旧暦が破綻する 「2033年問題」 について俺が語る

    41
    コメント

    1:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:27:06SLO
    意外と知られとらんようやから
    旧暦(きゅうれき)とは改暦があった場合のそれ以前に使われていた暦法のことである。
    改暦後の暦法は新暦。

    img_reki07

    多くの国ではグレゴリオ暦が現行暦のため、グレゴリオ暦の前の暦法を指す。

    日本の旧暦は天保暦である。天保暦は今なお占いや伝統行事などで需要があり、旧暦もしくは陰暦の俗称で用いられている。

    旧暦の計算は、江戸時代までは京都における真太陽時により暦の計算に必要な中気・朔の日時を経験的に知られていた定数や周期に基づいて求めていた。
    そのため閏月の付加や毎年変化する大小月(30日の大月、29日の小月)も毎年計算していた。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/旧暦


    2:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:27:58xJe
    旧暦破綻してもコンピューターには影響ないんちゃうの?


    3:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:29:21SLO
    >>2
    コンピュータはな
    旧暦基準で行事やっとる祭りや神事で問題が起こる



    6:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:32:06xJe
    >>3
    あーそういや旧暦行事もあるな



    5:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:31:18SLO
    まず旧暦について解説する

    ワイらが今使っとるグレゴリオ暦は
    太陽の周りを地球が公転するのを1年とする「太陽暦」で
    旧暦は月の満ち欠けを1ヶ月として月の満ち欠けと公転周期の両方と辻褄を合わせる「太陰太陽暦」なんや



    7:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:32:07rkA
    月の満ち欠けか


    9:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:33:11SLO
    どういうことかというと

    新月から次の新月までは約29.53日かかる
    やから12回新月が来ると29.53日×12ヶ月で354.36日で概ね1年となる



    10:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:34:08SLO
    けど地球の公転周期は約365.2422日で
    普通に月の満ち欠け基準の12ヶ月やと
    1年で10日ぐらいのズレが生ずるわけや



    11:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:35:44SLO
    1年で10日ぐらいずれるから
    だいたい3年で1ヶ月分のズレが生ずるので
    何年かに一度1年を13ヶ月とすることで調整を図っていた



    12:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:36:32rkA
    一月ずれたらデカイわ


    14:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:39:10SLO
    この増やす1月分を「閏月」という

    どういう間隔で閏月を置くかは
    古来「19年に7回」という決まりがあった

    実際にこれで計算してみると
    (19*12+7)*29.53=6939.55
    365.2422*19=6939.6018
    でかなりの精度があり数百年に1日ぐらいしかズレない



    15:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:40:14ENy
    六曜とかも決められなくなるんやっけ
    冠婚葬祭にも影響でそうやな

    六曜(ろくよう・りくよう)は、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜がある。
    日本では、暦の中でも有名な暦注の一つで、一般のカレンダーや手帳にも記載されていることが多い。
    今日の日本においても影響力があり、「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されている。
    六輝(ろっき)や宿曜(すくよう)ともいうが、これは七曜との混同を避けるために、明治以後に作られた名称である。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/六曜


    16:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:40:16SLO
    が,しかしこの「19年に7回」基準の太陰太陽暦を
    日本は中国から平安時代に取り入れて
    ずっとそのまま使ってきたので17世紀には実際の暦と2日のズレが生じていた



    17:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:41:51SLO
    そこで幕府は渋川春海に改暦をさせて
    ズレを調整した

    これ以降,日本は中国の影響を受けつつも
    独自の太陰太陽暦を使っていくことになる



    21:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:46:04y71
    >>17
    徳川有能



    18:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:42:22xJe
    旧暦作った昔の人すごいな


    19:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:44:31uI8
    昔の人旧暦と公転周期のズレを把握しとったんか


    22:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:47:01y71
    >>19
    これおそらく実測に実測を重ねて計算したんやろがほんますごいよな昔の人



    20:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:44:59SLO
    ちなみに話はそれるが
    この改暦の話を「天地明察」という作品で扱っているので
    知っている御仁も多いと思うが
    749-1

    この話で「渋川春海に,数学者の関孝和が協力した」となっているが
    個人的にこれは絶対にないと思う

    渋川春海と関孝和はどちらも独自に改暦研究を行っており
    数学に長けていた関孝和の暦のほうが優れていたが
    渋川春海が使えていた人物が将軍になったので渋川春海の暦が採用され
    関孝和は大層落胆したという



    23:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:47:50SLO
    渋川春海の作った「大和暦(=貞享暦)」は
    暦の理論を完全に理解してはいなかったため
    すぐに改暦されることとなる

    最終的に日本で太陰太陽暦の改暦が行われたのは
    天保暦で,現在「旧暦」といえば
    この天保暦を指し,太陽暦に切り替わった今でも
    天保暦のシステムをそのまま使って旧暦を定めている

    貞享暦(じょうきょうれき)は、かつて日本で使われていた太陰太陽暦の暦法である。
    初めて日本人渋川春海の手によって編纂された和暦である。
    和暦の日付は、旧暦表示である。西暦の日付は、グレゴリオ暦表示である。

    貞享2年1月1日(1685年2月4日)に宣明暦から改暦され、宝暦4年12月30日(1755年2月10日)までの70年間使用された。
    宝暦5年1月1日(1755年2月11日)、宝暦暦に改暦される。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/貞享暦


    25:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:51:17SLO
    この「2033年問題」でよく誤解されるのが
    「何百年も昔の暦を使ってきたせいで日付にズレが生ずる」というものだ

    これは完全に間違い
    なぜなら天保暦で用いられているシステムで1年間を計算すると
    約365.24223日となり,我々が現在使っているグレゴリオ暦の365.2425日よりも遥かに精度が高く
    1日ズレるのに1万年ちかくかかる



    27:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:53:05sYd
    詳細は知らんけどなんか聞いたことあるな
    期待



    28:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:53:12SLO
    では何が問題かというと
    簡単にいえば
    「その月が旧暦でいうと何月になるのか呼称が定まらない」というものだ



    29:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:53:55NgG
    ほほう?


    30:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:55:31SLO
    旧暦は月の満ち欠けを基準に一ヶ月を定めているが
    では「今が何月なのか?」ということについては
    二十四節気を基準にしている



    31:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:57:19SLO
    二十四節気とは
    冬至や春分,夏至,冬至といった太陽の運行の目安となる基準であり
    旧暦では「冬至を11月とする」ことになっている



    32:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:58:52SLO
    二十四節気のうち
    月名に関係する12の区切りを「中気」といい
    天保暦以前は「平気法」によって中気の日付を割り出していた



    33:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:00:16SLO
    平気法とは
    地球の公転周期を正確に12等分して
    ぞれぞれ順に中気を当てはめるというというものである



    34:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:01:37SLO
    平気法の利点は
    公転周期の「時間」を基準にしているので
    中気1つ1つの間隔が等しくなる



    35:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:03:53cub
    てっきりコンピュータ関連の語りかと思って開いたら全然違ったンゴ


    36:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:03:55SLO
    一方,天保暦で採用されたのは
    「定気法」という計算法で
    これは地球からの見かけの太陽の位置(1年で360度)を
    24等分して15度移動すれば二十四節気1つ分を移動したこととする
    というものである



    37:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:06:02SLO
    「平気法」も「定気法」も同じように見えるが
    ケプラーの第二法則により
    地球の公転速度は一定ではないので
    「定気法」では中気の間隔がそれぞれ異なることになる



    38:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:07:50SLO
    公転速度が比較的速い時期は14日で二十四節気1つ分
    遅い時期では16日で二十四節気1つ分移動することになる



    39:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:10:06SLO
    月の満ち欠けをは約29.53日なので
    速度の遅い時期だと次の中気に至る(二十四節気2つ分)のに
    30日超過かかるので1ヶ月の間に中気が来ないということが起こる
    (これ自体は平気法でも起こる)



    40:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:11:52SLO
    基本的に
    >>11で話した閏月をこの「中気が来ない月」に入れることになっている
    (中気が来ない月が全て閏月というわけではない)


    11:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)00:35:44SLO
    1年で10日ぐらいずれるから だいたい3年で1ヶ月分のズレが生ずるので 何年かに一度1年を13ヶ月とすることで調整を図っていた


    41:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:14:20SLO
    それで
    2033年の旧暦7月(処暑)の次の月は
    「中気が来ない月」となり
    その翌月の月は秋分があるので8月となる



    42:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:16:21SLO
    ではこの旧暦7月(処暑)と8月(秋分)の間の月を
    閏月と定めれば良いではないかと思うだかもしれないが

    実は
    2033年の冬至の次の月もまた「中気が来ない月」となる



    43:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:16:45NgG
    なるほどな


    44:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:17:01uI8
    神無月がなくなる?


    45:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:18:26SLO
    更に
    翌年の2034年の春分の前月(旧暦では春分のある月は基本的に2月となる)にも
    「中気が来ない月」が出てくる



    46:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:19:35SLO
    よって天保暦のシステムでは
    2033年の秋から2034年の春にかけて閏月を何処に置けばよいか
    ということが断定できない



    48:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:25:17SLO
    しかも

    2033年に処暑が来るのは太陽暦8月23日
    2033年に秋分が来るのは太陽暦9月23日(旧暦では秋分のある月を基本的に8月としている)
    2033年に冬至が来るのが太陽暦12月21日(旧暦では冬至のある月は基本的に11月としてる)

    9月23日から12月21日までの間に月の満ち欠けは3回しか無い
    つまり旧暦8月9月10月11月のどれか1つを飛ばさないと辻褄が合わない



    49:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:27:59SLO
    まとめると
    旧暦2033年は閏月を何処に定めれば良いか分からない
    旧暦2033年の8月(秋分)から2034年の2月(春分)までの月名が確定できない



    50:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:28:41un4
    現代の暦学者はおらんのか?


    53:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:32:33SLO
    >>50
    現在の日本ではあくまで慣習的に旧暦を使っているだけなので
    仮に暦学者がこの2033年問題を解決するために改暦しても
    法的拘束力も何もないのでカレンダー業界などが従うかどうかは個人の自由



    51:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:30:16SLO
    ちなみに
    この問題が生ずるのは
    天保暦のみで

    同じく太陰太陽暦で旧正月などを定めている中国・台湾などでは
    >>33のとおり平気法により月名を定めているので2033年問題は起こらない

    33:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:00:16SLO
    平気法とは 地球の公転周期を正確に12等分して ぞれぞれ順に中気を当てはめるというというものである


    52:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:31:25uI8
    2033年だけ平気法にするとかじゃいかんのか?


    54:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:34:40SLO
    >>52
    そういう案も出ている



    54:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:34:40SLO
    結局,この2033年問題で一番問題なのは
    「2033年問題はこうやって解決する」という方針を誰が決めて
    誰が従うかというのが凄く曖昧な点



    55:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:34:41C10
    要するに旧暦カレンダー作るとことか旧暦換算ソフトとかが困るってことでええんか?


    56:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:35:27SLO
    >>55
    それプラス友引とか大安とかを気にする結婚業界



    58:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:36:21sYd
    旧暦を統括する機関が無いから解決策も出せないんか


    59:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:38:26un4
    >>58
    地味やけど政府主導で守った方がええと思うわ



    60:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:38:39SLO
    >>58
    そういうことや
    政治家に働きかけて特別法を制定させるという意見もあるが
    既に公的な立場にない暦を法律で縛るのは色々問題が有るやろうな



    61:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:40:24un4
    >>60
    法的ではなく公式見解でええやろ



    62:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:51:226iO
    なるほど、ワイには無縁


    64:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)02:00:12ZhR
    >>62
    このように無関心決め込むことで文化が衰退衰退し、ひいては国力が衰えていくんやで
    諸外国とは大違いの意識の低さや




    63:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)01:55:28BZ9
    どこが管轄するんや?
    気象庁や天文台がある文科省か?



    65:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)02:03:14SLO
    >>63
    一応,国立天文台のサイトには
    「2033年問題」を扱ったページがある


    2014年は1月と3月に2回ずつ朔 (新月) がある一方,2月には朔がない.
    それ自体はとくに珍しいことではなく,19太陽年が235朔望月にほぼ等しいことをふまえれば,前回が1995年,次回は2033年というのも容易に理解できるだろう.
    これは,月の満ち欠けをもとにする太陰太陽暦と太陽暦の関係が19年でほぼ元に戻るということと同義であるが,次回2033年にはその関係にちょっとした問題が生じることが知られている.

    地球が常に一定速度で運動していれば平気法でも定気法でも結果は変らない.
    しかし,実際には地球が近日点を通る頃=冬には速く動くので中気の間隔は短くなり,反対に遠日点を通る頃=夏には遅く動くので中気の間隔は長くなってしまう.
    その変動幅はおよそ29.5~31.5日であり,とくに間隔が短くなる冬には,旧暦のひと月の間に中気が2つ入りそれが何月か決まらなくなる事態も起こりうる.
    このため天保暦では,冬至を含む月は11月,春分を含む月は2月,夏至を含む月は5月,秋分を含む月は8月となるように調整するというルールが加えられた.

    topics2014_a

    http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/topics/html/topics2014.html


    71:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)08:48:03cub
    そもそも暦に欠陥があるんじゃなあ


    72:名無しさん@おーぷん: 2015/07/14(火)08:57:46BZ9
    >>71
    地球の公転周期が自転周期の整数倍やないからな
    しゃーない




    【地球ヤバイ?】8月11日(月)午前3時9分に今年最大のスーパームーンがクル━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    土星で地球2個分の台風が発生wwwww(画像あり)

    空前の滅亡ブーム! 2015年、2017年、2020年、2030年にも地球が滅亡することが判明!

    ここで科学のテストです。地球はどうやって作られた?(動画あり)


    キニ速の全記事一覧

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    人気記事ランキング

      おすすめサイト最新記事一覧

      コメント

      1.気になる名無しさん2015年07月14日 15:40  ▽このコメントに返信

      言い換えれば占い好きにしか影響ないって事か

      2.気になる名無しさん2015年07月14日 15:42  ▽このコメントに返信

      調べてみたら
      とっくに解決しとるやんけ

      3.気になる名無しさん2015年07月14日 15:48  ▽このコメントに返信

      へぇ~ . . . そぅなんだ...でっ

      4.気になる加藤鷹さん2015年07月14日 15:53  ▽このコメントに返信

      加藤鷹「あぁ~… いいよぉ… 頭が破綻すr… あぁ~… いい///」

      5.気になる名無しさん2015年07月14日 15:54  ▽このコメントに返信

      何でもかんでも政府主導とか、上から決められないと思考停止してしまう馬鹿が大量生産されてるな。

      6.気になる名無しさん2015年07月14日 15:56  ▽このコメントに返信

      ※5

      ⬆⬆⬆⬆⬆⬆⬆⬆⬆⬆

      7.気になる名無しさん2015年07月14日 15:59  ▽このコメントに返信

      レス順ガバガバやんけ!
      管理人、ちゃんと修正しとけや

      8.気になる名無しさん2015年07月14日 16:06  ▽このコメントに返信

      これに関心を示さないことで、国力の何が衰えるんだろうな

      9.気になる名無しさん2015年07月14日 16:17  ▽このコメントに返信

      doudemoeena

      10.気になる名無しさん2015年07月14日 16:20  ▽このコメントに返信

      ※5
      じゃあどこかの誰かが決めて
      今後もそいつ(そこ)がある程度の権限を持ったとみなされて問題が起きないのか
      それで足並みは揃うのか
      民間や業界だけで決めるには大きすぎる

      11.気になる名無しさん2015年07月14日 16:24  ▽このコメントに返信

      半分読んだが全く意味がわからん(笑)

      12.気になる名無しさん2015年07月14日 16:34  ▽このコメントに返信

      全部読んだが適当に決めればええやんとしか思わなかった

      13.気になる名無しさん2015年07月14日 16:44  ▽このコメントに返信

      パパラギという本があってだな

      14.気になる名無しさん2015年07月14日 16:46  ▽このコメントに返信

      東証取引時間さえ分かれば何の問題もない

      15.気になる名無しさん2015年07月14日 16:48  ▽このコメントに返信

      ※8
      気にしなくなったら新しく作らない限りアイデンティティが減っていく
      その国としての特徴がなくなるんだから後はわかるでしょ

      16.気になる名無しさん2015年07月14日 17:02  ▽このコメントに返信

      wwww????WWWww??wwwWWW

      17.気になる名無しさん2015年07月14日 17:07  ▽このコメントに返信

      実はその昔朝廷はこういうのを決める権限を持っていたんだよ

      18.気になる名無しさん2015年07月14日 17:08  ▽このコメントに返信

      六曜は明治政府がカレンダーに占いを具体的に指定して記載禁止
      でもって六曜はかなりマイナーな占いで指定されてなくって差別化するのに乗せるようにあるカレンダー屋が始まって
      それとなく普及したと何かで読んだ気がした

      19.気になる名無しさん2015年07月14日 17:14  ▽このコメントに返信

      この問題について、何処に責任があるのかがわからないのが問題ってことよ。

      20.気になる名無しさん2015年07月14日 17:15  ▽このコメントに返信

      アイデンティティwwwwww
      じゃあ旧仮名使って大根飯食って五右衛門風呂に入ってりゃいいじゃんwwww
      いらんもんはいらんのじゃ、アホらしい

      21.気になる名無しさん2015年07月14日 17:22  ▽このコメントに返信

      たとえば今回の解決策が将来グレゴリオ暦に問題が発生したときに応用され
      すごいにっぽん!これからはグレゴリオジャパン歴と呼ぶなんてこともあるかもしれないしな

      22.気になる名無しさん2015年07月14日 17:34  ▽このコメントに返信

      2033って遠い未来かと思いきやそんな未来でもないんだな。しかしその時は58か…。

      23.気になる名無しさん2015年07月14日 18:05  ▽このコメントに返信

      もう、そのなんとか暦なくそう
      うん…うん?

      24.気になる名無しさん2015年07月14日 18:08  ▽このコメントに返信

      そもそも必要ないしな
      この際なくせよゴミ暦

      25.気になる名無しさん2015年07月14日 18:19  ▽このコメントに返信

      仮にこれを本気になって解決しようとしたところで日本国民のおよそ9割9分はそれすらも知らず34年を迎えるんじゃねーか?
      国力の衰退なんて言ってたやついるが、そんなんで国力の衰退が起きてたら今ごろ日本なんてねーわボケwwww

      26.気になる名無しさん2015年07月14日 18:22  ▽このコメントに返信

      話は聞かせてもらった!

      27.気になる名無しさん2015年07月14日 19:15  ▽このコメントに返信

      結婚業界とかいうぼったくり集団に影響があるからって特別扱いとか笑わせるわ

      28.気になる名無しさん2015年07月14日 19:23  ▽このコメントに返信

      車の納車日も困るな
      仏滅とかには納車したくない

      29.気になる名無しさん2015年07月14日 19:28  ▽このコメントに返信

      別になんかの参考にするわけでもなくズレがあろうが構わんわ旧暦なんて
      立夏が5月6日で立秋が8月8日とかもう既に現代人の感覚とは乖離してんだから
      そんなものもありましてね、って話のネタにする程度のものだろ

      30.気になる名無しさん2015年07月14日 20:27  ▽このコメントに返信

      わからンゴォオオオオ!!誰か無能にも分かるように説明してクレメンス

      31.気になる名無しさん2015年07月14日 21:58  ▽このコメントに返信

      おもしろかった
      映画も見てみたい

      32.気になる名無しさん2015年07月14日 22:17  ▽このコメントに返信

      ワイアホ、よく解らず

      33.気になる名無しさん2015年07月14日 22:34  ▽このコメントに返信

      何にも問題は起きない問題だってことがわかった

      34.気になる名無しさん2015年07月14日 22:47  ▽このコメントに返信

      なるほど意味分からん

      35.気になる名無しさん2015年07月14日 23:24  ▽このコメントに返信

      ※12
      その適当に決めるってのを誰がやるのかが問題だ

      36.気になる名無しさん2015年07月14日 23:24  ▽このコメントに返信

      世界史の知識だけじゃよく分からんかった

      37.気になる名無しさん2015年07月15日 00:12  ▽このコメントに返信

      誰が決めるか決まらんのは、この問題が割とどうでもええからじゃない?
      ちゃんと決めなあかん事やったらとっくに決まってると思うで

      38.気になる名無しさん2015年07月15日 04:13  ▽このコメントに返信

      文化と文字を捨てた朝鮮という国があってだな…

      39.気になる名無しさん2015年07月15日 09:42  ▽このコメントに返信

      スレ中でも触れてるけど、解決策は2つある。
      問題はどちらをとるかの決定権が誰にもないこと。
      とはいえ、カレンダー業界では既にどっちにするかほぼ決まってたはず。

      40.気になる名無しさん2015年07月15日 11:45  ▽このコメントに返信

      いや、昔っからの歴史的な感覚でいうと
      暦の制定や改廃(天文)は、戸籍を作ることなどと同じく、王朝(または国家)の専権かつ基礎的な事業の1つ。


      だから徳川政権が、天皇という存在があるにも関わらず暦を改定したというのは、
      実は日本の歴史上においてかなり画期的なことをしたことになる。

      41.気になる名無しさん2015年07月15日 13:50  ▽このコメントに返信

      何でスレタイを捏造するの?
      そのままのスレタイでいいよね?
      ワイを俺にする意味は?

      キニ速の全記事一覧

      週間ページランキング

      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      はてなブックマーク
      3日間集計逆アクセス
      Copyright (C) 2011 キニ速 -気になる速報-. All rights reserved. ブログパーツ