(再掲) 付き合って2日目の女が急にフ●ラしようとしたから「待って、」

    118
    コメント



    1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 08:32:38.51 ID:6nnT9STZ0
    「こういうの慣れてんの?」って聞いたら
    「ん!?……まぁ~初めてじゃないよね」とか抜かしたんだよね

    まずそれまで処女だと思い込んでた俺は当然萎えるよね
    下はビンビンに近いけど心は萎えたんだよね

    それで「フーン……なんかさ、萎えるよね、気持ちが」って言いながら押し倒したら意外に良かったからこれからも交際は続けます


    2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 08:33:58.41 ID:VVRlzdBs0
    その後、お互いのペニスをしゃぶりあって盛り上がりました


    4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 08:46:38.47 ID:6LndUXnEO
    ※以下濃厚なホモスレ


    7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:06:51.36 ID:6nnT9STZ0
    半ば強引に服を剥ぐ。

    女「ちょ……フ○ラ嫌いだった?」

    俺「…………フ○ラとか平気で言うのかよ……」

    手が縺れる。

    女「あ~清楚な感じが良かったか……」

    俺「戦略的な話するのやめてくれる?」

    とにかく口を塞ぎたい。強引なキスで女の口を塞いだ。
    何本の男根を咥えたのだろう、この口は。


    8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:08:58.69 ID:LH6+WQTv0
    ダッチワイフに夢を見るな




    9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:12:52.49 ID:6nnT9STZ0
    流石に上手い。
    そんなことを考えながらも気持ちはどんどん萎れてゆく。

    女「…………プハッ。そんなこと言っといてさ、俺くんも結構慣れてる感じじゃん」

    俺「……」

    女「この服も、脱がせにくくなかった?」

    俺「…………」

    女「キスだって上手いし」

    二度目のキス。
    分かっている。女にのみ誠実さを求める自分の身勝手さは。
    分かってはいるつもりなのだが、指摘されるのがどうしようもなく嫌だった。


    10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:14:14.48 ID:T35tnJQS0
    やれやれ…もっとやれ


    11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:19:20.66 ID:/5OilMad0
    >>1
    これは分かる。

    お前ら二次・三次問わず嫁がフ○ラ上手だったら複雑なはずだ。
    特に真面目そうだったり、普段下ネタとか言わない子だったら尚更。

    エ口ゲのように「本を見て研究したんだから///」なんてのはまず、ない。
    淫語全開の痴女にヤられたいのならともかく。


    12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:19:57.74 ID:Ynvqx4tl0
    わっふるわっふる


    13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:20:54.02 ID:6nnT9STZ0
    それにしても口の達者な女だ。
    肝も座っているというか、強引な俺に怯むこともない。

    女の手が下に伸びる。
    「されるがままは嫌よ」
    そんなことを考えているのだろうか。

    この女の、男に慣れたようなこの振る舞いが本当に気に入らない。
    俺の股間をまさぐる手を掴んでシーツに押し付ける。
    もう一方の手も同様に押し付けた。
    四つん這いで女に跨る形だ。
    食事の時とは全く別の、扇情的な表情。
    「来ないの?」とでも言いたげなその表情を見下ろした。


    15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:26:30.53 ID:RrP6KXzS0
    谷「来ないの?」


    16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:27:26.12 ID:ae8wLfa0O
    なんてエ口ゲーですか?


    19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:31:52.25 ID:+QxB2aGUO
    「来ないのか?」だと…冗談じゃねえ…


    20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:33:12.47 ID:6nnT9STZ0
    黒く、長い髪の女だった。
    話し方は若く、幼い印象さえ与えるものの、口を閉じている時の彼女は淑やかそのものだった。
    初めて出会った食事会。その時に見た漆黒のドレスに包まれた彼女は目を引いた。
    慣れない食事会でもたまには出席してみるものだと、帰りのタクシーで思ったのだった。

    漆黒のドレスか、と思う。今にして考えれば挑戦的な衣装だった。
    俺はこの女の思い通りに好意を持ち、外堀を埋めるように彼女に近付き、学生さながらの一生懸命さでムードを作り、告白したのか。
    俺の下にいるのは、とんだ演技は女優だった。


    21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:35:23.76 ID:6nnT9STZ0
    もっとも、この女にとっては俺は数居る男の一人。
    もしかすると他の男とも同時に交際しているかもしれないと思ったが、もはやそんなことはどうでも良かった。


    22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:36:00.29 ID:UrE6464W0
    俺の彼女も付き合う前から「フ○ラは好評でみんなに上手いって言われるよ!」とか抜かしてたな

    まあ「どんな風にやったん!?ねえどんな風にやったん!?」って
    詳細に聞き出して勃起したけど


    23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:42:38.07 ID:6nnT9STZ0
    ハッとする。
    何分考えていただろう。いや、一分も経っていないかもしれない。
    女と目を合わせる。少し釣り気味なその目に。
    その目の形を意識したのも、今が始めてだった。

    やはり情を掻き立てる顔だ。
    いやらしく、小さく膨れた唇が、部屋の明かりを受けて存在感を増していた。

    女「ねぇ……」

    言い終わる前に口を塞ぐ。
    今度はさっきよりも荒く、粗く。
    貪るようなキスだった。


    25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:48:47.61 ID:6nnT9STZ0
    女「~!~~!」

    最初の一瞬こそ何かを言いたそうに抵抗を表した女の口だったが、数秒もすればそれは落ち着いた。
    口を割り、舌を絡ませる。
    自分でもこの女をどうしたいか分からなかった。
    その淫乱で俺の期待を打ち砕いたこの女をどうしたいのか、それが分かるまで彼女の口内を貪ろうと思った。

    実際に淫乱と言える程淫乱な女なのかを判断できる程話をしたわけではなかったが、数人の男性経験、挑発的な口ぶり、俺にとってはそれだけで十分だった。


    27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:56:05.57 ID:yOJhjLDW0
    おもしろい


    28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:57:56.75 ID:C5km9o010
    これは…エ口SSなんかじゃない


    官能小説だ


    29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 09:59:00.98 ID:6nnT9STZ0
    訪れる無心。


    女の苦しそうな息遣いで気が付いた。
    まだこの女をどうするかは決まっていなかったが口を離した。それも、ほぼ無心の中の一過程だった。

    再び女を見下ろす。
    少しは恐怖でも感じてただろうか。

    違っていた。女の表情は満足気なものだった。
    「そう、それでいいのよ」とでも言っているかのようなその顔を見た時、俺は理解した。
    滅茶苦茶にしたいのだ。この女を滅茶苦茶にしたい。
    処女を相手にする時には得ることのない感情だった。
    この女を蹂躙し、苦悶に満ちた表情で恍惚に喘ぐその声を聞く。
    そうすることで、舐めた態度を取ったこの女を、俺を騙したこの女を殺すのだ。
    それが俺の願望だった。


    31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 10:06:44.51 ID:6nnT9STZ0
    次のキスは一瞬だった。
    女がそこに居るのを確認するようなキス。

    口を離した俺は女の残りの衣服を剥いだ。
    胸にしゃぶりつく。
    「ようやくその気になったのね」と聞こえた気がしたが、おそらく女は何も言ってないだろう。
    自答だった。
    激しく女に触れる程、自分の中の女への恐怖を垣間見ているような気がして、また気に入らなかった。


    32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 10:13:25.67 ID:6nnT9STZ0
    女の両手は既に自由だった。
    乳首を舌で転がす俺の頭を左手で抱え、右手では耳を責めてきた。
    耳が性感帯であるというわけではなかったが、背中が粟立つ感覚がした。
    これから俺に殺されるはずのこの女が、まだ俺より優位に立っている。
    そのことが無性に許せなく、また、快感にもなりつつあったのだ。

    張り合いを感じたということだろうか。
    ここにきて初めて得る快感に戸惑いながらも、やはり優位に立たれるのは気に入らない。
    頭を上げ、女と向き直る。
    女の背中に手を回し、抱き上げるようにして女を座らせた。
    そして、抱擁。
    両腕に込めた力は抱擁には強過ぎたが、女の自由を奪っている感覚に、またしばらく我を忘れた。


    34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 10:16:10.85 ID:NyvTxuav0
    ちょっと古めの文学っぽいような気がしたが気のせいだった


    35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 10:19:57.04 ID:6nnT9STZ0
    女「……たい、痛いって!」

    女の声で我に返るが、聞き入れることはしない。
    何度目になるかも分からないキスで口を塞ぎ、右手では女の陰部を触った。
    既に十分と言える程に濡れているのを確認した俺は、そのまま勢いよく指を2本挿入する。
    女の身体が少し、跳ねた気がした。それを体感した俺の身体は、性的快感に満たされる。

    まだ挿入していないのにこれでは、挿入後どれだけ持つか分からない。
    挿入後は短期決戦だなと思った。


    36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 10:24:21.60 ID:6nnT9STZ0
    指を動かす。
    遠慮などは無かった。
    いつかAVで聞いた様な水遊びの音を聞きながら、口では女の下唇と舌を弄んだ。

    膣壁上部を責める。右手で女を持ち上げる様な形だ。
    激しくその部分を擦る度、女の身体は反応した。


    37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 10:29:10.68 ID:6nnT9STZ0
    女の快楽のために手を動かしているつもりはなかった。
    膣を破壊してしまっても良かった。
    後のことなど、何も考えてはいない。
    何しろ殺すのだ。
    些細な事に構ってはいられなかった。

    口を離す。女の目は痛みからか快感からかは判断が付かないが、潤んでいた。
    釣り気味だった目は少し垂れ下がっている様にさえ感じられた。
    息も上がっている。
    どうなれば決着がついたと言えるのかも定かではないが、短期決戦もあながち無理ではなさそうだと思った。


    38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 10:33:12.75 ID:6nnT9STZ0
    目を見つめながら手を激しく動かす。
    緩急を付け、膣壁全体を舐め回す様に触るが、重点的に触るのはやはり膣壁上部。俗にGスポットと呼ばれる部分だった。

    握力が弱まるのを自分で感じるまで、その動きを続けた。
    女には先程までの余裕は無い様に感じられる。手が俺の股間に伸びることも無い。
    気分が良かった。


    39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 10:40:36.56 ID:6nnT9STZ0
    頭を下に持って行く。
    右手は少し休ませ、舌を使おうと思った。

    綺麗なものだった。
    俺が思う程使い込まれたものでないのか、詳しくは知らないが手術等により形を保っているのか、判断はつかないが、処女のそれとほぼ変わらない様な、そんな女性器だった。
    まず性器全体を舐め回す様なイメージで舌を這わせた。
    吸い付く様なキス、それを繰り返した。


    40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 10:50:30.26 ID:6nnT9STZ0
    陰核に舌が伸びる。

    女「あっ……」

    それまで息遣いで快感、若しくは痛みを訴えかけていた女の口から声が漏れた。
    畳み掛ける。
    陰核の周りに吸い付く様に唇を密着させ、涎を口の先に溜める。
    舌で涎もろとも陰核を転がすイメージだった。
    周りを囲む皮から少し陰核を吸い出し、舌で突つく。それをテンポ良く繰り返した。

    女「あっ……あっ……」

    舌で突つく度に女の口から声が漏れるのがまたいい気分だった。
    握力の回復した右手の人差し指を再び膣に入れた。
    体制的に無理な動きはできなかったが、少しでも足しになれば良かった。


    41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 10:58:03.86 ID:6nnT9STZ0
    繰り返し陰核を刺激する。
    何分続けただろうか。次第に女の口からは声は聞こえなくなり、先ほどよりも激しい呼吸音のみが耳に届いた。

    そろそろか、と思った俺は、女と向かい合う様にして座り、ズボンから陰茎を取り出した。
    服は上下とも脱ぎ切ってはいなかったが構わない。子宮口に届くだけのストロークが得られれば問題は無かった。

    よく言うところの正常位だ。
    コンドームを装着することもなく膣に挿入する。
    2、3度、体位を確かめる様に腰を動かす。女の目には涙が浮かんでいた。


    42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:01:43.40 ID:fT4jpQE70
    >>1
    なんで彼女に反抗的なの?やめなさいよ


    43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:06:22.16 ID:6nnT9STZ0
    緩急を付けつつ腰を振る。
    ストロークの深度もあえて統一しない。

    10度に1度の割合で思い切り突いた。子宮口の更に奥にも達するような勢いだった。

    女「イッ!ア……!」

    その度に女の顔は歪み、苦しそうな声が聞こえた。
    これだ。この顔が見たかったんだ。この声を聞きたかったんだ。
    目と、耳と、陰茎で、女を貪った。


    44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:10:09.20 ID:LH6+WQTv0
    対面座位じゃね


    45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:12:19.15 ID:6nnT9STZ0
    左手の親指で陰核を弄りつつ、俺は女の首に右手を添えた。

    瞬間、僅かに女が目を見開いた。
    絞め殺されるのではないか、そういう恐怖が灯った、良い目だった。
    女の中にいる俺がどんどん強くなってゆく、それを意識しただけで果ててしまいそうなくらいの良い気分に襲われた。

    首に手を掛けられるのは予想外だったか?
    声に出すこともなく俺は女に問いかけた。
    最高の気分だ。今まさに俺はお前の想像を超えている。
    自然と、右手に力がこもった。


    46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:16:05.92 ID:9SH9xA200
    し、しまる・・・・!!!!


    47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:17:37.80 ID:05OCZFVuO
    なんでこんなガチな小説がVIPに捨ててあるんだろう


    48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:18:27.02 ID:Cd2eZC9+I
    抜いた


    49: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/08/29(水) 11:19:53.87 ID:NgWgh2YO0
    早く!早く!


    50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:20:47.04 ID:6nnT9STZ0
    女の口からは、文字通り締め上げたような喘ぎ声が聞こえていた。
    視点も定まらない。
    口の端からは涎が伝っていた。

    腰を振る度に締まりが良くなっているような気がした。
    錯覚かもしれなかった。

    女の首を弱い力で締める。
    左手で陰核を責める。
    そして、腰を降る。

    女「ア゛ッ……」

    酸欠一歩手前。
    今だ、と思った。
    強く、今までで1番強く、突いた。


    51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:31:29.11 ID:6nnT9STZ0
    女「━━━━━━━━━━━━!!!」

    女の身体がガクガク震える。
    振動を感じながら最高の射精感が身体を貫く。

    女の目はほとんど閉じていたが、瞼の隙間から覗く目は白かった。気絶したのかもしれない。

    その瞬間、女がとても愛おしく感じられた。
    この世で1番、誰よりも愛おしい存在に思えたのだ。
    痙攣する女の身体を抱き締める。
    狂った様に首を、頬を、舐める。

    息はしているようだ。
    もはや生きていようが死んでいようが、そんなことには興味がなかったが、世界で1番愛おしいその身体を抱き締める力は弱まらない。


    52:エアロダイン ◆18l91MfJ0Y :2012/08/29(水) 11:31:43.21 ID:E4i16eVt0
    文章うまい


    55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:42:44.44 ID:6nnT9STZ0
    キスをした。
    甘いキスだった。

    感謝が溢れる。
    ありがとう。

    次に到来するのは強烈な支配欲。
    誰にも渡したくない。もうこの身体は俺のものだ。

    永久にこうして、この女を抱いたまま眠っていたい。

    殺してしまおうかとも考えた。

    殺すのはやめておこうと考えた。

    理由も脈絡もなかった。
    手間が煩わしかったのかもしれない。

    ものを考えることもできない。
    射精感がまだ身体を駆け巡っているようだった。

    眠ってしまいそうだ。
    眠ったらどうなるだろう。
    この女が先に起きたら、どうなるだろう。
    警察を呼ばれるのだろうか。
    それでも良かった。

    女を蹂躙したことが、勝利したことが、恐らく何よりも重要だった。


    56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:43:34.08 ID:6nnT9STZ0








    57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:45:06.97 ID:P3MaeccY0
    煽りに来たらただのハイレベルなSSスレだったでござる


    60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:53:46.32 ID:6nnT9STZ0
    目が覚めた。
    目が覚めた瞬間にそれと理解する、良い目覚めだ。
    俺は仰向けで寝ていた。

    横たわったまま、五感が蘇る。
    口内は粘ついていた。
    性の匂いがした。
    昨日の出来事は夢ではなかったようだ。
    部屋の中は無音だった。
    胸の辺りに重さがある。
    見ると、女の腕だった。

    女は俺の横で、俺に寄り添うようにして横たわっている。
    上半身を起こし、彼女の顔を見る。
    目が合った。起きていたようだ。

    何故か、何も感じなかった。
    俺は、帰りの支度を始める。


    61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:57:35.91 ID:6nnT9STZ0
    女は服を着ていた。
    どうやら一度起きて帰りの支度をし、また俺の隣に横たわったようだった。
    そのことはすぐに理解したが、やはり何も感じない。

    支度が済んで、俺は一言、
    「行くぞ」
    と言った。

    女は起き上がり、俺の隣に立つ。
    何も感じない。

    腕を絡ませ、寄り添ってくる。
    何も感じない。

    何かが狂ったようだった。


    62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 12:05:47.39 ID:6nnT9STZ0
    以来、女とは同じ部屋に住んでいる。

    同棲しているというより、本当に同じ部屋に住んでいるだけのようだ。

    女は家事をする。
    言葉は少ない。

    時折、或いは毎晩、あの日と同じようなセクロスをする。
    コンドームは着けない。
    何度か女は身籠ったが、子供を産むことはなかった。

    他に女を作ることはなかった。
    特に興味もなかった。

    外では、お互いにまともに生きている。
    ただ、家に居る時だけはまともじゃなかった。


    63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 12:09:29.12 ID:6nnT9STZ0
    普段言葉が少ない俺たちが唯一会話らしい会話をする時があった。
    セクロスの時だ。

    あの夜と同じように、ベットに座ると女は喋り出す。
    俺はそれに答える。
    いくつかのやり取りを重ねた後、やはりあの夜と同じように、女を黙らせるように俺は女を襲う。

    まるであの夜の模倣だった。


    66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 12:18:53.83 ID:omp1fxCd0
    童貞死ねって言おうと思ったら官能小説だった


    67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 12:20:24.40 ID:6nnT9STZ0
    恐らく、俺たちは死んだ。
    あの夜に死んだのだ。

    俺の、女に関わる部分。
    女の、俺に関わる部分。
    死んでしまったようだ。

    俺が処女と関係を持ちたいと思うことはなくなった。
    それどころか、"女"以外の女を性の対象たる女として扱うことはなくなった。
    俺の中で、女という性別に関わる部分は死んでしまったようだ。

    女の外での生活は知らない。
    知ることなく生涯を終えるのではないかと思う。
    だから、女の中の死んだ部分として俺の推量が及ぶのは、"俺"に関わる部分だけだ。
    女の中で、少なくとも俺に関わる部分は死んでしまったようだ。
    少なくともあの夜に俺を怒らせたあの態度を見ることはなくなった。
    それしか分からなかった。
    死んで生まれ変わったのかも、ただ死んだだけなのかも、分からなかった。

    死んだ。終わったんだ。
    あの夜の出来事は、そこまで大きな出来事だったとも思えないが、結果を見るに、明らかに俺たちは死んだ。

    終わりに相応しい無味乾燥を、俺たちは享受している。
    外ではまともに生きているが、恐らく俺たちの本当は"こっち"だった。

    終わりに相応しい無味乾燥が、この先も広がっているだけだった。



    ~fin~


    68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 12:22:41.72 ID:NyvTxuav0
    えっ


    69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 12:23:21.73 ID:Ynvqx4tl0
    なんだこれ…乙


    71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 12:26:52.24 ID:Wo0/eDsJ0
    映 画 化 決 定


    72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 12:29:04.51 ID:zE/ae8ni0
    凄すぎワロエナイ


    73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 12:29:47.58 ID:jZMNa8l20
    始めてこういうスレで最後まで読み通した
    文章力あるなー
    ギンギンに勃起してしまったよ


    74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 12:36:29.19 ID:IL194MX20
    皆呼んでこようぜ
    読むべき作品だろこれは


    75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 12:49:26.93 ID:voTYvujA0
    読みながら射精した


    59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/29(水) 11:53:40.28 ID:9SH9xA200
    スレタイと>>1からは想像しいえなかった素晴らしい小説だ

    元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346196758/


    ファミコンウォーズの歩兵のAAできたwwwwwww

    俺のブルーアイズのカード所有枚数www

    mixiでjkに「僕を踏んで下さい」メール1000通出したらアク禁にされた

    4コマ漫画見てくれ


    キニ速の全記事一覧

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    人気記事ランキング

      おすすめサイト最新記事一覧

      コメント

      1.気になる名無しさん2012年08月29日 20:55  ▽このコメントに返信

      2.ななしちゃん2012年08月29日 20:58  ▽このコメントに返信

      人間相手じゃないって素敵

      3.ななし2012年08月29日 21:00  ▽このコメントに返信


      なんぞこれww

      4.2012年08月29日 21:01  ▽このコメントに返信

      予想外の展開にびっくりしますた。

      5.気になる名無しさん2012年08月29日 21:01  ▽このコメントに返信

      なんのスレだったんだ…

      6.気になる名無しさん2012年08月29日 21:06  ▽このコメントに返信

      文章下手すぎワロタww
      もっと本を読みなさい
      ラノベ()とかじゃなくて

      7.名無し2012年08月29日 21:11  ▽このコメントに返信

      こいつはやられた

      面白い

      8.気になる名無しさん2012年08月29日 21:20  ▽このコメントに返信

      なんだこれは

      9.気になる名無しさん2012年08月29日 21:20  ▽このコメントに返信

      面白いっていうか、読みやすい。入り込めました。

      10.ぬぷっ2012年08月29日 21:23  ▽このコメントに返信

      深〜イイ!

      11.気になる名無しさん2012年08月29日 21:26  ▽このコメントに返信

      久々に読み飛ばしちまったよ・・

      12.名無し2012年08月29日 21:27  ▽このコメントに返信

      すげえ

      13.気になる名無しさん2012年08月29日 21:29  ▽このコメントに返信

      コメントはあんまり見てないけど、VIPの書き込みに対して上から目線で文章力がないだのと言ってる奴がいるに100万ペソ

      14.2012年08月29日 21:32  ▽このコメントに返信

      ※6
      本当に思ってるかどうか知らんけど
      絶対わくよねこういうゴキブリ

      15.ななし2012年08月29日 21:34  ▽このコメントに返信

      これなんて官能小説?
      引き込まれたわ

      16.名無し2012年08月29日 21:35  ▽このコメントに返信

      なお、※6は読解力がなさすぎてよく分からなかった模様

      17.気になる名無しさん2012年08月29日 21:38  ▽このコメントに返信

      やべええええええええクッソワロタwwwwwwwwwwww

      情熱が迸る文章に、>>1の高い文才を感じた

      18.気になる名無しさん2012年08月29日 21:41  ▽このコメントに返信

      ちょっとだけ引き込まれた

      19.ななしっく2012年08月29日 21:48  ▽このコメントに返信

      これをSSって言ってるやつは●ね

      20.気になる名無しさん2012年08月29日 21:52  ▽このコメントに返信

      フランス書院に送れよwww

      21.気になる名無しさん2012年08月29日 21:55  ▽このコメントに返信

      これはすごかった

      22.気になる名無しさん2012年08月29日 22:04  ▽このコメントに返信

      真ん中の5割くらい飛ばした
      俺には官能小説は向いていないようだ

      23.気になぁる2012年08月29日 22:04  ▽このコメントに返信

      普段官能小説なんか読まないから巧拙はわからんが、面白かったです

      先生!

      24.名無し2012年08月29日 22:09  ▽このコメントに返信

      出会いの部分とかも書けたら出版できるレベル

      25.名無し2012年08月29日 22:23  ▽このコメントに返信

      文才ありすぎワロエナイ

      26.リナ2012年08月29日 22:27  ▽このコメントに返信

      官能小説とかつまらんな
      男子はこうゆうの好きそうだけど女目線で言うとこうゆうのを書いてる人ってすごく気持ち悪いです(>_<)

      27.2012年08月29日 22:32  ▽このコメントに返信

      獣。キモイ。

      28.2012年08月29日 22:33  ▽このコメントに返信

      じゃあ読まなきゃいいじゃん

      俺は凄いと思ったぞ

      29.まな2012年08月29日 22:49  ▽このコメントに返信

      ハードボイルドな文章ですね。
      北方謙三を思い出しました。

      30.気になる名無しさん2012年08月29日 22:53  ▽このコメントに返信

      いやこれ、それっぽい文体を使ってるだけだろ
      前後で意味が通じてない箇所がいくつもあるし。表面的な部分に騙されんなって

      31.キモい2012年08月29日 22:54  ▽このコメントに返信

      こんなんで凄いって言ってる奴の乏しさに呆れる…

      女からしたらひたすらに気持ち悪い

      32.(´・ω・`)2012年08月29日 22:56  ▽このコメントに返信

      女だけどこの文章は内容ともかく書き方が好きだ。キモイとか言う奴は読まなければいい。想像を文字にする事事態、難しいのに更に引き込む書き方が出来る奴は本当に凄いよな。

      33.2012年08月29日 22:59  ▽このコメントに返信

      ※32女だけどとかいってるけどホントはおっさんでしょ?

      34.気になる名無しさん2012年08月29日 23:04  ▽このコメントに返信

      ブルーローズっていう小説思い出した。

      35.気になる名無しさん2012年08月29日 23:10  ▽このコメントに返信

      congratulation

      36.気になる名無しさん2012年08月29日 23:11  ▽このコメントに返信

      ハイレベルとかwきもい

      37.s2012年08月29日 23:27  ▽このコメントに返信

      案の定下品でくどく、村上龍にもなりきれてない。
      やはり、谷崎や川端の技巧は凄いと感じました。

      38.名無し2012年08月29日 23:33  ▽このコメントに返信

      ※37
      VIPになに求めてんだよ…

      39.気になる名無しさん2012年08月29日 23:39  ▽このコメントに返信

      いつものふざけたSSだろw
      と思ってなめてましたすみません

      40.気になる名無しさん2012年08月29日 23:46  ▽このコメントに返信

      これで普通の夫婦になるってことなのかねー
      わからないけどいいんでない?

      41.名無し2012年08月29日 23:46  ▽このコメントに返信

      つい見入ってしまった

      42.気になる名無しさん2012年08月30日 00:10  ▽このコメントに返信

      ネタSSかと思いきや普通の官能小説だったな
      どちらかというと女が書きそうな文章のように感じた

      43.ありがとうございました2012年08月30日 00:33  ▽このコメントに返信

      私20代女だけど、これはキモくないと思う。
      18禁レベルではあるが、ラノベとかじゃなく立派に文学の域を目指した作品じゃん。面白かったよ。

      44.名無し2012年08月30日 00:34  ▽このコメントに返信

      これで男も女も美人だったら最高

      45.気になる名無しさん2012年08月30日 00:39  ▽このコメントに返信

      完全に素人意見だが書き方がすごいうまいと思った
      なんていうか読みやすかった

      46.md2012年08月30日 01:00  ▽このコメントに返信

      何度か身ごもって生まねーとかただのカス野郎じゃん

      シネヨ童貞

      47.気になる名無しさん2012年08月30日 01:33  ▽このコメントに返信

      これ絶賛してるやつは官能小説よんだことないだろw

      48.気になる名無しさん2012年08月30日 01:48  ▽このコメントに返信

      官能小説ってこんな感じなん?

      49.気になる名無しさん2012年08月30日 01:50  ▽このコメントに返信

      >>47
      うんそうだよ?

      50.気になる名無しさん2012年08月30日 01:51  ▽このコメントに返信

      ↑ごめ※47ね

      51.名無し2012年08月30日 02:02  ▽このコメントに返信

      『失楽園』と『幻夜』思い出した
      何となく

      52.すげー2012年08月30日 02:11  ▽このコメントに返信

      すげーうまいなー!!短いのに引き込まれた
      こんな風に上手に文章が書けたらいいのになぁ、素晴らしかった!いいものを見れた。

      53.かむかむ2012年08月30日 02:41  ▽このコメントに返信

      気持ち悪いの一言

      54.気になる名無しさん2012年08月30日 03:03  ▽このコメントに返信

      つまらんかった
      途中で読むのをやめた
      以上

      55.2012年08月30日 03:32  ▽このコメントに返信

      とんだ演技は女優…とんだ演技は女優…

      56.2012年08月30日 03:32  ▽このコメントに返信

      あ、とんだ演技派女優か

      57.最後まで読んだ2012年08月30日 06:37  ▽このコメントに返信

      作者がどう持っていきたいのかがわかっちゃうし、描写がくどい。最後はしつこい。
      今の作詞家もそうだけど、香りたつ様な言葉選びをしようともしないのはなぜ?
      ダイレクトな言葉じゃエロくても官能的とは感じられない。期待があった分………

      58.気になる名無しさん2012年08月30日 06:58  ▽このコメントに返信

      雄弁な語りなのに最後まで「セクロス」なところにワロタ

      59.気になる名無しさん2012年08月30日 07:10  ▽このコメントに返信

      キモオタでブサイク同士のカップル
      女は経験人数三人くらい、そのうち一人はイケメン相手に抱いてくださいと土下座
      男は童貞だったけど、咥えられて興奮してしまいサル化、中学生みたいに会うたびセクロス
      て感じか・・・

      60.気になる名無しさん2012年08月30日 07:17  ▽このコメントに返信

      コレだから童貞ってやつは…

      61.気になる名無しさん2012年08月30日 07:28  ▽このコメントに返信

      女なんてセクロス上手くて当然
      ファスナー下ろしたら向こうから擦り寄ってくるぐらいじゃなきゃ…
      処女は面倒臭いし、マ*コが小便臭いんだよ
      男を、自分の身体を意識したケアしなきゃ

      62.気になる名無しさん2012年08月30日 08:48  ▽このコメントに返信

      みんなぁもっとくぁいいこめんとしてぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      63.気になる名無しさん2012年08月30日 09:11  ▽このコメントに返信

      俺が好かない感じのセクロスだったので興奮もそんなに・・・
      という感じでした。

      64.気になる名無しさん2012年08月30日 09:39  ▽このコメントに返信

      そこらの量産SSとはまた違った味わいがあって良いなとは思った。

      65.奈々し2012年08月30日 10:43  ▽このコメントに返信

      これを男女入れ替えると・・・。

      66.気になる名無しさん2012年08月30日 10:49  ▽このコメントに返信

      人には読みたい気分というものがある
      今、読みたいもの それはSSでもフランスでもない
      エロが少し含まれた面白い体験ネタである

      67.気になる名無しさん2012年08月30日 10:55  ▽このコメントに返信

      なんだただの村上春樹か。

      68.気になる名無しさん2012年08月30日 12:50  ▽このコメントに返信

      スレタイとのギャップでびっくりしたわw
      なかなか楽しめた!

      69.気になる名無しさん2012年08月30日 13:27  ▽このコメントに返信

      童貞の妄想っぽくてきめえっすw

      70.気になる名無しさん2012年08月30日 14:15  ▽このコメントに返信

      セクロスっていまだに書いてるんだな

      71.気になる名無しさん2012年08月30日 14:53  ▽このコメントに返信

      ラノベや会話文SSよりはずっとマシだけどあくまでも官能小説”風”って感じ
      登場人物がどっちもクズなのに変に美化してる感じが好きじゃなかった

      72.名無し2012年08月30日 15:21  ▽このコメントに返信

      ごめんよくわかんないし、本当に勢いだけで書いたんだなという感じ

      73.名無し2012年08月30日 15:28  ▽このコメントに返信

      絶賛※が多いことに本気で驚いてしまった。普段、普通の本はもとよりネット上の小説もあんまり読まないんかな。

      74.気になる名無しさん2012年08月30日 16:59  ▽このコメントに返信

      それよりもvipにクオリティを求めてる可愛そうな方々が多いのに驚いてしまった。

      75.2012年08月30日 17:49  ▽このコメントに返信

      読んでないけど取りあえず処女厨氏ね!

      76.気になる名無しさん2012年08月30日 20:21  ▽このコメントに返信

      ふぅ・・・やれやれ。 僕は射精した。

      77.めざし2012年08月30日 22:13  ▽このコメントに返信

      1で全てオワタ~…(-_-#)

      78.寒チョン2012年08月31日 06:55  ▽このコメントに返信

      こ れ は す ば ら し い

      79.気になる名無しさん2012年09月02日 12:51  ▽このコメントに返信

      SSから急に官能小説っぽくなってワロタ

      80.気になる名無しさん2012年09月02日 15:08  ▽このコメントに返信

      これどっかの官能小説から文引っ張ってきただけだろ。仮にマジだとしても処女厨キモッとしか思わないわ。

      81.気になる名無しさん2012年09月02日 15:10  ▽このコメントに返信

      処女厨ェ・・・。何でこんなの絶賛してんの?馬鹿なの?

      82.野生の2012年09月06日 11:06  ▽このコメントに返信

      村上春樹でした

      83.気になる名無しさん2012年09月20日 00:17  ▽このコメントに返信

      ※11
      おまおれ

      84.気になる名無しさん2012年09月29日 21:02  ▽このコメントに返信

      そこらのエロSSよりはずっといいだろ

      85.気になる名無しさん2012年10月18日 15:47  ▽このコメントに返信

      長げえよ

      86.気になる名無しさん2013年01月02日 03:01  ▽このコメントに返信

      人は変われるんだな

      87.気になる名無しさん2013年01月02日 22:56  ▽このコメントに返信

      なんか砂の女の読後感に似てる
      ああ...

      88.Koara2013年04月18日 06:12  ▽このコメントに返信

      二次嫁(♂)との関係性に似てて吹いた。余裕の脳内変換。

      89.気になる名無しさん2013年10月02日 11:08  ▽このコメントに返信

      読む気になれない

      90.気になる名無しさん2016年09月25日 22:43  ▽このコメントに返信

      何でか知らんがギンギンになった

      91.気になる名無しさん2016年12月15日 23:53  ▽このコメントに返信

      すげえどうでもいい話だな

      92.気になる名無しさん2017年01月01日 22:16  ▽このコメントに返信

      勃起した

      93.気になる名無しさん2017年01月09日 22:12  ▽このコメントに返信

      女と名乗るおっさんがワラワラ沸いてて草

      94.気になる名無しさん2017年03月14日 23:33  ▽このコメントに返信

      読ませる文章だった
      こういう風に書けるようになれば楽しいだろうなあ

      95.気になる名無しさん2017年03月14日 23:47  ▽このコメントに返信

      待って
      ねえ待って
      ちょっと待って

      96.気になる名無しさん2017年03月14日 23:59  ▽このコメントに返信

      やれやれ僕は射精した感があるな

      97.気になる名無しさん2017年03月15日 00:02  ▽このコメントに返信

      眠いから後で気が向いたら読む

      98.気になる名無しさん2017年03月15日 00:06  ▽このコメントに返信

      この記事だけコメ多くて笑う

      99.気になる名無しさん2017年03月15日 00:12  ▽このコメントに返信

      痛そう下手そう夢見すぎ

      100.気になる名無しさん2017年03月15日 00:34  ▽このコメントに返信

      ヤリマソビッチの元カノと、別れた後も体の関係続けてた時がこのSSみたいな空気だったわ

      101.気になる名無しさん2017年03月15日 00:50  ▽このコメントに返信

      官能小説読んだこともないくせにようぬかすわ

      102.気になる名無しさん2017年03月15日 00:52  ▽このコメントに返信

      これはくそ

      103.気になる名無しさん2017年03月15日 01:01  ▽このコメントに返信

      なんやカワハギの話か

      104.気になる名無しさん2017年03月15日 01:20  ▽このコメントに返信

      なんか草

      105.気になる名無しさん2017年03月15日 01:50  ▽このコメントに返信

      なっつ
      相変わらず面白い

      106.気になる名無しさん2017年03月15日 01:50  ▽このコメントに返信

      なんか言ってることはカッコいいんだけど、どう足掻いても笑ってしまうwww

      107.気になる名無しさん2017年03月15日 01:59  ▽このコメントに返信

      性とは人である

      108.気になる名無しさん2017年03月15日 02:08  ▽このコメントに返信

      むやにやたらにおろすのはやめよう!

      109.気になる名無しさん2017年03月15日 07:14  ▽このコメントに返信

      さすがに上手くはないだろ、飽きてくるくどさはラノベに近い
      急なセクロスで草

      110.気になる名無しさん2017年03月15日 08:45  ▽このコメントに返信

      始め笑いながら読んでたけど
      結局最後まで読み込んでしまった
      村上春樹よりはマシな文章だな

      111.気になる名無しさん2017年03月15日 09:37  ▽このコメントに返信

      その心萎えてるね

      112.気になる名無しさん2017年03月15日 10:39  ▽このコメントに返信

      110 村上春樹に謝れ

      113.気になる名無しさん2017年03月15日 14:07  ▽このコメントに返信

      何十万というゴミスレの中で珠玉の秀作。
      他人の自分が編集会議に持ち込むほど傑作とまではいか無いが、十二分に連載出来る文で楽しめた。書いてる人なのかな?てなければ持ち込みしたほうがいいぞ!
      股間に手は伸びないが文章の心理描写に酷く共感出来て思いがけない儲け物だった。「セクロス」というネット単語が浮いて見えるほど古典文学並みの文芸作品だったと思う。

      114.気になる名無しさん2017年03月15日 17:16  ▽このコメントに返信

      え?ホモスレじゃないの?

      115.気になる名無しさん2017年03月16日 14:49  ▽このコメントに返信

      クドい41から読む気なくして読み飛ばしてたわ

      116.気になる名無しさん2017年03月17日 16:57  ▽このコメントに返信

      おお!!ブクマし損ねて探してたやつだ!!管理人愛してるぜーーー(*´∀`*)

      117.気になる名無しさん2017年03月19日 10:02  ▽このコメントに返信

      すごいわ、こんな文章書いてみたい
      最近官能小説でもここまで芸術的なのないわ
      主はなに、物書きなのかね

      118.気になる名無しさん2017年03月22日 21:22  ▽このコメントに返信

      勃つかよハゲw

      キニ速の全記事一覧

      週間ページランキング

      過去記事ピックアップ
      最新記事
      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      はてなブックマーク
      3日間集計逆アクセス
      Copyright (C) 2011 キニ速 -気になる速報-. All rights reserved. ブログパーツ