【歴史まとめ】三国志←三国県立してから面白くない

    43
    コメント

    20120613232340843

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:23:24.02ID:GPbHOobXr.net
    なぜなのか


    3:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:24:17.09ID:XiVBGrUQ0.net
    鼎立のこと?


    4:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:24:54.56ID:s/hS/O8Ca.net
    なんj民、鼎が読めない


    6:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:25:54.43ID:HsmPQVno0.net
    高校かな?


    10:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:26:58.91ID:fIQeYYCi0.net
    ていなんて詳しくないと読めんわ


    18:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:28:59.85ID:HsmPQVno0.net
    >>10
    こういうジャンルのスレ立てるような奴なら普通は知ってる



    12:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:27:38.10ID:0fxIRzOZ0.net
    県立wwwwwwwwwww


    14:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:28:08.51ID:WJTAWfckd.net
    鼎立やぞ


    16:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:28:41.55ID:EYuf0lRs0.net
    赤壁って県立前やったか


    21:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:29:43.98ID:NtKgKZb00.net
    >>16
    バス停前の喫茶店かな



    23:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:30:07.56ID:Khdlw4sX0.net
    >>16
    三国鼎立の成立時期は1192作ろう鎌倉幕府並にブレブレやけど赤壁より後なのは間違いない



    17:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:28:50.33ID:NtKgKZb00.net
    三重県立の間違いかな


    19:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:29:09.79ID:vO1el3zGa.net
    ワイも読めないからセーフ


    22:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:29:46.64ID:VfngnIas0.net
    戦犯関羽
    関 羽(かん う、、簡体字: 关 羽、拼音: Guān Yǔ・? - 建安24年12月(220年1月))は、中国後漢末期の将軍。字は雲長(うんちょう)。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/関羽

    赤壁の戦いの後に劉備が益州に入ると、関羽は荊州の守備を任され、魏の曹操・呉の孫権に睨みを効かせていた。

    劉備が漢中王となった後、関羽は襄陽を攻め落とし、曹仁の守る樊城を包囲する。この戦いで魏の于禁率いる数万の軍勢を撃破し、さらに龐徳を斬った。魏は司馬懿らの献策で呉と同盟を結び、呂蒙が孫皎、陸遜、朱然、潘璋、蒋欽らを率いて麋芳と士仁を降し、南郡を呉の領有とする事に成功する。退路を絶たれた関羽は呉の馬忠に捕らえられ、臨沮で処刑された。曹操は送られてきた関羽の首を、諸侯の礼をもって葬った。

    殺された関羽の仇討ちとして、劉備は大軍を率いて夷陵に攻め入るも陸遜の前に大敗を喫し、二度と荊州を取り戻すことは出来なかった。

    長男の関平は関羽と共に処刑された。次男の関興は才能を高く評価され、夷陵で戦死した馬良に代わって二十歳にして侍中・中監軍という大役に抜擢される。しかしその数年後(出師の表に名がないことから、227年までに死去したと考えられる)に病死した。正史注の『蜀記』によれば、蜀が滅んだ際、龐徳の子・龐会により関羽の一族は皆殺しにされたとされる。

    http://dic.nicovideo.jp/関羽

    ※荊州問題の参考リンク
    なぜ荊州問題が起きたか
    http://3guozhi.jp/b/rs8.html
    荊州の失陥
    http://www.t3.rim.or.jp/~miukun/koumei7.htm


    31:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:32:51.35ID:IH30qwQga.net
    >>22
    益州の情勢が安定してなかったとは言え荊州に髭以外ロクな人材を置かなかった劉備監督の采配にも問題がある



    42:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:34:43.48ID:XiVBGrUQ0.net
    >>31
    諸葛亮が最初はおったんやなかったっけ?



    54:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:36:16.20ID:Khdlw4sX0.net
    >>42
    龐統が落鳳坡で死んで呼び出された

    龐 統(もしくは、179年 - 214年)は、中国後漢末期の武将、政治家。劉備に仕えた。字は士元(しげん)。道号は鳳雛。謚は靖侯。
    「臥竜・臥龍(がりょう)」「伏竜・伏龍(ふくりょう)」と呼ばれた諸葛亮に対して、「鳳雛(ほうすう)」と称せられた。

    300px-PangTong

    荊州を領有した劉備の下に転じ、耒陽(らいよう、現在の湖南省耒陽市)の県令の職を任ぜられるものの、仕事を滞らせたために罷免される。これを聞いた魯粛は劉備への手紙の中で「龐統は大役を与えてこその人物」と薦め、諸葛亮も取り成したので再び劉備に召し抱えられ、諸葛亮と同じ役職である軍師中郎将に任命される。

    劉備陣営の次の方策として、西の益州を獲ることが考えられていたが、劉備は主が同族の劉璋であることを理由にこれを渋っていた。龐統はこれを諫めて、益州を獲ることを劉備に決心させた。入蜀に際しては龐統が劉備に同行し、諸葛亮は荊州の留守を守ることになった。

    益州に入った当初、劉璋は劉備たちの本心を知らずに歓迎の宴を開くなど無防備だったので、龐統はこの機会に劉璋を捕らえて、無用に戦うこと無く益州を取るよう劉備に進言したが、劉備は「他国に入ったばかりで、恩愛や信義はまだ現れていない。それはいかん」と答えこれを聞き入れなかった。

    その後、劉備軍は漢中の張魯と対峙する振りをして駐屯し、成都にいる劉璋をどう攻めるかを検討していたが、東で曹操と孫権が戦い、劉備に対して援軍を求めてきたことを口実に軍団を移動させることを考えた。この時、龐統は劉備に対して、昼夜兼行で成都を強襲する上計・関所を守る劉璋の将を欺いて兵を奪い成都を目指す中計・一旦白帝城まで退く下計の三計を提示し、その結果劉備は中計を採用した。

    そこで劉備は龐統の策略を用いて、白水関を守る劉璋の武将である楊懐と高沛を呼びつけて騙し討ちし、白水関を占領した(劉備の入蜀)。
    劉備軍は、成都攻略の前に劉循・張任が守る雒(らく)城を包囲したが、この包囲戦の最中、龐統は流矢(雨のように降りそそぐ矢、あるいは流れ矢)に当たって死去した。享年36。劉備は龐統の死を大いに悲しみ、関内侯を追封し、靖侯と諡号を贈った。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/ホウ統


    70:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:39:04.35ID:XiVBGrUQ0.net
    >>54
    結構すぐやな
    劉備からしたらけい州は諸葛亮と髭に任せて
    益州に本拠地を置くつもりやったんか?



    90:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:43:04.33ID:fIQeYYCi0.net
    仮に関羽がけいしゅう守れたとして。

    蜀は三国統一できるの?



    100:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:44:25.79ID:XiVBGrUQ0.net
    >>90
    呉と組んで魏を潰せれば可能やったけど
    まぁ無理やろな



    93:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:43:19.84ID:Il6hGXFY0.net
    荊州が欲しくてたまらない呉カスが同盟破棄する可能性を全く考えなかったんかなあ
    波乱を起こそうにも益州の山奥だけでは無理や



    28:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:32:13.87ID:XiVBGrUQ0.net
    劉備が益州落としたとき?
    それとも献帝が禅譲したとき?
    魏呉蜀で皇帝が三人揃ったとき?



    35:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:33:40.23ID:HsmPQVno0.net
    >>28
    劉備が自称皇帝になったとき?



    39:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:34:14.30ID:fiZpgiwj0.net
    >>28
    一応皇帝が3人になってからが三国時代と言われてる

    450px-Sanguo_map


    44:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:35:12.61ID:ewW21NHQr.net
    >>39
    じゃあ曹操の死後か



    51:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:36:02.29ID:XiVBGrUQ0.net
    >>39
    相当後期やな
    ドラゴンボールで言うと魔神ブウ編あたりやんけ



    29:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:32:17.74ID:2v7ndBxzM.net
    南蛮攻略という後期の清涼剤
    孟 獲(もう かく、生没年不詳)は、中国三国時代の人物。南中の豪族。蜀漢の南征を受け、帰順した。
    300px-MengHuo

    https://ja.wikipedia.org/wiki/孟獲

    『正史』では・・・。
     
    実は、南蛮征伐に関する記述は、「諸葛亮伝」の中に一行しかないのです。「南中に軍を率いて行って半年で平定した」とあるだけです。

    『演義』は、この簡略な記述を必死に引き伸ばしてストーリーを盛り上げたというわけ。でも、孔明が「火を吐くロボット猛獣」を発進させる話とか、蛮族がトラやクマなどの猛獣を兵にして攻めてくる描写は、ちょっとやり過ぎですね。『西遊記』じゃないんだからさあ・・・。
     
    いちおう『正史』ベースで孔明の南征を概観すると、あれは要するに「反乱の平定」事業だったのです。前にも述べたように、夷陵の大敗と劉備の病死にさいして、蜀の各地で豪族たちが反乱を起こしました。彼らは、蜀を見限ったのです。劉禅と孔明は対策に尽力し、このうち成都近郊の黄元の反乱だけは迅速に平定できたのですが、南中といわれる益州南部の反乱は大規模で手がつけられず、そのまま3年間も放置せざるを得ませんでした。




    32:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:32:57.32ID:D1J2UYlNM.net
    曹操劉備死んでからのどうでもいい感


    36:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:33:51.16ID:Khdlw4sX0.net
    >>32
    登山家がおるやんけ

    馬謖とは、中国を代表する登山家

    生年190~没年228。字は幼常。後漢末期から三国時代の人で、蜀に仕えた武将。

    襄陽宣城(湖北省宜城県)の出身。襄陽の名家である「馬氏の五常」の中の五男(末子)として誕生した。

    217年頃、荊州従事として蜀に入り、劉備に仕え、各所の県令・太守を歴任した。並外れた才能の持ち主で、軍略を論じることを好み、その才能は諸葛亮に高く評価された。ただ、劉備は彼を信頼せず、白帝城で臨終する間際にも、「馬謖は口先だけの男であるから、くれぐれも重要なことを任せてはならない」と諸葛亮に厳しく念を押したといわれる。しかしながら馬謖の才能を愛する諸葛亮は、劉備の死後、彼を参軍に任命し、昼夜親しく語り合った。

    224年南蛮制圧の際、馬謖は「城を攻めるは下策、心を攻めるが上策」と諸葛亮に助言し、これが七縱七擒などの作戦に繋がり、南征の成功と蜀の後背地の安定に寄与することになった。

    228年春3月に諸葛亮は第一次北伐の際、彼に戦略上の要所である街亭の守備を命じた(街亭の戦い)。諸葛亮は道筋を押さえるように命じたが、馬謖はこれに背き山頂に陣を敷いてしまう。副将の王平はこれを諫めたが、馬謖は聞き入れようとしなかった。

    その結果、張郃らに水路を断たれ山頂に孤立し、蜀軍は惨敗を喫すこととなる。翌5月に諸葛亮は敗戦の責任を問い、軍規に基づいて処刑した(王平伝より)。諸葛亮はこの責任を取って自ら丞相から右将軍に降格した。「泣いて馬謖を斬る」の故事の元がこれである。

    ちなみに山上に布陣すること自体は策の1つである(漢中攻防戦でのいわゆる定軍山の戦いが有名)。だが、馬謖は水源の確保を怠っていた上に、馬謖の策は山上と街道の両軍で挟み撃ちにするというものだったが、上手くいかなかったことが失敗の原因とされる。とは言え魏軍との戦力差(魏が約20万なのに対し、蜀は8万ほどであった)ことも無視することはできないだろう。

    この失敗がなければ次世代のホープとして活躍していたかも知れないだけに惜しい人物でもあった。

    孟獲を帰順させるアドバイスをするなど蜀に貢献した馬謖だったが、街亭の戦いでの致命的な失策が今もなおネタとされ続け、馬謖を「登山家」「山頂」と呼ばれるようになった。

    http://dic.nicovideo.jp/a/馬謖


    43:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:35:11.78ID:NzIOCEKGd.net
    >>32
    ちょっとでもいいですから孫堅の事も思い出して上げてください

    孫 堅(そん けん)は、中国後漢末期の武将。字は文台(ぶんたい)。呉郡富春県の人。三国時代に成立した呉の皇帝である孫権の父。廟号は始祖、諡は武烈皇帝。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/孫堅


    57:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:36:52.88ID:Khdlw4sX0.net
    >>43
    黄祖に挑発されて落石で死ぬとかダサすぎだわ

    包囲軍本陣の帥字旗がにわかに吹き起こった狂風で折れるという凶事が起こった。このため、韓当が「これは不吉の兆しなので退くべきでは」と進言する。しかし、孫堅は聞く耳を持たずに出陣し、蒯良の策謀で呂公がしかけた伏兵の罠にかかり、矢を射かけられ、落石に押し潰されて死亡した。その死体は劉表軍により持ち去られたが、捕虜となっていた黄祖の身柄と引き換えに、この時参陣していた孫策のもとに引き渡された。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/孫堅#.E6.A8.AA.E6.AD.BB

    ※正史の死因
    袁術は孫堅を使って襄陽の劉表を攻めさせた。孫堅は、劉表配下の黄祖と一戦して打ち破り、襄陽を包囲した。しかし、襄陽近辺の峴山に孫堅が一人でいる時に、黄祖の部下に射殺された(襄陽の戦い) 。 享年37。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/孫堅#.E6.A8.AA.E6.AD.BB


    33:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:33:01.51ID:K75e5NST0.net
    なんJ民、「鼎立」が読めない


    34:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:33:17.02ID:z16LpdO00.net
    県立三国高校


    37:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:33:58.02ID:tN2f4da90.net
    四国志よりは面白そうだからセーフ


    56:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:36:49.02ID:Kx3WTyNI0.net
    >>37
    統一間近で外から来た連中に一掃されるやん
    三国志も大して変わらんが



    140:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:48:56.51ID:8sQ6bL1Z0.net
    >>37
    公孫淵「ワイ入れて四国でええのになぁ」



    38:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:34:03.28ID:Kx3WTyNI0.net
    【悲報】なんJ民、三重県が書けない


    40:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:34:25.82ID:J9qhwdTLp.net
    蒼天航路の袁紹なんで急に温厚になったの


    41:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:34:26.25ID:Cj2phR6+0.net
    面白い時期がわからんわ
    董卓が現れて合従軍組んだ辺りか?



    52:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:36:07.13ID:M3hdgOHfd.net
    >>41
    人それぞれやろ
    初期のわらわらした感じが好きやつもおれば、劉備が早々に立ち向かう頃が好きなやつもおる



    49:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:35:31.29ID:IH30qwQga.net
    >>41
    そこはまだつまらんやろ
    董卓死んで各地に群雄割拠し始めた時期が最高やな



    97:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:43:52.05ID:Cj2phR6+0.net
    >>49
    いうほど群雄割拠か?
    曹操ばっか目立ってる気がするわ
    後は袁紹がイナゴほろぼして孫策が江南でイキってたぐらいか



    108:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:45:20.34ID:IH30qwQga.net
    >>97
    袁術さんが時代を先取りして皇帝名乗ってる辺りとか最高やんけ



    147:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:49:56.68ID:pCK9CxvJ0.net
    >>108
    袁術「帝の袁術じゃ。水を持って参れ。」
    農民「水はさっきまであったがね、今なくなっちまった。」水瓶ガシャーン
    袁術「俺はもう一人の民も持たぬ王だったのか・・・」 

    横山三国志のこのシーンすこ



    45:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:35:15.19ID:iufqgZ9/0.net
    中国史上、きっちり三国に割れたから人気があるんか? この時代
    それとも、後世の文学なりの影響で贔屓されているのか



    66:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:38:34.55ID:M3hdgOHfd.net
    >>45
    戦記物は庶民に流行しやすいのと、
    漢民族の正当性のため劉備が正義な演義はよく政治利用されてるから、
    結果広まった



    216:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:59:11.25ID:UPu8uuHVM.net
    >>66
    曹操って漢民族じゃなかったんか?



    237:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:02:56.61ID:XMmJXopMd.net
    >>216
    劉備が漢の劉邦と同じような出自だから権力一家に反発するストーリーが受けたってことやろ



    251:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:04:42.72ID:84YIGxEYD.net
    >>216
    曹操自身は最後まで漢の臣下で簒奪一歩手前で止めていたが(元々う●こだったとはいえ)事実上とどめ刺したし



    47:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:35:16.16ID:D1J2UYlNM.net
    でも陳舜臣の曹操残夢はおもしろかった(KONAMI)
    _SX339_BO1,204,203,200_


    55:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:36:26.35ID:WXkbHsUMa.net
    すまんが三国県ってなにンゴ?


    58:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:37:19.47ID:iGhAtqXja.net
    >>55
    四国の事やで



    60:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:37:53.56ID:1jI6S9AO0.net
    これ外敵の方が強いんだよな
    狄とかさいつよやんけ



    71:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:39:25.46ID:Khdlw4sX0.net
    >>60
    末期の魏とか晋とかモンゴルとかウイグルとか満州とか朝鮮の相手の方が多かったらしいからな



    87:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:41:47.85ID:XiVBGrUQ0.net
    >>71
    むしろ中国の歴史的にはやっぱり外敵との戦いこそが本筋らしいで



    61:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:37:59.79ID:JfTCKyIS0.net
    集まってからつまらない水滸伝
    top


    72:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:39:43.29ID:bv/yDtHG0.net
    >>61
    やっぱり横山光輝がNo.1!



    62:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:38:02.87ID:WPx3tCewd.net
    徐庶や博望坡あたりがピーク
    博望坡の戦い(はくぼうはのたたかい)は、中国後漢末期、荊州の博望坡(現在の河南省方城県)で曹操と劉表(劉備)の間に起きた戦いである。実際は局地的な戦いの一つに過ぎなかったが、『三国志演義』により大幅に脚色がなされている。

    三国志演義
    この戦いは、劉備の天才軍師である諸葛亮の名采配ぶりを中心に描かれ、劉備の義兄弟である関羽と張飛を中心とした古参の武将達が、新参の諸葛亮の力量を認め、全面的に信頼を寄せる契機となる戦いとして位置づけられている。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/博望坡の戦い


    63:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:38:22.68ID:bpcIfzAZ0.net
    三国志で一番ワクテカ止まらない場面って
    蜀を制覇して五虎大将軍を任命したとこだと思う
    そこから先は・・・



    65:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:38:31.86ID:IH30qwQga.net
    趙雲辺りを髭の副将的ポジションとして送り込めなかったのか
    趙 雲(ちょう うん、拼音: Zhao Yun、? - 229年)は、中国後漢末期から三国時代の蜀漢にかけての将軍。

    小説『三国志演義』において、趙雲は正史に比べ記述が多く、五虎大将軍の一人として、非常に勇猛かつ義に篤い、また冷静沈着な武芸の達人として描かれている。
    長坂では、単騎で大軍の中を駆け抜け阿斗と甘夫人を救出する話(阿斗を抱えていた糜夫人は井戸に身投げして自殺)が『演義』でも代表的な名場面であり、京劇でも人気がある。また、中国各地に阿斗を抱いた趙雲像が建立されている。
    劉備が、孫権の妹と縁談のため呉に向かった際には同行している。そして、孫権による暗殺から劉備を守り、諸葛亮から与えられていた策を用い、呉から脱出している。
    『演義』で五虎大将軍として称えられる趙雲であるが、史実の上では五人中最も位が低い。劉備が漢中王として即位した際、関羽・黄忠・馬超・張飛がそれぞれ前後左右の将軍位を授かっているのに対し、当時趙雲の軍位は翊軍将軍のままであり、その位階職位は魏延よりも下であった。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/趙雲


    79:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:40:23.58ID:XiVBGrUQ0.net
    >>65
    趙雲は相当後になるまで劉備の親衛隊長レベルなイメージあるけど



    89:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:42:00.54ID:IH30qwQga.net
    >>79
    まあそうか
    戦犯龐統やな



    91:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:43:11.07ID:XiVBGrUQ0.net
    >>89
    まだ法正さえ長生きしてくれれば・・・



    125:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:47:17.69ID:IH30qwQga.net
    >>91
    徐庶がいれば…とか蜀に関してのIFは他より一番多いな
    後は孫権が引きこもらないor孫策が生きてればってのも気になる



    143:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:49:19.61ID:XMmJXopMd.net
    >>125
    郭嘉がいれば曹昴生きてたら
    どこもそんなんあるわ



    156:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:51:39.25ID:Khdlw4sX0.net
    >>143
    呉も周瑜と孫登がおったらなぁ



    163:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:52:30.22ID:T68KpeKIM.net
    >>156
    その中でも周瑜ifが少ないのは戦犯横山三国志



    69:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:38:57.69ID:bv/yDtHG0.net
    北伐おもろいやんけ
    北伐(ほくばつ)とは、中国の歴史上北に敵国がある場合にそこへ向けて軍を起こすことを言う。
    中国は地理上の条件から南北に分裂しやすく、しかも北には漢民族の文化的故郷とも言うべき黄河があり、南は経済的に北を圧する力を持っていた。故に北に割拠した国は南を征服する事を望み、南に割拠した国は自分達の故郷を取り戻す事を望んだ。中国の歴史上、北伐と名乗る戦争は歴代にある。
    三国時代、蜀(蜀漢)の諸葛亮が自ら軍を率いて出兵した魏侵攻が5度行われた。
    これは、初代皇帝・劉備の漢王朝復興の遺志に基づくものであったが、当時の蜀の国力及び軍事力からすれば、かなり無理なものがあった。元々蜀は荊州と益州の二方面からの北伐を計画していたが、荊州を魏と呉に奪われていたため、益州のみからの北伐を余儀なくされた。

    諸葛亮の死後、北伐は一時期中止されて国力の回復が図られる。諸葛亮の後継者であった蒋琬もその遺志を継いで北伐を計画したが、実現を見ぬまま病死した。その後、北伐反対派の費禕を経て姜維が軍権を握ると、再び北伐が大々的に行われることとなった。しかし、度重なる北伐により、蜀の国力は徐々に弱体化していった。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/北伐


    68:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:38:46.42ID:8GOkfXFPd.net
    赤壁前哨戦が一番面白い
    赤壁の戦い(せきへきのたたかい、中国語:赤壁之戰)は、中国後漢末期の208年、長江の赤壁において起こった曹操軍と孫権・劉備連合軍の間の戦いである。
    Chibi

    Ja-Chibizhizhan

    https://ja.wikipedia.org/wiki/赤壁の戦い

    ※赤壁の戦いの参考リンク
    赤壁の戦いは計略の宝庫
    http://hajimete-sangokushi.com/2015/05/19/post-2485/


    73:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:39:53.16ID:Il6hGXFY0.net
    呉カスが何となく建国しただけやからしゃーない


    74:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:40:02.21ID:Kx3WTyNI0.net
    春秋戦国時代は何で人気無いの?
    春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごくじだい)は、中国史において、紀元前770年に周が都を洛邑(成周)へ移してから、紀元前221年に秦が中国を統一するまでの時代である。この時代の周が東周と称されることから、東周時代(とうしゅうじだい)と称されることもある。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/春秋戦国時代


    85:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:41:42.74ID:Khdlw4sX0.net
    >>74
    国と大正義国家がコロコロ変わりすぎて把握する難易度が高すぎるから



    158:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:51:42.94ID:8sQ6bL1Z0.net
    >>85
    あと三国志はせいぜい100年程度やけど春秋戦国だと長過ぎておっかけるの大変やな



    77:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:40:16.09ID:6aoSy7700.net
    わかる。群雄割拠最高や
    逆にクーデターとかくっそつまらん



    80:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:40:32.74ID:WPx3tCewd.net
    aikoが歌いそう


    81:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:40:35.29ID:fIQeYYCi0.net
    スリーキングダムだと
    馬超対張飛が熱かったな

    img_0


    84:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:41:25.74ID:pCK9CxvJ0.net
    まぁ三国出来た頃にはもう消化試合感がね・・・
     

    88:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:41:55.46ID:Q2iRPmDc0.net
    劉備の蜀も漢中王くらいまではワクワク感あったのに皇位についてからはろくなことないし


    92:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:43:17.34ID:7qaSR9VC0.net
    みくに県立?
    福井かどっかの施設か



    94:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:43:41.50ID:fiZpgiwj0.net
    呉が早めに蜀を飲み込んでいればワンチャンあっただろうに
    周瑜が早く死にすぎやで



    117:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:46:44.23ID:Il6hGXFY0.net
    >>94
    呉カスは兵力足りてないし周瑜が生きとって益州に雪崩れ込んでてもやっぱり時間かかったんやないかな



    120:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:46:59.83ID:BokujIlXM.net
    >>94
    孫権「妬ましいからわしが消した」



    112:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:46:18.93ID:XiVBGrUQ0.net
    >>94
    長江の南から益州通って中原を征した奴なんておらんからなぁ



    232:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:02:04.80ID:2iA6zHBoM.net
    >>112
    一応毛沢さんが



    96:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:43:45.21ID:/Q5R0Ldi0.net
    三国志詳しくないけど
    主に劉備、曹操、孫権の話で孫権は他の2人よりも世代が若いでええの?



    103:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:44:47.27ID:Khdlw4sX0.net
    >>96
    親父が他の二人と同世代



    107:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:45:14.70ID:s/hS/O8Ca.net
    >>96
    孫権は他の二人の二周り近く下やな



    128:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:47:41.55ID:/Q5R0Ldi0.net
    >>103>>107
    サンキュー

    三国志はタイトルに三付いてても主に劉備と曹操の話しのイメージやね



    520:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:37:21.70ID:hkqjfJfbM.net
    >>128
    演義はそうだけど史実だとほぼ魏と呉の南北朝やぞ



    98:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:44:08.00ID:SinELHpVK.net
    そら何でも群雄割拠時代がおもろいよ


    99:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:44:16.61ID:Khdlw4sX0.net
    龐統を仕留めるという蜀の致命傷を功績としながら本気で寸前まで許されかけた張任とかいう名将
    張 任(ちょう じん、? - 213年)は、中国後漢末期の武将。益州蜀郡の人

    劉璋配下。元々は貧しい家の出だったが、文武に優れた能力を発揮して州の従事となった。
    当時、隣の荊州を支配していた劉備が益州に攻め込んで来ると、冷苞や鄧賢たちと共に劉備軍を迎え撃ったが、涪城で打ち破られたため雒(らく)城に退去した。雒城で劉循と共に篭城したが、金雁橋に出撃した際に再び劉備軍に敗れ、捕虜となってしまった。

    劉備は彼の忠勇を高く評価し、何度も臣従を勧めた。しかし張任は「老臣は決して二君に仕えるつもりはない」と言い、決して降ろうとしなかった。そのため最期には首を刎ねられた。
    劉備は敵ながら最後まで勇敢に戦い、忠義を曲げなかった張任に感服し、遺体を金雁橋の傍に埋葬した。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/張任


    105:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:45:04.99ID:1jI6S9AO0.net
    単純に蜀は人材不足やろな
    正直、魏の無名な文官レベルが蜀の文官有名どころやろ?



    110:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:46:00.61ID:T68KpeKIM.net
    >>105
    それはちゃうやろ
    裾野は魏のほうが全然広いけども



    111:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:46:11.46ID:BokujIlXM.net
    >>105
    譙周あたりなんて地方の小役人で終わるやろあんなん



    119:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:46:52.05ID:0DzQrW7ia.net
    >>105
    魏が人材狂すぎる



    116:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:46:44.04ID:XMmJXopMd.net
    >>105
    徐庶とか完全に埋もれたもんな
    でも魏が有能部下多いというより所属漢の奴が魏にいたのも大きい



    129:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:47:45.67ID:eJTnyGUO0.net
    >>116
    サボタージュやで



    136:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:48:35.10ID:BokujIlXM.net
    >>129
    能力的には四品で終わる奴ちゃうわな



    141:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:49:05.82ID:eJTnyGUO0.net
    >>136
    ママンのためや



    150:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:50:25.04ID:XMmJXopMd.net
    >>136
    キレて殺人して逃げ回った挙句構ってほしくて唄いながら街中歩くような奴だぞ



    152:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:50:54.87ID:BokujIlXM.net
    >>150
    中年Aかな?



    106:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:45:11.37ID:BokujIlXM.net
    姜維の最後の悪あがきくっそおもしろいんだよなあ
    姜 維(きょう い、建安7年(202年) - 景元5年1月18日(264年3月3日))は、中国三国時代の人物。魏・蜀漢に仕えた。
    小説『三国志演義』では馬遵配下の将として登場し、諸葛亮の計略を逆手にとって危機に陥らせたり、趙雲と一騎打ちで互角の勝負を演じたりしている。諸葛亮はその才を高く見込み、自らの後継者とするために計略を用いて姜維を蜀に投降させている。
    『演義』での姜維は諸葛亮の第一後継者としての趣が強く、基本的に才覚ある善玉に描かれており、諸葛亮の死後、北伐を続けて時に敗れる描写はあるものの、それによる国力衰退に関しては特筆されていない。
    これにより、晩年に重臣たちが姜維を中央から遠ざけていくということに関し劉禅の暗愚を強調し、姜維の非を読者に感じさせにくい意匠になっている。なお演義第119回では、なぜか姜維の享年を59としている。また、取り出された胆も鶏卵ほどの大きさと、史実よりも大幅に縮小されている。
    横山光輝の『三国志』では、蜀征討戦に対し諸将と共に剣閣の要害に立て籠もり連弩で抵抗している。このため魏軍が姜維との戦いを諦めて迂回し成都を攻め、劉禅らを降伏させてしまう。劉禅らの降伏を知った姜維は、泣きながら諸葛亮の遺言を守れなかったと言いつつ、岩に剣を叩きつけて折り、他の兵士らと共に泣きながらそれに従い降伏するという締めくくりになっている。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/姜維#.E4.B8.89.E5.9B.BD.E5.BF.97.E6.BC.94.E7.BE.A9.E3.81.A7.E3.81.AE.E6.B4.BB.E8.BA.8D


    113:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:46:28.63ID:Khdlw4sX0.net
    >>106
    鐘会への足止めといい最後の足利義輝ばりの剣劇といいやっぱ戦場限定では名将だわ



    130:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:47:54.36ID:BokujIlXM.net
    >>113
    防衛撤退戦も見事やけど師匠と相手が悪すぎやね



    109:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:45:52.93ID:cT3jayzf0.net
    【悲報】三国志の国々、県立だった


    114:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:46:38.99ID:GGsgaGFCH.net
    劉備入蜀時のオールスター感は異常
    historical06


    118:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:46:46.26ID:a56pHsp3p.net
    だから三国志13は赤壁くらいまでしかシナリオもイベント無いんかな


    630:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:55:39.28ID:j3irJSBsx.net
    >>118
    絵を全員描き直したから途中で力尽きた



    121:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:47:04.64ID:xXVL5yjh0.net
    姜維くらいまでの知識しかないのが多いのは横山三国志の影響かな?


    131:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:47:58.15ID:XMmJXopMd.net
    >>121
    大体の媒体はその変までしかやらんけどな



    138:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:48:46.24ID:RAYuSD310.net
    >>131
    台湾のドラマもそのへんまでだっけ?



    145:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:49:24.80ID:T68KpeKIM.net
    >>131
    誰を主人公にしても晋まで生きてへんしな
    司馬懿主人公とかならできるんやろうけど

    司馬 懿(しば い、179年 - 251年9月7日)は、後漢末期から三国時代曹魏にかけての武将・政治家。魏において功績を立て続けて大権を握り、西晋の礎を築いた人物。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/司馬懿


    189:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:55:55.09ID:Khdlw4sX0.net
    >>145
    お役所務めはにぃにに任せて働きたくないでござるしたいのに
    君主に首に縄引っ掛けて就職させられて
    その時代最高の軍師と国の存亡を賭けて戦う後の覇者の祖先

    いけるやん!



    200:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:57:41.17ID:eJTnyGUO0.net
    >>189
    しばちゅー



    632:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:56:57.59ID:j3irJSBsx.net
    >>145
    司馬懿主人公のドラマ始まるぞ
    タイトルは軍師連盟

    CbtVpz_UUAAZWdh


    633:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:57:30.91ID:hkqjfJfbM.net
    >>632
    司馬懿って軍師なんですかね…



    649:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 13:00:44.41ID:j3irJSBsx.net
    >>633
    司馬懿は将軍なのになw



    124:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:47:11.97ID:1gw7s0nD0.net
    演技が史実、蜀が大正義と信じていたガキの頃のワイ
    正史の存在を知りショックを受ける



    134:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:48:16.00ID:cT3jayzf0.net
    >>124
    魏「よろしく二キー!」
    司馬一族「邪魔だぞ」



    139:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:48:51.39ID:Khdlw4sX0.net
    >>124
    まあ絶対悪というわけでもないで
    正義が2、糞が1になるくらいで



    142:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:49:19.12ID:Il6hGXFY0.net
    >>124
    蜀は正統のように描かれてるだけで別に大正義にはなっとらんやろ



    133:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:48:04.10ID:x0mQG4k00.net
    蜀の漢中攻めはおもしろかったやろ
    定軍山の戦い(ていぐんざんのたたかい)は、後漢末期に、益州北部の要衝・漢中を巡って曹操と劉備の両者間で行われた戦い。演義では劉備が定軍山で夏侯淵を破った戦いを指す
    https://ja.wikipedia.org/wiki/定軍山の戦い

    1 :無名武将@お腹せっぷく:2010/12/04(土) 11:26:11
    参加武将 曹操軍:曹操、曹洪、曹仁、夏侯惇、夏侯淵、張郃、徐晃、龐徳、許褚、曹休、曹真、曹彰、夏侯徳、韓浩、杜襲、郭淮、張魯 参謀:楊修、劉嘩、賈詡、司馬懿

    劉備軍:劉備、張飛、趙雲、馬超、黄忠、魏延、呉蘭、雷銅、厳顔、劉封、孟達、霍峻、陳式、張翼、張著 参謀:諸葛亮、法正、黄権

    兵力 曹操軍:20万

    劉備軍:11万

    説明:215年に漢中に攻め込んだ曹操は、太守の張魯を降伏させ漢中を手に入れた。
    218年に劉備は張飛を派遣して巴西に攻め込み、曹操は張郃に迎え撃たせた。張郃は張飛の誘引の計に掛かり、わずか10騎余りで漢中に逃げ込んだ。さらに劉備は張飛、馬超、雷銅、呉蘭を武都に派遣した。曹操は、曹洪、曹休、曹真らに迎え撃たせた。曹休は張飛の計略を見破り、呉蘭、雷銅を討ち張飛、馬超を撃退した。219年に劉備は定軍山に攻め込んだ。曹操は張郃と夏侯淵に迎え撃たせた。
    劉備は張郃を攻撃し、撃退した。夏侯淵は援軍を張郃に送ったため自身の軍勢が少なくなった。そこを法正の助言によって劉備軍に攻め立てられ、夏侯淵は劉備軍の大将の黄忠に討ち取られた。それに怒った曹操は長安から20万の大軍を率いてやってきた。劉備は黄忠に食料庫を攻撃させた。曹操は黄忠を取り囲んだ。そこを趙雲が切り込んで黄忠を助け出した。趙雲は城門を開いておいて一騎で門の前に立ち、追ってきた曹操軍に一斉に弩を浴びせて撃退した。こうして曹操は漢中から撤退し、劉備が漢中を領する事に成功した。


    144:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:49:24.00ID:l9oKhJKb0.net
    国力差ありすぎて逆転は無理やね


    151:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:50:25.06ID:/uK7dXU7p.net
    >>144
    ある意味忠実に再現した三国志13とかいうゲーム



    173:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:54:12.04ID:8sQ6bL1Z0.net
    >>151
    なんで後期シナリオないんやこれ…
    →ああ、このシステムで呉蜀は無理や…



    146:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:49:55.54ID:fiZpgiwj0.net
    スリーキングダムや北方も諸葛亮死んだあたりで終わりやな


    157:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:51:39.80ID:eJTnyGUO0.net
    >>146
    あとは消化試合ですから



    148:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:49:57.26ID:1jI6S9AO0.net
    蜀なんて流刑地を魏と呉が欲しかったんかな?
    下手に北進しなかったら三国志維持できたんとちゃうか?



    154:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:51:05.93ID:x0mQG4k00.net
    >>148
    第二次世界大戦の日本とアメリカみたいなもんや
    長引けばどんどん国力の差が開いて無理



    155:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:51:10.10ID:RAYuSD310.net
    >>148
    そのかわり自分も流刑地で一生終えることになるからな



    160:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:52:17.25ID:fiZpgiwj0.net
    >>148
    北伐やらないとジリ貧で魏にやられるから攻撃的な防御として北伐に出かけてた説があるで



    164:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:52:35.21ID:Il6hGXFY0.net
    >>148
    何となく建国した呉カスとは違って大義名分のために魏を攻めるのはやめられんのや



    149:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:50:15.50ID:BokujIlXM.net
    程昱ってわりとスーパー軍師やけどKoeiの評価あんま高くないよな
    字は仲徳。東郡東阿県(現在の山東省聊城市)の出身。身長が八尺三寸(約191cm)、見事な髭をたくわえていたという。元の名前は程立といった。

    黄巾の乱が起きたとき、地元の東阿の県丞が反逆したが策略を用いてこれを撃退した。兗州刺史劉岱には袁紹と公孫賛の争いに関して袁紹の方に付くよう勧めたが、劉岱の仕官要請には応じなかった。しかし劉岱が黄巾賊との戦いで戦死すると兗州の支配者となった曹操の招きには応じた。

    曹操が徐州征伐に赴いた後、兗州は呂布の攻撃に晒され、鄄城・范・東阿の三城以外は皆呂布に呼応したが、留守を守っていた程立は荀彧や棗祗らと協力してこの三城を守り抜き、帰還した曹操は程立に「あなたがいなかったら帰る所が無かった」と喜んだ。程立は若い頃、泰山に登って太陽を両手で挙げるという夢をよく見ており、その話を荀彧が曹操にした所、曹操は程立の名前「立」に「日」の字を付け加えて「昱」と改名させた。

    曹操は呂布との戦いが膠着すると一時期袁紹からの従属の招きに応じそうになるが程昱は諌めてこれを止めさせた。曹操が袁紹と戦端を開いた時、程昱は鄄城で700の兵を守って駐屯していたが、袁紹の大軍が近づいてくるという知らせがあり、曹操は増援しようとしたが程昱は「相手はこちらの兵が少ないから軽んじて攻撃しません。増兵すれば攻撃してくるでしょう」と断りその通りになった。曹操は「あなたの豪胆さは孟賁・夏育(共に古代の勇士)を上回るものだな」と褒め讃えた。後に程昱は袁紹の残党との戦いで功績を上げた。

    中原が平定されると、曹操は程昱の背を叩き「昔兗州であなたの言う事を聞かなかったら今の自分は無かった」と言ったが、程昱は「『知足不辱』(老子『道徳経』)という。引退すべきだな」と言って第一線から退いた。
    その後、曹操の子曹丕が君主となると程昱は加増を受け、三公に任ぜられようとした矢先に没した。

    http://dic.nicovideo.jp//a/程昱


    153:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:51:04.37ID:Cj2phR6+0.net
    羊祜と陸抗とかいう無名の末期の名将
    実はワイもよく知らない模様

    羊祜(ヨウコ)字は叔子は三国~晋初の軍人・政治家・文人。生没年221~278年。晋の都督として呉の討滅にあたり、呉の陸抗としのぎを削った。

    陸抗とは、三国時代末期の呉の武将である。

    羊祜との友情
    西陵の戦いの後、羊祜は荊州国境付近で善政を敷くという作戦に出る。
    暴政に疲れ切っていた呉の民は、我先にと晋へ移住していった。
    これに対して陸抗も、自身の指揮出来る範囲で善政を敷き対抗した。
    こうして、両者が競って善政に努めた為、荊州は食糧が放置されても誰も盗まず、家畜が逃げて国境を越えても、相手国に知らせれば返還される、という戦時中の前線とは思えぬ環境を作り出した。

    そんなある日、陸抗が病に臥せた時に、羊祜が薬を陸抗に送った。
    陸抗の配下は「毒かも。」と諌めるも陸抗は構わずに飲んだのであった。
    返礼に陸抗は自身で作った酒を羊祜に送った。
    羊祜の配下は「毒かも。」と諌めるも羊祜は構わず飲んだという。

    演戯によると、このやり取りを知った孫皓は、陸抗に内通の疑惑を持ち、兵権を剥奪し司馬の位に降格した。
    しかし、正史には「詰問をした」とだけあり、降格はされていない。
    羊祜も信義を失っていると批判されるも274年に陸抗が病死するまでこの二人の友情は続いた。

    http://dic.nicovideo.jp/a/陸抗


    170:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:53:44.44ID:Khdlw4sX0.net
    >>153
    羊祜は司馬一門とも繋がりが深い晋建国の立役者の一人で
    陸抗は陸遜の息子やぞ

    お前が知らんのはともかく無名は言い過ぎやろ



    202:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:57:46.18ID:Cj2phR6+0.net
    >>170
    横山とかしか読まん奴は存在すら知らんで
    というかなにを読めばこの二人について詳しくなるのかわからん



    178:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:54:52.11ID:BokujIlXM.net
    >>170
    羊祜は名将かつ仁徳の将かつ軍略家とかチートスペックや



    212:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:58:44.02ID:ffXQXqg20.net
    >>178
    諸葛亮とどっちが凄いん?



    221:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:00:01.63ID:BokujIlXM.net
    >>212
    鄧艾に人望があるタイプと思えばええわ



    213:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:58:46.31ID:ffXQXqg20.net
    >>178
    諸葛亮とどっちが凄いん?



    225:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:00:52.29ID:XMmJXopMd.net
    >>213
    諸葛亮は政治メインだから比べにくいけど戦争のうまさなら羊祜



    161:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:52:21.64ID:6i/bQRoPa.net
    県立を煽るスレかと思いきや、普通に進行しててワイ困惑


    162:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:52:23.76ID:Q2iRPmDc0.net
    結局統一したのが大正義乗っ取った晋って
    そら孔明逝った後は物語としても萎えますよ



    177:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:54:40.94ID:XMmJXopMd.net
    >>162
    仮に奇跡的に蜀が統一してもホントしょうもない国になるのがオチやろ
    前漢→後漢→末漢になるだけ
    晋は妥当



    182:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:55:10.10ID:pCK9CxvJ0.net
    >>162
    小さい頃パッパに魏呉蜀の内どこが統一したのか聞いたら
    その中で言うならどれでもないなって言われて衝撃受けたの思い出す



    195:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:56:51.57ID:ffXQXqg20.net
    >>182
    あれ実質的にはギが統一したようなもんやろと子供ながらに思ってたけど違うんか?
    頭と名前変わっただけで中身はギやろ?



    165:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:52:59.62ID:P3HVqlYpd.net
    龐統存命→関羽&孔明で荊州を守りぬく

    これが蜀が天下統一までの本筋か



    208:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:58:22.97ID:9/hV+0Ijp.net
    >>165
    龐統存命は三国志随一のif展開だもんな
    蒼天好きな人なら郭嘉だろうけど

    北は曹操を防ぎ
    南は孫権と和す



    166:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:53:03.05ID:9fAp0U4FM.net
    県立三国高校は福井やな


    168:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:53:20.17ID:N0yu8QBap.net
    赤壁で魏に勝てたのなんて周瑜のおかげやろ
    なんであんなにも評価低いんやろか



    181:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:55:01.87ID:qpnXB8xR0.net
    >>168
    諸葛亮のかませ扱いが理由やろな
    後赤壁で登場してまもなく死ぬのも



    184:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:55:26.51ID:XMmJXopMd.net
    >>168
    十分高いやろ



    171:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:53:53.43ID:9/hV+0Ijp.net
    三国志大戦4発表で涙が出ますよ

    蘇れ!蘇れ董白うううううううう!



    179:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:54:56.29ID:h/YwfZJna.net
    民草が安心できた時代ってあるんか?あの国?
    国力回復に勤めてた時期もあったけど基本人民は外患に蹂躙されとるやん…



    193:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:56:20.28ID:eJTnyGUO0.net
    >>179
    即天武后の時代は割と平穏



    204:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:57:54.32ID:RAYuSD310.net
    >>179
    普通にこの前の漢の時代も安定しとるやん



    185:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:55:37.67ID:RAYuSD310.net
    八王の乱シナリオやってみたい
    八王の乱(はちおうのらん)は、中国の王朝晋(西晋)の滅亡のきっかけを作った皇族同士の内乱である。

    晋により、中国は100年にわたる三国時代に終止符を打って全土が統一されたが、その平和はわずか数十年で崩れ去り、この後中国は隋が統一するまでのおよそ300年にわたり、再び動乱の時代となる。

    八王の乱の流れはとても複雑であるが、端的に言えば10の事件(クーデター・内戦・市街戦)を総称して八王の乱という。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/八王の乱


    187:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:55:54.39ID:VxZ/KScNr.net
    春秋戦国時代が一番おもろいんやぞ


    188:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:55:54.93ID:Cj2phR6+0.net
    関羽の死→悲しいなぁ…
    張飛の死→なにやってだこいつ

    関羽の死に、義兄弟である劉備と張飛は、弔い合戦をすること心に誓いました。
    張飛は出撃に向けて、部下に対して、無茶な命令を下します。
    そして部下が「できない」と答えると、厳しく罰したのです。
    これまでも張飛は、部下に対して思いやりのない行動が多かったといいます。
    部下に慕われていなかった張飛は、弔い合戦に出発する直前、
    「こんな上司にはついていけねえよ!」と思った部下によって、
    寝ている隙をついて殺されてしまうのです。


    もしも張飛に少しでも思いやりがあったのなら、謙虚な気持ちがあったのなら、

    劉備と共に関羽の弔い合戦に出陣していたのかもしれません。

    その後の蜀の歴史も、きっと大いに変わったことでしょう。

    hajimete-sangokushi.com/2015/02/22/post-1594/#i-4


    201:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:57:45.52ID:XMmJXopMd.net
    >>188
    息子二人の小物感が悲しさをもりたてる



    191:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:56:03.02ID:n/nkmixpd.net
    合肥の戦いという孫権の良い所がほとんどない闘い
    合肥の戦い(がっぴのたたかい、ごうひのたたかい)は、中国後漢末期に、曹操領の南方の要衝・合肥を巡って魏と呉の間で行われた戦い。後に三国時代を通じてこの方面では攻防が続けられたがついにこの戦線の決着がつくことは無かった。
    孫権が劉備に荊州の一部を返還する代わりに曹操を攻めるという依頼から始まった。215年に起こった戦いが有名で、10万人の孫権軍が7千人の曹操軍に大敗を喫したことで知られている。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/合肥の戦い


    192:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:56:19.37ID:BokujIlXM.net
    >>191
    まったくないぞ



    196:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:56:54.37ID:pCK9CxvJ0.net
    >>191
    三國無双は孫権をもっとちゃんと描くべき
    孫呉の絆とかやっとる場合ちゃうぞ



    194:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:56:38.78ID:t8v83PrdH.net
    結局曹操が一番有能ということでよろしいか?

    210:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:58:35.85ID:qpnXB8xR0.net
    >>194
    司馬炎「三国を統一した俺が1番有能だぞ」

    司馬 炎(しば えん)は、西晋の初代皇帝。諡号は武帝。
    魏から禅譲を受けて晋を建て、さらに呉を滅ぼして、分裂状態が続いていた中国をおよそ100年ぶりに統一した。しかし統一後は政治への興味を失い、後の八王の乱の遠因を作った。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/司馬炎


    243:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:03:29.56ID:Khdlw4sX0.net
    >>210
    実際有能では有るんだよなぁ


    乱世限定やけど



    247:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:04:06.69ID:BokujIlXM.net
    >>243
    統一したらおちんぽ魔人になってもうたわ…

    統一後の司馬炎は朝政への興味を失った。また統一を達成したことにより平時体制に戻すとして、軍隊の縮小も実施された。司馬炎の業績として特筆すべきは太康元年(280年)から始まった占田・課田法である。

    司馬炎は女色にふけったことでも知られる。
    統一以前の泰始9年(273年)7月には、詔勅をもって女子の婚姻を暫時禁止し、自分の後宮に入れるための女子を5千人選んだ。

    さらに呉を滅亡させた後の太康2年(281年)3月には、呉の皇帝であった孫皓の後宮の5千人を自らの後宮に入れた。合計1万人もの宮女を収容した広大な後宮を、司馬炎は毎夜、羊に引かせた車に乗って回った。この羊の車が止まったところの女性のもとで、一夜をともにするのである。そこで、宮女たちは自分のところに皇帝を来させようと、自室の前に竹の葉を挿し、塩を盛っておいた。羊が竹の葉を食べ、塩をなめるために止まるからである。この塩を盛るという故事が、日本の料理店などで盛り塩をするようになった起源とも言われている。なお、1万人の女性といっても、后などを世話する女官などの数も入っているため、実際に司馬炎が1万人の女性を相手にしたというわけではない。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/司馬炎#.E7.B5.B1.E4.B8.80.E5.BE.8C


    203:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:57:50.95ID:Q2iRPmDc0.net
    楚漢も異民族最強時代で統一後萎え萎え要素に溢れてたけど
    呂后とその一族のお陰で元勲たちによる最後の一山があるからな



    218:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:59:37.67ID:RAYuSD310.net
    >>203
    呂后がラスボスという風潮
    一理ある



    226:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:01:10.80ID:BokujIlXM.net
    >>218
    陳平ウッキウキで処理してったんやろなあ



    211:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:58:42.84ID:BILUle8Ad.net
    龍狼伝は三国志好きでもパスする漫画って本当ですか?
    e21df7824f


    217:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:59:31.45ID:eJTnyGUO0.net
    >>211
    あれはなろう系



    219:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:59:38.81ID:8zpESM2G0.net
    >>211
    あれはオリキャラしか出てこないからね



    215:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:59:10.32ID:KEFVNdjgH.net
    三國志って呉に魅力が無さすぎて萎える


    220:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 11:59:42.68ID:9/hV+0Ijp.net
    陸遜とか無双では孫策とホモってたりするけど本当はめっちゃ恨んでるから


    222:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:00:19.35ID:mDSuWv99p.net
    蒼天航路で無能だった袁紹の息子達


    224:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:00:49.52ID:eJTnyGUO0.net
    >>222
    有能なの見たことないんですけど



    236:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:02:51.60ID:Cj2phR6+0.net
    >>222
    跡継ぎしっかり決めてないとか理解に苦しむね
    袁紹が無能



    227:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:01:32.28ID:OaQy9F4aM.net
    三国志物は腐るほどあるんだから
    劉備や諸葛亮が退場した後をフィーチャーしたのがようけ出て来ても良さそうなのにな



    239:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:03:05.72ID:BokujIlXM.net
    >>227
    蜀なら費イ死亡後は割と書ける
    呉はむしろお家騒動シナリオで呉の統一でシナリオつくってええわ



    228:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:01:38.13ID:eJTnyGUO0.net
    なんだかんだで曹操おらんとつまんなくなる


    253:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:04:57.47ID:RMFbK9A90.net
    >>228
    蒼ヒに魅力無さすぎンゴ



    260:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:05:58.20ID:8sQ6bL1Z0.net
    >>253
    あいつの早死が三国志後半のグダグダの元凶やろなぁ



    272:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:07:08.69ID:KQw8s7FGd.net
    >>260
    長生きしてたら司馬懿も最後までおとなしく仕えとったと思うわ



    265:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:06:23.09ID:D1J2UYlNM.net
    >>260
    いうほど早いか?



    278:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:07:53.89ID:8sQ6bL1Z0.net
    >>265
    在位期間6年だか7年やろ



    286:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:08:38.31ID:D1J2UYlNM.net
    >>278
    曹操と勘違いしたわ
    すまんな



    233:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:02:19.73ID:lggKuMw10.net
    鄧艾と鐘会すこ
    鄧艾(とう がい、拼音: Deng Ai、生年不詳 - 264年)は、中国後漢末期から三国時代の魏の将軍。字は士載(しさい)。荊州義陽郡棘陽県(河南省新野県)の人。子は鄧忠・その他二名。孫は鄧朗・鄧千秋。曾孫は鄧韜・鄧行。内政・軍事問わず多くの功績を挙げ、姜維の北伐を幾度も防いだ。晩年には蜀征伐を行ない、劉禅を降伏させた。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/トウ艾

    鍾 会(しょう かい、225年 - 264年)は、中国三国時代の魏の武将・政治家。字は士季。父は鍾繇。兄は鍾毓。豫州穎川郡長社県(河南省長葛市)の人。蜀漢を平定した功労者となるも、蜀漢の滅亡後に謀反を起こして殺害された。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/鍾会


    241:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:03:19.31ID:tYFv/RmK0.net
    >>233
    あいつら何者なん?



    279:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:07:54.54ID:Khdlw4sX0.net
    >>241
    鄧艾←司馬懿お抱えで結果を出して出世していった実力派
    鐘会←鍾繇っていう曹操部下の有能文官の息子で生まれながらのエリート街道

    元々鐘会が蜀討伐を言い出したけど司馬昭が手柄独り占めさせないために
    西部方面を知り尽くした鄧艾とダブルエースにして派遣した



    287:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:08:42.25ID:eJTnyGUO0.net
    >>279
    でもドモリっていう



    297:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:09:37.76ID:BokujIlXM.net
    >>279
    ことある事に鍾会がバカにしてた図が目に浮かぶ



    235:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:02:41.94ID:Fjr2wQxK0.net
    日本の戦国時代とどっちがおもろいんや
    独特だけどどっちも



    238:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:03:03.84ID:xO5sWjU/a.net
    三国志蜀後期シナリオの廖化の頼りになる感は異常


    240:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:03:13.00ID:XDnam1570.net
    ゲームの孫権のパラ高すぎんねん。全部マイナス20ぐらいで丁度よい


    244:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:03:30.16ID:BokujIlXM.net
    >>240
    政治はそのままやで



    248:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:04:11.47ID:RAYuSD310.net
    >>240
    歳を経るごとにマイナスしよう



    250:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:04:34.95ID:BokujIlXM.net
    >>248
    6 有能



    252:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:04:43.91ID:fuGzdGjf0.net
    魏「皇族の権力は抑えるで!」→司馬家に乗っ取られる
    晋「魏の二の舞防ぐために皇族みんなに権力与えるで!」→八王の乱



    258:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:05:53.67ID:4pXWgiAe0.net
    >>252
    なおその後



    262:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:06:02.93ID:Q2iRPmDc0.net
    >>252
    呉楚七国の乱後から最盛期に入る漢帝国となぜ差がついたのか



    264:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:06:17.57ID:RAYuSD310.net
    >>252
    この2つの波を乗り越えた漢ってやっぱり凄いわ



    256:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:05:18.07ID:lggKuMw10.net
    陸遜って言うほど無能か?


    257:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:05:53.36ID:xiilKRzpa.net
    >>256
    後半はほぼあいつ一人で支えてたイメージ



    271:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:07:05.70ID:HvUkyofX0.net
    >>256
    あいつ一人で持ってたろ



    263:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:06:16.13ID:1gw7s0nD0.net
    刑道栄とかいう
    ぐう聖設定横山劉備にすら即斬判定される悲しき武将



    273:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:07:13.31ID:xiilKRzpa.net
    >>263
    なんの根拠もなく普段ぐう聖な劉備がこんなやつは信用できないとか言ってるのが草生える



    269:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:06:45.16ID:hEzqTkVDa.net
    三国志ってヤクザの戦いみたいなもんだからな


    270:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:06:54.94ID:h3HXaIFYM.net
    三国末期からの内乱のぐだぐだっぷり正直好きだから何かしらゲーム化してくれんかなぁ


    275:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:07:25.46ID:ov4k5I/sM.net
    日本人は三国時代が好きやけど中国人は何時代が好きなんや?


    282:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:08:07.28ID:eJTnyGUO0.net
    >>275
    項羽と水滸伝らしいで



    283:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:08:19.09ID:RAYuSD310.net
    >>275
    断然楚漢戦争やで



    284:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:08:29.68ID:4pXWgiAe0.net
    >>275
    毛沢東の頃はよかった懐古厨が増えてて草も生えない



    292:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:09:22.66ID:Q2iRPmDc0.net
    >>275
    西楚覇王やろなあ



    276:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:07:42.82ID:n/nkmixpd.net
    よく見る憤死って実際どういう死に方なん?


    285:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:08:35.50ID:xiilKRzpa.net
    >>276
    脳の血管プチーちゃうの



    289:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:08:58.13ID:KQw8s7FGd.net
    >>276
    悶死とか憤死は死因は察してくれってことやないの?



    293:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:09:23.47ID:D1J2UYlNM.net
    >>276
    血圧高かったんやろ



    296:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:09:35.25ID:4pXWgiAe0.net
    >>276
    死の直前に怒ってたら憤死
    実際に怒って脳の血管切れたかどうかは関係ない



    290:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:09:00.54ID:/CYPTEHzp.net
    晋とかいう不人気




    327:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:12:54.06ID:jxwrd5ek0.net
    >>290
    これ中国さんサイドはどう思っとるんやろか



    339:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:14:25.03ID:Khdlw4sX0.net
    >>290
    晋(ほぼ魏)



    364:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:17:03.36ID:P3HVqlYpd.net
    >>290
    司馬懿の声優さん死んじゃってかなc



    375:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:18:10.60ID:6i0zi5TBa.net
    >>364
    もうあの声以外の司馬懿は考えられんわ.....



    369:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:17:31.21ID:8sQ6bL1Z0.net
    >>364
    もう馬鹿めがは聞けないんやなって…



    384:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:19:11.27ID:iGhAtqXja.net
    >>369
    やめーや
    これから司馬懿どうするんやろな
    ジジイキャラになるんか



    391:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:20:29.77ID:h3HXaIFYM.net
    >>384
    司馬師の人が兼任やな



    405:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:21:41.22ID:iGhAtqXja.net
    >>391
    そうやったか

    司馬懿の人はまだ30半ばで、結婚して子供もおって
    いろいろ考えて悲しくなるわ



    295:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:09:34.05ID:caxkfQm2M.net
    三国志地震ニキ多すぎて正直引く


    291:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:09:22.08ID:lggKuMw10.net
    曹操→わかる
    曹丕→わかる
    曹叡→誰だよ
    曹芳→誰だよ
    曹髦→マジで誰やお前



    298:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:09:40.98ID:2iA6zHBoM.net
    司馬懿の子孫がカクの子孫にかまけすぎたために国が滅茶苦茶になってあげく遊牧民の時代を招くという漢民族の戦犯という歴史ロマン


    306:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:10:33.02ID:8sQ6bL1Z0.net
    >>298
    賈充とかいうクソ



    307:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:10:43.99ID:eJTnyGUO0.net
    >>298
    カクって地味に活躍がロングランだよな



    314:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:11:39.37ID:8HtEJ0MD0.net
    >>298
    カクやなくてカキやろ



    322:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:12:27.76ID:Khdlw4sX0.net
    >>298
    賈クと賈充は血縁関係無いぞ



    317:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:11:55.49ID:KQw8s7FGd.net
    >>298
    それ賈クじゃなくて賈充の方やなかった?



    353:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:16:20.85ID:4pXWgiAe0.net
    >>317
    まあそっちも最後は一族皆殺しやぞ



    299:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:09:43.77ID:Il6hGXFY0.net
    戦国時代という長い秦つええええ時代→統一したらあっという間に滅亡したンゴwwwwwwwww


    309:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:10:48.73ID:4pXWgiAe0.net
    >>299
    楚が何度も何度も復活してくるからしゃーない



    323:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:12:29.62ID:RMFbK9A90.net
    >>299
    始皇帝「不老不死の薬ンゴ!」



    319:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:12:03.09ID:RAYuSD310.net
    >>299
    処刑処刑アンド処刑やからな



    336:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:14:16.24ID:1LnTqCXl0.net
    >>319
    趙高さんこれは鹿やで→処刑



    300:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:09:44.73ID:4taklLdAd.net
    小学生ワイ「周倉って水練達者やし関羽の右腕みたいでカッコええわ!」

    横山辞典 なお正史には登場しない


    彡()()



    335:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:14:06.95ID:qxerUZjLp.net
    >>300
    馬より早く走る化物が実在したら怖い



    305:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:10:14.13ID:h3HXaIFYM.net
    曹操と司馬懿は仲どうだったか気になるンゴ


    329:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:13:04.99ID:fzPaP2o4d.net
    >>305
    無理矢理仕官させたから実力は買ってたんやろうけど同時になにかやらかしたら処断しようともしてたらしい
    とにかく信用してなかった
    曹丕はそれをかばっていたので仲がよかった



    312:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:11:29.31ID:xiilKRzpa.net
    >>305
    呼びつけておいて有能すぎるから使うなとか司馬懿からしたら理不尽の極みみたいか関係



    326:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:12:43.10ID:h3HXaIFYM.net
    >>312
    やっぱ曹操ってすげーわ



    343:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:14:42.52ID:HvUkyofX0.net
    司馬懿はかなり忠誠尽くしてただろ
    国中荒れて誰の息子かすらわかんねー奴が王位つくまで耐えてたぞ



    360:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:16:41.76ID:BokujIlXM.net
    >>343
    司馬懿自身には簒奪野望なかった説もあるな



    368:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:17:31.18ID:2iA6zHBoM.net
    そうやカキさんカクと血縁ナインやった
    >>343
    家康が五大老のままだった感じかねえ



    308:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:10:47.16ID:Il6hGXFY0.net
    鐘会とかいう鍾ヨウがジジイになってから生まれた子供


    320:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:12:06.45ID:wPqj/F6qd.net
    >>308
    75の時の子供やっけ

    NTRやろなあ



    310:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:10:51.10ID:537n9Nm/p.net
    三国志13の官渡以降の曹操強過ぎて震える


    318:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:11:56.61ID:iPTuMDGLp.net
    >>310
    地味に強い劉表や陶謙



    332:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:13:21.89ID:8sQ6bL1Z0.net
    >>318
    兵役人口が全てやからな
    孫堅死んで孫策逃げたあと空いた長沙取るだけでめっちゃ増える



    321:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:12:13.10ID:KMjNqPTRp.net
    恋姫無双とかいう女体化のレジェンド
    なお戦国



    333:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:13:33.00ID:RMFbK9A90.net
    >>321
    織田信奈はなかなか良いと思うンゴ



    341:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:14:30.43ID:8sQ6bL1Z0.net
    >>321
    戦国コレクション良かったやろ!
    劉備が豚になってたけど



    328:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:13:00.21ID:hjGgBr59d.net
    三国志13、劉備軍が滅んだ後に曹操にちょっかいだしたら
    100年戦争レベルで絶え間なく奪った城に突撃されるんやけど
    信長の野望の織田家なんて生やさしいもんやな



    340:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:14:27.42ID:537n9Nm/p.net
    >>328
    物量物量アンド物量やからな
    そして死に物狂いで捕虜にしたチート武将にあっさり脱走されてワイ都督困惑



    347:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:15:31.25ID:8HtEJ0MD0.net
    >>340
    捕まえた時点で殺せばええやん



    371:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:17:55.75ID:537n9Nm/p.net
    >>347
    都督には捕虜処断する権利ないんやで
    アホ君主が解放する模様



    380:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:18:42.49ID:8HtEJ0MD0.net
    >>371
    ああ都督やったか
    都督は外交権なくてほんま糞やんな



    402:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:21:11.42ID:537n9Nm/p.net
    >>380
    ほんとそれ
    君主は働かねーし援軍もよこさねーし外交もしねーしやってられんわ



    409:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:22:20.17ID:8HtEJ0MD0.net
    >>402
    敵軍に捕まったら個人プレイなのに問答無用で殺されてゲームオーバーやから援軍要請ぐらいほしいわ



    413:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:22:46.74ID:CFFeR+OPp.net
    >>402
    周瑜でやってたが赤壁後に下野して曹操の家臣になったわ
    あんなブラックで働いてたのがアホらしくなるええ環境や



    423:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:24:17.71ID:1LnTqCXl0.net
    >>402
    重要拠点死守しとるときにどうでもいいところへ
    出陣命令くると君主に殺意湧くわ



    425:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:24:23.04ID:8sQ6bL1Z0.net
    >>402
    武将プレイゲームなのに結局君主プレイが安定の糞



    408:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:22:19.02ID:RAYuSD310.net
    >>402
    司馬一族が反乱起こした理由がわかるゲームやな



    415:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:23:13.70ID:8HtEJ0MD0.net
    >>408
    なお当初は反乱起こしても嫁一族誰もついてこなかったもよう



    477:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:30:18.18ID:16DmquFbp.net
    >>415
    ワイ「旗揚げすっから」
    嫁「行かない」
    嫁2「行かない」
    義兄弟「呂布軍は裏切れない」



    334:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:13:36.13ID:Q2iRPmDc0.net
    晋という乗っ取っただけの新しい国が老害臭漂う二国を平らげるだけの糞ゲー


    342:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:14:35.00ID:IwiT8bIdp.net
    夏侯覇→蜀に移籍→エース
    孟達→蜀に移籍→エース
    王平→蜀に移籍→レギュラー
    姜維→蜀に移籍→大エース

    あ…(察し)



    348:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:15:38.52ID:8sQ6bL1Z0.net
    >>342
    ??「字も読めない奴がレギュラーとか笑わせる(ヤマノボリー」



    351:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:15:47.35ID:wPqj/F6qd.net
    >>342
    試合にでな成長できんからな
    いいトレードやったな!



    354:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:16:25.30ID:iGhAtqXja.net
    >>342
    えぇ…



    344:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:14:59.54ID:6i0zi5TBa.net
    >>342
    深刻な人材不足



    352:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:15:59.19ID:1LnTqCXl0.net
    >>344
    法正さんが過労死するブラック国家やぞ



    363:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:16:53.52ID:537n9Nm/p.net
    >>342
    周瑜も曹操軍の中じゃ一武将とかいう至言



    634:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:57:33.35ID:7wn2NIR7a.net
    >>363
    蒼天の話ならそれは年齢的な意味で二十くらいおる将軍の1人、って意味らしいで
    才能あるからってそんな若造に孫権お前色々背負わせすぎやろってことや



    637:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:58:12.53ID:1LnTqCXl0.net
    >>634
    郭嘉「」



    643:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:59:23.64ID:7wn2NIR7a.net
    >>637
    実際死んじゃいましたし・・・



    345:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:15:04.20ID:QArbBKuGa.net
    三国志面白そうやん魏呉蜀どこが統一したんやろ
    晋←???



    357:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:16:33.26ID:RAYuSD310.net
    >>345
    統一した晋もすぐに蛮族に滅ぼされる←えぇ・・・(困惑)



    378:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:18:35.26ID:1gw7s0nD0.net
    >>357
    流れ流れていつか消えゆくとしても永遠に止まらない時の河ンゴねぇ…



    392:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:20:36.55ID:iGhAtqXja.net
    >>378
    続いていくんごねぇ



    346:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:15:11.91ID:ocQMK9dwa.net
    中国人も蜀好き多いんかな大正義の魏好きそうやけど


    376:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:18:20.03ID:5PS1rZfQK.net
    >>346
    今は知らんが昔は演義見たら蜀が人気だったってすぐ分かるわ



    386:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:19:21.33ID:1LnTqCXl0.net
    >>346
    中国人は日本で曹操人気なのが謎って思っとるんやで



    393:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:20:38.31ID:4pXWgiAe0.net
    >>386
    曹操自体は本国でも人気あるやろ



    349:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:15:41.39ID:qxerUZjLp.net
    曹操、劉備、孫権
    すごい

    曹丕、劉禅、孫権(酒)
    無能



    358:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:16:34.63ID:8sQ6bL1Z0.net
    >>349
    曹丕無能の風潮はないやろ
    曹叡ならともかく



    366:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:17:21.77ID:Khdlw4sX0.net
    >>358
    曹叡も散財癖が酷すぎるだけで戦争に関しては有能なんだよなぁ



    373:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:18:05.26ID:BokujIlXM.net
    >>366
    もう少し曹叡の戦は見たかったわ
    キレっキレやん相手驢馬さんだけど



    377:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:18:26.93ID:fiZpgiwj0.net
    >>358
    曹丕は性格があれなのと戦は下手だからそこら辺をどう評価するかよな
    個人的には嫌いじゃない



    387:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:19:25.23ID:eJTnyGUO0.net
    >>377
    コンプレックスの塊なイメージ



    397:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:20:54.47ID:KQw8s7FGd.net
    >>377
    多数の無辜の民にとってはええ皇帝さんやったと思うで



    355:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:16:26.63ID:EwV5/0zwa.net
    中国では、人口激減したせいで異民族流入の原因となった上に中華史上最悪の人口減少のせいで突出した人材もいない暗黒時代という認識なのに日本では大人気


    365:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:17:19.81ID:DNDE1lYD0.net
    >>355
    やっぱ吉川英治ってすげーわ



    382:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:19:08.89ID:EwV5/0zwa.net
    >>365
    物語としてはホンマ面白いから吉川は偉大だわ
    横光三国志の元ネタってだけで偉大や



    381:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:18:49.39ID:537n9Nm/p.net
    >>355
    人口減の原因だから曹操嫌われてるのか



    417:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:23:38.18ID:4pXWgiAe0.net
    >>381
    人口減の原因は主に後漢やぞ
    まあ曹操も虐殺とかもやったけどな
    そこを補うために積極的に蛮族連れてきた筆頭が曹操
    まあ当時は曹操だけじゃなくてみんなやってたんやけどな



    395:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:20:45.05ID:Q2iRPmDc0.net
    >>355
    山越遠征(人狩り)



    421:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:24:12.11ID:EwV5/0zwa.net
    >>395
    人口少なくて頭悩ませてたからしゃーない



    422:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:24:15.96ID:P3HVqlYpd.net
    >>395
    あれ日本もその標的だったらしいな
    卑弥呼vs呉軍が実現してたかと思うと胸熱



    361:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:16:43.13ID:wPqj/F6qd.net
    曹操とかいう詩も書も評論もいける天才


    379:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:18:37.35ID:TePHl11fp.net
    三国志13の謎武将




    411:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:22:35.15ID:hjGgBr59d.net
    >>379
    水球やってたから水練9という安直さに草



    385:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:19:15.99ID:BkUPy2z7p.net
    ほんまに当時から三国無双みたいな鎧着てたんか


    399:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:20:56.72ID:eJTnyGUO0.net
    >>385
    ファンタジーやぞ



    400:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:21:09.21ID:ePd0Fc+lK.net
    易者「馬が牛に滅ぼされるンゴ」
    司馬懿「牛金殺さなきゃ(使命感)」

    司馬懿も老後はガイジだったんやね



    410:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:22:21.96ID:eJTnyGUO0.net
    >>400
    武に滅ぼされるとか謎予言多すぎ



    404:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:21:27.87ID:0ajeJPhkd.net
    ド素人でもすっと入れる三国志のドラマってある?


    430:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:25:13.75ID:BokujIlXM.net
    >>404
    やっぱりアニメ三国志やな



    434:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:25:42.24ID:1LnTqCXl0.net
    >>404
    NHKの人形劇やぞ



    407:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:22:08.23ID:fIQeYYCi0.net
    よくこんなアホタイトルからここまでレス続いてるな。

    ホント三国市好きだな。



    429:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:25:03.88ID:kOcjihlV0.net
    中国で一番嫌われてる三国志武将は于禁やで
    于禁とは、

    字は文則。泰山郡鉅平県(現在の山東省)の出身。同郷の鮑信が黄巾の乱に際して義兵を募るとそれに参加する。
    鮑信の死後は曹操に仕え、以後曹操の下で無数の軍功を立てた。

    晩年の悲劇
    しかし219年(建安24年)、劉備配下の関羽に包囲された樊城の曹仁を救う援軍を率いた時、漢水の洪水に巻き込まれ、身動きが取れなくなった于禁は関羽に降伏。曹操は新参ながら降伏を拒否して斬られた龐徳と比較して「わしが于禁を知って30年になる。危機を前に龐徳に及ばないとは思わなかった」と嘆じた。

    于禁は関羽の捕虜となるも、荊州が呉に奪われると孫権の賓客となり、曹操死後に他の捕虜と共に孫権から魏に返還される。髪も髭も真っ白にやつれた于禁に対し、曹操の後継者の曹丕は表向きはねぎらいつつ于禁を呉への使者に任命し、その前に曹操の墓(高陵)を参拝させた。そこには于禁が関羽に降服し龐徳が降伏を拒んでいる場面が描かれており、これを見た于禁は恥と怒りのため病に倒れ病没した。子の于圭が後を継いだ。

    http://dic.nicovideo.jp/a/于禁


    436:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:25:51.99ID:eJTnyGUO0.net
    >>429
    とくさんは見事な最後だったからな



    443:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:27:02.43ID:wn8mZcWwp.net
    >>429
    命だけは、命だけはお助け下され



    453:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:28:19.87ID:1gw7s0nD0.net
    >>443
    ようやく魏に帰ってこれたから
    曹操様のお墓参りいくやで



    459:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:28:30.14ID:eJTnyGUO0.net
    >>443
    曹操「惨めな命乞いの後の飯はうまいか?」



    476:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:30:12.65ID:r4ioG6B0d.net
    >>459
    曹丕じゃなかった?間違ってたらすまんが



    431:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:25:20.44ID:tZsRqLc6d.net
    三国志の嫌いなところはまさにこれ
    前半だけ面白くて後半がクソつまらん上にオチもgdgd
    日本の戦国時代は後半の方が面白いし江戸幕府による250年の平和というちゃんとした「結果」があるのが良い



    439:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:26:29.37ID:iGhAtqXja.net
    >>431
    エンタメのようや



    446:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:27:31.56ID:Q2iRPmDc0.net
    >>431
    アメドラ感あるよな



    449:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:27:50.30ID:n/nkmixpd.net
    >>431
    戦国時代は最終的に家康一人勝ちすぎてつまらないんだよなあ
    幕末があるからギリギリ許せるレベル



    463:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:28:58.66ID:RMFbK9A90.net
    >>431
    逆に戦国時代はきっかけの応仁の乱がぐだぐだやからね



    442:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:26:46.57ID:4pXWgiAe0.net
    >>431
    日本の戦国時代は逆に初期がつまらんからな
    なんで戦国時代に突入したのか未だに分かってないし



    454:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:28:20.77ID:6i0zi5TBa.net
    >>442
    なんでや天文の乱とか長尾景春の乱とかおもろいやろ



    462:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:28:50.16ID:QfC3okZa0.net
    >>442
    応仁の乱とかいう当事者ですら理解出来ない戦いが悪い



    660:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 13:04:35.73ID:JfTCKyIS0.net
    >>462
    敵対する二大勢力の頭が相互に入れ替わる不思議



    471:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:29:53.71ID:Cj2phR6+0.net
    >>431
    楚漢のほうがオチがしっかりしてるしええな
    粛清とかあるしそこまですっきりとはいかんが



    482:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:31:06.75ID:6i0zi5TBa.net
    >>471
    韓信英布膨越粛清とか草も生えない
    ハンカイですら捕縛されるとか



    433:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:25:37.97ID:wn8mZcWwp.net
    大体無視される異民族
    その点異民族にもスポットを当てる龍狼伝って最高やな



    444:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:27:07.32ID:kOcjihlV0.net
    >>433
    三国志7とかED直後異民族に制圧されるのがほとんどだったりしたけどそれはそれで暗かったで…



    455:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:28:23.58ID:R6lrtR8Hd.net
    >>433
    クッソめんどくさい異民族×5を全て滅ぼさないとベストエンドに辿り着けない三国志9



    472:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:29:55.91ID:ZnpNb+aOK.net
    >>433
    ぽっと出の南蛮より脅威な山越や鮮卑
    なお



    480:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:30:48.73ID:Khdlw4sX0.net
    >>433
    司馬懿がオール100暗黒大仙人になったり張角や虞美人が普通に生きてるファンタジーはNG



    438:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:26:22.12ID:h3HXaIFYM.net
    異民族がなんで強かったのかとか気になるな


    451:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:27:53.35ID:kOcjihlV0.net
    >>438
    相手が全員赤兎馬乗ってる上に騎射の名手や



    465:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:29:20.33ID:IwiT8bIdp.net
    >>451
    11の公孫一族かな?



    475:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:30:11.22ID:h3HXaIFYM.net
    >>451
    文字通りの呂布軍とか脱糞不可避



    441:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:26:32.57ID:BokujIlXM.net
    1番面白いのって曹操がエンシュウ追われた194年だな


    447:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:27:39.59ID:h3HXaIFYM.net
    >>441
    曹操のピンチってそこくらいか



    457:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:28:28.78ID:IwiT8bIdp.net
    >>447
    長安に逃げる董卓を追ってボコボコにされた時
    官途
    赤壁から逃げる時



    466:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:29:27.07ID:BokujIlXM.net
    >>447
    やっぱり呂布っていう平地最強の花方がおるからよ



    479:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:30:34.07ID:eJTnyGUO0.net
    >>466
    呂布死んだ辺りがクライマックス



    445:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:27:26.56ID:Uab8hy/ha.net
    三国志13やってるけど連合組まれるとどうしようもないわ


    488:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:32:07.27ID:537n9Nm/p.net
    >>445
    連合組んだ途端全兵力を動員するとこに狂気を感じる



    461:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:28:40.79ID:EwV5/0zwa.net
    呂布って匈奴やろ?


    496:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:33:06.10ID:GCARW3Awa.net
    >>461
    今で言うモンゴルど真ん中やな



    505:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:34:58.20ID:EwV5/0zwa.net
    >>496
    やっぱそうだよな
    出身エン州やし弓の名手とか騎馬民族としか思えん



    562:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:43:30.46ID:GCARW3Awa.net
    >>505
    ギリギリ漢の人間異民族の襲撃が特別多いところ
    張遼もその近く



    469:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:29:39.76ID:kOcjihlV0.net
    于禁は中国人が能力全部1でいいとか言ってるぐらいやからな
    裏切者には厳しいんやろか



    489:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:32:19.34ID:2iA6zHBoM.net
    石勒というアンチ曹操の鑑
    なお本人と息子は曹操より畜生扱いされている模様



    498:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:33:23.16ID:ZnpNb+aOK.net
    >>489
    息子やなくて義弟やないか



    494:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:33:01.26ID:hjGgBr59d.net
    ていうか三国志も信長の野望もそうやけど、いい加減側室作れるようにして欲しいわ

    15歳くらいの夏候氏ちゃんとちゅっちゅしたいんじゃ




    501:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:34:06.57ID:h3HXaIFYM.net
    >>494
    お●ぱいでか杉内?



    506:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:35:01.02ID:537n9Nm/p.net
    >>494
    三国志13は側室作れるぞ
    なお夏侯氏ちゃんは15歳の時点で張飛の嫁な模様



    518:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:37:10.22ID:hjGgBr59d.net
    >>506
    それマジ?
    登録武将で嫁も架空のにしたまま遊んでたから全然気付かんかった



    533:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:39:52.85ID:537n9Nm/p.net
    >>518
    3人まで夫婦の絆結べる
    義兄弟も3人までだったかな



    543:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:41:16.89ID:VDZm2k160.net
    >>533
    義兄弟は108人は必要やろ



    497:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:33:19.51ID:O8xW/ubwd.net
    猿しょうが負けた時点で曹操の勝ちはきまったよな
    官渡の戦い(かんとのたたかい、中国語:官渡之戰 Guāndu zhī zhan)は、中国後漢末期の200年に官渡(現在の河南省中牟の近く)に於いて曹操と袁紹との間で行われた戦い。赤壁の戦い・夷陵の戦いと共に『三国志』の時代の流れを決定付ける重要な戦いと見做される。
    狭義では戦役終盤に官渡で行われた戦いのみを指すが、広義では袁紹と曹操の一連の抗争を含む大きな戦役を指す。白馬の戦いを前哨戦とし、袁紹の元に居た劉備が汝南方面で攪乱戦を起こすなど、中原一帯を巻き込んでいた。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/官渡の戦い


    507:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:35:05.52ID:txTnWTjdp.net
    司馬懿、ボケる
    Vやねん!曹爽ズ!凱旋パレード



    522:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:37:46.04ID:Khdlw4sX0.net
    >>507
    桓範「いかんでしょ…」



    535:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:40:17.96ID:txTnWTjdp.net
    >>522
    司馬懿「命はとらないでやるで(ニッコリ」



    509:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:35:21.14ID:QArbBKuGa.net
    後継者作りはどこも苦労しとるな
    やっぱ脱糞公はすごいんやな



    514:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:36:30.06ID:IwiT8bIdp.net
    >>509
    一人に英才教育してると
    そいつが死んだらアウト
    何人も控え作ってると
    勘違いして家督争い始めてアウト

    やからな



    516:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:36:53.13ID:eJTnyGUO0.net
    >>514
    織田家かな?



    519:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:37:21.31ID:h3HXaIFYM.net
    >>514
    全員に英才教育しなきゃ…(使命感)



    527:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:38:47.01ID:1LnTqCXl0.net
    >>509
    二代目は余程破綻しとらん限り
    先代の家臣が残っとるから、大規模な反乱とかなければ安定するんやで
    勝負は三代目よ



    545:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:41:28.92ID:RMFbK9A90.net
    >>527
    サンキューイエミッツ



    571:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:44:49.85ID:ZnpNb+aOK.net
    袁紹は持久戦に持ち込まなかったから負けて叩かれてるけど自分の寿命を悟ってたって考えたらカッコいい
    どっちにしろ息子分裂するし



    589:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:47:50.71ID:Cj2phR6+0.net
    >>571
    分裂してるのは自分のせいじゃないですかね…



    593:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:48:37.18ID:1LnTqCXl0.net
    >>571
    寿命悟ってたなら後継者決めとけや
    息子分裂は後継者指名しとかんかったからやで



    592:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:48:34.86ID:hkqjfJfbM.net
    蒼天航路の董卓とかありえんくらいの暴虐ぷりに思ってたけど五湖十六国時代はマジであんなんばかりだった


    618:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:53:14.06ID:Fm+64LjEa.net
    >>592
    あの人間椅子に一度座ってみたいわ



    599:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:49:27.88ID:VDZm2k160.net
    >>592
    胡って言う位やから蛮族なんか?



    604:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:50:57.26ID:kOcjihlV0.net
    >>599
    そこらへんの旅人の内臓取って酒の肴にするンゴ



    608:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:51:44.21ID:oMCx/h/Y0.net
    >>604
    水滸伝の日常やん



    613:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:52:40.50ID:RMFbK9A90.net
    >>608
    あいつら盗賊で犯罪者やから



    616:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:53:07.02ID:eJTnyGUO0.net
    >>608
    食った坊主のシャレコウベと短刀がなるんよ



    606:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:51:16.59ID:4pXWgiAe0.net
    >>599
    五大蛮族の総称やからな
    なお国の数は十六国に収まらない模様



    594:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:48:42.21ID:XY2nUGt/a.net
    諸葛亮と司馬懿の勝負おもろいやん


    600:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:49:43.55ID:6i0zi5TBa.net
    >>594
    引き込もって追撃するだけやん



    605:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:51:14.80ID:0kxzp01g0.net
    >>594
    アリが象に挑んでるだけやぞ



    595:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:49:08.02ID:Be58w0MdK.net
    正史準拠で語る奴が多いスレでも魏延に関しては演義準拠で語る奴が多いのは何故なんや?


    602:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:49:59.26ID:eJTnyGUO0.net
    >>595
    劉備個人ファンクラブのイメージ



    597:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:49:12.65ID:RtOisl1zd.net
    曹操強すぎ
    劉備動くの遅すぎ
    孫権



    620:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:53:26.21ID:CDjIC90Gd.net
    福井県立三国高校かな?


    622:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:54:19.79ID:eJTnyGUO0.net
    >>620
    パロ漫画かな?



    623:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:54:20.73ID:6i0zi5TBa.net
    よく水滸伝で人肉食ってるけど美味いんかな


    631:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:55:42.71ID:YiIaGcuo0.net
    >>623
    脂に臭みと酸味があるらしいし
    パイにしたら旨いんとちゃうか?



    625:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:54:46.61ID:eJTnyGUO0.net
    >>623
    孔子もおすすめやで



    635:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:57:33.61ID:Be58w0MdK.net
    >>625
    まだこんなん言うてる奴おるんか…
    醢に人肉なんて意味ないぞ



    639:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:58:27.85ID:6i0zi5TBa.net
    >>635
    二行目の最初のやつなんて読むんや



    651:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 13:01:03.03ID:Be58w0MdK.net
    >>639
    かい
    塩漬け肉以上の意味はない



    628:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:55:19.13ID:TBeKlIbRp.net
    一番有名なのが鼎立前の赤壁の戦いの時点でその後地味なのは明白


    624:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2016/02/23(火) 12:54:40.33ID:vYbbugfw0.net
    それが逆にいいんやろ
    戦乱の時代に志持った奴らが熱い時代を生き
    最期はむなしく散っていくみたいな
    そういうはかなさ





    カーチャン「あんたはブサイクじゃないわよ」

    【画像】アフリカ象の怪力!体重500kgのバッファローを軽く持ち上げる

    【悲報】ワイニート(29)、月の小遣いが少ない

    【画像】2005年12月号のコロコロ出てきたんだけど需要ある?



    キニ速の全記事一覧

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    人気記事ランキング

      おすすめサイト最新記事一覧

      コメント

      1.気になる名無しさん2016年02月24日 06:03  ▽このコメントに返信

      三国志奥深すぎワロ

      2.気になる名無しさん2016年02月24日 06:03  ▽このコメントに返信

      三重県って最初こんなんだったの?!って思ってしまった

      3.気になる名無しさん2016年02月24日 06:28  ▽このコメントに返信

      鼎立後の三国志が面白くないとか、単に三国時代を知らんだけやんけ
      魏や呉は政争に次ぐ政争、特に准南の三犯とか司馬氏の台頭が面白いし、蜀は姜維と陳泰、鄧艾との戦い、ドラマチックな滅亡とクソ面白いエピソードだらけじゃん
      小勢力がチマチマ戦ってた後漢末なんかよりは具体的な記録が大量に残ってる分読み応えあるよ

      4.気になる名無しさん2016年02月24日 06:52  ▽このコメントに返信

      「南北朝時代」も同じだな。南北朝時代は、南北朝成立する前、
      足利・楠木・新田が右往左往してる時期の方が面白いよなーと言いたいが、
      その時代は南北朝ができてないから「南北朝時代」とは言えないし、
      「太平記の時代」と言ったら「南北朝時代」も含むし、でも「鎌倉時代」は終わってるしで。

      結局、適切な表現として、
      「三国鼎立する前の三国志」と同じように、
      「正成や義貞が生きてる頃の太平記(南北朝時代)」となる。

      ※3
      >単に三国時代を知らんだけやんけ

      それは間違い。
      実際に、桃園の誓いや赤壁のような、漫画や小説やゲームなどで
      ハデに扱われている=「よく知られている」部分は三国鼎立前に集中してる。
      これが現実だろ。

      南北朝において、千早城や湊川が有名であるのと同じくな。

      5.気になる名無しさん2016年02月24日 06:55  ▽このコメントに返信

      何でや
      三国鼎立どころかその後の曹家が司馬家に乗っ取られるところとか面白いじゃないですか
      蜀は荊州失った時点で詰んでたけど孔明存命中は何とか保ってた
      呉は孫権が長生きしたのがガン 正に老害

      個人的には陳舜臣は秘本三国志と小説十八史略がイイと思う特に秘本は何度読み返しても飽きない
      曹操残影は曹操スキーが行き過ぎて文章硬くて陳先生らしくないなぁって感じて勿体なかった

      6.気になる名無しさん2016年02月24日 07:07  ▽このコメントに返信

      いやー乱世乱世

      7.気になる名無しさん2016年02月24日 07:12  ▽このコメントに返信

      >>前半だけ面白くて後半がクソつまらん上にオチもgdgd

      水滸伝の悪口はやめよう (震え声)
      いやホント、詳しく読み込めば読み込むほど詰まらなくなるって何やねん……

      8.気になる名無しさん2016年02月24日 07:12  ▽このコメントに返信

      ※5
      いやそれ歴史が面白いってだけで三国志としての面白さじゃないでしょ
      三國無双の晋とかお前三国志じゃないだろっていう

      9.気になる名無しさん2016年02月24日 07:13  ▽このコメントに返信

      赤兎馬とかいう活躍期間のおかしい名馬。実際は世代交代してたんだろうけどw

      10.気になる名無しさん2016年02月24日 07:13  ▽このコメントに返信

      マンガとゲームある程度やってたら名前やイベントわからなくても楽しめな三国志は
      日本では三国志人気あるけど他の国では人気どれくらいなんだろう?

      11.気になる名無しさん2016年02月24日 07:23  ▽このコメントに返信

      ※3
      鼎立後は政争とお家騒動で内側から滅んでいくドロドロの人間模様メインだしな。
      読んでて気分がいいものでは無い。

      多くの人は幾多の勢力と才能がぶつかり合う群雄割拠の時代の方が派手で面白いと感じると思うよ。

      12.気になる名無しさん2016年02月24日 07:23  ▽このコメントに返信

      三国志はそうだけど、三国時代は孔明死んでからのが面白い。

      13.気になる名無しさん2016年02月24日 07:38  ▽このコメントに返信

      三国志の終盤が盛り上がらないのは、滅びる側が意地を見せるというか、最後の悪あがきみたいなのをせずに、あっさり滅びたからだと思う。

      14.気になる名無しさん2016年02月24日 07:59  ▽このコメントに返信

      三国志は演義の影響強過ぎてつまらん。
      人じゃなくてキャラクターが動いてるからドラマが薄いんだよなぁ。
      キャラクター化するにしてももうちょっと人間らしさ残して欲しい。

      15.気になる名無しさん2016年02月24日 08:09  ▽このコメントに返信

      鼎立読めないくらいだからゲームしかやってないんだろ

      16.気になる名無しさん2016年02月24日 08:23  ▽このコメントに返信

      水滸伝でなんで幻想水滸伝やねん
      関係ないやろ

      17.気になる名無しさん2016年02月24日 08:27  ▽このコメントに返信

      何故か日本の三国志系フィクションは小説にしろ漫画にしろ諸葛亮死後が割愛されがちだからな。多分吉川英治の影響だろうけど。
      曹氏の衰退と司馬氏の活躍、孫家のドロドロの御家騒動、実は間接的に曹氏を蝕み司馬氏台頭の土台を作っていた蜀の北伐、見所はめっちゃあるのにな。
      多くの人の三国志への興味は、歴史ではなく合戦物語にしかないってことだね。宮中の謀略とか文化の興亡は三国志に限らず人気無いな。弓と矛でドンパチより好きなんだがな。

      18.気になる名無しさん2016年02月24日 08:29  ▽このコメントに返信

      呉のアル中が目先の利益に眩んだ結果あないな事になったんやから
      大の戦犯は孫権やろ。実行犯とはいえ巻き込まれて呪い殺された呂蒙カワイソス

      19.気になる名無しさん2016年02月24日 08:36  ▽このコメントに返信

      ホウ統死なず、孔明と二人で荊州益州を分担していたらもっと面白かったかな
      荊州を失った時点で蜀は終わり

      20.気になる名無しさん2016年02月24日 08:48  ▽このコメントに返信

      蜀視点で言うなら龐統と法正がもっと長生きだったらなぁ。
      個人的に三国志末期の陸抗と羊祜とかすごい好きだけどね。

      21.気になる名無しさん2016年02月24日 08:59  ▽このコメントに返信

      よく、蜀は「~が生きていれば・・・」とか言われるが、誰が生きていようが無理やで。
      国力が違い過ぎる。少しは延びたかもしれないが、結末は同じだったろう。

      22.気になる名無しさん2016年02月24日 09:05  ▽このコメントに返信

      >>275
      中国で一番人気な時代は宋じゃないの?
      日本で時代劇といえば江戸時代であるように、中国で時代劇といえば宋の時代って聞いたことあるけど。

      23.気になる名無しさん2016年02月24日 09:29  ▽このコメントに返信

      三国県

      24.気になる名無しさん2016年02月24日 09:35  ▽このコメントに返信

      幻想水滸伝は108星集まったら詰まらんとか、終結後の展開は最終決戦くらいしかいつも無いやろw
      Ⅲはクリアするまで集まらないけど

      25.気になる名無しさん2016年02月24日 09:36  ▽このコメントに返信

      何故于禁がそこまで嫌われるのか分からん。
      最後に一度降伏&命乞いしただけで、それまでの全功績ガン無視とか。

      26.気になる名無しさん2016年02月24日 09:41  ▽このコメントに返信

      水滸伝にしろ三国志演義にしろ、一時の隆盛を誇った英雄豪傑たちが虚しく亡んでいく寂しさも含めての物語やろ
      何が終盤は詰まらんじゃ、アホくさ

      27.気になる名無しさん2016年02月24日 10:01  ▽このコメントに返信

      108人後の水滸伝が面白くないとか、単に水滸伝の本質を知らんだけ

      水滸伝は、現世に蘇った「過去に悪行を尽くした108の魔王(この話は第一話に出てくるだろ?)」が現世で苦難という修行をして昇天するまでの物語なんだそうだ。

      たがら、好漢=魔王たちが無駄に死ぬのは贖罪として意味があることなんだよ。

      (まあ、それでも、それはそれとしてもっと面白い話には出来たんじゃないかとは思うが)

      28.気になる名無しさん2016年02月24日 10:46  ▽このコメントに返信

      まとめ気合入れすぎやろ
      どんだけ四国民やねん
      まあ全員女体化済みなんですがね

      29.気になる名無しさん2016年02月24日 11:24  ▽このコメントに返信

      漢王朝乗っ取った曹操と下の方からのし上がって最終的には蜀建国して皇帝自称するまでになった劉備の傑物っぷり&物語性が強すぎて二人が死んで以降は物語としては面白みに欠けるからね
      北伐あたりからが好きな人とは楽しみ方の違いがある

      30.気になる名無しさん2016年02月24日 11:28  ▽このコメントに返信

      鼎立で無く、建立を読み間違えたんじゃね?わからんが。
      しかし書く言う俺もその一人。
      ずっと県立って読んでたわw建立だったんだね。
      でも、お前ら鼎立なんて言葉良く知ってたな。鼎って物しか知らなかったわ。

      31.気になる名無しさん2016年02月24日 11:57  ▽このコメントに返信

      世界史やってると鼎立は出てくるから知ってたりするけど、鼎(かなえ)の読み知ってるのは案外珍しいんじゃないかな。

      32.気になる名無しさん2016年02月24日 12:11  ▽このコメントに返信

      そういや
      鼎(かなえ)という名前をつけられたおっさんが、名前が女みたいでいやで、結局犯罪者までなったというニュースを昔見た
      日本の話だよ

      33.気になる名無しさん2016年02月24日 12:31  ▽このコメントに返信

      県立ワロタw

      34.気になる名無しさん2016年02月24日 13:11  ▽このコメントに返信

      三国志大戦4でるのか楽しみ

      35.気になる名無しさん2016年02月24日 14:47  ▽このコメントに返信

      合戦はいつの時代も華だからな
      末期の政略や謀が蔓延る様な時期は時系列追ってちゃんと学んでおかないと
      把握するのが難しい

      36.気になる名無しさん2016年02月24日 16:10  ▽このコメントに返信

      13で本拠以外全部都督に丸投げする君主がいるせいで
      まったり田舎太守暮らしプレイができんやないか

      37.気になる名無しさん2016年02月24日 19:56  ▽このコメントに返信

      ※27
      「物語として意味がある」と「面白い」は別の話なんだが
      大丈夫か?

      38.気になる名無しさん2016年02月24日 20:22  ▽このコメントに返信

      蒼天航路は官渡の戦いがピーク、そこから円熟期は赤壁の戦いまでで
      あとは読まなくても問題ない
      横山三国志は、赤壁の戦いのあと入蜀、将綺羅星のごとく時代が一番面白い

      39.気になる名無しさん2016年02月24日 21:55  ▽このコメントに返信

      模試の漢文で陸抗と羊祜の話が出てきた事があったな

      40.気になる名無しさん2016年02月25日 03:27  ▽このコメントに返信

      孫権の老害化が特に面白い話

      41.気になる名無しさん2016年02月25日 07:43  ▽このコメントに返信

      張遼とかいう演義より正史で無双してた奴

      42.気になる名無しさん2016年02月25日 16:13  ▽このコメントに返信

      劉備さえ居なければ魏と蜀での戦争は起きず住民も無駄死にしなかった感。

      43.気になる名無しさん2016年02月26日 17:27  ▽このコメントに返信

      誤字で盛り上るだけのバカスレだと思ったら持ち直してて草

      キニ速の全記事一覧

      週間ページランキング

      過去記事ピックアップ
      最新記事
      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      はてなブックマーク
      3日間集計逆アクセス
      Copyright (C) 2011 キニ速 -気になる速報-. All rights reserved. ブログパーツ