江戸時代の最も軽い刑罰wwwwwwwwwwwwww

    39
    コメント

    1

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:05:42.57ID:UXpp3/EED.net
    お奉行様から叱られる
    叱(しかり)
    お上からの叱責。
    急度叱(きっとしかり)
    叱の重いもの。叱、急度叱とも保証人連署の請状を提出

    http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/5107/page020.html


    2:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:06:06.06ID:xhKm7kop0.net
    やさしい世界


    5:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:07:56.16ID:UXpp3/EED.net
    叱られる次に重い罰www
    「急渡叱り」(きつく叱られる)



    22:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:11:22.98ID:5cHFBBWm0.net
    >>5
    幼稚園かな?




    3:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:06:43.40ID:xhKm7kop0.net
    なお権力側の犯罪は捜査してくれなかった模様


    28:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:12:58.26ID:KrFtT9vd0.net
    >>3
    公儀介錯人(御様御用)「やっぱ外様大名って糞だわ」



    4:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:06:45.51ID:UXpp3/EED.net
    なお最も思い刑罰
    獄門

    獄門(ごくもん)
    牢内で首を切り、その首を二日三夜公衆にさらす。田畑、家屋敷、家財は闕所


    6:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:08:35.02ID:DbRSRCsV0.net
    ほんま理想の楽園だよな江戸時代って


    8:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:09:04.25ID:UXpp3/EED.net
    >>6
    なお農民



    10:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:09:52.16ID:30bkNgX90.net
    >>8
    居住地域によって天国と地獄がきっぱり分かれるやで



    9:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:09:11.78ID:npfx4JPD0.net
    >>6
    ネットも電気もないぞ



    7:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:08:42.50ID:/qNStISr0.net
    今で言う口頭注意みたいなもんか


    11:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:10:01.78ID:vdBpbjiJ0.net
    江戸時代の人ってスマホ何使ってたの?


    29:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:13:01.91ID:sIZx5Q6k0.net
    >>20
    ゑくすへりあやぞ



    12:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:10:04.70ID:VG41zAO00.net
    またさきとかあるんだろ


    17:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:10:51.82ID:UXpp3/EED.net
    >>12
    火炙りとかなら有ると思うが
    又さきは無いと思う



    14:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:10:31.58ID:KAFqPQtF0.net
    女湯を覗いたとかその程度の罰かな


    18:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:10:51.99ID:KPyfqPUZ0.net
    額に犬と書かれる


    19:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:10:56.68ID:WlylVm800.net
    町人長屋ってクッソ狭かったらしいけど
    借家住まいは稼ぎに応じてでかい部屋借りるってことは出来なかったんやろか
    店構えてないと全員せまい長屋?

    76509234_624


    21:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:11:18.57ID:dnFw7ggr0.net
    ワイも受けたことあるで


    23:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:11:57.15ID:eJCIXx7H0.net
    「コラッ!」


    25:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:12:34.37ID:Z/AK1F/u0.net
    どんなコトすれば叱ってもらえるんやろ
    ネコババとかかな



    26:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:12:42.19ID:UXpp3/EED.net
    江戸時代の町人とか楽しそう


    27:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:12:54.28ID:iKNQET1qK.net
    戸籍とかガバガバやし年金とか気にせず旅出れるんやろ


    30:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:13:06.58ID:u4T1ZUvZ0.net
    牢屋の中の一番偉いやつは
    畳重ねて高くしてたのはマジ?



    47:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:15:31.75ID:UXpp3/EED.net
    >>30
    牢名主やな
    賄賂渡して酒とか買えるし、入ってくる囚人から金貰える
    その金の多寡によってその囚人の牢内での扱いが変わる

    牢名主
    ろうなぬし

    江戸時代,牢屋の各囚房において囚人から選ばれ,牢内の秩序維持にあたった牢内役人の筆頭をいう。牢内における一種の囚人自治制度の役名で,ほかに添役,角役,二番役などがあり,幕府もこれを公認していた

    https://kotobank.jp/word/牢名主


    64:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:18:04.42ID:+axJpE1V0.net
    >>47
    牢屋なのに天国やね



    70:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:19:35.97ID:UXpp3/EED.net
    >>64
    常に悪臭漂ってて蒸し暑くて大変やぞ

    また無宿と無宿でない者とは分離して収容された。各舎房には牢名主を頂点とする役付囚人がいて,他の平(ひら)囚人を強圧的に支配し,牢法の名の下に新入り囚人や牢内の規律に若干なりとも背いた者などに折檻,懲戒,もしくは私刑を科し,牢の管理者はこのような牢名主を任命,掌握することによって,牢内の規律を維持したのであった。このような過酷な牢名主制の存在,不衛生な環境と,30畳敷の大牢に100人以上も詰め込まれる過剰拘禁(その中でも役付囚人が広い場所を占領して,平囚人は一畳に18人が寝なければならない場合もあったという)の中で,牢死者は1年間に2000人にも及んだことがあり,まさに〈この世の地獄〉であった。
    https://kotobank.jp/word/%E7%89%A2%E5%90%8D%E4%B8%BB-152521


    31:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:13:06.61ID:OQpLdlaS0.net
    恐れ入れ

    ほんとすこ

    『慶応長崎事件』は、幕末・長崎において、坂本龍馬でなじみ深い海援隊の某隊士2人が、英国人水兵殺しの嫌疑を掛けられる…という事件の顚末を描いたものである。

    事件当夜、海援隊隊士の2人はひどく酩酊していて、その帰路、英国人水兵にからんだ記憶はあるものの、はたして自分が斬ったかどうかが定かでない。

    事件のカタを付けなければならないのは長崎奉行所であるが、確固たる証拠は見つからず、世間では「土佐人が殺したらしい」という噂だけが独り歩きしてしまっている。

    どうにも埒があかない奉行所は「事件処理」の形式だけでも取り繕うため、隊士2人と関係者2人を白州に呼び立てて、とある判決を下した。それが、

    「恐れ入れ」

    であった。

    この判決に対して、被疑者はどんなアクションを要求されるかと言えば、

    つまり四人としては、「恐れ入りました」と平伏するだけでよいのである。(同著より引用)


    だそうな。

    「まぁ、よぅわからんけど、とりあえず『恐れ入った』と言うとけ」

    と天下の奉行所が命じたとは、ホントに滑稽な話である。

    ただ、わたしにはそういう刑罰が実在したのか、そもそも「恐れ入れ」判決が司馬氏による創作ではなくて本当に行われたのか、わからない。

    http://rivgood.exblog.jp/3281997


    100:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:24:52.93ID:B2tGgsfP0.net
    代官に恐縮しろって言われて
    「恐縮です」って言ったら放免とかやなかったか



    32:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:13:29.36ID:DvchzT65K.net
    すげえ簡単にセ●クスできそう


    34:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:13:36.37ID:ssr/3rQRK.net
    三方一両損というとんでも裁きが名奉行扱い

    実はあれこそ白黒はっきりつけたがらない日本のお偉いさん無責任体質の象徴

    奉行の大岡越前守のお裁きのお噺です。
    ★あらすじ★ 神田白壁町に住む左官の金太郎は柳原で書付けと印形と三両入った財布を拾う。めんどうなことになったと思いながらも、書付けにある神田竪大工町の大工の吉五郎に届けようと長屋にやって来る。
    障子に穴を開け中をのぞくと吉五郎はいわしの塩焼きで一杯やっている。中に入り拾った財布を受け取れと差し出すと、長五郎は余計なお節介をしやがってといい、書付けと印形は大事なものだからもらっておくが、落とした金はもう自分のものではないから受け取れないと言う。
    二人は受け取れ、受け取れないの言い合いを始め、ついには取っ組み合いの喧嘩となる。
    ドシン、バタンの大音で驚いた長屋の隣の者が大家を呼びに行く。大家は吉五郎に親切に届けてくれた物は素直に受け取り、後で手土産でも持って礼に行くのが人の道なのになぐりかかるとは何事だと叱るが、てめえなんかにぐずぐず言われる筋合はないと吉五郎は強情だ。
    呆れた大家は南町奉行の大岡越前守に訴えて白州の砂の上で謝らせるからと、金太郎を引上げさせる。

    白壁町の長屋に帰った金太郎はこの事を長屋の大家に話すと、それではこっちの顔が立たない、先方の大家が訴える前にこっちから訴えてやれと願書をしたため南町奉行所へ。
    二人に南町奉行所から呼び出しがかかり大岡越前の調べが始まる。
    事の仔細を聞いた越前、二人がどうしても受け取れないという三両を預るといい、改めて両人に正直の褒美として二両づつ与えると言う。
    越前はこれは三方一両損の調べだという。金太郎が届けた金を受け取れば吉五郎に三両入り、吉五郎がいらないと言った金を金太郎がもらっておけば金太郎に三両入る。そして越前がその金を預ったままでいればこれも三両だが、一両たして二人に二両づつの褒美として与えたことにより、三人とも一両づつ損をしたという勘定になるというのだ。

    全員ありがたいお調べと納得すると、お膳が出てくる。鯛の塩焼きに真っ白い炊き立てのご飯だ。
    二人ともたいそうなご馳走に舌鼓を打ち食べ始める。腹が減ったらちょくちょく喧嘩をしてまたここに来ようなんて調子のいいことまで言っている。
    二人の食べっぷりを見ていた越前守 「両人いかに空腹だからじゃとて、あまりたんと食すなよ」

    吉五郎 「多かあ(大岡)食わねえ」

    金太郎 「たった一膳(越前)」

    http://homepage2.nifty.com/8tagarasu/sannpouitiryouzonn.html


    53:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:16:02.17ID:KrFtT9vd0.net
    >>34
    白黒きっちり付けたら暴動になるような案件だしどっちにも花持たせないと



    58:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:16:39.62ID:IdKHWvWO0.net
    >>34
    大事なのはみんなが納得することだからね
    そもそも利益じゃなくて面子の問題で争ってたわけだし



    61:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:17:19.74ID:XnYzClvTa.net
    >>34
    塾の先生が落とした人、拾った人、御奉行が一両ずつ貰えば三者一両得でみんなハッピーやんとか言ってたわ



    68:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:19:01.91ID:uwfmVqu30.net
    >>61
    誰が金を出すんですかねぇ…



    80:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:21:54.92ID:XnYzClvTa.net
    >>68
    落とした三両を三人で分け合うんやで



    90:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:23:38.97ID:/jb8NIuGr.net
    >>80
    落とした奴が二両損やん



    114:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:26:59.83ID:dNOZeXMYd.net
    >>90
    元々無い金扱いしたんやし一両得やん



    117:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:27:37.60ID:XnYzClvTa.net
    >>90
    元の話は三両落とした人と拾った人の争いやろ?
    もしかしたら三両まるまる失うかもしれんから一両返ってくるだけで儲けもんやん



    37:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:13:52.26ID:OCxL2EwT0.net
    書類送検みたいなもんやろ


    38:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:14:12.09ID:f9vkV4rDa.net
    市中引き回しの上磔獄門
    こわE



    42:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:15:06.68ID:Px8rmz3F0.net
    薩摩に生まれたら死ぬしかない


    54:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:16:26.47ID:MwakaTARK.net
    >>42
    胆練りじゃ



    59:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:16:57.01ID:2xYWu5v80.net
    >>42
    火をつけた火縄銃くるくるまわしてその周りで宴会とかわけわからん



    49:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:15:41.07ID:uwfmVqu30.net
    >>42
    芋食うんやで



    43:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:15:10.66ID:pZKk05Rp0.net
    ペニシリンもないとか無理だろ


    44:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:15:22.94ID:jtQ++PUS0.net
    大岡越前守みたいな有能ならいいけど無能なお奉行だと悪くないのに酷い目に合いそう


    62:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:17:36.44ID:gmr3s7nmM.net
    >>44
    大岡裁きの大半が作り話なんやで



    73:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:20:08.21ID:IdKHWvWO0.net
    >>62
    北条泰時の逸話が混じってたりするらしいな
    子争いなんて聖書にも出てくる世界的に有名な逸話だし



    81:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:22:26.35ID:gSDqTt1Fp.net
    >>73
    子供のあの話ってソロモン王のもあるし中国の故事にも似たことあるしで世界中にあるよな

    ◆こぼれ話◆
     お馴染みの大岡裁き。
     引き勝った方が勝ちというのが一般に知られているお話。乳汁が重い方が勝ちというのは遠野地方に伝わる話である。
     後者の乳汁が重いほうが男の子の母というのは面白いが、あまり説得力を感じない。後者の話の面白いところは大岡越前が謎の子供達にインスピレーションを得るところだ。しかもその子たちは一本柱の家に姿を消すというのも面白い。傘を連想するような一本柱の家といえば、弥生時代の竪穴式住居のようなものだろうか。天孫が下る前の神様はきっとそんな家に住んでいただろうと思う。
     

    子を引き合う話は旧約聖書の列王紀にソロモン王の逸話として出てくるのと似ている。

    http://www.chinjuh.mydns.jp/ohanasi/365j/0507.htm


    127:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:28:42.17ID:pecaYQ4ep.net
    大岡裁きの「子争い」ってあるけど
    知恵袋で「痛がる子どもの手を無理やり引っ張って自分に引き寄せるのがなぜいけないのか
    子どもは母親のものなんだから当然」とか書かれてて引いた

    現代の価値観やっぱりおかしいわ



    45:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:15:28.73ID:TwLun/IE0.net
    江戸時代の地方都市ってどんな感じやったんやろか
    今と同じでしょぼい江戸みたいな感じなんかな



    50:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:15:44.80ID:iQW9GceB0.net
    奴刑とかエロくて好き
    奴(やっこ)とは、江戸時代の刑罰(身分刑)のひとつで、女性に対して課せられ人別帳から除き、個人に下げ渡し一種の奴婢身分とするもの。引取りを希望するものがあれば下げ渡し、多くは新吉原などの娼婦として使役された。
    日本においては古来より、人買など人身売買は一般的なことであり、その結果、奴隷的身分は存在していた。また、戦国時代以来、乱妨取り等の結果によってそのような身分になるものもあった。さらには、犯罪や身内の者の縁座に対する刑罰の一種として、このような身分になるものもあった。
    徳川幕府が成立し、国内が安定すると、乱妨取りのような戦争の結果、奴隷身分に陥る例はなくなり、また、幕府は人身売買を禁止(1626年等)し、経済的な理由で奴隷的身分に陥ることも制度上なくなった[1]。
    このような中でも、刑罰としての奴刑は残り、1699年までの判決がまとめられた『御仕置裁許帳』には、売春を行った者や窃盗を行った者、その他夫や父親の犯罪の縁座により奴刑に処せられた例が多数見られる。
    しかしながら、公事方御定書においては、関所を男に従って抜けようとした者にこの刑が課せられる旨の規定がなされるのみであり、適用されることが例外的になったことがうかがえる。なお、引き取り手がいない場合は、牢内の使役に使われた。
    奴刑に類する刑として、私娼に対して、新吉原で女郎として3ヵ年[2]の年季奉公を課するというものがあり、そのような女郎は「奴女郎」と呼ばれ最下級の扱いを受けた。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/奴_%28刑罰%29


    52:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:15:51.16ID:ZRSQ2R1+a.net
    昭和の画像見ても不細工ばっかりって思うのに江戸時代とか絶対酷い


    57:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:16:36.76ID:uwfmVqu30.net
    >>52
    明治辺りやと美人大井で



    67:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:18:40.68ID:O7iHett3E.net
    >>57
    ぜってえ写真の糞画質詐欺だわ



    69:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:19:03.54ID:ZRSQ2R1+a.net
    >>57
    偏見かもしれないけどあの時代の写真って修整されてるイメージ



    102:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:25:15.86ID:vUaC6bJz0.net


    これ明治やで



    108:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:26:15.37ID:gSDqTt1Fp.net
    >>102
    やっぱ白黒写真だと目が死んでるのが多いな



    110:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:26:34.55ID:+axJpE1V0.net
    >>102
    ああ^~



    112:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:26:38.26ID:iHNfInn50.net
    >>102
    1分間に100ピストンキメたい



    113:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:26:42.41ID:GoSStu1h0.net
    >>102
    高杉晋作に似とるな



    56:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:16:35.36ID:O7iHett3E.net
    昔は娯楽無かったから獄門の見学は人気やったらしいで


    60:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:17:14.50ID:v8Np2qAv0.net
    絶対臭い
    湯浴みなんて栄えたとこじゃないと出来ないやろし、ノミシラミダニ、梅毒あるし無理



    66:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:18:26.64ID:uwfmVqu30.net
    >>60
    銭湯ってそこそこあったやろ
    世界的に見ても清潔やぞ



    72:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:20:03.48ID:+axJpE1V0.net
    >>66
    混浴やぞ
    しかも風呂屋にはヌキヌキしてくれる風俗まであるんやぞ
    ぐう天国



    71:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:19:52.13ID:Kl33WaW20.net
    でも一回テレビもネットもない世界に生まれてみたかったンゴねぇ


    89:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:23:36.04ID:30bkNgX90.net
    >>71
    テレビ放送始まった当時の話とかでも聞くとおもろいからな
    村役場の近くの煙草屋にある唯一のテレビに時間になるとみんな集まって来たとか



    74:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:20:06.85ID:gmr3s7nmM.net
    そこそこなんてもんじゃない
    江戸だけで風呂屋が数百軒あったんやで

    なお農村



    76:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:20:39.48ID:jtQ++PUS0.net
    吉原にハマるなんJ民続出やろなあ


    77:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:20:45.11ID:UXpp3/EED.net
    奉行「牢屋が火事や!出してやるから3日後に戻って来いよ!」


    78:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:21:07.10ID:O7iHett3E.net
    江戸の人口密度って今の東京より多かったんやろ?
    ほんでほぼ長屋とかセマァイ!



    83:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:22:38.33ID:UXpp3/EED.net
    高野長英「牢屋に放火して逃げるンゴWww」
    蛮社の獄
    天保8年(1837年)、異国船打払令に基づいてアメリカ船籍の商船モリソン号が打ち払われるモリソン号事件が起きた。翌天保9年(1838年)にこれを知った際、長英は「無茶なことだ、やめておけ」と述べており、崋山らとともに幕府の対応を批判している。長英はそうした意見をまとめた『戊戌夢物語』を著し、内輪で回覧に供した(ただし、長英の想像を超えてこの本は多くの学者の間で出回っている)。
    天保10年(1839年)、蛮社の獄が勃発。長英も幕政批判のかどで捕らえられ(奉行所に自ら出頭した説もある)、永牢の判決が下って伝馬町牢屋敷に収監。牢内では服役者の医療に努め、また劣悪な牢内環境の改善なども訴えた。これらの行動と親分肌の気性から牢名主として祭り上げられるようになった。獄中記に『わすれがたみ』がある。
    弘化元年(1844年)6月30日、牢屋敷の火災に乗じて脱獄。この火災は、長英が牢で働いていた非人栄蔵をそそのかして放火させたとの説が有力である。

    脱獄の際、三日以内に戻って来れば罪一等減じるが戻って来なければ死罪に処すとの警告を牢の役人から受けたが、長英はこれを無視し、再び牢に戻って来ることはなかった。脱獄後の経路は詳しくは不明ながらも(江戸では人相書きが出回っていたためと言われている)硝酸で顔を焼いて人相を変えながら逃亡生活を続け、一時江戸に入って鈴木春山に匿われて兵学書の翻訳を行うも春山が急死。その後、鳴滝塾時代の同門・二宮敬作の案内で伊予宇和島藩主伊達宗城に庇護され、宗城の下で兵法書など蘭学書の翻訳や、宇和島藩の兵備の洋式化に従事した。主な半翻訳本に砲家必読11冊がある。このとき彼が築いた久良砲台(愛南町久良)は、当時としては最高の技術を結集したものとされる。しかし、この生活も長く続かず、しばらくして江戸に戻り、沢三伯の偽名を使って町医者を開業した。医者になれば人と対面する機会が多くなるため、その中の誰かに見破られることも十分に考えられた。そのため硝酸で顔を焼いて人相を変えていたとされている。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/高野長英


    86:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:22:58.03ID:Gg6no8SmK.net
    この時代の東北地方とかそれはもう酷かったろうな


    104:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:25:27.14ID:30bkNgX90.net
    >>86
    太平洋側&津軽はくっそやばいで
    ただ同じ藩内でも地域によって危険度は全然違ったけどな



    87:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:23:08.22ID:X552FKZi0.net
    クーラーもヒーターもない時代はちょっと…
    寒暖の差は今よりマシやったんやろか、アスファルトと違うしな。



    99:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:24:51.93ID:gSDqTt1Fp.net
    >>87
    でも平安時代あたりは糞暑かったらしいな
    江戸時代やったらちょうどええんちゃう?



    109:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:26:21.88ID:Ah2JJiDhx.net
    >>87
    暑さに関してはプチ寒冷期と非ヒートアイランドのおかげで
    真夏の江戸でも25℃くらいだったらしい



    121:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:28:07.55ID:X552FKZi0.net
    >>109
    いけるやん!京都なんかはヤバそうやけど。



    125:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:28:18.04ID:Px8rmz3F0.net
    >>109
    最高やんけ!



    88:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:23:37.64ID:WMXKpU/Y0.net
    深川あたりは男装遊郭やったらしいな
    遊郭なのになんで男装する必要あったんやろな(すっとぼけ)



    92:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:24:01.06ID:dUk/usL70.net
    >>88
    たまげたなぁ…



    98:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:24:50.60ID:v8Np2qAv0.net
    >>88
    歌舞伎若衆言うて女形の修行してたんやろきっと



    94:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:24:17.00ID:PqkQbgb+r.net
    >>88
    江戸時代から日本始まってたのか



    103:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:25:25.67ID:gSDqTt1Fp.net
    >>94
    戦国から既に始まってそう



    96:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:24:44.29ID:+axJpE1V0.net
    陰間茶屋とかええよな(うっとり)
    陰間茶屋(かげまちゃや、英:Kagemachaya)とは江戸時代中期、元禄(1688-1704)年間ごろに成立した陰間が売春をする居酒屋・料理屋・傾城屋の類。京阪など上方では専ら「若衆茶屋」、「若衆宿」と称した。  
    元来は陰間とは歌舞伎における女形(女役)の修行中の舞台に立つことがない(陰の間の)少年を指し、男性と性的関係を持つことは女形としての修行の一環と 考えられていた。但し女形の男娼は一部であり、今でいう「女装」をしない男性の格好のままの男娼が多くを占めていた。陰間茶屋は当初芝居小屋と併設されて いたが、次第に男色目的に特化した陰間茶屋が増えていった。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/陰間茶屋


    119:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:28:05.06ID:30bkNgX90.net
    >>96
    湯島やな



    91:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:23:57.04ID:Bc7QwORz0.net
    神かくしって十中八九シリアルキラーのレ●プ犯だよな


    105:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:25:37.65ID:uPTxA9xS0.net
    吉原には一回行ってみたかったよな。あの雰囲気と世界観はいい。吉原言葉も粋
    url


    106:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:25:53.10ID:UXpp3/EED.net
    >>105
    飛田行って、どうぞ



    122:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:28:10.62ID:uPTxA9xS0.net
    >>106
    あそこは現代風にしすぎや



    115:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:27:25.60ID:gSDqTt1Fp.net
    でもこの時代フ●ラはアブノーマルで基本ないんやろ?


    116:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:27:26.47ID:UXpp3/EED.net
    江戸時代すでにエトロフに会所があったという事実


    118:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:27:47.03ID:gmr3s7nmM.net
    正規の遊郭なんか行ったら、安い女でも1回で何両もかかるで
    年収30両とかの世界なんやから



    126:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:28:40.20ID:ChIfkyj/0.net
    >>118
    庶民はたった1日でこれまでたくわえた全財産持ってかれるレベル



    124:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:28:15.02ID:O7iHett3E.net
    吉原いうほど行きたいか?
    何回も通って大金つぎ込んで芸者とか呼んで財力見せて、
    それでも気に入られんかったらそもそも顔すら見れんのやで



    33:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2015/05/15(金) 19:13:32.51ID:qaviA2vfp.net
    あの時代生きてたけどなかなかよかったわ


    ※関連記事
    【お江戸の刑罰】寺法による僧侶の追放刑らしいけどなんだコレwwwwww




    妹の学習ノートに落書きしたぞぉwwwwwwwwww

    妹の元部屋に入ったらwwwwwwwww

    【画像あり】この広告の赤ちゃんの顔が腹立つ件

    【画像】今の荒木が書いた三部DIOが別人すぎるwwwwwwwww



    キニ速の全記事一覧

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    人気記事ランキング

      おすすめサイト最新記事一覧

      コメント

      1.気になる名無しさん2015年05月15日 21:12  ▽このコメントに返信

      こういう話が出来るのは掲示板って良いよなぁ
      專門板とかになるとレベル高すぎてついていけんし
      スラドとかも良いけどIT系の話が基本だし

      2.気になる名無しさん2015年05月15日 21:18  ▽このコメントに返信

      徐々に風俗の話に変わっていってワロス

      3.気になる名無しさん2015年05月15日 21:19  ▽このコメントに返信

      叱と急度叱の差はどんな風につけてたんだ
      「今のちょっと急度叱入ってね?」みたいになったりしたのか

      4.気になる名無しさん2015年05月15日 21:24  ▽このコメントに返信

      とりあえずいつの時代も女の子大好きぴょーーーー

      5.気になる名無しさん2015年05月15日 21:25  ▽このコメントに返信

      承応までしか生きてなかったからその後のことは分からんけど、当時はそもそも男湯と女湯の区別なかったよ

      6.気になる名無しさん2015年05月15日 21:31  ▽このコメントに返信

      ゑくすへりあで草生えた

      7.気になる名無しさん2015年05月15日 21:32  ▽このコメントに返信

      関所通るの面倒だから気軽には旅なんか出来んゾ

      8.気になる名無しさん2015年05月15日 21:32  ▽このコメントに返信

      ※3
      何か磯ベえで使われそう

      9.気になる名無しさん2015年05月15日 21:45  ▽このコメントに返信

      フェ○なんて1980年以前ですら
      変態プレイだっただろ
      ましてや生なんて

      10.気になる名無しさん2015年05月15日 21:48  ▽このコメントに返信

      ばっかも~ん!

      11.気になる名無しさん2015年05月15日 21:58  ▽このコメントに返信

      ぬふぅ

      12.気になる名無しさん2015年05月15日 22:00  ▽このコメントに返信

      牢屋で急死わ牢名主に水に濡らした和紙を顔に何枚ものせられ窒息で暗殺、なお今の留置場

      13.気になる名無しさん2015年05月15日 22:03  ▽このコメントに返信

      こら!なにボッキしている!

      14.気になる名無しさん2015年05月15日 22:05  ▽このコメントに返信

      書類送検の意味を全く分かっていないな。

      15.気になる名無しさん2015年05月15日 22:07  ▽このコメントに返信

      こういうスレに1人はいる長寿ニキほんとすこ

      16.気になる名無しさん2015年05月15日 22:07  ▽このコメントに返信

      ※9
      そんな近年急にエロが盛んになったみたいなことは無い

      17.気になる名無しさん2015年05月15日 22:20  ▽このコメントに返信

      昔の混浴つっても拭ききれてないウンコとか浮いてそうなイメージ

      18.気になる名無しさん2015年05月15日 22:26  ▽このコメントに返信

      ※9
      四十八手に普通に含まれてるし
      飲む、打つ、買うくらいしか娯楽が無い時代なんだから
      だいたいの変態プレイはとっくに試されてるだろうよ

      19.気になる名無しさん2015年05月15日 22:26  ▽このコメントに返信

      タイムスクープハンターは実在したのか

      20.気になる名無しさん2015年05月15日 22:35  ▽このコメントに返信

      江戸時代が平和とか
      どんだけトンキン制作の時代劇の影響受けてるんだよw

      1日何人の民衆が
      江戸の街だけで処刑されてたか
      鈴ヶ森などの有名な諸毛状が
      江戸の各地あった

      参勤交代、士農工商穢多非人
      これがある世界が平和なわけ無いだろ

      21.気になる名無しさん2015年05月15日 22:36  ▽このコメントに返信

      ☓諸毛状
      ◯処刑場

      22.気になる名無しさん2015年05月15日 22:36  ▽このコメントに返信

      >>102はシーボルトの娘の楠本イネだろ。
      ドイツとのハーフを出して、明治の日本人の写真とするのは無理があるんじゃ?


      >知恵袋で「痛がる子どもの手を無理やり引っ張って自分に引き寄せるのがなぜいけないのか
      >子どもは母親のものなんだから当然」とか書かれてて引いた

      昔から、こういう母親は一定数いるだろ。

      23.気になる名無しさん2015年05月15日 22:43  ▽このコメントに返信

      江戸時代の農民は技術の進歩もあり想像以上に裕福だったんだよね
      飢饉も欧州に比べて圧倒的に少なく、まったく経験していない世代も当たり前にいる
      むしろ江戸中期以降は農民の力が幕府が手を焼くほどに強く、江戸末期に至っては農民出の学者や志士がどんどん生まれているわけで・・・

      24.気になる名無しさん2015年05月15日 22:55  ▽このコメントに返信

      甘いな。江戸時代の農民がいかに辛かったかはカムイ伝という漫画を読めば分かる

      >>32「セ◯クスしやすそう」←その通り

      25.気になる名無しさん2015年05月15日 22:58  ▽このコメントに返信

      波平「バッカモ〜〜〜ン!!!」

      26.気になる名無しさん2015年05月15日 23:16  ▽このコメントに返信

      美少女「こらっ!」

      27.気になる名無しさん2015年05月15日 23:46  ▽このコメントに返信

      江戸時代スレには必ず江戸転生ニキが湧きますね・・・

      28.気になる名無しさん2015年05月16日 00:02  ▽このコメントに返信

      江戸の夏が過ごしやすいといことは、冷夏→凶作→飢饉ってことなんですがね
      浅間山の大噴火は反対側のフランスにまで凶作をもたらして結果、フランス革命ですしおすし

      29.気になる名無しさん2015年05月16日 00:32  ▽このコメントに返信

      当時の御奉行は仕事が多すぎて過労死続出だったとか・・・公務員なのに超絶ブラックだな

      30.気になる名無しさん2015年05月16日 00:35  ▽このコメントに返信

      食べ物の質とか結構気になる

      31.気になる名無しさん2015年05月16日 00:49  ▽このコメントに返信

      >14
      >女湯を覗いたとかその程度の罰かな

      二階から女湯覗けるサービス有ったんやぞ

      32.気になる名無しさん2015年05月16日 01:38  ▽このコメントに返信

      ※23
      自作農の話でしょ、それは
      庶民の大半は小作農や職人で、それほど裕福じゃなかった
      江戸の町人に至っては、失業者みたいなもんやしな

      33.気になる名無しさん2015年05月16日 02:04  ▽このコメントに返信

      いまの歴史学会の主流だと、江戸時代の農民はけして中世ヨーロッパの貧農みたいな状況じゃないんだよね。
      農業生産性が上がっても農民の反対が強いから年貢を多く取ることもできない武士の方が、むしろ貧窮していき、農民生産性があがって取れ高の増えた農民は次第に米や作物を売ってお金にするようになり、嗜好品や華奢品をかうようになってるというね。


      34.気になる名無しさん2015年05月16日 14:02  ▽このコメントに返信

      お奉行様ってむっちゃ怖いやん・・・

      35.気になる名無しさん2015年05月16日 14:31  ▽このコメントに返信

      なかなかよいネタスレだった

      36.気になる名無しさん2015年05月17日 00:28  ▽このコメントに返信

      タイムトラベラーかな?

      37.気になる名無しさん2015年05月21日 10:09  ▽このコメントに返信

      絶妙に前のレスを萎えさせるのがうまい>>113に草

      38.気になる名無しさん2015年06月01日 21:17  ▽このコメントに返信

      当時の叱って、スレの馬鹿どもが考えるようなものじゃないぞ。
      地下のゴミクズ如きのために、戦国乃至鎌倉以来の弓馬の殿にして、畏れ多くも柳営の藩屏たるお奉行が時間を割いて下すっているわけだ。
      その後の村八分、とは言わないが、現代の鑑別帰りなんて屁でもないほどの社会的リンチこそ、本当の罰だよ。

      39.気になる名無しさん2015年06月30日 23:45  ▽このコメントに返信

      実際、お叱り食らえば待ってるのは家族もろとも村八分だがな。
      もちろん嫁は家財道具一式持って離婚、別の男と即再婚。

      キニ速の全記事一覧

      週間ページランキング

      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      はてなブックマーク
      3日間集計逆アクセス
      Copyright (C) 2011 キニ速 -気になる速報-. All rights reserved. ブログパーツ