
    2010年
    FAST CAR/安室奈美恵
    http://www.musicpv.jp/music.cgi?id=8784

    部門賞…「BEST ART DIRECTION VIDEO」

    traveling同様に美術面で評価の高いPVであり、
    実際に「黒」「青」「赤」「ピンク」と
    各カットでの彩りの鮮やかさは見ていて惚れ惚れする。

    ステージの色彩が変わるごとに、彼女の新しい顔が映し出され、
    安室奈美恵を最大限、魅力的に映し出すことに成功している。

    このPVを見るまで、
    正直ここまで彼女がカッコいい人なのだとは思わなかった。
    YUKI同様に、「プロモーション」として非常に優れたPVである。


    25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 22:38:16.60 ID:zT8ndSOZ0
    2011年
    アルクアラウンド/サカナクション


    部門賞…「BEST ROCK VIDEO」

    近年でもトップクラスに完成度の高い作品。
    「歩く」という点から、一つのカメラでワンカットでの撮影、までは考え付くが……

    ワンカット撮影の時点でそれなりに完成度の高い作品が作れるのに、
    そこで歌詞の表現をここまで独創的にやってのけるとは思わなかった。
    そして何よりも「終わりの部分」が凄まじい。

    一つのPVでここまで多くのアイデアを盛り込みながら、
    それらが一つの作品として見事に融合している。

    ネームバリュー一切関係なく、
    まさに「PVとしての完成度」の面で見て、大賞を取るべくして取った作品。


    最初に見た時の感想
    「ははぁ~」
    →「あぁ、なるほどね」
    →「おぉ!すごいな」
    →「へぇ~」
    →「はいはい」
    →「なん……だと……」


    26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 22:46:56.85 ID:zT8ndSOZ0
    2012年
    『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 /サカナクション


    部門賞…なし
    今年はBEST YOUR CHOICE、特別賞以外の部門賞が無くなってしまった。
    寂しさとともにスペシャ、音楽界の衰退を危惧してしまう。

    曲とプロモの世界観が融和していて、
    不条理な構成・表現がとてもマッチしている。
    ……のだが、前年度のアルクアラウンドと比べると、
    どうしてもインパクトに欠けるか。

    曲とPVのテーマに沿ってフロイト的なさまざまな解釈ができ、
    見ていて面白いPVではあることは確かなのだが。

    というか今年度は特別賞のandropのPVがずば抜けて良かったので、
    そっちに大賞を取って欲しかった。


    27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 22:55:00.64 ID:zT8ndSOZ0
    次は人気投票、

    BEST YOUR CHOICEのPVを紹介

    1996年は大賞のガッツだぜ!なので省略


    1997年
    ループスライダー/真心ブラザーズ


    コーラスは無名時代のPUFFYが担当してたりする。
    爽やかな曲調に合った、「水」を基調としたPV。
    曲が個人的に好きなので気に入ってるPVだったりする。


    1998年
    夏色/ゆず


    ゆずもまたスペシャに育てられたバンドの一つである。
    PVとしてはそこまで特筆すべき点は無いか。

    やはり人気投票である以上、
    どうしても「アイドル」的なアーティストに票が集まりやすい。

    「ゆずがアイドル?」と思われるかもしれないが、
    当時は立派なアイドルアーティストだった。今もか?


    28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 23:03:01.19 ID:zT8ndSOZ0
    1999年
    センチメンタル/ゆず


    スペシャにおける当時のゆずの人気は計り知れないものがある。
    普通の部門にもちゃんとノミネートされていることもあるのだが、
    それで満足しないのがファンの心理なのである。

    PV自体はのどかでノスタルジックな悪くない作品。



    2000年
    飛べない鳥/ゆず


    人気投票3年連続1位。ここまで来ると圧巻である。
    悪くない作品なのだが、個人的にはそこまで印象には残らない……


    29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 23:10:31.66 ID:zT8ndSOZ0
    2002年
    PIECES OF A DREAM/CHEMISTRY


    大ファンだったので、活動休止は非常に残念である、CHEMISTRYのデビュー曲。
    人気投票、という面からみると、
    ゆずに代わる新たな「アイドル」の出現が垣間見えて面白い。

    当時の堂珍の女性人気はとにかく凄かった!



    2003年
    楽園ベイベー/RIP SLYME


    リップもまたスペシャにおけるアイドルの1組である。
    キャッチ―なヒップホップで、メンバーの顔立ちもそこそこ。
    そして楽しそうなプロモ、と人気のである要素は色々ある。


    31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 23:19:20.50 ID:zT8ndSOZ0
    2004年
    ロストマン/BUMP OF CHICKEN


    ここに来てバンプ人気が爆発する。
    スペシャを見る層といわゆる「ロキノン厨」がガッツリ合致していたので、
    バンプのようなバンドが人気が出るのは必然的なのだが。

    ロストマン自体がバンプ曲の中でも人気が高いのもあるか。
    曲は文句なしなのだが、PV自体はそこまで特筆すべき点は無い。
    ただコードを使った後半の演出は結構好き。



    2005年
    車輪の唄/BUMP OF CHICKEN
    http://www.youtube.com/watch?v=x9S9oygUEW0&feature=player_embedded

    こちらはストーリー性があり、バンプという点を考えない作品としても楽しめる。
    むしろバンプの曲でストーリー性のあるプロモ、
    という点が人気投票1位の要因なのかもしれない。

    バンプのプロモそこまでたくさん見たわけじゃないけど。
    あと歌詞の内容とプロモのストーリーの内容が全然合ってないのは、わざとなんだろう。


    32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 23:26:15.50 ID:zT8ndSOZ0
    2006年
    粉雪/レミオロメン
    http://www.musicpv.jp/music.cgi?id=4475

    バンプと同じような層から人気を集めたレミオロメンが、人気投票堂々の1位。
    まぁ粉雪はそもそも普通に売れたし、当然と言えば当然の結果なのだが。

    実はこのプロモは、「BEST ART DIRECTION VIDEO」でも受賞している。


    36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 23:39:27.66 ID:zT8ndSOZ0
    2009年
    オーダーメイド/RADWIMPS


    ここでバンプの後継者とも言えるラッドの登場である。
    ロキノン厨の人気を背負い、見事に1位を獲得した。

    PVはサカナクションのバッハ~系統の、各自の解釈に委ねる構成の作品。
    見ていて面白い作品だが、こういう作りをすることでの
    「サブカルっぽさ」がちょっと鼻につく部分もある。

    まぁ、そこが人気の秘訣なのだから自分がどうこう言ってもしょうがないが。


    37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 23:47:57.08 ID:zT8ndSOZ0
    2010年
    おしゃかしゃま/RADWIMPS


    完全にスペシャのミーハー層の人気がラッドに移っているのが見て取れる。
    個人気には曲も割と好みだし、
    映像もサブカルっぽさが良い方向に作用しているように感じる。
    まぁ、意味はさっぱり理解できないのだが。


    2011年
    マニフェスト/RADWIMPS


    バンプですら成し得なかった、
    ゆず以来のBEST YOUR CHOICE3連覇である。

    このPVは単純に面白い。
    歌詞とプロモのテーマもちゃんと合わせてきたし、
    民衆が掲げてるプラカードにも遊び心が含まれている。
    見るだけでも何となく楽しい気分になってくる良い作品である。


    38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/11(月) 23:54:57.79 ID:zT8ndSOZ0
    2012年
    小さな君の手~maximum the hormone/マキシマム・ザ・ホルモン


    近年でもここまで、
    投票した視聴者に共感することができたBEST YOUR CHOICEもなかった。
    前半はマキシマム・ザ・ホルモンの全力の一発ギャグ。
    そして後半は本領発揮と、一粒で2度おいしい。

    ホルモン自体は、スペシャ層からもちゃんと人気のあるグループで、
    部門賞の実績もあったのだが……

    この素晴らしいバカバカしさを見せてくれたおかげで、
    見事視聴者投票1位を獲得した。


    39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 00:03:55.01 ID:7j/ovFhX0
    ここからは個人的に好きな受賞PVを、
    年代もバラバラに紹介していく


    2012年・特別賞
    Bright Siren/androp


    大量のカメラのストロボをネオン代わりに、
    光のアニメーションを作って表現したPV。

    ライトを使った表現自体は昔からあるものなのだが、
    その光の演出自体も非常に美しくて見物。

    何より、「カメラ」である点を活かした表現方法が中盤から出てくる。
    この演出には思わず「やられた!」と思ってしまった。
    「そういう表現ができるからカメラのストロボを選んだのか!」と。

    最後のサビに映る際の怒涛の展開と合わせても、
    そしてそこからラストまでの展開を含めても、
    曲自体の良さ、演出の素晴らしさが見事に増幅されている。


    個人的にはこのPVにこそ、
    2012年のBEST VIDEO OF THE YEARを送りたい


    42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 00:16:46.33 ID:qBPhTIPc0
    >>39
    それめっちゃ良いよね!
    カメラのストロボで映像を作るっていう考え方にまず感動した


    41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 00:13:56.45 ID:7j/ovFhX0
    2005年・BEST ROCK VIDEO
    「[short film]彩-SAI(前編)~廻る、巡る、その核へ/ACIDMAN





    この作品こそ、2005年のBEST VIDEO OF THE YEARに相応しい。
    CGアニメーションのPV作品として、ACIDMANの曲を使ったPV作品として、
    正に最高傑作のひとつであると胸を張って紹介することができる。

    そのタイトルの通り、もはや「ショートフィルム」である。

    「彩」の方は直感的で見た目にも鮮やかな
    CGアニメーションの良さを体感できる作品に。

    「廻る、巡る、その核へ」はストーリー性を持った、
    そしてCGアニメーションの表現力を活かした、
    深い世界観の作品。


    43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 00:21:50.43 ID:7j/ovFhX0
    2011年・BEST GROOVE VIDEO
    HANABEAM/HIFANA


    曲そのもののグルーヴ感もさることながら、
    このCGアニメーションの映像と合わさることでの躍動感は他に類を見ない。

    カラフルでポップでスタイリッシュ。そしてエキセントリック。
    めまぐるしく展開が変わり、先の予想が全くつかない。
    すぐ後に何が起こるのかわからないから、もっと見てみたいと思うようになる。
    そして一度見た後も、もう一度見てみたいと思うようになる。

    そんな中毒性を持ったPVではないだろうか


    44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 00:29:49.70 ID:7j/ovFhX0
    2005年・BEST COMPUTER GRAPHIC VIDEO
    The Rising Suns/石野卓球


    2005年は優秀なプロモが多かったのでさらに紹介する。
    石野卓球は電気グルーヴのピエール瀧じゃない方、と言えば良いのか、悪いのか。

    CG部門ということなのだが、
    このプロモの中でCGなのは建物や道路ではなく、
    大量の人のことである。

    普通に空撮して、そこにまるで蟻のように群がる人々をCGで合成したのである。

    曲はシンプルながらも奥の深いテクノチューンであり、
    無機質さとポップさを併せ持つ良曲である。

    そしてそこに、
    都会の風景とCGの群衆とを合わせることで、
    アーティストが一切出ていない、歌もない曲の
    「プロモーション」を実現させている。


    45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 00:35:01.34 ID:7j/ovFhX0
    1999年・BEST FEMALE VIDEO
    本能/椎名林檎


    椎名林檎がデビュー当時に与えたインパクトは凄まじかった。
    なぜナース服なのか、なぜガラスを割る必要があるのか。
    曲と関係ないようなプロモでいて、不思議と映像とマッチしている。

    それこそ「サブカル」の方面に近いコンセプトのプロモなのだが、
    椎名林檎のナース服の似合い様と歌唱力が、
    この映像に説得力を持たせているように思える。


    46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 00:41:36.29 ID:7j/ovFhX0
    2007年・BEST CONCEPTUAL VIDEO
    アイランド/レミオロメン


    優れたコンセプトの作品に贈られる賞。
    そんなこのPVのコンセプトは非常にシンプルである。


    溺れる藤巻


    ただそれだけ。
    「必死でもがいている」という表現をするために、
    広い海の中で溺れているボーカルの藤巻を
    ただひたすらに撮り続けると言う、正気の沙汰とは思えないPV。

    確かに、これをプロモとして表現しようと言うそのセンスと発想、
    そして本当にそれだけで完成させたコンセプトは素晴らしい。


    48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 00:49:09.31 ID:7j/ovFhX0
    2006年・BEST CONCEPTUAL VIDEO
    I My Me Mine -Strong Machine 2 ver-/POLYSICS


    この不気味なダンスは、
    曲を聴いたPVの女の子が自分で振り付けをしたらしい。

    POLYSICSのトレードマークであるサングラスをしながら、
    得体のしれない動きをし続ける少女……。

    アイランドもそうなのだが、
    よくこういうプロモを撮ろう、という発想が出てくるものである。
    アイデアという面ももちろんだが、その度胸もすごい。

    そして「少女の変なダンスを見せる」
    というコンセプトを見事に達成している以上、この賞をもらうのも当たり前なのだろう。


    49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 00:56:32.95 ID:7j/ovFhX0
    2003年・BEST ART DIRECTION VIDEO
    くちばしにチェリー/EGO-WRAPPIN'


    曲は聴いたことあっても、PVはあまり見たことないと思われる作品。
    アートディレクションということなのだが、
    注目すべきはその「衣装」である。

    鯉のぼりをはじめとした雑多なアイテムだらけのごちゃごちゃした室内のカットと、
    周りが暗い状態でバンドメンバーが演奏する屋外のカットとがある。

    この中でボーカルの彼女は、室内ではアイテムの主張に対抗しない様に
    シンプルな服を着て歌っている。

    そして屋外では、バンドメンバーは暗さに映える白いスーツを、
    そしてボーカルの彼女はカラフルな衣装を身にまとっている。

    この色合いのコントラスト・対比が、
    お互いのカットをより色鮮やかなモノに見せている。


    50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 01:01:37.10 ID:7j/ovFhX0
    2006年・BEST MALE VIDEO
    国民的行事/KREVA


    とにかくインパクトが絶大。
    KREVAが好きではなくても、何となく好きになってしまうプロモ。

    一貫して意味が分からないのだが、
    何かそれでもいいような気がしてしまうほど画面のインパクトがすごい。

    見て楽しませる、という意味ではとても優秀な作品であり、
    KREVAの顔を見せる、プロモーションをする、
    という点においても優秀な作品。


    51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 01:08:12.86 ID:7j/ovFhX0
    2009年・BEST ALTERNATIVE VIDEO
    A MAN FROM THE NEW TOWN/YOUR SONG IS GOOD


    ジャンルにとらわれない音楽活動をしているアーティストに送られる賞。

    映像はわざとモノクロで、「強いられているんだ!」ばりの集中線など、
    古典的マンガ表現を使ってオールドファッション感を出している作品。

    背景の流れる映像やバンドメンバーの躍動感ある動きも相まって、
    有無を言わせない勢いを生み出すプロモーションビデオ。


    53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 01:14:34.37 ID:7j/ovFhX0
    2011年・BEST NEW ARTIST VIDEO
    ファンタジー/世界の終わり


    個人的には、BEST ART DIRECTION VIDEOもあげてもいいのに、と思う。
    青を基調とした明るくてポップな映像は、
    見ているだけでオシャレでワクワクしてくる。

    ボーカルを中心にしながらも、
    メンバー全員の顔が覚えられるように、
    かつただの紹介っぽさを無くして表現しているあたりも良い。

    世界の終わりの中でも比較的明るい歌詞なので、
    このポップな世界観がちょうど良く合っていたのだろう。

    この色のコントラストで「虹色の戦争」とかだと違和感がかなりあるはず。


    54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 01:20:18.75 ID:7j/ovFhX0
    1996年・BEST INTERNATIONAL VIDEO
    Virtual Insanity/ジャミロクワイ


    超が付くほど有名なプロモ。いわば海外部門賞。

    床が動いて物や人が移動する。
    それだけなのに異常にカッコいい。

    全体の変化が無いように思えて、
    目を離すと状況が一変している飽きさせない構成も見事。

    でも今はカップヌードルのCMしか頭に浮かばない。


    56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 01:28:11.23 ID:7j/ovFhX0
    2010年・BEST INTERNATIONAL VIDEO
    PAPARAZZI/レディー・ガガ


    ストーリー仕立てのPV……というどころではない。
    ドエロいキスシーンを普通に流したり、松葉杖をダンス演出の一環で使ったり……

    規制や差別云々含め、日本でそんな表現したPVを誰も作れないのはもちろん、
    おそらくはこれが許される、賞をもらうことができるのは
    レディーガガだからなのだろう。

    お馴染みの奇抜な衣装も相まって、
    ガガという人物の得体の知れなさが感じられる。


    58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 01:34:10.84 ID:7j/ovFhX0
    2005年・BEST POP VIDEO
    ロコローション/ORANGE RANGE


    POP VIDEO部門は、言ってみれば
    「とりあえずミーハーな感じのを隔離しておく場所」である。
    もしくは、
    「女性部門」「男性部門」などで賞を取れなかった人にお情けで賞をあげる場所である。

    この曲が部門賞を取った、となった当時は
    「スペースシャワーも終わった!」
    と言われたものである。

    当時のオレンジレンジの人気は言うに及ばず、
    おそらくはスペシャ側も何らかのアプローチをせざるを得なかったのだろう。

    決して悪いプロモではないのだが、
    このPVを賞に選んだところから、そういった背景が見て取れる。


    60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 01:42:30.99 ID:7j/ovFhX0
    2008年・BEST ROCK VIDEO
    アフターダーク/ASIAN KUNG-FU GENERATION


    中々にストーリー性もしっかりしているプロモ。
    アジカンはMVAでのROCK VIDEO部門の常連であり、
    過去にもノミネートしている。

    ストーリーが曲とあっていて、展開するにつれて、
    疾走感とともにストーリーに入り込むことができる。

    またメンバーが歌っているカットも曲の展開と共に変化し、
    クライマックスでの展開にテンションが上がることだろう。


    61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 01:50:04.24 ID:7j/ovFhX0
    2002年・BEST ELECTRO VIDEO
    BEAUTIFUL DAYS/Fantastic Plastic Machine


    実は、このBEST ELECTRO部門はこの年にしか開催されていない。
    つまり、間違いなくFPMに取らせるためだけの賞なのである。

    ただ、曲はもちろん素晴らしく、
    映像もそこまで奇をてらわずに
    曲と合うように綺麗で優しい、丁寧な作りになっている。

    つまり逆に言うと、
    「絶対に賞をあげられる出来なんだけど、既存の部門ではノミネートさせられない」
    ために、特例でエレクトロ部門を作った、という解釈が適任なのかもしれない。


    62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 01:56:45.22 ID:7j/ovFhX0
    2006年・BEST STORY VIDEO
    さくら/ケツメイシ


    実を言うと、そこまで好きなストーリーというわけではない。

    この年の大ヒットナンバーであり、ケツメイシの人気はスペシャ内でも高い。
    その意味でこの曲を選ぶしかなかったと言えるのだが……

    実は、この年のストーリー部門ノミネート作品は、
    は個人的にはかなりの良作揃いだった。


    ノミネート01
    覇王樹/湘南乃風


    そう、美味しいパスタで有名なグループである。
    ちなみにこの1年後、
    その美味しいパスタな曲でBEST STORY VIDEO2007を獲得する。

    この曲のPVのストーリーはかなり好きである。

    葬式中によみがえった男の目的とは……という内容なのだが、
    最終的には、本当なら救いがないととられてもしょうがない内容なのに、
    底抜けな曲調や役者の演技のおかげでそれを感じさせない。
    むしろラストを見た後に謎の爽やかさで満たされる、良いプロモだと感じるのである。


    63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 02:01:23.52 ID:7j/ovFhX0
    BEST STORY VIDEO2006
    ノミネート02
    メバエ/nobodyknows+


    今や本当に誰も知らなくなってしまった、ココロオドルグループである。
    円谷プロ完全協力のもと、ウルトラマンのストーリーが展開される。

    あのウルトラマンがこんなしょーもない役をやるなんて……
    というバカバカしさと、あまりに真剣に演技するために
    いつの間にかのめり込んでストーリーを見ている自分とがいるのである。

    アホな設定でも、本気で作ればきちんとしたストーリーとして映る
    ということを教えてくれるプロモである。

    ただ、彼らの歌声自体はそこまで曲の魅力をアップさせてはくれない。
    曲自体はストーリーとも合ってるのだが……声なのだろうか。


    64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 02:09:45.84 ID:7j/ovFhX0
    ノミネート03
    FOREVER MINE/山下達郎

    この動画だけはどうしても見つからなかった。
    ようつべにあるものではなく、盲目の男が主人公のPVなのだが。
    山下達郎の歌声と役者の演技力とがマッチし、
    何よりラストシーンの衝撃が頭から離れない。……映像が無いのが本当に残念である。


    ノミネート04
    ずっと読みかけの夏/冨田ラボ feat.CHEMISTRY


    柔らかで繊細なメロディーを得意とする冨田恵一。
    ストーリー性を意識した、幼い日の少年心を綴る糸井重里の歌詞。
    そしてその曲をやさしく歌い上げるCHEMISTRYの二人。

    というだけでも完璧なのだが、プロモもまた独特の良さがあるか。
    夏と郷愁を感じさせる、淡い映像と展開がノスタルジーに浸らせてくれる。


    で、ノミネート05はさくらである。


    65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 02:14:57.36 ID:7j/ovFhX0
    2007年・BEST COLLABORATION VIDEO
    星降る夜に/東京スカパラダイスオーケストラ feat.甲本ヒロト


    夢のコラボレーションという意味では、
    この当時はまさにこの曲しか有り得なかった。

    ヒロトがハイロウズを解散しなければ、
    おそらくは実現不可能であっただろう。

    ……という点を考慮して送られた賞だろう。
    このコラボビデオ部門も、2年分しか開催されていないのだ。

    FPMのエレクトロ部門同様に、
    何か特別な賞を、ということなのだと解釈するほかない。

    ちなみにPV自体の完成度も高い。
    メンバーが移動しながら演奏し、賑やかさが特徴のプロモになっている。


    66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 02:20:49.73 ID:7j/ovFhX0
    他にも紹介してない賞とか色々あるけど……まあこんなもんでいいか。

    すいません。音楽の知識も映像の知識もロクになかったから、
    テキトーに褒めたりしてるとこもありました。
    それこそ専門の人からすればトンチンカンなこととか言ってたと思うよ。


    でもプロモはどれも素晴らしい出来です。
    是非一度、見ることをお勧めします。

    特に
    「アルクアラウンド」
    「モノノケダンス」
    「Bright Siren」
    「彩-SAI-(前編)~廻る、巡る、その核へ」
    「STAY AWAY」
    「アフターダーク」
    「覇王樹」
    あたり。


    で、最後にもう一つ紹介して終わりにしたいと思います。
    こんなのに付き合ってくれてありがとね


    67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 02:24:30.32 ID:7j/ovFhX0
    2005年・BEST ANIMATION VIDEO
    Cafe de 鬼(顔と科学)/電気グルーヴ


    下ネタ、ギャグ、小ネタ、不条理、グルーヴ感……
    電気グルーヴの全てが詰まっていると言っても過言ではないPV。
    これか彩-SAI-が2005年の大賞だったら……と、いまだにネチネチ言っている。


    そんなわけでおやすみー


    68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 02:31:04.67 ID:EA+OLDNRi



    69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 02:34:09.74 ID:EElqC+Ku0
    乙ー
    楽しかった!最後に大好きなCafe de 鬼が来て嬉しかったぜwww

    元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339416255


    【閲覧注意】八尺様の話怖すぎだろ・・・

    彼が中二病をこじらせたせいで別れた話

    【閲覧注意】台所3ヶ月放置したらヤバイ事になった

    冨樫は鳥山明のこの絵を見てもう一生勝てないと悟ったらしい


    キニ速の全記事一覧

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    人気記事ランキング

      おすすめサイト最新記事一覧

      コメント

      1.2012年06月12日 10:12  ▽このコメントに返信

      1?

      なるほど

      2.名無し2012年06月12日 10:43  ▽このコメントに返信

      インディーズでも、もっといいPVはいくらでもあるのにね。

      3.2012年06月12日 11:45  ▽このコメントに返信

      ACIDMANのニコ動で見てきたけどすごいな

      4.気になる名無しさん2012年06月12日 11:48  ▽このコメントに返信

      当時ゆずの受賞見てそんな凄いPVか?と思ってた謎がとけた

      5.気になる名無しさん2012年06月12日 12:35  ▽このコメントに返信

      KREVAのPVに出てるコバケンでいつも吹く

      6.気になる名無しさん2012年06月12日 12:36  ▽このコメントに返信

      ミスチルのくるみのPVはじめてみたけどこれすごいな

      7.気になる名無しさん2012年06月12日 13:53  ▽このコメントに返信

      あると思ったけどなかった。これインディーズ?
      ttp://www.youtube.com/watch?v=WfBlUQguvyw

      8.気になる名無しさん2012年06月12日 14:03  ▽このコメントに返信

      昔からRIP SLYMEファンだが
      2005年のGALAXY受賞は
      不思議で仕方無かったな

      その前後のDandelionや
      黄昏サラウンドの方が
      PVとしては優れている



      最近はスペシャも授賞式
      やらなくなって寂しいな

      9.気になる名無しさん2012年06月12日 14:22  ▽このコメントに返信

      ROSIERくらいいれとけよ

      10.2012年06月12日 14:59  ▽このコメントに返信

      MVって重要だよね

      紹介してるのみんな見てみる

      11.気になる名無しさん2012年06月12日 15:05  ▽このコメントに返信

      ミスチル好きになったきっかけがくるみのPVだわ。
      最初はあのおっさんたちがミスチルなのかと思ってた。

      12.気になる名無しさん2012年06月12日 15:27  ▽このコメントに返信

      ケツメイシの「さくら」は出演してたモデルがすげえ可愛かった
      個人的にベストMVはThe Back Hornの「美しい名前」のマッチVerかな
      あとはBUMPのモーターサイクルとかも面白い

      13.気になる名無しさん2012年06月12日 15:27  ▽このコメントに返信

      監督名ぐらい書いておけよ

      14.気になる名無しさん2012年06月12日 15:54  ▽このコメントに返信

      去年のノミネートの中に、あら恋のBack(ttp://youtu.be/IgLvx4Lx-RQ)がない時点で、
      スペシャのMVアワードは出来レース。

      15.名無し2012年06月12日 15:54  ▽このコメントに返信

      Virtual Insanityは床じゃなく壁が動いてる。気付いた時鳥肌たった。

      16.気になる名無しさん2012年06月12日 15:54  ▽このコメントに返信

      くるみのあのオチって嘘だったのかw

      17.ななしどれん2012年06月12日 17:14  ▽このコメントに返信

      ミスチル好きだけどしるし受賞は・・・
      くるみはいいと思うけど。

      アイランドまた見たくなったw

      18.気になる名無しさん2012年06月12日 17:27  ▽このコメントに返信

      天久聖一の縦書きに気付いたものは少ないだろうな

      19.ヨカタヨー2012年06月12日 21:21  ▽このコメントに返信

      好きなバンドばっかりでかなり楽しめた!湘南乃風以外。

      20.気になる名無しさん2012年06月13日 00:17  ▽このコメントに返信

      倉橋ヨエコの損と嘘もオススメしたいわ。
      2008年あたりにART DIRECTIONでノミネートされてた

      21.名無し2012年06月13日 02:28  ▽このコメントに返信

      児玉裕一氏の作品が好きだ
      スネオヘアーの「ピント」とか

      22.気になる名無しさん2012年06月13日 04:41  ▽このコメントに返信

      BUMPって歌詞とか声じゃなくて
      あのクセになる独特の音程がいいよね

      23.気になる名無しさん2012年06月19日 06:09  ▽このコメントに返信

      SAKEROCKの「ホニャララ」の意味不明さは逆にすごい

      キニ速の全記事一覧

      週間ページランキング

      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      はてなブックマーク
      3日間集計逆アクセス
      Copyright (C) 2011 キニ速 -気になる速報-. All rights reserved. ブログパーツ