性欲のせいで初恋が台無しになった

    102
    コメント

    31972e4e
    ※TwitterやLINEで好評だったのでおすすめの過去の良記事を再掲します
    1:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 11:51:58.56 ID:aqzjxMsW0
    立ったら書く


    2:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 11:53:09.64 ID:aqzjxMsW0
    立ったな

    途中まで書き溜めがあるから、それを投下している間に続きを書いていく


    4:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 11:55:06.46 ID:aqzjxMsW0
    小学五年になるまで俺は絵に描いたような活発で健全な小学生だった。
    勉強も運動もそこそこできて、それなりに人望が厚く友達も多かった。
    当時は恋愛なんかに興味はなく、友達と桃鉄やミニ四駆で遊んだり、秘密基地を作る事に夢中だった。
    エ口には興味があったが、道路に落ちているエ口本を見つけたら混ざり合うの好奇心と羞恥心の中で友達とからかい蹴り合う程度だ。

    ところが、小学六年生に上がる頃に両親の都合で転校する事になったんだよ。
    俺は仲の良かった友達と別れるのが悲しかったし、転校先の新しい学校や人間関係に対する不安もあった。


    6:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 11:56:38.00 ID:c7tvd4Bg0
    校内オナヌーだなこの変態め


    8:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 11:58:26.71 ID:aqzjxMsW0
    >>6
    校内オナヌーなんて誰でも一回はした事あるだろwww





    7:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 11:57:32.51 ID:aqzjxMsW0
    でも、そんな杞憂はすぐに吹き飛んだ。
    なんと引っ越し先のお隣さんはめちゃくちゃ可愛い一つ年下の女の子で、あえて似ていると言えば安藤美姫に似ていたが、安藤美姫より穏やかなな顔立ちをしていて本当可愛いかった。
    俺は生まれて初めて一目惚れをして、恋に落ちた。

    この運命の悪戯は、股間の悪戯へと変化していった。


    9:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 11:59:41.86 ID:aqzjxMsW0
    とは言え、俺がマスターベーションを覚えたのは中一の終わりだ。
    まずは、その空白の期間に何をしていたのか、特に印象に残っている出来事を話してゆく。

    ここから何人かの女の子が登場するから、混同を避けるためにも初恋の相手の名前を「姫」にする。

    俺は転校先で引っ込み思案になっており、姫のあまりの可愛さに話しかける事も出来ずに、最初の挨拶以来言葉を交わす事がほとんどなかった。
    ただ、通学班が同じという事もあり、毎日顔は合わしていた。


    10:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:01:26.35 ID:aqzjxMsW0
    一方、転校先のクラスでは、もっぱら露出オジさんの話題が飛び交っていた。
    この露出オジさんは地元では有名らしいのだが、特に小学生を狙ってチソコを見せてくるらしい。
    ただ、知恵おくれ(表現が悪くてスマン)のオジさんらしく、注意はされているが、襲ってくるわけではないので警察も放置しているとの事だった。
    そんな中、どうやらクラスの女子の一人が先日の学校帰りにオジさんに遭遇したようで、女子達はその話題で持ちきりだった。
    帰宅途中にいきなりチソコを見せられて「触って×2」と言われたから怖くなって逃げたんだけど、本当に気持ち悪かったと半泣きで話している。
    周りでは「本当にありえない!」と怒る女子や、「いやだ~」と赤面する女子や、「きもちわるい」と嫌悪感を示す女子と、様々な表情と反応を示していた。

    なぜか俺は興奮していた。


    11:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:02:58.14 ID:aqzjxMsW0
    しかし、当時の俺は子供はコウノトリが運んでくるものだと思っていたし、セクロスの存在すら知らなかったので、何に興奮しているのか分からなかった。
    その日の放課後に、転校してきた者の特権とも言える「もう少し君の事を教えて欲しいから一緒に帰りましょう」的なお誘いがきたので男2:女1で帰宅する事になったんだ。
    その一緒に帰った女子というのが、クラスで一番人気の結構可愛い子だった。

    この子は後で少し登場するので名前を「香里」にしとく。


    12:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:03:53.77 ID:jzaXXIndP
    男かよ・・・


    13:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:04:13.43 ID:aqzjxMsW0
    もう一人の男子は家が近かったので、途中からは俺と香里の二人きりになった。
    この転校先の学校は前の学校とは違い、年齢的なものもあるだろうが「誰が可愛い」だの「あの子と付き合いたい」だの色気付いたガキの集まりだった。

    見事に感化を受けていた俺は隣に歩いているのがクラスで一番美人の香里という事もあり緊張してほとんど会話という会話はなかった。
    俺の家が一番遠かった為に香里とは途中で別れる形になったのだが、別れ際に香里が「俺君、また明日ね!」と笑顔を向けてくれた。
    「この子も凄く可愛い顔をしてるな」と思ったと同時に、俺は今日女子達が話題にしていた例の露出オジさんの事を思い出した


    16:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:07:07.21 ID:aqzjxMsW0
    目の前には香里の後姿、俺は周囲に誰もいない事を確認して、香里が後ろを振り向かないかドキドキしながら―御察しの通りズボンをずり下げおもむろにズボンをずりおろし香里の背中めがけてチソコを放り出した。
    よく考えてみれば、この時この行為がバレていたら俺の新しい小学生ライフは終焉を迎えていただろう。

    どの道終わるのだが・・・

    幸いにも香里は振り向かず、俺は無事に任務を終えた。
    その行為自体には興奮を覚えなかったが、その行動に移る前のドキドキ感が興奮なのだろうと俺は悟り、少しだけ露出オジさんの気持ちが分かった気がした。


    17:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:09:27.44 ID:aqzjxMsW0
    時を同じくして、自宅では―
    小学校では新しい人間関係に馴染むべく慌ただしい時間を送っていたが、家に帰ると姫の事で頭と胸がいっぱいだった。
    「姫はどうしてあんなに可愛いんだ。神は罪創りだ。何故あんな可愛い子を俺に出逢わせてしまったのか」などど裏庭にある車庫から姫の家を眺めながら一人で妄想に耽け込んでいた。

    すると、あるモノが俺の目に入った。

    姫の家の裏庭に干された洗濯物である。
    目を凝らしてみるとどうやらパンツらしきものが干してあるではないか!
    俺は感激に打ち震えた!


    18:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:11:24.33 ID:aqzjxMsW0
    お前らならパンツを盗んでいただろう?
    俺はしなかった。
    姫は姫様であり、俺は紳士だからだ。
    紳士は姫様を汚すような事はしない。

    それに姫の裏庭はちょっとした石垣に囲まれており、その塀を乗り越えるには様々な時間を要したし、バレるのが嫌だった。


    19:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:13:07.20 ID:aqzjxMsW0
    そこで俺に素晴らしい案が浮かんだ。

    「そうだ!秘密基地で偵察ゴッコをする為に買っていたアレがあるじゃないか!」

    家族旅行でディズニーランドに行った時に、海賊館で購入していた超小型の望遠鏡である。
    これは二千円もした望遠鏡で、当時の俺からすれば大金であった為に、どうしても欲しいと親にねだって買って貰った中々の精度を誇る代物だった。
    それにあのパンツは姫の家族のものであり、姫のパンツではないかもしれないし、柄、サイズ、形状を確認しなければならない。
    俺は使命感に駆られて急いで自室の学習机の引き出しにしまってあった小型望遠鏡を取りに戻った。


    20:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:15:15.99 ID:P05fewRnO
    ド変態がいるときいて


    21:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:15:41.63 ID:aqzjxMsW0
    陽は傾き、時は夕刻。
    もしかすると姫の母君が洗濯物を取り入れる時間帯かも知れない。
    これは急務である。
    急いで裏庭の車庫に戻り、小型望遠鏡を覗く。
    度を絞ってゆくと獲物の輪郭が浮かび上がってきた。

    柄はキティーちゃん、サイズはかなり小さい、モコモコしているように見える為恐らく綿生地であろう、間違いない―姫のパンツだ!

    俺は感激に打ち震えていた。
    理由は分からないが股間は富士山の如く屹立していた。
    その間五分程だろうか―満足した俺は小型望遠鏡をポケットにしまい、部屋に戻り、あの感動の余韻に浸った。
    その日以降、薄汚い下着泥棒が姫のパンツを狙わないようにと、帰宅後は姫のパンツの監視という任務にあたる事となった。


    22:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:17:54.78 ID:aqzjxMsW0
    ―学校の方でも女子のパンツに若干興味を抱き始め、スカートを履いてきている女子もそこそこいた為、掃除中の雑巾がけの折に起こるクラスメイトのパンチラというアクシデントを虎視眈々と狙った。
    そういったアクシデントは時折起こったが、一瞬興奮するものの姫のパンツを思い起こすとクラスメイトのパンツなど低劣で貧相なものに過ぎないと鼻で笑っていた。
    朝は通学班で姫の美しい顔を見守り、夕方になると姫の可愛らしいパンツを見守る、そのようにして俺は満たされた小学生時代を送った。


    23:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:20:35.42 ID:aqzjxMsW0
    そんな小学生時代を送り、卒業を迎え、舞台は中学校へと移行する。

    春休みはというと、俺が中学生になるという事は即ち通学班で姫に出逢えなくなるという事であった為、悲しみにくれながら過ごした。
    あえて変化があったとするなら、パンツの監視任務が朝、昼、夕方に拡大された程度だ。

    中学校では他の小学校から上がってきた生徒も多く、人数も200人程増えた。
    中々可愛い子も沢山いたが、やはり姫には敵わなかったし、他の小学校から新入していた生徒を一通りチェックしたが、その中でも香里は群を抜いて可愛かった。
    思春期であるし、大体の女子は初潮も迎えており、中学生になった事で香里にも色気を纏い始めていた。
    新しい交友関係も築かれていったが、お前らはそんな事に興味はないよな。
    中学生活での日常は平凡だった。

    表向きには。


    24:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:21:45.71 ID:aqzjxMsW0
    水面下では、性開発と共に倒錯的な性癖の門を開きつつある俺がいた。

    まず、中学校から自宅への帰路には表道と裏道があり、この裏道にエ口本兼AVの二重トタンに囲まれた自動販売機があった。
    その自動販売機の周囲の道端や草むらには、たまにエ口本が落ちている事があった。
    俺は例の露出オジさん模倣事件と、姫のパンツを発見した事も手伝い、中学生らしくエ口本に興味をそそられた。
    だが、少数ではあるがその裏道を使う生徒がいた事と、運が悪い事に自動販売機の向かいには陸上部が使用する本校とは別途の小型運動場があった。
    つまり、俺が落ちているエ口本を持ち帰る所を目撃される確率が高いという事だ。
    戦利品を持ち帰る為には、下校中の生徒、陸上部の連中、裏道と表通りを挟むようにしてある車道を通り過ぎる車、この三つの試練を乗り越えなければならなかった。

    そこで俺は閃いた。


    25:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:26:00.90 ID:yGNzvaAW0
    なかなか面白いじゃないか


    26:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:26:06.98 ID:aqzjxMsW0
    (頭痛を理由に早退すればいいじゃん!)

    しかし、学校で頭痛を訴えても熱がなければ保健室で寝かされるだけで早退させて貰えないかもしれない。
    そこで俺は、朝の内に学校に電話を入れて担任に繋いで貰う事にした。

    「あ、先生ですか?俺ですけど・・・朝から頭痛が激しくて体も節々が痛いんです。」

    担任「大丈夫か?風邪なら休んでもいいんだぞ」

    「いえ学校は休みたくないので、薬を服用して行きます。ただ、途中で悪化しそうになったら早退をお願いするかも知れません。大丈夫ですか?・・・・ありがとうございます。では、また学校で」

    計算通り―これならいける!
    俺はエ口本のサルベージ作戦の任務を遂行するべく、学校へ向かった。


    27:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:28:42.38 ID:aqzjxMsW0
    学校では昼間でなるべく辛そうな顔で授業を受け、友達にも気分が悪そうな振りをした。
    昼食の時間になると、俺は担任に「頭痛がひどいので、やはり早退して家で休みませて下さい」と訴えた。
    担任は「体調が悪いのに良く頑張って学校にきてくれたね。保健室で休んでもいいけど、朝から辛そうだったから、今日は家でゆっくり休みなさい。気を付けて帰るんだよ」と笑顔で応えてこれた。
    俺は「ありがとうございます(馬鹿め、気を付ける為に早退するんだよ)」とお辞儀をして足早に学校を出た。


    28:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:30:46.84 ID:aqzjxMsW0
    ここからが本番だ。

    だが、リスクは格段に減った。
    後は、昼間にあの裏道を散歩しているような変人と、車の流れを注意してさえおけば任務は難なく遂行できるだろう。
    目的地に到着した俺は物色したが、残念ながらエ口本は雨水にさらされて泥だらけのものが多く、今回は被害の少ないものが無かった。
    幸い、まだ綺麗なAVの空パッケージを発見し、急いでそれを学生服の下に隠し、実家の建て替え前に祖父母が住んでいた古屋の倉庫へ平常心を保ちつつ自然に歩を進めた。
    俺の家は結構厳しかったから自宅にブツを持ち帰るのは危険だった為だ。
    古屋の倉庫に辿り着いた俺は戦利品を取り出し、パッケージを見た時、一瞬目を疑った。


    29:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:32:40.20 ID:aqzjxMsW0
    なんと複数人の男性に囲まれた、全裸の金髪美人の外人がチソコから出る小便を飲んでいるのだ!

    俺はえも言えぬ劣情?に襲われた。
    しかし、俺のチソコは勃起はしているものの、まだマスターベーションを知らない。
    この興奮をどう抑えればいいのか分からなかった俺は―そのパッケージの金髪美人が口をあけて小便を飲んでいるその一点に小便をかけた。
    するとどうした事か興奮が静まってゆき、暫くすると勃起も収まった。
    「このAVパッケージは少々汚れてしまったけれど、触らずに小便をかける専用のアイテムとして倉庫に隠しておこう」そう決めた俺は、それを見つかりにくい物陰に隠した後、古屋を去り急いで自宅へ向かった。
    そして、家族の帰宅までには時間があった為、姫のパンツの監視という最重要の任務に戻った。


    30:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:34:46.22 ID:aqzjxMsW0
    この早退計画は怪しまれるとまずいので何度も使えなかったし、エ口本とAVパッケージの収集は中々捗らなかった。
    夜にサルベージするという方法も考えたのだが、夜だと懐中電灯が必要になるし、家が厳しい為に夕方六時以降の外出は禁止されている。
    深夜に決行した場合も、万が一両親が俺の部屋を覗き気付かれた時は凄まじい剣幕で怒られるだろう。
    取り敢えず、俺は次のインスピレーションが囁くまで、小便を飲む金髪美人のAVパッケージに小便をかける行為と、姫のパンツを監視する生活を続けた。

    だが、ここで事件が起こった。


    32:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:36:34.56 ID:aqzjxMsW0
    進展と呼ぶべきかも知れないが、当時の俺にとっては大事件だったのだ。
    その頃、俺は親戚が実家に忘れたままにしていた「リカちゃん人形」を母屋の離れで発見してしまった。
    俺はあの国民的アイドルであるリカちゃん人形をトイレに持ち込み、あろう事か彼女に小便をかけた。
    言うまでもなく、彼女は俺の小便で汚れただけだった。
    納得がゆかず、俺は彼女を風呂場のシャワーで綺麗に洗い流し、再度トイレに持ち込んだ。
    (さて、これならどうだ?)次はチソコを彼女の顔に押し付けた。
    「これは良いぞ、いい感じだ」独り言を呟きながら、次は俺の未成熟の仮性チソコの包皮で彼女の顔を覆い尽くした。
    何やら背徳感めいた興奮に包まれ、チソコが少しずつ大きくなってゆく。
    更に、チソコの先から透明の粘液が溢れ、彼女の顔に糸を引いている。
    その光景に興奮に味を覚えた俺は、彼女の顔をチソコの包皮で覆う作業を繰り返した。
    瞬間、驚愕の事態が生じた。
    なんとチソコから大量のドロドロの白い物体が溢れてきたのだ!

    ―俺は死を予感した。


    33:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:40:08.35 ID:aqzjxMsW0
    溢れ続ける謎の液体。
    俺は嗚咽にむせびながら、神が俺に罰を下したのだと確信した。
    急いで風呂場に行き、「神様、もう二度とこのような事はしません!僕はまだ死にたくありません!誓います!二度とこのような事はしないと誓います!」と泣き叫びながらチソコをシャワーで流し続けた。

    これが俺の初オナヌーである。


    35:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:41:56.15 ID:aqzjxMsW0
    ―どうやら謎の液体は止まったようだ。
    チソコにも異常はない。
    俺は今回の現象に興味を抱き、また好奇心も手伝い、後日何度か臨床実験を試みた。
    実験を重ねた結果、これは非常に気持ちの良い事であり、人体に害がないという結論に至った。
    また、何度かサルベージ作戦を試みている内に、何冊かのエ口本を獲得し、エ口本の知識のお蔭であの行為がオナヌーであり、白い液体は精子であった事も判明した。
    ここからはオナヌーを覚えた猿の如く、マスターベーションは毎朝毎晩の日課となった。

    姫のパンツ監視という任務、エ口本類の収集という計画に、マスターベーションという日課が増え
    、俺は充実した中学一年生活を終えた。


    36:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:43:27.59 ID:aqzjxMsW0
    中学初の三年生の卒業イベントを終え、俺は中学二年に上がり、クラス替えがあった。
    クラス替えの結果、例の香里と一緒のクラスになったのだが、その時には既に香里は不動の学年一美人という座に君臨していた。
    これはこれで嬉しかったのだが、それ以上に俺の心を躍らせていたのは「姫」が新入生として中学校に通い始めるという事実だったんだ。
    だが、姫は姫で新しい環境に馴染み、新しい人間関係を築いてゆくのに大変だったろうし、そもそも俺の学校は、一年、二年、三年と学年ごとに階が別れていて、部活以外の学内生活で各学年の生徒が接点を持つのは難しかった。
    当然、小学校の頃のような通学班はない。
    ただ、隣家なので、下校途中に距離を置きながら姫の後姿を見守る事は可能だった。
    ここで最悪の事態が生じた。

    なんと姫が陸上部に入部したのだ!


    37:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:44:37.90 ID:aqzjxMsW0
    俺は科学研究部=帰宅部だったし、もし姫がバレー部に入れば同じ体育館で練習に励んでいるバスケ部の友人を応援しにゆくフリをして、姫の半パン姿やストレッチ運動などを見守る事が出来るかもしれないという淡い期待を抱いていた。
    だが、よりによって陸上部だと!?
    陸上部用の小型運動場の眼前には、俺のエ口本類サルベージ任務の機密ルートがあるんだ!
    最近、ようやく下校中でもエ口本の嗜好や劣化状況を素早く見抜き、疾風の如く懐に隠すスキルを身に付けてきたというのに!
    姫にバレるかもしれない中でエ口本を収集する事で刺激的な背徳感を得る事は可能かも知れない。
    しかし、万に一つでも姫に俺の変態的行動がバレる危険性を考慮すれば、俺の選択は一つしかない。

    姫が陸上部に入部した以降、俺はサルベージ計画を断念した。


    38:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:46:22.80 ID:aqzjxMsW0
    正直言って、既に収集したエ口本に対してはなんの興奮も愛着も抱かなくなっていた。
    そりゃ、いくら十冊やそこらの量があっても何百回とオカズにしていると飽きてしまうだろう。
    新しいエ口本を入手する事を断念した為に、フラストレーションが蓄積されていった。

    そんな中で家族旅行に行く事になった。
    行先は世界の大温泉スパワールドだった。
    なんだかんだ言っても、まだ俺は中学生だ。
    最初は、純粋にプールではしゃぎ楽しんでいた。
    泳ぎ着かれたのと用をたしたくなったので、俺はプールから上がった。
    するとトイレに向かおうとすると、あるものが目に入った。

    モノ置き場に、明らかに女性モノの可愛らしいタオルが置いてあったのだ。


    39:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:47:41.32 ID:aqzjxMsW0
    プールを見回したが、大半が若い男女カップルか、女友達だけで遊びに来たといった様子のグループが何組かいるだけだ。
    俺は誰もいないのを見計らって、その可愛らしいタオルを海パンに隠して急ぎ足でトイレに向かった。
    そして洋式のトイレに立てこもり、まずはタオルの匂いを嗅いだ。
    香水のような甘い香りがする。
    そのタオルを鼻に押し当てながら俺はオナヌーを始めたが、今までにない興奮に包まれた。

    「ついさっきまで、このタオルはお姉さんが濡れた体を拭くために使っていたんだ」

    そう思うと、次にそのタオルをチソコに巻きつけ猛烈に擦り始めた。
    興奮のあまり、俺は一分もしない内にタオルの中で果てた。
    証拠を隠滅する為に汚れたタオルを入念に備え付けの石鹸で洗い、ゴミ箱に捨てた。


    40:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:50:25.61 ID:aqzjxMsW0
    再びプールに戻った俺は、監視員が俺を怪しんでいないか確認した後、再び流れるプールに入った。

    いや、待てよ。
    流れるプール?
    そうだここのプールの水は時計回りに流れている!
    当然、人間水流に身を任せようと、水流の速度と同じ速度で移動しているわけではないし、つまり・・・
    俺は出来るだけ人目に付かない場所を選んで、プールの中でオナヌーを始めた。
    勢いよく発射された白濁液は少しだけまばらに形を変えた後、計算通り水流に巻き込まれていった。
    この中のお姉さんの身体に俺の白濁液が付着する可能性は十分にある。

    それを妄想の種として、俺は再び白濁液をプール内に放流した。


    41:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:52:09.76 ID:aqzjxMsW0
    このようにして俺は実際に女の子の持ち物をオカズにオナヌーをする事の気持ちよさに味をしめた。
    だが、もしもこのオカズがクラスメイトの持ち物だったら俺はどれ程の興奮を得られるのだろうか?
    俺の性に対する飽くなき探求心と冒険心に火がついた。

    ―夏休みが終わり、二学期が始まった頃、音楽の授業では文化祭に向けてリコーダーが優先科目に取り入れられた。
    そして、俺は授業表に向けて残忍な眼差しを輝かせた。


    42:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:53:42.33 ID:aqzjxMsW0
    放課後に好きな子のリコーダーを舐める。
    お前らもやった事があるだろう?
    俺には隠さなくても良いぞ。
    もし、その過去に罪悪感を抱いているのなら、今からその罪悪感は全て消える事になる。

    とりあえず俺は香里のリコーダーに目を付けた。
    学年一の美女が咥えているリコーダーだ。
    しかし、ここでお前らは疑問に思うだろう。

    「何故、姫のリコーダーではないのだ」と。


    43:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:55:17.50 ID:aqzjxMsW0
    残念ながら、俺は自分の学年が放課後のどの時間帯に人がいなくなるかは把握していたが、一年生の放課後事情についての知識は全くない。
    その上、要件がある時以外は他学年の教室に入る機会など無いに等しかったし、運よく人気のない一年生の教室に放課後潜り込めたとしても、姫の席がどこにあるかなんて見当も付かなかった。
    俺が姫の席を探している内に、何らかの理由で担任や他生徒が教室に帰ってくる可能性を考えると、リスクが高すぎた。
    ゆえに俺は香里のリコーダーを狙う事にしたのだ。

    しかし、俺の目的は香里のリコーダーをオカズにする事であり、舐める事ではない。
    舐める、などと言うのはオカズの一要素、オナヌーの一過程に過ぎない。


    44:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:58:14.12 ID:zyarjPvu0
    変態を具現化する能力の持ち主だな


    47:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:01:14.21 ID:aqzjxMsW0
    >>44
    妄想を具現化する事ほど心を高ぶらせるものはなかった


    45:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 12:58:33.58 ID:aqzjxMsW0
    だが、どうするか。

    香里のリコーダーを持ち去れば、必ず次の日にクラス会議になるに違いない事だろう。
    1%であろうとも俺に疑いがかかる可能性を残すわけにはいかない。
    俺は頭をフル回転させた。
    そうだ、香里のリコーダーが盗まれたとなると大事件になるが、それが香里のリコーダーではない事にしてしまえばいいのではないか?
    例えば、香里のリコーダーを手に入れた後で、他の男子のリコーダーにすり替える。
    いや、女子の勘は鋭い。
    仮に他の男子をスケープゴートにしたとしても、女子達の鋭い勘によって、実は女子のリコーダーを盗んだ犯人が事件の発覚を恐れて身代わりを立てたのかもしれないという疑念を抱く可能性がある。
    教師は疑わずとも、女子達の間で前日の放課後の状況を調査するかもしれない。

    待てよ・・・これだ!

    俺はクラスでも目立たないイジめられやすそうな男子をピックアップした。
    それにこの案を加えて・・・―これならイケる!


    48:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:02:20.66 ID:aqzjxMsW0
    俺は、まず別クラスの内気な杉田君(仮名)のリコーダーから、吹き口の付いている頭部管だけを取り外した。
    次に、香里のリコーダーから、同じく頭部管だけを取り外し、杉田君のリコーダーの頭部管を代わりに差し込んだ。

    お分かり頂けただろうか?

    恐らく、杉田君のリコーダーの頭部管が紛失した事はクラス会議になるだろう。
    だが、女子達が疑念を抱き、スケープゴートの線に辿り着く可能性は限りなく消滅する。
    何故なら、この会議の主題は<リコーダー紛失問題>では無く、リコーダーの一部を隠されたこ可哀そうな杉田君に対する<イジメ問題>にすり替わるからだ。
    女子達は感情的な生き物である為に、このイジメ行為に対して、酷く悲しむか激しく憤るかの二パターンの感情に支配されるのは目に見えている。
    感情の高ぶり程に人間を盲目にさせるものはない。
    完璧だ。

    俺は香里のリコーダーをカバンに入れて、急いで学校を出た。


    49:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:05:01.49 ID:o86pI/Pe0
    おもしろい(*´ω`*)


    50:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:09:49.28 ID:aqzjxMsW0
    帰宅した俺は香里のリコーダーを片手にトイレに立てこもった。

    この吹き口を舐めれば間接キスになるわけか・・・いや、それでは面白くない。
    俺はサランラップを台所に取りに行き、再びトイレに戻った。
    まず、短く切ったサランラップを吹き口にそっと包み、下の接合部分にしっかりと同様のサランラップを固定し、軽くシェイクした。
    無論、この行為はリコーダーの中には唾液が残っている事が多々ある事を自身の体験で知っていたからだ。
    また、サランラップを使用したのは、ティッシュなどで吹き口を固定すると、香里が咥えていた吹き口の鮮度が悪くなる事に配慮した為である。
    想像していたより少量ではあったが、予想通り唾液が接合部分に固定したサランラップの上に落ちてきた。
    ある程度グリスも交じっているだろうが、香里の唾液が含まれているの事に違はない。
    俺はその唾液の半分を指ですくい舐め、残り半分をチソコに塗った。
    そして吹き口を舐めながらオナヌーを始めた。

    想像を絶する興奮を抱いた。


    51:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:14:09.98 ID:aqzjxMsW0
    俺は今、学年中の男子の憧れの的である香里、その香里と間接キスをしながら、香里の唾液をチソコに塗りオナヌーをしているのだ。
    俺のチソコは臨界点に達し、絶頂と共に香里のリコーダーへ白濁液をぶちまけた。

    少し興奮が収まり、香里のリコーダーへの処置を考えた。
    欲を言えばこのままリコーダーに付着した俺の白濁液を乾燥させ、朝一番に登校してリコーダーを元に戻したい。
    そうすれば香里は俺の白濁液と間接キスする事になる・・・
    しかし、TVドラマの影響で万が一DNA検査をされたら一巻の終わりだと結論し、事後リコーダーを洗って処分した。


    52:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:15:26.99 ID:aqzjxMsW0
    案の定、翌日のクラスでは杉田君に対するイジメの会議が行われた。
    全く馬鹿な連中である。
    音楽の授業はというと、香里は何の疑いもなく杉田君のリコーダーを咥えていた。
    確かにこれは杉田君にとってはご褒美なのだが、重要なのは杉田君が香里と間接キスをした事にあるのではなく、香里が杉田君と間接キスをした事になるという点にある。
    これは今でいうNTR的な興奮を俺にもたらした。

    業界のご褒美を知らない愚かな杉田君は泣いていた。


    53:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:18:30.84 ID:aqzjxMsW0
    リコーダー事件はそれ以来起こさなかった。
    同じ事を二度、三度行うと、リスクは飛躍的に増加してゆく。

    しかし、俺の性的嗜好は若干特殊さを帯び始めており、別の手段でその欲望を満たす事にした。
    それは放課後の教室で、可愛いクラスメイトの椅子に白濁液を塗りこむという任務だった。
    お前が今座っている椅子は、俺の白濁液が染み込んでいるのだ。
    体育の時間をサボって女子が鞄に忍ばせているペットボトルジュースの飲み口にチソコを擦りつけたりもした。
    俺の劣情に汚されているとも知らずに、あどけなく笑う女子を眺めながら、その光景に興奮していた。
    それも段々飽きてきたので途中でやめた。
    というより、最近になって俺は首尾よく深夜外出作戦に成功し、生まれて初めてのAVを自動販売機にて手に入れていたのだ。
    そのAVを見るようになってからというもの、香里を含め、クラスメイトの女子達に対する劣情が治まり始めていた。


    54:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:19:42.88 ID:aqzjxMsW0
    だが、姫は別だ。
    俺が汚れてゆけば汚れてゆく程に、姫の美貌は際立ち、胸を締め付ける。
    今の俺が姫にできる事は下校中の後姿とパンツを見守る事だけだった。
    基本的に俺は純粋なのだ。

    結局、姫とは何も話せないまま、俺は三年生を迎え、姫は二年生を迎える事となった。


    55:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:21:12.81 ID:aqzjxMsW0
    三年にあがる前の春休みは姫のパンツを救出する為の作戦を練る時間に費やされた。
    そして、中学二年生になり、姫の美しさは一層研ぎ澄まされ、まさに絶世の美女になりつつあった。
    姫が美しくなつにつれ、薄汚い下着泥棒に狙われるリスクが高まるのは必然である。

    「姫のパンツが薄汚い下着泥棒の手に落ち、その下劣な性欲の捌け口にされる前に、俺が救出しなければならない!」

    言っておくが、これは姫のパンツを盗む為の作戦ではない。
    姫のパンツが下着泥棒の手に渡る前に救出するという、自己犠牲的精神の衝動である。
    俺は強烈な使命感に駆られ、その使命を果たす為の計画を熟考した。


    56:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:24:57.31 ID:aqzjxMsW0
    しかし、計画の段階に入り、俺の前に一つの問題が立ちはだかった。
    俺の任務は姫にも極秘裏に遂行される為、姫のパンツが救出された場合、姫が下着泥棒に遭ったと勘違いしてショックを受ける可能性がある。
    いくら姫の為とは言え、姫が悲しむ姿を見るのは耐えられない。
    貯金箱を壊し、俺はファッションセンターしまむらへ向かった。

    そう、姫のパンツと同じものを手に入れる為に。


    57:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:26:30.73 ID:aqzjxMsW0
    しまむらへ到着した俺は女性用下着売り場に向かった。
    この三年間、姫のパンツを観察し続けた結果、姫はキテティーちゃんのパンツを柄違いで数着持っているという事、後は白の綿パンツが残りを占めているといった様子である。
    そして、地元に店が少ない事もあり、おそらく同系統のパンツがここにある事は大体検討がついていた。
    予想通り、下着売り場に到着した俺は姫が所有しているパンツに似通った柄の下着を発見した。
    しかし、ここで俺の前に第二の問題が立ちはだかった。

    発見できたのはいいが、俺が女の子用のパンツを買うのは怪しくはないか?
    何度も購入しにくるのは不自然であるし、どのパターンにでも応用できるように違う柄のパンツを数着は今回の買い物で購入しておきたい。
    だが、店員にいらぬ疑念を残すのは出来るだけ避けたい。

    どうするか・・・


    58:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:27:08.15 ID:aqzjxMsW0
    俺は閃いた。
    周囲には誰もいない。
    俺が女の子用の下着売り場にいる所は幸い誰にも見られていないようだ。
    念の為に少しまごついた後、下着売り場から離れ、レジの横にある帽子売り場へ移動し、物色する振りをしながら、俺は手に取った帽子の影で携帯電話を取り出し、音声テストサービスに電話をかけ、携帯を閉じ素早くポケットにしまった。

    五秒後に店内に携帯の着信音が鳴り響いた。

    俺は携帯を取り出し、店員に聞こえるくらいの声で音声サービスに向かって話しかけた。


    59:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:29:29.29 ID:aqzjxMsW0
    俺:あ、姉ちゃん?
    (脳内姉:今どこ辺り?)
    俺:今し○むらに着いたとこ。
    (脳内姉:じゃあ早く私の下着も買ってきてね)
    俺:やっぱり嫌だよ、姉ちゃんが買いにくればいいじゃん。
    (脳内姉:忙しいからアンタに頼んでるんでしょ)
    俺:うん、それは分かってるけど恥ずかしいよ、売っている場所も分からんし。
    (脳内姉:店員に聞けばいいじゃん)
    俺:え?店員さんに?
    (脳内姉:そうだよ。ちゃんと買ってきてね!)
    俺:うん、分かった。

    俺は携帯電話を閉じ、レジの方へ向かった。


    60:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:30:10.73 ID:aqzjxMsW0
    そして、恥ずかしそうな表情を浮かべながら女性店員さんに話しかけた。
    「すみません、女性用の下着売り場はどちらにありますか?」
    脳内姉と俺の電話でのやりとりを聞いていた店員さんは、疑いのない朝露のような笑顔で「こちらになります^^」と、下着売り場まで案内してくれた。
    俺は内心ほくそ笑みながら無垢な少年を装い、店員さんの案内に従い下着売り場までついていった。
    「ここが女性用の下着売り場になります^^ごゆっくり^^」
    俺は店員さんの後姿を眺めながら「これで万事が上手くいった」と心の中で呟いた。
    何の心配もなく、ゆっくりと姫のパンツと同じ柄のパンツを吟味した。
    小型望遠鏡で三年間観察した俺の目には一寸の狂いもない。
    三枚選び取り、後は予備に白い綿バンツを二枚手に取り、念のために男性用の下着売り場で俺用のトランクスを二枚買い、会計を済ませ、満面の笑みで店を出た。
    「お姉ちゃん、ありがとう」とお姉ちゃんに心底感謝しながら俺は自転車を軽快に走らせ帰宅した。

    無論、俺には姉などいない。


    61:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:30:30.70 ID:o86pI/Pe0
    私が店員なら感付くわw


    63:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:33:49.61 ID:aqzjxMsW0
    >>61
    おっさんなら怪しまれたかもしれんが、当時14歳の中学生だぞ?


    70:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:41:48.46 ID:o86pI/Pe0
    >>63
    確かにそうだけど、高1の時に思春期の中2の弟に下着買いに行かせたりはしないかな
    干してる下着見られるのでさえ嫌で部屋干ししてたから
    買うのを頼むなら母親一択
    まぁ、考え方は人それぞれだからわからないけどね

    ついでに感想も…
    読んでて本当に面白いです!
    男の子ってこんな事考えてたんだ~って色々と思い返しながら読ませてもらってます!


    72:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:45:32.09 ID:aqzjxMsW0
    >>70
    当時の策としては完璧だと思ったんだよ!
    店員には怪しまれなかったから結果オーライだろ
    ていうか女の子がこんな話読んでくれてるのか
    今日のオカズは君にします


    62:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:31:40.83 ID:aqzjxMsW0
    春休みは、小型望遠鏡を覗き、姫の洗濯パンツを監視するという相変わらずの任務にあたった。
    特別変わった事はなかったが、少しだけ進展があった。
    姫と同じ柄のパンツがこの手にあるという事だ。

    そこで俺は、まず今日の姫のパンツの柄を小型望遠鏡で確認した後、部屋の押し入れに閉まってある同じ柄のパンツを取り出し、それを履きながら姫のパンツを監視する事にした。
    これには二つの意味があった。

    第一に、まるで姫と何か秘密を共有しているような一体感を抱きながら、姫のパンツの監視という任務に就ける事。
    第二に、パンツの救出作戦が首尾よく遂行されたとしても、新品のパンツであるとバレる可能性がある為に、何度か洗濯をして使用感を出しておく必要があるという事だ。

    新学期に備え、俺は年内に遂行されるはずの極秘任務に胸を躍らせながら、姫と同じパンツを履きながら姫のパンツを下着泥棒から守るという任務に勤しんだ。


    64:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:34:43.44 ID:aqzjxMsW0
    新学期前日―
    物は揃い、計画の第一段階はクリアした。
    しかし、計画を遂行する為には物資面だけでは十分ではなく、実際的な訓練が必要である。
    計画の第二段階として、俺は朝の通学路の道を若干変更して、少し遠回りにはなるが砂利が敷いてある公民館裏を通学ルートに加えた。
    これは姫の裏庭には砂利が敷いてあり、パンツ救出作戦の為にはどうしても砂利を踏まなければならない為である。
    計画遂行時に出来るだけ音を立てないよう事を運べるように、日頃の鍛錬が必要であった。
    学校のHRが8時30分、家から学校までの距離が約20分、砂利道のルートを加えた事により約10分のタイムロスが生まれるが、俺はいつも通り朝8時に家 を出発し、新しい通学ルートでも学校のHRに間に合い、尚且つ砂利道で音を立てずに駆け抜けられるように特訓する事にした。
    適当にこなしていた体育の授業も真剣に取り組むようになり、先生も大喜びだった。

    俺もおいしい、先生も嬉しい、姫は守護天使に守られている、皆が幸福というのは素晴らしい事だと感じた。


    65:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:36:00.27 ID:P05fewRnO
    高校生がキティちゃんのパンツをはくわけないだろ
    はいてたらテンションあがるけど


    68:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:39:04.79 ID:aqzjxMsW0
    >>65
    姫は中学二年生だ
    脳内姉の事だとしても、店員からすれば14歳なんて中学一年生にだって見えるだろうし、姉が中二か三だと思ってもおかしくなかった、と思ってる


    66:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:36:37.87 ID:aqzjxMsW0
    話が前後するが、三年のクラス替えでは香里と別のクラスになった。
    少し残念だったが、問題はなかった。
    新しいクラスメイトに琴美(仮名)がいたからだ。
    切れ長で二重の大きく綺麗な目、やや小ぶりだが線の細い整った鼻、その鼻と若干釣り合わない大きな口、可愛いのだが、目と口の主張が大きく、少しアンバランスな顔立ちをしていた為に男子間ではそこまで注目はされていなかった。
    しかし、俺は二年の時から可愛いのに癖があるので今一つ人気がでない琴美のマイナーさに目を付けていたのだ。
    俺は新たな性欲の捌け口を見い出した。
    思春期の性欲旺盛な男子中学生が姫への純潔を守る為には、犠牲が必要であった。
    純潔を守る為の犠牲、これは宗教の歴史から見ても避けがたい慣習であり、その意味では琴美は殉教者だったのだ。

    俺は今でも琴美を思い出すと少し憂鬱な気持ちになり、チソコが山頂をつくる。

    とは言え、残念ながらお前らが期待しているような凄い事はしていない。
    この話は姫と俺を巡る物語であり、香里や琴美は単なる脇役だ。

    余談程度に聞いてくれ。


    67:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:38:14.10 ID:eiT6upwKO
    ティーンズっぽいポップなキティ柄もあるからなぁ


    69:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:40:21.59 ID:aqzjxMsW0
    琴美は二年の頃、ずっと三人の女子グループの一員だった。
    琴美を見かけると、必ずその二人が一緒にいた。
    そのグループはギャルにもなりきれず、だからといって普通の女の子ではいたくないというような感じの、スカートを短くした黒髪の三人組だった。
    三年になってもそれは変わらない様子だったが、一学期の終わり辺りから様子が怪しくなってきたんだ。
    琴美が一人で弁当を食べている事が多くなり始めて、授業中もふと寂しそうな表情をする事が多くなった。
    琴美は窓際の席にいて、俺はその斜め後ろの席という観察するには絶好のポジションだった為、まじまじとその表情を観察する事ができた。
    琴美は細みだったが太腿はむっちりしていて、短くしたスカートから伸びる霜降りのような血色をしたむちむちの白い太腿は俺の劣情を掻き立てた。
    (こいつ、もしかしてあの二人から仲間はずれにされているんじゃねーのか?)と心の中で思いながら、時折見せる琴美の寂し気な表情と太腿をさりげなく交互にながめながら俺はポケットに手を突っ込みチソコをまさぐり―思わず琴美をオカズに白濁液がパンツの中で暴発した。


    71:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:42:23.80 ID:aqzjxMsW0
    幸運だったのは、気候がまだ暑すぎない夏の手前だったという事だ・・・匂いは拡散せず、なんとかパンツ内にとどまった。

    その日はなんとか下校時間まで俺が授業中の校内で自慰行為をした事は隠し通せた。
    しかし、AVを手に入れて以来クラスメイトをオカズに白濁液をぶちまける事は初めてだった為、下校中に琴美を思い出しては膨らむ股間に思惟を巡らせていた。
    帰宅後、あの味を忘れられなかった俺は本格的な夏が訪れるまでが勝負だと思い、学ランのズボンの右ポケットを鋏で切っておいた。
    「これでいつでも琴美を眺めながらオナヌーができるぞ!」と鼻息を荒くしていたが、良く考えてみるとポケットに穴を開けた事によって白濁液の匂いがクラスに漏れる可能性に思い当たった。
    そこで俺は深夜に例のAV自動販売機へ繰り出し、コンドームを購入してそれを装着しながら学校へ通う事にした。
    我ながら素晴らしいアイディアである。
    後は、ポケットをまさぐっている事をクラスメイトに悟られない事が重要だったが、俺の感覚の鋭敏さを持ってすればそちらは大した問題ではなかった。
    そうして俺は期間限定の琴美をオカズにした授業中オナヌーを愉しんだ。


    73:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:46:12.06 ID:aqzjxMsW0
    しかし、一週間も経つと琴美を眺めながらの授業中オナヌーも飽きてきたし、頻度が多くなるごとに行為に対する興奮よりもクラスメイトの視線に対する警戒心が強くなってきた。
    俺は何かもっと良い方法があるのではないかと思案しながら休み時間に中庭を歩いていた。
    結局、良いアイディアは浮かばずに休み時間が終わりに近づき、うなだれながら俺はクラスへ戻ろうとした。
    そうして階段を上っていた、その時である。
    クラスの端にある屋上へ続く階段の手前(屋上は扉が施錠してある為に入れない仕様だ)から女子の怒鳴り声が聞こえてきた。
    俺は恐る恐るその様子を覗いてみた。
    するとそこには琴美と、琴美と仲が良かった二人、それに分岐した女子派閥で一番やっかいなDQN女がいた。
    どうやら琴美を取り囲むようにして、女子特有の甲高い声で怒鳴っているようだ。

    俺は聞き耳を立てる事にした。


    74:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:47:33.44 ID:aqzjxMsW0
    ―要点を摘むとこういう事らしい。
    琴美が女子最大派閥のDQN子の悪口を言っていたらしい。
    おそらく琴美と仲の良かった二人の関係が良好である時に琴美が漏らしたDQN子に対する不満を、あの二人が密告したのだろう。
    いや、多分あの二人にしても何らかの悪口を一緒に言っていたのに違いないのだが、原因があったのか気まぐれでか、あの二人は琴美を捨ててギャルグループに入る事にしたらしい。
    その忠誠のあかしとしてか、手土産として、二人が琴美を供物に捧げたのだろう。
    女子は怖いよ、本当に。
    とにかく琴美は縮みきって、何も言えない様子だった。
    あの調子だと、女子全員を敵に回したようなものだ。

    「あれ・・・?これってチャンスなんじゃね?」

    俺は閃いた。


    75:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:56:17.51 ID:aqzjxMsW0
    通常ならば、イジめられる女の子に声をかける優しい男子を演じ、琴美の心を誘惑するというのがセオリーなのだろうが、残念ながら俺の心は姫のものだった。
    そもそも琴美を何度もオナネタにしていた俺には琴美が性欲の対象としか映らなかった事をご理解頂けるだろう。

    いかなる場合も琴美が女子群に助けを求められない事に目を付けた俺は、その日の放課後、一旦帰宅して、すぐさま学校へ戻ってきた。
    そして誰にも見つからないように琴美の上履きを学ランの中に収め、急いで東校舎の方へ駆け込んだ。
    授業が行われる西校舎とは別に、東校舎は美術室、図書室にコンピューター室などがあった。
    文科系の部員以外は放課後によりつく事がなかった為に、かなりの安全地帯だったし、科学技術研究部だった俺は難なく東校舎へ潜り込み、三階の男子トイレに立てこもった。

    そして、トイレの中で戦利品を、琴美の上履きを取り出した。


    76:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 13:58:01.53 ID:aqzjxMsW0
    当然の事ながら俺はまず琴美の上履きの匂いを胸いっぱいに吸い込んだ。
    琴美が履きならしてくたびれた上履きは、想像とは違い、男の上履きのような臭さはなく、無機質なゴムに汗の交じった、なんとなくノスタルジックな匂いがした。
    「もう少し臭くても良かったんだがな」と呟きながら、俺は上履きを舐めてみた。
    すると微かな刺激臭が鼻孔を通り、単純に匂いを嗅ぐよりも幾分強い臭みが感じられた。
    この臭みを正確に描写するのは難しいが、腐ったマスカットと言ったところだろう。
    次第に興奮が増してきた俺はズボンとパンツをずり下ろし、誇らしげにそそり立ったチソコを取り出した。
    今、俺はチソコを丸出しにしながら、あの琴美のすらりとした肉付きの良い足が履きつぶした上履きを舐めているのだ、と一方の上履きを咥えながらもう片方の上履きをチソコに擦りつけ、弄んだ。
    同時に琴美の寂し気な顔が連想され、俺の手の上下運動は音速を超え、琴美の上履きにチソコを擦りつけながら大量の白濁液をぶちまけた。


    77:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:01:20.32 ID:aqzjxMsW0
    その形跡をふき取る事もせず、何事もなかったかのように琴美の上履きを靴箱に戻し、俺はそそくさと帰宅して姫のパンツを監視する任務に戻った。

    ―翌日、俺は胸を高ぶらせながら学校へと向かった。
    リコーダーのように証拠隠滅をしたわけではなく、また帰宅後に冷静になって考えてみれば、大体の推測に基づいて大胆な行動に移った挙句、後処理を何も施していないのだ。
    だが、あくまでも琴美が白濁液で乾燥したカピカピの上履きで登校してくれる事を願った。

    俺は学校に到着すると、さり気なく琴美の靴箱を見て、琴美がまだ登校していない事を確認した後に、クラスへ向かい席に着き、何食わぬ顔で友達と他愛もない会話を楽しんだ。
    しかし、HRの時間が始まっても一向に琴美が登校してこない。
    少し心配していると、琴美が教室に入ってきた。
    俺はクラスの連中に習い琴美の姿に目をやり、、悟られないように足元を見た。

    なんと上履きではなく、スリッパを履いているではないか!


    79:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:02:48.87 ID:aqzjxMsW0
    しかも、遅れた理由が「保健室に行っていました」だと!?
    俺の心臓は激しく波打っていた。
    (これはやばいかも知れない。「スリッパ」「保健室」この二つのワードから推察するに、琴美が白濁液に塗れた上履きに気付き、保健室の先生に相談しにいった確率が高い・・・。)
    女子群に相談できないと高を括っていたものの―同じく担任に相談してイジメが発覚すると悪化するのが常である為に、担任に相談するという可能性も外していた―保健室の先生に相談するというケースは想定外だった。
    なんという不覚だ!
    俺は内心ビクつきながら、今日一日の様子を見守る事にした。


    81:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:04:39.29 ID:aqzjxMsW0
    結果から話すと、俺の心配は杞憂に終わった。
    少なくとも、問題は表面化しなかった。
    おそらく琴美は処女である。
    精子、という言葉は知っていたとしても、それが活動を終えた化学反応に対する知識など皆無に等しいはずだ。
    単純に、何か白い絵の具か何かで上履きを悪戯されたと思った程度だろう。
    仮に保健室の先生に相談しに行っていたとしても、先生は琴美の事を考えて「これは白濁液で汚されてるわね」などと安易な事は言えなかったはずだ。
    それに保健室の先生の優しい性格から推測すれば、問題が問題なだけに教師連に今回の出来事を提起するという事は避けたはずだ。
    いや、もしかすると琴美は気づいていたのかも知れない。

    何故なら、三日後琴美が学校に来なくなった。


    84:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:12:42.71 ID:aqzjxMsW0
    琴美の不登校が続いて四日目、俺は流石に心配になってきた。
    琴美が、ではない。

    俺の身に危険を感じたのだ。

    このまま琴美の不登校が続けば、もしかすると事を知っていると思われる保健室の先生が教師連に事実を話すかも知れない。
    そうなれば本格的な問題として、然るべき対処が取られる可能性がある。

    俺は第二の危機を回避する為の方法を思索した。


    85:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:13:55.91 ID:aqzjxMsW0
    先に語ったように当時の俺の表面的な交友関係は至極良好だった。
    そこで俺は、サッカー部のエースだった、女子に相当な影響力を持つ学年一の爽やか君に声をかけた。

    「俺のクラスに琴美って子がいるの知ってる?」
    勿論、知ってるけどどうしたの?

    「いや、実は彼女が今不登校になっててさ、俺さ、一か月前くらいに琴美がDQN子に怒鳴られてるとこ見ちゃったんだよね・・・」
    え?それってつまり、その事が原因で不登校になってるって事だよね?

    「俺も具体的な事までは分からないけど、多分それが原因じゃないかと思ってさ・・・少し心配してるんだよね・・・」
    なるほど、それで俺君は琴美ちゃんに気があるの?笑

    「そういうのじゃないって!ただ見ちゃったからさ、放っておくのも気が引けるというか・・・」
    ふーん(笑)まぁそういう事なら僕が琴美さんと女子達との仲介になってみてもいいよ。結果は保証できないけどさ。

    「本当かい!?君ならそういってくれると信じてたよ!ただ、くれぐれも俺の名前は出さないように頼むよ!女子群に反感を買うのは嫌だし・・・」
    まぁ俺君がそういうのなら・・・でも、今回の件が上手くいったら俺君が琴美ちゃんに近づくチャンスだと思うんだけどな~。

    「そういうのじゃないからいいんだって!よろしく頼むよ!」
    俺君は欲がないな~!OK、僕ができる限りの事はやってみるよ!

    俺はこの爽やかサッカー少年を今でも尊敬している。
    だが、やはりこの種の手合いは脳が筋肉でできているらしい。
    所詮、奴は下心とは無縁な男で、俺の下半身と直結した緻密な頭脳を理解できなかったのだから。


    86:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:17:26.14 ID:aqzjxMsW0
    先に語ったように当時の俺の表面的な交友関係は至極良好だった。
    そこで俺は、サッカー部のエースだった、女子に相当な影響力を持つ学年一の爽やか少年小林君に声をかけた。

    俺「俺のクラスに琴美って子がいるの知ってる?」

    小林「勿論、知ってるけどどうしたの?」

    俺「いや、実は彼女が今不登校になっててさ、俺さ、一か月前くらいに琴美がDQN子に怒鳴られてるとこ見ちゃったんだよね・・・」

    小林「え?それってつまり、その事が原因で不登校になってるって事だよね?」

    俺「俺も具体的な事までは分からないけど、多分それが原因じゃないかと思ってさ・・・少し心配してるんだよね・・・」

    小林「へー、それで俺君は琴美ちゃんに気があるの?笑」

    俺「そういうのじゃないって!ただ見ちゃったからさ、放っておくのも気が引けるというか・・・」

    小林「ふーん(笑)まぁそういう事なら僕が琴美さんと女子達との仲介になってみてもいいよ。結果は保証できないけどさ」

    俺「本当かい!?君ならそういってくれると信じてたよ!ただ、くれぐれも俺の名前は出さないように頼むよ!女子群に反感を買うのは嫌だし・・・」

    小林「まぁ俺君がそういうのなら・・・でも、今回の件が上手くいったら俺君が琴美ちゃんに近づくチャンスだと思うんだけどな~。」

    俺「そういうのじゃないからいいんだって!よろしく頼むよ!」

    小林「俺君は欲がないな~!OK、僕ができる限りの事はやってみるよ!」

    俺はこの爽やかサッカー少年を今でも尊敬している。
    だが、やはりこの種の手合いは脳が筋肉でできているらしい。
    所詮、奴は下心とは無縁な男で、俺の下半身と直結した緻密な頭脳を理解できなかったのだから。


    87:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:18:06.79 ID:aqzjxMsW0
    翌週、琴美が学校に顔を出した。
    例の二人やDQN子とも仲良さ気に話している。
    全く腹黒い奴らだ。
    腹の底では何を考えている事やら。
    俺は仲介を取り持ってくれたサッカー少年に一言礼を交わしておいた。
    彼の事だ、女子連はおろか、男子にさえ今回の裏事情は話さないだろう。
    それが彼一流の友情であり、秘密の共有者という関係に満足を覚えているオナヌー野郎なのだ。

    それに琴美が女子達に上履きの件を話す可能性はゼロに近い。
    この際、犯人が誰であろうと琴美には問題ではあるまい。
    何故なら、改善した交友関係を過去をほじくり返す事で悪化させるという危険を琴美は全力で避けるはずである。
    元より、女子連は白濁液上履き事件の存在を知りさえしないのだから、その話題は永久に闇に葬られる事だろう。

    俺の記憶と琴美の心を除いては・・・

    (こういう事を秘密の共有というのだ。脳が筋肉で構成されている野蛮人には一生理解できないだろうがな!)俺は心中で小林君の悪態を付きながら、琴美達の微笑ましい光景を眺めていた。


    89:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:22:10.30 ID:5DAN7+nq0
    エ口はある?


    92:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:30:01.60 ID:aqzjxMsW0
    >>89
    書き溜め終わりかけてるからパンツを脱ぐタイミングはお前に任せる


    90:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:25:03.39 ID:tK5qmivk0
    続きはやくはやくー


    91:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:28:18.63 ID:aqzjxMsW0
    香里と琴美の話は以上である。
    彼女達とは中学校を卒業して以来、一度も会っていない為に後の事は全く知らない。
    強いて言えば、卒業アルバムにエ口本の切り抜きを貼り付け、既に話した回想と共に数十回オカズにした程度だ。

    脇役の事は忘れ、ヒロインである姫の話に戻ろう。


    93:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:30:55.96 ID:aqzjxMsW0
    本題はここからだ。

    物語は全て姫から始まり、姫に終わる。

    はっきり言って、秋を過ぎるまでは何もなかった。
    というより、受験前という事もあり、例外なく俺も必死に受験勉強に専念せざる負えなかった為だ。
    勉強、勉強、勉強に明け暮れる毎日で、夏休みも瞬く間に過ぎて行った。
    だが、夕方になると姫のパンツを監視する任務だけは忘れなかった。

    そのようにして舞台は一気に秋へ移行する。
    懸命に鍛錬した甲斐も虚しく、姫のパンツを救出する任務は結局実行に移せなかった。
    俺はどうしても諦められなかった。
    夜な夜な受験勉強の合間を見つけては外に出て、寒さに震えながら姫の家に灯る明かりを眺め、姫が羽根を伸ばす姿を妄想していた。

    そして十月の終わり、冬の風が肌に染みる頃、俺に一大転機が訪れた。

    姫との接触が叶ったのだ・・・


    95:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:36:43.82 ID:PigpL6bo0
    追いついた…コレは稀に見る変態の歴史ですね


    96:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:38:16.44 ID:aqzjxMsW0
    毎朝めざましTVの占いと天気予報を見てから通学するのが日課だった俺は夕方から雨が降るという情報を得て傘を持って学校へ向かった。
    予報通り下校時刻になると雨が降り始めたが傘を準備してきていた俺は悠々と傘を広げ学校を後にしようとしていた。
    流石の脳筋運動部達も毎秒ごとに強くなる雨に負けて今日は部活を中止にして帰るようだ。
    半分くらいの生徒は傘を持ってきていなかったらしく、鞄を頭に抱えて急ぎ足で学校を後にしようとしていた。
    走り去る生徒達を横目に脳筋共は天気予報もチェックしていないのかと嘲りながら俺は鼻歌混じりに学校を後にした。
    帰路も半分に近づいた時、一人の女子生徒が鞄を頭にビショ濡れになりながら俺の横を走り去過ぎていった。

    しかし、その後姿には見覚えがあった。


    98:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 14:43:56.55 ID:aqzjxMsW0
    色素の薄い茶色がかったセミロングの髪の毛に小柄の体系・・・
    「間違いない!あれは姫だ!傘を持ってきていなかったのか!?いや、そんな事より誰か傘を貸してやる奴はいなかったのか!俺の姫だぞ!姫が雨に濡れて風邪でも引いたらどうするんだ!」
    俺は心無い生徒達に憤りを感じながら姫を追いかけようと駆けだそうとした。
    だが、俺は臆病風に吹かれ駆けだそうとした足にブレーキをかけた。
    そうだ・・・
    俺は小学生以来、引っ越しの挨拶以来一度も姫と話した事すらないではないか・・・
    いくら口実があるとはいえ、姫が俺にどういう印象を持っているかも分からない。
    もし、断られたらネガティブな思考に襲われて三日間は寝込んでしまうかも知れない。
    俺は雨に濡れている姫に傘さえ差し伸べられないのか・・・
    そうして自分の不甲斐なさに嘆き、俯きながらドボトボと歩みを再開した。


    99:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:00:43.23 ID:aqzjxMsW0
    もうすぐ家に到着する目印である姫の家と俺の家の間に設けられた自動販売機が見え始めた。
    俺は消沈気味に自動販売機を眺めながら歩を進めた。
    よくみると姫の家の前に誰かが立っている。
    近づくにつれ予感は現実となり、なんと姫が自宅の前で雨に濡れながら立ちぼうけている。

    (なぜ家に入らないんだ?)

    気になって仕方なかったが、やはり声をかけることができずに俺は姫の前を通り過ぎ帰宅した。

    しかし、部屋に戻ってからもなぜ姫が家の前で立ちぼうけていたのかが気になって落ち着かない。
    何か家に入れない理由があるのだろうか?
    少しだけ見に行ってみるか・・・
    俺は傘を取り自動販売機へジュースを買いに行く口実を作り家を出た。


    100:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:01:56.11 ID:aqzjxMsW0
    傘を広げ、姫の家の方向へ向う。
    わずか十メートルの距離、隣家と自宅の間に備え付けてある自動販売機を越えれば結果が分かる。
    この十メートルが何光年の距離にも伸びているような錯覚に陥りながら、戦場に向う兵士のような気持ちでその距離を着々と縮めた。
    いよいよ自動販売機の前に差し掛かり、最後の難関を踏み越えた・・・
    いた!
    まだ姫がいる!
    これは絶対におかしい。
    姫は俺の先を走り去ったが、俺はその後ろを重い足取りでトボトボと帰宅したのだ。
    玄関で待機した五分を合算すると優に15分は家の前で立ちぼうけている事になる。
    何か家に入れない理由があるのだ!
    誰が見ても心配して当たり前の状況だ!
    加えて会話がなかったにせよ俺は同じ中学に通う生徒であり、何より隣人なのだ!
    声をかけるなら今しかない!
    俺は一生分の勇気を振り絞って、姫に声をかけた。


    101:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:05:16.84 ID:aqzjxMsW0
    俺「ひ、ひ、姫さんだよね?隣の家に住んでるおお俺です」

    姫は苦笑交じりに、でも微笑むように可憐な唇を開いた。

    姫「俺さんですよね。隣人ですもん、知ってますよ(笑)」

    姫が俺だけの為にその可愛らしい囀りに似た声を聴かせてくれている・・・そう思うだけで全神経が官能に支配され始めていたが俺は次の言葉を振り絞った。

    俺「あ、あの・・・なんで家に入らないの?」

    姫「あー実は締め出しくらっちゃって・・・でも大丈夫です!もうすぐお母さんも帰ってくると思うし!心配してくれてありがとう!」

    俺は決死の覚悟で姫に次の言葉を返した。

    俺「いや、でも雨やみそうにないし・・・もしあれだったら俺の家でお母さんが帰ってくるまで雨宿りしてもいいですよ!いや、寒そうだし、いや無理にとは(ry」

    半パニック状態で意味のない否定を繰り返していると―

    姫「うーん、じゃあお願いしてもいいですか?実は制服もズブ濡れで凄く寒かったんで本当に助かるから・・・」

    俺は耳を疑った・・・姫が!天使が俺の家に!

    あまりの感動にその場で数十秒から放心していた。


    102:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:06:57.18 ID:aqzjxMsW0
    姫「あの?俺さん?」

    俺「あ、ご、ごめんね!じゃあ行こっか!」

    俺は姫を自分の傘に入れて家へ向かった。

    凄くいい匂いがした。
    雨に濡れて肌にはりついた髪にやたら色気を感じた。
    何よりこんなに近くで姫の顔を見たのは初めててだった。
    切れ長の目にやや小ぶりの整った鼻、血色のよいぷっくりした唇。
    色素が薄い為に瞳は茶色で肌は透き通るような白さで手のひらで覆ってしまえそうなほど小さな顔、俺は横目でチラチラと姫の横顔を眺めながらその美貌を目に焼き付けながら歩いた。

    家に到着するとすぐに姫にバスタオルを渡した。

    俺「風邪引くといけないからこれでちゃんと拭いた方がいいよ!」

    姫「本当にありがとう><」

    姫が家に来た事で有頂天になっていた俺はあろう事にも無謀な善意を思いついた。

    俺「あ、あのさ、もしあれだったらシャワー使ってもいいよ!風呂場は一回にあるし、俺は二階の自分の部屋で待ってるから上がったら呼んでくれたらいいし!」

    姫「え・・・?」

    俺「いや、そういうのじゃなくて!ほらズブ濡れだし!いや風邪引くといけないから、そうだ、それにもうすぐ俺の親も帰ってくるから!いや本当にそういうんじゃ(ry」

    姫「分かってますよ(苦笑)じゃあ本当にシャワー借りちゃってもいいんですか・・・?」

    俺「もちろん!じゃあ俺は二階に行くし、あ、バスタオルはそこで風呂場はここね!じゃあ俺二階で待ってるから上がったら呼んでくれればいいから!」

    姫が風呂場の扉を開ける音と同時に俺は背を向けて二階に駆け上がった。


    103:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:07:41.10 ID:jlYRvXyY0
    パンツぬいだ


    104:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:09:16.74 ID:aqzjxMsW0
    自室に戻った俺は感激に咽び床に膝をつきながら天を仰ぎ神に感謝を捧げた。

    「あの姫が俺の家の浴槽に!神は俺を見捨てはしなかった!もう死んでも悔いはありません!」

    ところがなんの皮肉が「悔い」というワードが心の奥底で黒く渦巻き始め、悪魔が囁き始めた。

    「お前は悔いはないと言ったが本当にそうか?お前が三年間追い求めたものが何かを忘れたのか?あの血の滲むような努力は全て今日この日の為だったのではないか?お前が本当に欲しいものは何だ?」

    気が付けば俺は例のダミーパンツが隠してある押し入れに血走った視線を注いでいた。


    105:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:15:16.46 ID:P05fewRnO
    やめとけ中学生の>>1!!
    俺のパンツならやるから!!


    106:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:16:16.07 ID:0GEhs47M0
    そういうことかwww


    107:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:23:16.90 ID:aqzjxMsW0
    ここ一ヶ月の監視によると、この四種のダミーパンツの中に今日姫が履いているパンツがある可能性は十分にある。
    もし・・・もし脱衣所のパンツがこれらのダミーパンツと別のものだった時は・・・潔く諦めよう。

    俺は四枚のダミーパンツをボケットに詰め込み忍び足で階段を下りた。
    洗濯パンツ救出作戦の為に鍛えられた忍び足が思いがけぬ所で役に立った。
    全ては収束へ向かう必然だったのだ。

    俺の家は中庭があり、中庭は全てガラス窓で囲まれていて風呂場のスリ窓が階下の中庭から見える形になっている。
    浴室に目を凝らすと姫はまだシャワーを浴びている様子だ。

    俺が二階に上がってダミーパンツを確認していた時間が三分、風呂場までの距離に三十秒、風呂場の扉は音をたてないよう慎重に開閉しなければいけないから一分はかかる。
    脱衣所で姫のパンツを確認してダミーパンツとすり替えるのに一分弱、全てを三分以内に終わらせねばならない。

    俺ならやれる!

    俺は忍び足で風呂場へ急いだ。


    109:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:29:35.06 ID:aqzjxMsW0
    脱衣所前に辿り着いた俺は細心の注意を払いながら扉を開けた。
    冷たい脇汗が絶え間なく流れ、心臓が激しく鼓動して張り裂けそうになっていた。
    浴室からはシャワーの音がしている。
    まだ姫が上がってくる様子はない。
    今しかない!
    俺は脱衣所を見回した。

    ない!

    姫のパンツがない!

    目の前が真っ暗になった。
    姫は予感していたのだ。
    俺に邪な気持ちがあり、パンツを盗もうとしていると思い浴室にパンツを持ち込んでいるんだ・・・
    俺はあまりの落胆にその場に崩れ落ちそうになった。


    110:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:32:04.06 ID:veuotMBN0
    ざまあwwww


    111:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:47:04.99 ID:dlMU6yhD0
    まじかよwww


    112:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 15:49:00.20 ID:KcVKY3XW0
    これがホンモノか・・・


    115:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:13:33.19 ID:aqzjxMsW0
    いや、まだ諦めるのは早い・・・
    俺は祈るように姫の制服を持ち上げた。

    あった!
    姫のパンツは制服の下に隠されていたのだ!

    しかし、感激している暇はない。
    俺は急いでパンツの柄、形状、質感を確認した。
    いける、いけるぞ。
    淡い紫をベースに小さく白花が散りばめられたキティちゃんパンツだ。
    これならダミーを持っている!
    姫のパンツを反対のポケットにひねり込み、取り出したダミーパンツを置いてあったのと同じ形に置き、制服を被せて慎重から脱出し、忍び足で自室へと帰還した。


    116:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:15:19.94 ID:jzaXXIndP
    成功したのかよwww


    117:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:27:10.22 ID:QpYvaIxL0
    凄い文才だな


    118:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:27:34.25 ID:aqzjxMsW0
    自室に戻った俺は思わず高笑いした。
    やった・・・やったのだ!
    悲願は達成された!俺は勝利したんだ!
    俺は勝利の興奮と、姫のパンツを手に入れた興奮で発狂寸前だった。
    まだ温もりのある姫のパンツは生々しく、俺はおもむろにパンツの匂いを胸いっぱいに吸い込んだ。
    仄かに甘い香りがする。
    細く黄色い線が申し訳ない程度にクロッチに染みついていた。
    ここに来て俺は理性を保てなくなりつつあった。
    一度深呼吸をしてから、ソムリエのようにクロッチに鼻をつけぬよう2cm程離した距離で匂いを嗅いだ。
    仄かにアンモニアの匂いがしたが、姫の汗の匂いが甘い為がふたつの匂いが入り混じり絶妙な香りを醸し出していた。
    俺は恍惚のあまりそのまま思考を停止し、ずっと姫の恥ずかしい香りに酔っていた。
    姫のパンツと俺以外の時間は全て止まっているように思えた。
    物音一つ聴こえない―あれからどれくらいの時間が経っただろうか。

    その時、階下から声が聞こえた。

    ?「・・・さーん」

    姫「俺さーん?」

    俺はエビのように1m程後ろにはね跳び、姫がまだ家にいる事を思い出した。
    しどろもどろの返事をしながら学習机の鍵付き棚に姫のパンツを放りこみ、俺は急いで階下へ下りた。


    143:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 19:08:38.68 ID:DTy7mStY0
    >>118
    >細く黄色い線が申し訳ない程度にクロッチに染みついていた。

    これはうんこ線ということでおk?


    144:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 19:14:47.35 ID:8+k3Ukwe0
    >>143
    童貞乙


    120:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:38:33.14 ID:KcVKY3XW0
    なんだ釣りか


    124:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:43:40.92 ID:aqzjxMsW0
    >>120
    嫉妬すんなよ
    好きな子のパンツ手に入れた事ないからくやしいんだろ?


    121:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:39:18.23 ID:wVAujikx0
    青いねぇ


    122:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:39:43.54 ID:ORaEd9440
    その湧き出る性欲一体なんなんだ


    123:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:42:30.18 ID:aqzjxMsW0
    俺は興奮を鎮め出来る限りの平常心を装いながら姫と対面した。

    俺「すっきりした?居間にストーブを焚いておいたから暖まった方がいいよ」

    姫「はい・・・」

    姫は恥ずかしそうに俯きながら返事をした。

    その様子を見た俺は(もしかすると姫は俺の優しさに惚れてしまったのかもしれない)と心を弾ませ、姫を居間に案内した。
    居間に入ると俺は姫に座布団を用意して、母親が買っていた最高級のダージリンティーを淹れて姫に渡した。
    何やら姫が落ち着かない様子で足をモジモジさせている。
    時折上目遣いでこちらを見て、俺と目が合うと急いで目を逸らす。
    (これは惚れたな・・・しかし焦りは禁物だ)
    俺は優しく誠実な隣人の先輩でありやましい気持ちで姫のような天使に近づいたわけではないんだよという微笑みで姫を眺めていた。
    すると姫が急に立ち上がった。

    姫「あ、あの俺さん、そろそろお母さんが帰ってくると思うので帰ります!今日は本当にありがとうございました//」

    俺「え?あ、うん、そうだね!そろそろお母さんも帰ってきてるかもしれないね!玄関まで送るよ!」

    外は小雨まで落ち着いていたが濡れるといけないからと言って傘を渡し、姫を玄関から見送り届けた。


    125:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:45:34.03 ID:QpYvaIxL0
    この展開は!?


    126:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:46:02.51 ID:jzaXXIndP
    いよなやかん


    127:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:51:37.77 ID:pN5snmKn0
    BATEND直行便乗ったな


    128:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 16:52:30.56 ID:aqzjxMsW0
    姫が帰った後は自室に戻り、引き出しから姫のパンツを取り出した。

    「これは一生の宝物だ・・・大切にしよう」

    緊張が解けると抑えていた性欲がフツフツと沸き立ち始めた。
    しかし、どうやってオカズにしようか?
    あまり俺の手に触れると姫のパンツの鮮度が落ちてしまう。
    チソコに擦りつけるなんてもっての他だ。

    俺はインスピレイションに打たれ、台所に駆け下りナイロン袋を片手に自室に駆け戻った。
    姫のパンツをナイロン袋に入れ、シンナー少年のようにその香りを嗅ぎはじめた。
    アンモニアと姫の汗が入り混じった香りは瞬く間に俺のチソコを屹立させ、その香りで何度も何度も白濁液を放出した。
    三度くらいの射精でようやく満足した俺は、夕飯と風呂のルーティンワークを済ませ、姫のパンツを手に入れただけではなく、もしかすると姫と付き合えるかもしれないという空想をたくましくさせながら心地よい夢の世界に没入しながら、眠りに就いた。


    129:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 17:15:09.46 ID:aqzjxMsW0
    翌朝の気分はすがすがしく、もしかしたら今日にでも姫から校舎裏に呼び出されて告白されるかもしれないぞと思いながらスキップ調で登校した。
    クラスメイトの笑顔が眩しかった。
    昼休みに小林君がグラウンドでシュートを決めた時は君は将来のサッカー界のホープだな、と独りで呟いたりした。
    琴美が女子達と笑顔で話しているのを見て心からの世界平和を願ったし、気分が良かったから杉山君に万歩計デジモンをあげたりもした。
    もしかすると下駄箱にラブレターなぞ入っているのではないかと二度確認したりもした。
    しかし、その日は学校では何もイベントは起こらなかった。
    (まぁ学校で告白っていうのも勇気がいるものだし、姫も恥ずかしがっているんだろう)
    俺は姫の為ならいつまでもその時を待とうと心に決めながら下校時間まで過ごした。

    終礼が終わると、今日は姫のパンツでどんなオナヌーをしようかと心を高鳴らせながら早足に下校した。


    130:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 17:28:21.36 ID:aqzjxMsW0
    帰宅した俺は早速自室に篭り、姫のパンツを取り出した。
    昨日と同じように最初はナイロン袋に入れて匂いを嗅ぐだけで我慢していたが、一日経過した姫のパンツの匂いは蒸せ変えるような芳醇な甘い匂いになっており、どうしても我慢できなくなり、ナイロン袋からパンツを取り出した。

    目を瞑り、先日の姫の恥ずかしそうに俯いた顔を思い出しながらクロッチの黄色い筋に舌先を這わせた。
    甘酸っぱい香りが腔内から鼻孔へと充満してゆく。
    俺は興奮極まり一心不乱にクロッチを舐め、染みこんだ姫の体液を一滴残らず吸い尽くす勢いで貪った。
    口の中に甘酸っぱい匂いの余韻が残る内に姫のパンツを床に広げ、姫の裸体のイメージと重ね合わせながら猛烈な勢いでチソコをしごいた。

    ここで悲劇が起こった・・・

    なんと暴発した白濁液が姫のパンツに飛び散ってしまったのだ。

    俺は獣のように慟哭を上げた。
    自分のおこした過ちに激しい怒りを覚え、床に頭を叩きつけ続けた。


    132:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 17:44:49.18 ID:aqzjxMsW0
    痛さで落ち着きを取り戻し、俺はポジティブさを取り戻した。
    「悲しみに暮れる必要なんてない!もうすぐ姫のパンツだけではなく姫そのものが俺のものになるんだ!思い存分姫のパンツでオナヌーをすればいいじゃないか!」

    俺は早速母親の部屋から全身鏡を自室まで運びだし、部屋に設置した。
    姫のパンツを履いた自分を眺めながらオナヌーをしようと目論んだのだ。
    姫のパンツは思った以上に小さく、俺が履くとはち切れんばかりにパツパツになった。
    チソコが収まりきらなかったので、左太ももの方から出す形にした。
    今まさに姫の可愛らしいお尻を包んでいたパンツを自分が履いているのだと思うだけで射精ものの興奮だったのだが、その姿を全身鏡で見るともはや絶頂ものの興奮に包まれた。
    俺は姫のパンツを履いた自分を眺めながら無我夢中でチソコをしごき始めた。
    なんという背徳感こんな快楽がこの世に存在してもいいのか。
    俺は姫の名前を呼びながらチソコをしごき続けた。
    熱いものが込み上げてまさに火山が噴火するすんでの時―

    ピーンポーン

    と耳障りな音が響いた。

    「クソが、姫と俺の時間を邪魔するなんてなんて無神経な奴なんだ」

    俺は激しい憤りを感じたがチャイムを無視して再び快楽の時間にに没入した。

    ピーンポーン

    再びチャイムがなり、興奮が冷めかけた為に文句を言ってやろうと俺は姫のパンツを履いたままインターフォンへ向かった。


    133:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 17:48:02.65 ID:jzaXXIndP
    オワタ


    135:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 17:51:37.09 ID:yisjPHf1P
    おい!
    続きはよ


    137:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 17:55:19.22 ID:XYbnBolS0
    変態性も然ることながら文章力が並外れてるな


    138:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 17:56:20.72 ID:hoPYBccK0
    ただのニートの可能性もあるんじゃね


    139:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 17:56:24.64 ID:QpYvaIxL0
    あかん ドキがムネムネするw


    140:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 18:09:35.75 ID:8+k3Ukwe0
    やっと追いついた


    141:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 18:18:50.06 ID:RJ8jym+i0
    姫が今の嫁っていうオチに期待


    142:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 19:02:52.74 ID:6R/fihAZP
    期待


    145:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 19:20:53.96 ID:aqzjxMsW0
    ふぅ


    146: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】(2+0:8) 【Dnews4viptasu1357828654123643】 :2013/07/26(金) 19:40:24.90 ID:8+k3Ukwe0
    >>145
    おいwwwww

    はよ続きたのむわ


    147:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 19:41:41.27 ID:aqzjxMsW0
    インターフォンに映った姿を見て俺は驚愕した。
    傘を手にした姫が立っているではないか!
    そうか!
    人目につく学校で話しかけるのは恥ずかしいから傘を口実に告白をしに来たに違いない!
    俺はニヤつきながらインターフォンに出た。

    姫「あ、隣の家の姫ですが・・・俺君はいらっしゃいますか?」

    俺「俺、俺だよ姫さん!今すぐ下りるから待っててね!」

    姫「あ、はい・・・」

    (君を待たせはしないよ、俺の姫」
    俺は急いで部屋に戻り学生ズボンを履き、足を絡ませながら階段を駆け下りた。
    「お待たせ」と声を弾ませながら玄関の扉を開けた。
    今日も姫は可愛い。

    姫「あ、これ・・・昨日はありがとうございました//」

    俺「全然いいよ!返さなくても良かったのに!」

    姫「いえ、借りたものですし・・・」

    俺「わざわざありがとね」

    俺は満面の笑みで傘を受け取った。
    傘を返したのに姫が立ち去る気配がない。
    (くるか・・・俺はいつでも準備OKだよ姫)

    姫「あの・・・」

    顔をあげた姫と視線が合うと、姫は急いで目を逸らす。
    (なんていじらしいんだ、告白をされたら言葉ではなく抱きしめよう、そうしよう)

    姫は決意したように俺の目を真っ直ぐに見て、言った。

    姫「あの・・・昨日お風呂を借りた時に何かしませんでしたか?」

    昨日お風呂を借りた時に何かしませんでしたか?

    昨日お風呂を借りた時に何かしませんでしたか?

    昨日お風呂を借りた時に何かしませんでしたか?


    148:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 19:49:24.55 ID:6R/fihAZP
    ばれたんか


    149:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 19:53:24.53 ID:QpYvaIxL0
    うわああああああああああ


    150:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 19:54:49.47 ID:aqzjxMsW0
    姫の放った言葉が俺の頭の中でリフレインする。

    現実乖離が起こったように最初は姫が何を言っているのか理解できなかったが、脳内でリフレインする言葉と姫の刺すような視線が現実を知らせる。
    言葉の意味を理解した瞬間で体から血のが引いてゆき脇から冷たい汗が滝のように流れ始めた。
    まるで姫の視線が針にでもなったように俺の目に刺さり生々しい痛ささえ感じた俺は思わず目を逸らした・・・逸らしてしまった。

    姫の顔はみるみる紅潮してゆき、幻滅と軽蔑が入り混じったように眉をしかめ、まるでゴミを見るような目つきで「あなたは最低です」と言い放ち、傘を地面に叩きつけて走り去っていった。

    俺はその場で呆然と立ち尽くしていた。


    151:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 20:02:00.67 ID:8+k3Ukwe0
    わああああああ


    152:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 20:06:40.41 ID:QpYvaIxL0
    これはあかん あかんでえ


    153:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 20:07:08.68 ID:hAoBOM+L0
    ばれちゃったか…


    154:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 20:09:17.10 ID:XW6v9l410
    ズボンを脱げば良かったのにwww



    155:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 20:12:57.86 ID:aqzjxMsW0
    気が付くと部屋に座り込んでいた。

    なぜだ、なぜ勘付かれたんだ。
    ダミーパンツとすり替えた時は物音一つ立てずに疾風の如くやってのけたという確信がある。
    俺の作戦は完璧だったはずだ。
    この作戦を実現させるべく八ヶ月前から準備を整えた。
    毎日姫のパンツを小型望遠鏡で監視して、形状と柄を完璧に覚え、全く同じものを買ったはずだ。
    帰宅後はローテーションでダミーパンツを履き、使用感を出す為に着用後の洗濯もかかさずやった。

    ローテーションでダミーパンツを履き、使用感を出す為に着用後の洗濯もかかさずやった?

    俺は重大なミスに気付いた。

    考えられるミスは三通りある。三通りもあった。

    第一に、ついさっき姫のパンツを着用した際、姫のパンツはとてもキツくて俺が履いた時には姫のパンツはパツパツに伸びていた。
    いくら洗濯で縮むとは言え、ダミーパンツを繰り返し履い事でパンツのサイズが一回り大きくなっていた可能性が高い。

    第二に、洗濯だ。パンツが伸びていなくとも、俺の家の洗濯洗剤と姫の家の洗濯洗剤が同じものとは限らない。
    むしろ違う可能性の方が高い。
    匂いも違ったはずだ。

    第三に、姫はあの日雨でズブ濡れになっていた。
    俺が首尾よく姫のパンツをダミーパンツと取り換えた際に、姫のパンツは確かに若干湿っていた。
    姫がシャワーから上がってパンツを手に取った時に湿っていたはずのものが乾いているのはおかしい。

    俺は自分の浅はかさに頭を抱えてうずくまった。


    156:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 20:26:14.20 ID:aqzjxMsW0
    この三年間姫と姫のパンツを見守り続けた記憶、姫と話した永遠であり一瞬のような時間、全てが走馬灯のように頭の中でぐるぐると回り始めた。

    その時、映像がある場面で停止した。
    姫がシャワーからあがって居間の座布団で一緒に過ごした場面だ。

    あれは何だったんだ?
    少なくともあの時点では俺がダミーパンツと姫のパンツをすり替えた事に確信はなく、姫の中でもそれはまだ小さな疑念の段階だったはずだ。
    しかし、どうだろうか?
    もし、あの時点でパンツに違和感を感じていたのなら、もしかするとパンツがすり替えられている事に勘付いていたのなら、果たしてそのようなパンツを姫は履くだろうか?
    あの居間での恥ずかしがっている様子、足をモゾモゾとさせていた理由が俺への恋情を隠すための恥じらいでなかったのならば・・・おそらく姫はあの時パンツを履いていなかったのではないか?
    という事は姫はノーパンで座布団の上に座っていたのではないか?
    俺は目の前の現実から逃げ、階段を駆け下り、居間から昨日姫が座っていた座布団を片手に部屋へ舞い戻った。


    157:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 20:43:24.64 ID:kI2guN3K0
    おい!そこかよw


    158:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 20:47:34.47 ID:QpYvaIxL0
    ええええええええ


    159:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 20:48:29.39 ID:aqzjxMsW0
    俺は姫のマソコが触れていたであろう座布団の一点に接吻をした。
    するとみるみる内に先程まで全身から引いていた血がチソコの一点に集中し始め、おもむろにズボンを脱いだ。
    俺は姫のパンツを履きながら、先ほど姫と話していた事にその時始めて気付いた。
    俺は姫のパンツを履きながら、姫にゴミを見るような目で最低だと言われたのか・・・
    歪んだ性的興奮に包まれ始めた俺は完全に開き直った。

    姫のパンツを脱ぎ、チソコにそれを巻きつけ、座布団に鼻をうずくめながら四つん這いの格好で俺はチソコは激しく擦り始めた。
    姫が友達たちと話しながらあどけない笑顔を浮かべているのを思い出しながら一度目の白濁液で汚した。
    雨に濡れた姫が俺に話しかけられた時に見せた寂しそうな笑顔を思い出しながら二度目の白濁液で姫のパンツを穢した。
    姫が居間で見せた恥じらいの上目遣いの表情を思い出しながら三度目の白濁液で姫のパンツを蹂躙した。
    姫が俺を最低だと罵ったゴミを見るような目つきの姫の表情を思い出しながら四度目の白濁液で姫のパンツを凌辱した。

    四度目の射精を終え賢者タイムに入った俺は、これから起こるであろう絶望的なビジョンに震えながら夕飯も食べずに眠りに就いた。


    160:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 20:50:43.90 ID:JXlhs3zu0
    あーあ


    161:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 20:52:58.67 ID:nMR2jxTq0
    開き直るを選べるとはなかなか


    162:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 20:59:32.93 ID:aqzjxMsW0
    結論だけ言うとこの件は学校の噂などにはならなかった。

    姫の家の両親と俺の家の両親で会議が行われ、姫の両親が高校受験を控えていた俺に情けをかけてくれた事と、今後一切姫に近づかないという条件でこの一件は収束した。

    しかし、姫がいつ誰にこの一件を話す時がくるだろうと想像すると気が気でなかった。

    俺は今まで姫のパンツに注いできた熱意を全て勉強に注ぎ込み、別県の進学校に合格し、親戚の家に居候しながら新たな学生ライフを過ごす事となった。

    当然ながら万が一を考慮し、同窓会には一度も行った事はない。

    The end


    167:名も無き被検体774号+:2013/07/26(金) 21:28:56.19 ID:NqSe8lbC0
    これを読んだ女子の意見が気になる
    男の俺でもドン引きだから、女はまじヤバそう


    ※次スレ
    性欲のせいで初恋が台無しになった 2

    元スレ:性欲のせいで初恋が台無しになった
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1374807118/


    友達「タイ人嫁を貰った結果wwwwwwwwwwwww」

    【画像あり】中川翔子さんが黒髪にした結果wwwwwwww

    セブンイレブンのレジ袋が破れたんだが

    LINEでハブられごっこするの楽しすぎwwwwww






    キニ速の全記事一覧

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    人気記事ランキング

      おすすめサイト最新記事一覧

      コメント

      1.気になる名無しさん2013年07月27日 00:56  ▽このコメントに返信

      放課後の学校で掃除用具入れの中に入ってオナヌーしたなー

      2.気になる名無しさん2013年07月27日 00:58  ▽このコメントに返信

      長い 3行で

      3.気になる名無しさん2013年07月27日 01:07  ▽このコメントに返信

      長過ぎワロタ

      4.気になる名無しさん2013年07月27日 01:08  ▽このコメントに返信

      何変態披露してるんだよ。
      そんな大事な事は普通はかいしゃのかいぎちゅうに言えばいいことだろ。
      ミーティングの場でどんどん己が変態をしっかりPRしていかないと。
      さらけだした自分をアピールするのって重要なことだよ。
      よい事も悪い事もそして変態の性癖もしっかり余す所なく披露する。
      その姿勢が一番大事なんだよ。

      5.2013年07月27日 01:11  ▽このコメントに返信

      長い

      6.気になる名無しさん2013年07月27日 01:15  ▽このコメントに返信

      文才あるなー。面白かった

      わりと共感できる

      7.気になる名無しさん2013年07月27日 01:17  ▽このコメントに返信

      iya,maa,warawasetemowaimasitaww

      8.気になる名無しさん2013年07月27日 01:19  ▽このコメントに返信

      しょぼい

      女変態仮面に育て上げてこそ一流

      9.インキン小僧2013年07月27日 01:19  ▽このコメントに返信

      インけいと
      キンたまがついてるかぎり
      この性癖からは抜け出せない
      ぞ!
      うぃるすみすのこども生意気

      10.気になる名無しさん2013年07月27日 01:19  ▽このコメントに返信

      悪の華が咲いたな

      11.気になる名無しさん2013年07月27日 01:23  ▽このコメントに返信

      なげー
      小学5年、まで読んだ

      12.気になる名無しさん2013年07月27日 01:35  ▽このコメントに返信

      長すぎ

      同窓会には一度も

      まで読んだ

      13.気になる名無しさん2013年07月27日 01:35  ▽このコメントに返信

      長すぎ。

      14.気になる名無しさん2013年07月27日 01:38  ▽このコメントに返信

      読んでないけどいくら性欲真っ盛りの中学生でも、度が過ぎた性欲あるなら、
      先祖に朝鮮人の血でも入ってないか調べた方がいいんじゃね?
      在日とまでは言わなくても、何代も前に入ってそう。

      15.気になる名無しさん2013年07月27日 01:43  ▽このコメントに返信

      世界よこれが日本だ

      16.名無し2013年07月27日 01:46  ▽このコメントに返信

      管理人ごめん、びっぷらと分かった時点で大抵の人は読まないんだわ

      17.気になる名無しさん2013年07月27日 01:48  ▽このコメントに返信

           _人人人人人人人人人人人人人人人_
           >     わりとどうでもいい      <
            ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^Y^ ̄
                     ヘ(^o^)ヘ 
                        |∧   
                       /

      18.名無し2013年07月27日 01:52  ▽このコメントに返信

      面白かった
      文上手いなー

      19.名無し2013年07月27日 01:54  ▽このコメントに返信

      文は面白かったから全部読んだが創作はSSスレでSSとしてやれって感じ

      妄想以外で美人は乱立しないし
      前半の計画性のある行為に比べて後半が適当すぎる
      本当に計画性があったり用心深い人間は〜し忘れるとかのミスはしない

      20.気になる名無しさん2013年07月27日 02:02  ▽このコメントに返信

      他人だとは思えないなー

      21.気になる名無しさん2013年07月27日 02:03  ▽このコメントに返信

      感動した

      22.気になる名無しさん2013年07月27日 02:05  ▽このコメントに返信

      凄い性欲だな…中2の俺でもドン引き…女子はもうドン引き超えて呆れるレベルなんだろうな…

      23.気になる名無しさん2013年07月27日 02:07  ▽このコメントに返信

      ※14
      何につけても朝鮮人朝鮮人・・・
      この変態スレには全く関係ないっていうのに・・・
      お前と朝鮮人ってヘタしたら運命共同体なんじゃねえの?

      24.気になる名無しさん2013年07月27日 02:18  ▽このコメントに返信

      ※16
      嘘はいけないな

      25.名無し2013年07月27日 02:23  ▽このコメントに返信

      1ページ目で25ページあると知ってやめた。面白そうな文だと思ったけど長すぎ。

      26.気になる名無しさん2013年07月27日 02:29  ▽このコメントに返信

      サンキューヒッメ
      性欲って怖いね(ニッコリ

      27.2013年07月27日 02:32  ▽このコメントに返信

      上履きに白色沈殿のある水が入っていたことがある。数回。
      たんや鼻水かと思っていた
      引くと言えば引くが、いじめより余程ましだ

      28.2013年07月27日 02:32  ▽このコメントに返信

      長い
      汚い
      最低

      所詮小さい汚土股

      29.気になる名無しさん2013年07月27日 02:33  ▽このコメントに返信

      文才ありすぎWWW

      30.気になる名無しさん2013年07月27日 02:40  ▽このコメントに返信

      文才ありすぎて最後まで読んでしまったじゃないかw

      31.名無し2013年07月27日 02:48  ▽このコメントに返信

      文才あるなあ

      32.Nmn2013年07月27日 02:49  ▽このコメントに返信

      なにこいつ ありえん…マジで女子かわいそう…こういう他人に迷惑かける奴はしね

      33.名無し2013年07月27日 02:49  ▽このコメントに返信

      俺も中学生の頃は性欲が旺盛過ぎてやらかした口だから共感できるわ

      34.にし2013年07月27日 02:53  ▽このコメントに返信

      文才あるし中学生のわりに頭働いてんのにその情熱をなぜ姫と仲良くなるために使わんのかが謎だろ

      35.気になる名無しさん2013年07月27日 02:54  ▽このコメントに返信

      学年が違うんだから、同窓会は大して心配無いんと違う?

      36.名無し2013年07月27日 03:02  ▽このコメントに返信

      創作。本当なら気持ち悪すぎ

      37.2013年07月27日 03:09  ▽このコメントに返信

      読んでねーけど俺も初恋の子と奇跡的に付き合えて、興奮し過ぎておっぱいもんだりしたらフられたわ。中2の時

      しかもその子、それが軽いトラウマらしくて未だに下ネタとか本当にダメらしい…10年経ってるけど未だに大好きなんだよ俺…

      38.気になる名無しさん2013年07月27日 03:09  ▽このコメントに返信

      面白かったけど、長すぎる。

      39.気になる名無しさん2013年07月27日 03:18  ▽このコメントに返信

      こういう長いのって小説家志望かなんかが書いてるの?

      40.名無し2013年07月27日 03:18  ▽このコメントに返信

      もうやだこの国

      41.2013年07月27日 03:24  ▽このコメントに返信

      最低過ぎる。あと自分の下着がすり替えられてたら気づくよ。普通は。

      42.ナナシ2013年07月27日 03:27  ▽このコメントに返信

      頭の良さがと性欲旺盛なのが重なって仇となったか…

      43.名無し2013年07月27日 03:39  ▽このコメントに返信

      面白かった
      パンツってただの布なのになんであんなに興奮するんだろうな

      44.気になる名無しさん2013年07月27日 03:46  ▽このコメントに返信

      面白かった-。

      でも女ならすぐネタとわかる。
      中学生でキティちゃんパンツ、それもシマムラで売ってるやつ履く女はいないw
      可愛い子ならなおさらだよ。
      可愛ければ可愛いほど身だしなみに気を遣う年齢が早くなる。
      童貞が想像する黒髪縞パンなんつーのは幼稚園児くらいしか存在しない。

      45.気になる名無しさん2013年07月27日 03:48  ▽このコメントに返信

      性欲があるっていうよりは、歪みきってるよねえ

      46.気になる名無しさん2013年07月27日 03:49  ▽このコメントに返信

      こいつやってきたことも凄いし文才もありまくりで凄い なんか尊敬するわ

      47.気になる名無しさん2013年07月27日 03:56  ▽このコメントに返信

      ※44
      時代を考えろゆとり

      48.2013年07月27日 03:56  ▽このコメントに返信

      長すぎて即飛ばした

      49.気になる名無しさん2013年07月27日 04:57  ▽このコメントに返信

      こんな漫画が読みたい

      50.気になる名無しさん2013年07月27日 05:21  ▽このコメントに返信

      文章に見いる。
      ていうか、凄いな。
      そして最後の最後で、やらかしたなぁ。

      51.2013年07月27日 05:50  ▽このコメントに返信

      面白かったw
      文章うまいから読みやすかった

      52.気になる名無しさん2013年07月27日 07:45  ▽このコメントに返信

      これ気付くもんなのかなー。
      俺なら気付かなそうだけど

      53.気になる名無しさん2013年07月27日 08:22  ▽このコメントに返信

      長かったぜ

      54.名無し2013年07月27日 08:48  ▽このコメントに返信

      長すぎ

      55.気になる名無しさん2013年07月27日 08:58  ▽このコメントに返信

      長い、最初の方と最後のほうだけちゃんと読んだ
      面白かったけど

      56.名無し2013年07月27日 09:00  ▽このコメントに返信

      本スレ見に行ったら>>1が最後無理やりフィクションにしようとしててワロタw
      姫から盗んだパンツは親の前で焼却炉に入れられたらしい

      57.2013年07月27日 09:26  ▽このコメントに返信

      これは名作だ‼
      ブラボー‼

      58.気になる名無しさん2013年07月27日 09:38  ▽このコメントに返信

      きもすぎわろた

      59.名無し2013年07月27日 09:40  ▽このコメントに返信

      こういう文才のある変態はもっと増えるべき

      60. 2013年07月27日 09:43  ▽このコメントに返信

      長すぎて読まねーよ
      韓国いってくるわ

      61.気になる名無しさん2013年07月27日 09:54  ▽このコメントに返信

      _ , _
      ’~`

      62.名無し2013年07月27日 09:59  ▽このコメントに返信

      文才溢れてるなwww
      今まで読んだ自分語りでいちばんかもしれん

      63.2013年07月27日 10:50  ▽このコメントに返信

      プールで射精は無いわ…

      64.気になる名無しさん2013年07月27日 11:04  ▽このコメントに返信

      文才溢れる変態で面白かった

      名作

      65.2013年07月27日 11:57  ▽このコメントに返信

      全部読んじまった‥
      抗えぬ性癖なのね

      66.気になる名無しさん2013年07月27日 12:04  ▽このコメントに返信

      こいつのせいで何人不幸になってんだよ
      しかもそれを何で武勇伝みたいに語ってんの
      変態行為に他人巻き込むなよ氏ねよ本当にタヒねこのクズ

      67.気になる名無しさん2013年07月27日 14:34  ▽このコメントに返信

      三行でまとめてよ


      好きな子のパンツ
      すり替えて
      バレた


      でいいじゃない  長いよ

      68.名無し2013年07月27日 15:25  ▽このコメントに返信

      バカじゃね?
      パンツすり替えられて気づかない女はいない

      69.気になる名無しさん2013年07月27日 16:39  ▽このコメントに返信

      長い長いとアホか
      誰かの何かを読むためにまとめ見てんじゃねーのか

      70.気になる名無しさん2013年07月27日 17:36  ▽このコメントに返信

      こんなの釣りに決まってんじゃねーかwww

      釣りだよな?

      71.気になる名無しさん2013年07月27日 19:29  ▽このコメントに返信

      _ , _
      ’~`_ , _
      ’~`_ , _
      ’~`_ , _
      ’~`_ , _
      ’~`_ , _
      ’~`_ , _
      ’~`

      72.気になる名無しさん2013年07月27日 23:31  ▽このコメントに返信

      キモイ

      73.りあるJK2013年07月28日 00:50  ▽このコメントに返信

      通りすがりで
      たまたま見たけど
      文章力無駄にありすぎて笑った(笑)

      小中学生の男の子ってそんな性欲あったんだ
      って驚きと
      俺さんの尽きない欲への行動力に拍手←
      んでその後が気になる(笑)
      大丈夫だったのかな?? 笑
      今はもうテンガとか風俗とかあるんだから
      女の子のパンツとか狙っちゃだめだよ??

      74.名無し2013年07月28日 01:54  ▽このコメントに返信

      世界の広さを知った

      75.気になる名無しさん2013年07月28日 02:14  ▽このコメントに返信

      と、同時に知識の狭さを知った。

      76.名無し2013年07月28日 05:59  ▽このコメントに返信


      女だが、
      まぁ他人事としては面白い話だなーって感じ。
      でも実際自分が…と考えると私なら警察ごとにすると思うわ…

      これって何罪になるんだ
      とりあえず窃盗罪は確実だよね

      中学生の弟がいて、全く性欲とかなさそうで心配なぐらいなんだけど(抜いてなさそう)実際は違うのかな…

      77.2013年07月28日 13:47  ▽このコメントに返信

      ( ;∀;)イイハナシダナー

      78.気になる名無しさん2013年07月28日 19:47  ▽このコメントに返信

      切なくなった

      79.名無し2013年07月28日 20:23  ▽このコメントに返信

      気づいたら全部読んでいたw


      おもしろかったよ1

      80.ななしー2013年07月28日 21:24  ▽このコメントに返信

      うわぁ…

      81.気になる名無しさん2013年07月28日 22:31  ▽このコメントに返信

      別に引きはしないな

      82.気になる名無しさん2013年07月29日 01:43  ▽このコメントに返信

      せっかくシャワーしたのにまたぬれた服を着せて居間に通すってのが違和感
      サッカー少年の存在とイジメ解決は俺ガイルのパクリっぽいのが残念

      83.気になる名無しさん2016年04月10日 05:11  ▽このコメントに返信

      安藤醜姫似のかわいい子っていう方程式が成立しないのだが

      84.気になる名無しさん2016年04月10日 07:48  ▽このコメントに返信

      今頃になって続編出たのに臭

      85.気になる名無しさん2016年04月10日 08:55  ▽このコメントに返信

      リコーダーの頭、自分のと交換すれば良くね?

      86.気になる名無しさん2016年04月10日 09:56  ▽このコメントに返信

      釣りと言ってるやつ、俺の知り合いにもこんなキモイのいたから実話だと思うよ。それにしてもキモイ

      87.気になる名無しさん2016年04月10日 13:11  ▽このコメントに返信

      3ページ頑張ってよんだ!

      88.気になる名無しさん2016年04月10日 16:05  ▽このコメントに返信

      へぇ学校で一番かわいいこが隣で、学年で一番かわいいこと初日から下校?
      もう少しリアルな設定にしてくれ

      89.気になる名無しさん2016年04月10日 22:33  ▽このコメントに返信

      ※88
      そこは個人的主観なので本当に一番かどうかなんてわからんよ
      思い出補正もあるし、何より好きなんだからその人が一番でしょ。

      90.気になる名無しさん2016年04月10日 23:21  ▽このコメントに返信

      この背徳的な性癖は理解できる
      分かりすぎる

      文章も分かりやすくて読みやすかった

      91.気になる名無しさん2016年04月11日 08:48  ▽このコメントに返信

      俺のスケベ度を超越していたw
      格が違ったw

      92.気になる名無しさん2016年06月17日 14:32  ▽このコメントに返信

      とっても気持ち悪かった( ;∀;)

      身近にこんな人居たらと思うと怖すぎる…
      犯罪レベルだよね…
      性欲あっても、迷惑かけたらいけないと思う

      昔露出狂に二回くらいあったことあるけど、おんなじ様な心理だったのかな…
      でも一人は捕まったよ

      性欲あるのは仕方ないと思うけど、公共の場や人のものを汚したり盗んだりは駄目だよね。。
      中々難しかったのかもだけど、普通に仲良くすれば良かったのに… 寧ろ悪事が発覚して良かった
      釣りかほんとか分からないけど、そら恐ろしい内容で、ぞっとしてしまった…

      93.気になる名無しさん2018年10月26日 23:44  ▽このコメントに返信

      長いから読んでない。
      誰が三行でまとめて

      94.気になる名無しさん2018年10月27日 00:51  ▽このコメントに返信

      長すぎ!!

      一応読破しました

      95.気になる名無しさん2018年10月27日 01:09  ▽このコメントに返信

      3ページ目まで読んだがキモすぎて断念

      96.気になる名無しさん2018年10月27日 01:32  ▽このコメントに返信

      普通にクズ人間

      97.気になる名無しさん2018年10月27日 05:06  ▽このコメントに返信

      性犯罪者は自分の一時の快楽のためにどれほど人を傷つけたか無自覚なまま犯行を繰り返す
      露出狂は通行人殴ったり財布パクるカスと一緒
      面白がってるやつも同類

      98.気になる名無しさん2018年10月27日 06:05  ▽このコメントに返信

      くそきもい。
      性犯罪者

      99.気になる名無しさん2018年10月27日 09:19  ▽このコメントに返信

      これに懲りて、というか異性との接点の中でこういう感情は自然と消え失せていくものだけどこいつはなんだか今でもこんなことしそうで本当に心配
      男なら中学生くらいに実行に移さずとも何度かはこういうこと考えたことあるはず

      100.気になる名無しさん2018年10月27日 09:58  ▽このコメントに返信

      クッソおもろい

      101.気になる名無しさん2018年10月28日 02:20  ▽このコメントに返信

      文才ないわ、前置きが長ったらしく当たり前のこと並び立て過ぎて途中で飽きた

      102.気になる名無しさん2018年11月01日 23:25  ▽このコメントに返信

      アブノーマルすぎる。。
      1番気持ち悪かったのは、女のコメントに対して「今日のおかずは君にする」と言ったところだな。

      キニ速の全記事一覧

      週間ページランキング

      スマートフォン版へ戻れなくなった方へのリンク
      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      3日間集計逆アクセス
      Copyright (C) 2011 キニ速 -気になる速報-. All rights reserved. ブログパーツ ブログパーツ