【画像】アメリカ人が考察した「登場が早ければ歴史が変わっていたかもしれない日本の兵器10選」

    37
    コメント

    1:的井 圭一 ★: 2016/02/24(水) 18:47:05.81ID:CAP_USER*.net
    ナチスには独創的な兵器があったことで知られている。これが戦争の初期に、あるいは大量に投じられていれば、連合軍はもっと苦戦を強いられていたことだろう。
    では日本はどうなのか? アメリカ系のまとめサイトにて、その登場が早ければ第二次世界大戦の行方も変わっていたかもしてないとされる日本の兵器が10種ほど紹介されていた。
    その考察と共に見ていくことにしよう。

    冒頭にはこう書かれている。
    日本軍は、神風特攻隊に代表されるより原始的な手段を使用していたと思われがちだが、旧日本軍が開発した一部の兵器は米軍すら凌駕するハイテク兵器であった。
    これがもっと早く登場していれば、歴史が変わっていた可能性もある。
    それでは早速見ていくことにしよう。

    注:以下の文章は海外サイトを原文に忠実に翻訳したものなので、誤りが含まれていたり、誤った解釈をしている可能性がある。
    ほとんどの情報がそうなのだが、それらが拡散されるとき伝言ゲームのようにどこかで間違って伝わってしまうことが多い。
    特に言語が違うと翻訳作業が入るため、そういった問題が起きやすい。こちらでも一応の確認はしているが、すべてにおいての専門知識は持ち合わせているわけではないので、
    精査に漏れが生じてしまう。見ている人の方が詳しいことがほとんどだ。もし、正しい情報を知っている人はコメント欄で指摘していただけるとうれしい。

    10. 伊二百一型潜水艦



    第二次世界大戦中、海中を高速で航行する潜水艦はナチスだけのお家芸だったわけではない。
    大日本帝国海軍の伊二百一型潜水艦の水中速力は20ノット以上で、ナチスのUボートにも匹敵した。
    水中速力が10ノット程度であった当時の大半の潜水艦と比べれば、革新的なまでの性能である。水中のノイズを低減するラバーコーティング、長距離潜行を可能にする巨大バッテリー群など、
    登場がもっと早ければ連合軍の頭痛の種になっていたことは間違いない。
    8隻が起工され、1945年に3隻が就役したが、そのまま日本は降伏した。戦後米軍によってハワイに運ばれ調査されたのち、ソ連に渡ることを防ぐために破棄された。

    9. 伊号第四百一潜水艦



    第二次世界大戦当時の最大の潜水艦である。当時の米軍が保有していた最大の潜水艦よりも6割大きく、航続距離は2倍あった。
    しかし本当に恐ろしいのはその大きさではない。各艦は3機の航空機を離着陸させることができたのだ。さらに二重殻構造を有し、のちのソ連の潜水艦の設計に影響を与えた可能性がある。
    近代的なミサイル潜水艦の先駆けでもある。アメリカのサンフランシスコやパナマ運河に密かに接近し、航空機を発進させて、爆撃するために設計された。
    1942年、山本五十六は米国本土を叩く方法として、伊号第四百一潜水艦を考案する。しかし1945年、最初の1隻が竣工したとき、日本の敗北はほぼ決していた。
    竣工した伊号第四百一潜水艦は、大西洋太平洋間の米海軍の運行を妨害するために、パナマ運河の爆撃に向かう予定であった。
    しかし結局、米海軍の泊地であったウルシー環礁へ向けて出港し、攻撃開始となる直前に終戦を迎えた。
    降伏を受け入れた米兵たちは、伊号第四百一潜水艦の巨大さと先進性に感嘆したという。伊二百一型潜水艦とともに米軍に接収され、同じくソ連に渡ることを防ぐために破棄された。

    8. 紫電改



    帝国海軍最高の戦闘機、紫電改には少々変わった開発経緯がある。
    もともとは川西航空機が水上機として考案していた機体を、水上機の需要低下を見越して陸上戦闘機化する提案をしたことから開発が始まっている。
    急遽開発され、1944年に配備された紫電は、鈍重で米軍の最新兵器にまるで歯が立たず、F4Fワイルドキャットに酷似していたため誤射の危険もあるなど、様々な問題に見舞われた。
    またブレーキの効きが左右で異なり、着陸が容易ではないという欠陥もあった。
    しかし、着陸装置を短くし、エンジンも強化された紫電改は非常に優れた機体に生まれ変わった。12機のヘルキャットとのドッグファイトで1機で4機のヘルキャットを撃墜するなど、
    その優れた性能が証明されたが、戦争の勝敗に影響するほど生産されることはなかった。

    つづく
    http://karapaia.livedoor.biz/archives/52211994.html



    2:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 18:48:01.03ID:8swfCMVh0.net
    美少女が、うどんをふーふーしてくれる装置を作りたい・・










    97:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:11:25.98ID:FTHZ5rsm0.net
    >>2
    くそww



    370:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:48:23.16ID:RENlNmK/0.net
    >>2
    これは確かに歴史変わる(確信)



    531:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:07:07.25ID:3cHRZwwY0.net
    >>2
    日本の兵器11選じゃねーかw



    550:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:08:45.17ID:bH1yu+Ej0.net
    >>2
    どうしてこうなったwwww



    39:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 18:59:01.91ID:ib427agF0.net
    >>2
    ワロタw



    12:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 18:51:21.48ID:q0nYN+N10.net
    名前がカッコイイな


    18:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 18:52:29.93ID:L/8c+Pwc0.net
    ミリヲタなら余裕で軽く論破してくれるようなものばかり。

    震電や橘花なんて浮いただけの代物で実力なんてわからんし。



    31:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 18:56:51.07ID:AWOWkmHR0.net
    >>18
    震電らの局地戦闘機が完成したかどうかは分からないけど、
    成功すればB-29を迎撃できた

    ドイツなんかは対空兵器が間に合ったので、爆撃機を迎撃して相当落としたはず



    38:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 18:58:49.58ID:L/8c+Pwc0.net
    >>31
    空伶エンジンを後ろに積めばオーバーヒートするくらい
    誰でも気がつきそうなもんだけどな。

    普通に飛ぶには問題ないが全力だとエンジンが焼けちゃって
    それでは使い物にならんで終了だったと思うぞ。



    480:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:00:29.12ID:GOTZ+9IL0.net
    >>38
    降着装置もペラが地面叩かないよう足長でしかもお世辞にも頑丈な代物じゃなかったから、
    離着陸事故で失われる数もきっと多かったろうね。雷電どころの話しじゃなかったかも。

    仮定の話しになってしまうが、震電はそこそこ使える噴射式発動機(ジェットエンジン)に換装でもしなきゃ、
    安定した迎撃戦闘機にはならなかっただろう。



    22:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 18:53:45.66ID:U3+1Z6/E0.net
    実現不可能な夢と希望の兵器も結構混じってるが良いのかw
    あと戦いは数だよ兄貴



    41:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 18:59:11.03ID:pmZ/DSwF0.net
    日本が勝ってはいけない戦争だったんだろ?
    ソースはジパング



    245:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:33:47.14ID:Cbv/426E0.net
    >>41
    占領統治下でなければ改憲を含めたあらゆる改革をあれほど一気呵成に進めることは出来なかった
    それだけは認めてやる

    ただし同じ改革が70年かけて出来なかったとは思わない



    40:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 18:59:07.75ID:3jCxy5jP0.net
    現代の戦争は経済でやるんだよ


    49:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:01:26.80ID:l57hflI60.net
    まともな液冷エンジンが作れたら全然違ってたかもな


    51:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:01:58.35ID:ouW/T3lF0.net
    40年時点で軍事力や科学力の差はともかく国力の差が大きくてなあ。
    数十年前にバルチック艦隊を沈めた実績でアメリカが日本を勝手に脅威に思い過ぎた。



    111:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:15:14.66ID:AWOWkmHR0.net
    >>51
    日本人は教科書にある数行で、バルチック艦隊を破ったとしか知らないけど、
    バルチック艦隊は横暴な帝政ロシアのバルト海最強艦隊だからね

    世界中の白人国家は、日本が勝ったという情報を誤報だと思って新聞が遅れたらしい
    アメリカも衝撃を受けただろうに



    465:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:59:16.37ID:65tJqbcC0.net
    >>111
    バルチック艦隊なんて長旅の疲れでヘロヘロで最強でもなんでもないよ
    そもそもウラジオ艦隊の援護に来ただけで連合艦隊と決戦するつもりもないし
    日本海海戦というのは戦う意志も能力もなかった人たちを日本人が海賊のように襲って沈めただけのこと



    495:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:02:29.47ID:dqhJcF3z0.net
    >>465

    戦時中、敵海域でそんな呑気な気分でいるほうが悪いわ。



    54:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:02:37.69ID:HgX4+hRG0.net
    百式機関短銃
    もう少し早く、ちゃんと量産されていて、
    木製銃床じゃなくプレスや溶接加工の簡易な銃床だったら・・・

    それとドイツと同盟だったんだから9x19mm弾か、せめて380ACPでも使ってろよと



    59:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:03:50.98ID:if0SPFf30.net
    これ言い出せば、

    ミッドウェー級空母、M-26戦車、F8F、F9F戦闘機とか・・・



    67:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:05:26.53ID:L/8c+Pwc0.net
    この中で活躍できる可能性があったのはキ83だけだろうな


    84:名無しさん@1周年 : 2016/02/24(水) 19:08:27.09 ID:VwQSkMXy0.net



    92:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:10:02.07ID:928by2IL0.net
    終戦後に紫電改を米軍が検証して、米軍機が一機も勝てなかったのは有名な話だよな
    だが日本にはすでに燃料がなかったw



    94:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:10:41.38ID:PLCCR4rUO.net
    紫電改こそ過大評価の典型だよな
    いくらでも有望な試作機あるじゃん



    108:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:14:43.29ID:l5l/s+ua0.net
    紫電改がホンモノだったらワシは禿げとらんわ


    104:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:13:53.79ID:ib427agF0.net
    結局近代戦は、兵器の開発競争って側面もあるわな。
    太平洋戦争は、日米のエンジニア達の戦争と言っても良いわな。

    70年経って、アメリカに勝てたのは、自動車くらいだろうか?



    115:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:15:52.11ID:rwkIGo7T0.net
    潜水艦の評価が意外と低いな
    米国本土に攻撃できる可能性があった兵器はあれだけだろ



    263:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:35:53.44ID:w3RiFPpr0.net
    >>115
    潜水艦に積める程度の航空機で米本土攻撃したって戦局に寄与しない。核兵器でもあったなら話は別だが。
    通商破壊戦に使うにしても日本の潜水艦は量産に不向きな設計が多く数を揃えられなかった。通商破壊戦は数としつこさが物を言う。
    伊400が画期的なのは潜水艦を敵地攻撃に投入出来る可能性を開いた事ではあるが攻撃手段が晴嵐3機程度じゃ話にもならん。



    120:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:16:55.36ID:L/8c+Pwc0.net
    陸軍がリアカーを使っていたら補給麺が相当改善されただろう
    って主張してた評論家がいたな。

    そこは俺も賛同した、どうして陸軍は物資を担いでばかりで
    リアカーみたいな運搬道具を採用しなかったのだろう。
    安いリアカーを装備していれば負傷兵の後送だった楽だったろうに

    運ぶ手段がないから、物資は現地調達、負傷兵は置き去りだもんな。



    121:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:17:13.79ID:aPhho9le0.net
    >1
    ガルダン




    135:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:18:52.28ID:L/8c+Pwc0.net
    つうわけで、安くて簡単に大量に作れるリアカーを装備していたら
    どの戦線でも状況は大きく改善したと思う。
    92式重機関銃なんてリアカーで運んだ方が断然に楽だし。



    192:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:27:04.21ID:ib427agF0.net
    >>135
    南方のジャングルで役に立つかは謎だがw
    内燃機関付きのパワーアシストみたいな半人力リアカーあれば、
    山に入って逝けたかもな。



    269:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:36:36.24ID:L/8c+Pwc0.net
    >>192
    > 内燃機関付きのパワーアシストみたいな半人力リアカーあれば、
    > 山に入って逝けたかもな。

    それが後年開発されたこれ。




    260:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:35:18.57ID:f/t3l+Fl0.net
    >>192
    ベトナム戦争の頃でさえ、ジャングル内では米軍兵士が
    人力で機関銃や迫撃砲を運んでたけどな・・・
    ヘリコプターが開発されてた時代でさえこれだ。



    308:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:40:40.72ID:ib427agF0.net
    >>260
    4輪駆動車も意味が無かったか、ハードなジャングルでは…w



    130:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:18:11.62ID:v8BWW5MC0.net
    15センチ高射砲が量産されていれば、相当な数のB29を打ち落としていたはず
    実際にやる気になれば、もっと早く大量生産されて全国の都市に配備されていたよなあ



    685:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:22:58.52ID:wkuQLzfRO.net
    >>130
    ほんとうは 現在でも迎撃戦はむつかしい
    高速ミサイルを迎え射つのはB29より困難



    159:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:22:10.41ID:QBOzenJ90.net
    連射できる小銃を大量につくるべきだった


    185:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:26:39.16ID:49ajYaDM0.net
    >>159
    連射じゃないけど自動小銃自体は戦前に計画はあった
    北支でソ連とやりあう状況だとボルトアクションでもいいやとか
    そもそも弾薬消費がやばいとかでボツった

    歩兵部隊の火力は自動小銃だろうが突撃銃が出ようが基本は機関銃がメインだし



    257:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:34:59.68ID:L/8c+Pwc0.net
    >>159
    > 連射できる小銃を大量につくるべきだった

    https://www.youtube.com/watch?v=PfhKLuPiXFc#t=440


    レミントン社がM1930ライフルの後継として合衆国陸軍に
    売り込んだが、マッカーサーが30-06弾が撃てないとダメだと
    いうことで不採用、日本陸軍で正式採用してもらおうと売り込むが
    弾薬の大量消費が嫌がられて不採用。

    採用されていたらこれが九九式小銃になっていたはず。



    173:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:24:51.61ID:tPag/TNcO.net
    一番必要だったのはレーダーだろ


    174:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:24:52.11ID:9xlzXceC0.net
    八木アンテナを発明していたのに、採用していない・・・・
    こういうのが、国力ってやつだな。



    190:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:27:01.48ID:tNhMJebf0.net
    >>174
    アンテナの方が有名だがマグネトロンも日本だ
    レーダーを知っててつくらなかった
    逆探知されるとか何とかわけ分らないこといって



    200:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:28:25.10ID:if0SPFf30.net
    1.轟天号



    2.鉄人28号




    246:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:33:55.26ID:urSUM+ln0.net
    >>200
    鉄人28号






    215:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:29:31.35ID:ebN+6W1b0.net
    潜水艦だな
    補給路絶たれちゃどーにもならん



    230:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:31:41.15ID:J9tjkdpKO.net
    結局独自のものでなくて模倣からの発展系ばかりだから
    「登場が早ければ」の仮説自体成り立たないわな
    後追いじゃ分が悪すぎる



    249:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:34:11.55ID:2bBfxe680.net
    あと当時の日本は原爆も研究してたからな。
    実際は結構な技術力不足と物資不足だったが
    もしアメリカよりも早く完成したとしたら歴史は変わっただろう。



    282:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:37:32.23ID:PwE5FtCK0.net
    >>249
    それはリアルで変わったと思う
    実際、湯川博士らの研究はそこそこすすんでいた

    伊号第四百一潜水艦とのコンボで
    ロスやシスコに原爆を投下すれば、
    間違いなく違う歴史になっている



    330:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:43:21.02ID:f/t3l+Fl0.net
    >>282
    原爆は重すぎて運べません。
    当時の日本の軍用機じゃ陸攻・重爆クラスでないと。
    当然、米本土に行く方法は無く、前線に出れば瞬殺されます。

    核兵器の小型化って、ムッチャ技術的に困難なのよ。



    662:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:21:04.45ID:2bBfxe680.net
    >>330
    その為に日本は長距離飛行可能な超大型戦略爆撃機の富嶽を開発していた訳だが・・・
    富嶽も早く出来ていたら歴史が変わったかもな



    386:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:50:15.82ID:IiN6apRv0.net
    >>249
    そんな金あったら戦争してネェから
    ドイツですら無理って諦めたのに更にビンボーで技術も無い日本に



    414:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:52:43.57ID:9xlzXceC0.net
    >>386
    ナチスは原爆の開発はしていなかった。

    むしろ、原発を作って、慢性的なエネルギー不足
    を解消しようとしていた。



    266:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:36:06.21ID:RAVL11Ou0.net
    武器の優劣で勝とうとするところが弱点だったんだよな
    戦争は総合力だろう



    331:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:43:27.59ID:ib427agF0.net
    >>266
    太平洋戦争じゃ、兵站の重要性イヤって程知らされたからなぁ…
    まあ、その兵站を守るのが、優れた兵器だった訳だけれども。

    戦争しに逝って、飢餓で死んだって、何の為の戦争か?ってな話しだわな。



    272:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:36:59.74ID:fXYJoTKQ0.net
    よく勘違いされてるが、
    物量に押されたってのは事の趨勢が決まった中盤以降の話だから
    開発、生産力その他諸々、計画を大きく修正する出来事がその前にある
    最初から負け戦ってわけではない



    330:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:43:21.02ID:f/t3l+Fl0.net
    >>272
    「長引けば絶対に負ける」ということなんだけど・・・
    短期間で勝つ方法はないし。



    368:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:48:19.91ID:49ajYaDM0.net
    >>272
    戦争なんて結局は相手の上にどんだけの鉄量を投げつけれるかの話だから
    革命的な革新でもなけりゃ物量で決まるよ



    326:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:42:50.68ID:InKGjK1X0.net
    開発が早ければ勝てた兵器なんて核兵器くらいだろうと思ったが
    もし戦時中に間に合ってたら
    核戦争になって日本中に原子爆弾が落ちることになってそう



    348:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:45:44.75ID:P/tEFefM0.net
    ロケット推進戦闘機「秋水」が無い。
    試験飛行でおわってたけど、終戦が遅れればどうなっていたやら。



    394:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:50:37.64ID:7s1/ZShK0.net
    >>348
    秋水ができたところで本家のコメートと同じ対策されて終わりだろ



    353:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:46:40.01ID:urSUM+ln0.net
    戦艦 土佐
    全長600m 50万トンクラス






    357:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:46:57.66ID:PwDGEsph0.net
    後十年開戦が遅かったらどうなったかって話だな。


    360:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:47:23.58ID:+t7DCLE70.net
    38式から自動小銃にするだけでもかなり違ってたんじゃないの?


    379:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:49:26.61ID:yNeE166L0.net
    >>360
    銃弾を前線まで運べない 戦争中の日本兵は、日本を出港するときに
    身に付けていたタマだけで戦わされた人が少なくないんじゃないの



    412:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:52:35.59ID:dYJG2kC/0.net
    >>360
    セミオートとボルトアクションじゃ発射速度?は大差ないって結論だったからね
    三点射(バーストではない)なら正確に的に撃ちこめただろうね



    471:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:59:39.20ID:/qypqlyN0.net
    島風とかパンツのイメージしかないけど
    >1944年、レイテ島北西で米軍の空襲に遭い撃沈した。
    とか聞くと泣けてきて
    この複雑な感情が感これを後押ししたのかな?と思える



    515:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:05:02.01ID:AWOWkmHR0.net
    >>471
    島風の人気は

    高性能ゆえに試作1隻しか作られなかった
      ↓
    同型艦がない
      ↓
    速度が速くて他の駆逐艦と併走できない
      ↓
     ぼっち
      ↓
    孤独、ニート、いじめられっ子、便所飯の奴らが親近感を沸かせた
      ↓
    艦これの島風が大人気
    という悲しい定め



    534:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:07:16.96ID:XHubLZHoO.net
    >>515
    どう考えてもガンダムやシャアザクと同じ種類の人気だろ。



    559:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:09:50.53ID:49ajYaDM0.net
    >>515
    もっと悲惨な境遇の阿賀野がそんあに知られてない悲劇
    水雷戦隊旗艦としての最適解を具現化したようなスマートさがあって好き



    472:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:59:39.52ID:AWOWkmHR0.net
    日本はガチで鉄器と騎馬と火器が間に合ってよかった

    アステカ帝国とかインカ帝国とか欧州に近い文明は
    火器がなかっただけで完全に滅ぼされているんだから
    アフリカもメチャクチャにされたし



    598:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:14:13.24ID:ib427agF0.net
    >>472
    戦国時代は世界最大級の火薬の国だったんだが、
    何故だか刃物の国に成っていたしなw
    あのまま、火縄銃が改良・普及してりゃ、ガンマンの国だったかもなぁ…

    ちょんまげ侍が6連装リボルバーで吉良さん射殺、
    「殿中でござる!」ってなもんで。



    478:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:00:10.17ID:4FcGKOu60.net
    >>1
    正々堂々とした勝負をしていれば、アメリカは2年で降伏していた可能性が高い。
    資源封鎖が無ければ…



    496:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:02:39.70ID:/qypqlyN0.net
    >>478
    それだけアメリカは、今に至る外交重視だったのだろう
    もしかしたら日本も外交重視したかったけど、侍や忍者のイメージが強くて相手先から門前払い食らってたのかもしれないね
    今になって思う



    513:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:04:56.65ID:DoZBaMwn0.net
    .
    まぁ近代戦だと性能の劣った兵器をなんぼ揃えてもタコ殴りになるというのは
    湾岸戦争でハッキリした事だが

    WW2で連合国兵器より歴然の性能差があったドイツ戦車が数で押し切られたのは
    空軍ヤーボの助けが大きかった所にある

    日本もドイツも空軍に全国力を傾けるべきだった



    530:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:07:02.58ID:AACrcpZe0.net
    日本人のものづくりに対する生真面目さは当時からあったということでいい そういう話だ
    戦局が変わってたかもしれないとか過去の出来事を改めて俎上に乗せられてもな
    そんなことより今の軍備を国防の名に相応しい最上のものに高めて欲しい



    583:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:12:29.08ID:XDLibJGS0.net
    >>530
    メーカーで働いてるけど
    大きな会社になると顧客の声が全くフィードバックされなくて
    技術者はアプリケーションのことよりも純粋な技術に没頭してしまいがち
    つねに市場や現場の声を吸い上げないと



    726:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:27:52.21ID:kHpCZELj0.net
    日本がもし降伏せず、
    ゲリラ戦を始めたらアメリカは数年で撤退した可能性が高い
    それどころか米軍が韓国に進駐したままになったはずで
    朝鮮戦争が発生しなかったかもしれない。

    ゲリラ戦になっていたらどうなるか
    ベトナム、アフガン、イラクなどをみれば明らかだと思う



    764:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:32:31.70ID:BtaBRv+lO.net
    >>726
    当時の玉砕上等の日本軍にヒットアンドアウェイは無理

    硫黄島の栗林中将の戦い方は正にゲリラ戦法だったが、あの発想は当時の日本軍には無理

    つか今も昔もゲリラ戦法ってスゲェ有効な戦法だな



    790:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:35:50.30ID:jCR1LUEK0.net
    >>764
    硫黄島ではもうとっくに軍の方針で玉砕上等は無くなってた
    水際で撃退するより、洞窟を掘ってそこから砲撃やゲリラ戦を繰り返すのが硫黄島や沖縄の戦いだな

    その戦記を読んでて思うのは、戦車で押し立ててきてやられるから、
    バズーカ砲みたいな携帯対戦車兵器があればもっと違っていただろうってこと
    沖縄戦だけでシャーマンは日本軍に500両破壊されてるんだよ



    812:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:39:15.58ID:q/jLPJ9Y0.net
    >日本がもし降伏せず、
    ゲリラ戦を始めたらアメリカは数年で撤退した可能性が高い

    バカ、あり得ない。朝鮮戦争は必須だったし原爆はあと5発バックアップあったから
    悲惨なことになっていたろう。たぶん韓国の属領になってた
    むしろ体制をある程度残して無条件降伏する方針で必死だったはずだ



    402:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 19:51:29.34ID:D6gW3MRV0.net
    富嶽だろ






    788:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:35:36.53ID:xxs1KX/R0.net
    震電 かけええな
    日本の新型機は
    震電IIを開発してほしい






    792:名無しさん@1周年: 2016/02/24(水) 20:36:02.55ID:PlXZXybY0.net
    戦時中の戦闘機はかっこいい名前ばかりだよなー
    個人的には月光と烈風が好き





    実写ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』のキャストが発表されたぞwwwwwwwwww

    俺が中学時代に残したいくつかの伝説

    【動画あり】ここはPerfumeちゃんのステキな動画が群生する森

    【画像あり】暇だからつまみ作って飲むよー




    キニ速の全記事一覧

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    人気記事ランキング

      おすすめサイト最新記事一覧

      コメント

      1.気になる名無しさん2016年02月25日 03:08  ▽このコメントに返信

      核を。

      2.気になる加藤鷹さん2016年02月25日 03:16  ▽このコメントに返信

      加藤鷹「あぁ~… いいよぉ… 陰核… あぁ~… いい///」

      3.気になる名無しさん2016年02月25日 03:27  ▽このコメントに返信

      よく勘違いされてるし1側面としては正しいが日本軍は海上輸送の物資輸送船団の護衛がガバガバだけど、陸では優秀な兵站能力を持ってるんやで。大陸だ通作戦では2400kmを駆け抜けた、これは並大抵ではないゾ。
      ドイツ軍には出来ないことやで、実際ドイツ軍はアフリカで1600kmの兵站業務に耐え切ることが出来なかった。
      それに日本軍は何気にww2参戦国の中で二番目に多く補給トラックを持ってたんやで
      書いてて思ったけどたぶん陸軍は補給重視で海軍が補給軽視だったんじゃない?

      4.気になる名無しさん2016年02月25日 03:49  ▽このコメントに返信

      富嶽がなくて安心したけどスレに出てた。

      序盤の勢いづいてた頃にこれら革新的な兵器が出てきてたら、有利な条件で講和なんてのも
      多少はあったかもしれんけど、絶望的な状況でギリ実戦投入が間に合ってもな…

      5.気になる名無しさん2016年02月25日 03:54  ▽このコメントに返信

      ww2←草生えてるようにしか見えん今日この頃
      この手の話で自惚れ系がそんなに居ないのが最近にしては凄く珍しいな
      面白い話見れてよかったわ

      6.気になる名無しさん2016年02月25日 04:05  ▽このコメントに返信

      昔から日本は目の付け所が違うんだな

      7.気になる名無しさん2016年02月25日 04:28  ▽このコメントに返信

      戦いは数だから中国と衝突したらボコボコやね

      8.気になる名無しさん2016年02月25日 05:03  ▽このコメントに返信

      日本がぼろ負けしたからこそ今があるんやで、ドイツだってそうや

      9.気になる名無しさん2016年02月25日 05:24  ▽このコメントに返信

      戦車だって現場からのフィードバックがないのと、予算などのリソースの大半が航空機生産に使われてたこともあって四式や五式がどこまで使い物になったのかは疑問だな
      もし南進しなくてソ連と戦ってたらまともな戦車がいくつも生まれてたよ絶対に
      BT戦車程度なら旧チハでも十分対抗出来たけどT-34は四式でも五式でも相手にするのは難しかったろうな

      10.気になる名無しさん2016年02月25日 05:36  ▽このコメントに返信

      蒼雷

      11.気になる名無しさん2016年02月25日 07:03  ▽このコメントに返信

      ハードウェアが優秀でもソフトウェアがポンコツなら意味がないように、どんなに兵器が優秀でも、使う人がなぁ・・・
      当時の軍部は精神主義バリバリで、見通しの甘い人が多すぎる

      12.気になる名無しさん2016年02月25日 07:24  ▽このコメントに返信

      まずアメリカに殺されるより、上層部に殺された数の方が多いからね

      資源封鎖がなくて長期戦に持ち込めたとしても絶対負けたよ

      13.気になる名無しさん2016年02月25日 07:39  ▽このコメントに返信

      同じ事を米軍で言えば、1941年当事は竣工さへしてなかったアイオワ級が計画通り6隻完成してたり、ミッドウェイ級の配備が1941年に間に合って、ハワイ~太平洋側に配備されてたらそもそも日本は宣戦布告などしなかっただろうね。

      14.気になる名無しさん2016年02月25日 08:21  ▽このコメントに返信

      >>326
      昭和天皇はこれを危惧して原爆反対を貫いたんだろうな
      このままじゃ文明が滅亡するまで戦う事になるって玉音放送でも言ってたし

      15.気になる名無しさん2016年02月25日 08:25  ▽このコメントに返信

      そもそも仮にたくさん製造できても、運用するための燃料が全然なかった
      自活できない時点で詰んでた

      16.気になる名無しさん2016年02月25日 08:29  ▽このコメントに返信

      レーダーにも引っ掛からない、日本人の知識を詰め込んだ風船爆弾がはいってないなんて…!!

      17.気になる名無しさん2016年02月25日 08:42  ▽このコメントに返信

      島風がいつの間にか15連装魚雷装備になってるんだが

      18.気になる名無しさん2016年02月25日 09:06  ▽このコメントに返信

      島風は言い方は悪いけど生まれた意味全否定されるような沈み方なのも人気の一因じゃないかね

      19.気になる名無しさん2016年02月25日 10:57  ▽このコメントに返信

      多民族からくる言語不自由な連中にも分かり扱えるマニュアル作成、引き金引くと当たる多くの機銃と防弾、VT信管と暗号だろうなあ

      20.気になる名無しさん2016年02月25日 11:46  ▽このコメントに返信

      戦艦土佐って初めて見たけどこれって後々ミリオタが創作したんじゃなくて本当に考案されてたの?

      21.気になる名無しさん2016年02月25日 11:48  ▽このコメントに返信

      よくドイツや日本の超兵器が完成していれば~とか言う奴がいるけど、アメリカとかも
      超兵器を開発してたのは考えないんだな。
      アメリカは戦時中に、陸上機当時最速のレシプロ、
      ジェット戦闘機開発していて既に量産が始まっていたし、艦載機も日本機に格闘戦で余裕で勝てる高速戦闘機や流星の上位互換もいた。戦車だってKTに正面から勝てる戦車を生産していた。TV画面で操作する飛行爆弾だって開発していてた。ただアメリカがそのような兵器を使わなかったのは、必要性がなかったから。既存の信頼性あるの兵器で確実に潰せるのに、わざわざギャンブルする必要性がなかったから

      22.気になる名無しさん2016年02月25日 11:52  ▽このコメントに返信

      ネーミングセンスはガチ

      23.気になる名無しさん2016年02月25日 12:38  ▽このコメントに返信

      5人で原爆を研究していた日本と2000人で研究していたアメリカ。
      さぁーどっちが開発早いでしょうか?

      24.気になる名無しさん2016年02月25日 13:04  ▽このコメントに返信

      艦豚くっさ
      巣から出てくんなや

      25.気になる名無しさん2016年02月25日 13:24  ▽このコメントに返信

      うどんのやつ何度見ても笑える

      26.気になる名無しさん2016年02月25日 14:01  ▽このコメントに返信

      1位が島風とは意外。たらればに加えあんなのを量産できると思えないけどな

      ※17
      5×3が15×3になったら大井北上もびっくりだわ

      27.気になる名無しさん2016年02月25日 14:58  ▽このコメントに返信

      どんな超兵器を開発したところで、食糧という点をつかれたら勝てないよ
      1945年の歴史的な凶作は単に自然災害だけじゃなく地力を消尽したって意味では必然だったし、この解決は米軍による膨大な食糧支援と傾斜生産方式での窒素肥料の大増産なしに解決出来なかった。
      ゲリラ戦をしようにも外地からの食糧を断たれて、一千万近い餓死者が出ればさしもの大和魂も持たないでしょう

      28.気になる名無しさん2016年02月25日 15:12  ▽このコメントに返信

      大戦末期のドイツは強力な戦車にジェット戦闘機、そして弾道ミサイルまで実戦投入したけど巻き返せなかったしな
      戦争はやはりトータルバランスで一度バランス崩されたら簡単には押し返せないって事だな

      29.気になる名無しさん2016年02月25日 17:02  ▽このコメントに返信

      当時ザクを量産できてたら勝てたわ。

      30.気になる名無しさん2016年02月25日 21:32  ▽このコメントに返信

      >>27 食料があれば戦争は回避できた
      ifならこれだな、二等輸送艦・弾薬・無線機・土木機械・ソナー系・自走砲・電探・迫撃砲・誘導魚雷・高性能エンジン(時間稼ぎできれば上出来)
      >>9 戦車を増産すると 重砲と高射砲がへる
      >>598 桜田門
      >>5 第二の敗戦でこりたんだろ  金こそ全て

      31.気になる名無しさん2016年02月25日 21:56  ▽このコメントに返信

      >>513 正確には、日・独 航空万能短期決戦 しかしよく準備された防御陣地に苦戦、重砲の重要性に気づくも時すでに遅し
      電撃戦は間違いだった(独=火力軽視・重砲)
      戦車で一目でわかる
      日本=独から学ぶ
      米=仏から学ぶ
      1WW1の砲撃戦は日本にはできない  2英から航空万能・電撃戦・短期決戦を学ぶ 3ノモンハンで火力不足を認識
      4独の電撃戦に夢を見る 5破滅確定 6独がトラを作ってるのをみて騙されることに気づく
      *東条など重砲重視派はいた、ただし独より多い程度(サイパン防衛に自信を持ってるのはそのため)

      32.気になる名無しさん2016年02月25日 23:40  ▽このコメントに返信

      >>120
      >陸軍がリアカーを使っていたら補給麺が相当改善されただろう

      チャルメラのおっさんしか思い浮かばないんですが

      33.気になる名無しさん2016年02月25日 23:57  ▽このコメントに返信

      携行機関銃の量産ができてたら違っただろ...太平洋戦線の縮小は上陸されて玉砕が相次いだこともある。

      34.気になる名無しさん2016年02月27日 14:00  ▽このコメントに返信

      >まともな液冷エンジンが作れたら全然違ってたかもな

      そもそもまともな空冷エンジンすら生産できてないからなあ

      35.気になる名無しさん2016年02月27日 16:56  ▽このコメントに返信

      工業水準はゴミだったし物資も無かったから負けは確定やろ

      36.気になる名無しさん2016年03月27日 20:06  ▽このコメントに返信

      勝ってたらもしくは引き分けてたら今も大地主が幅を利かせる村社会が温存されてトルコみたいな社会になってただろうな

      37.気になる名無しさん2016年05月22日 15:15  ▽このコメントに返信

      鳥取を陸地から切り離してエンジンを付けるんだ。浮遊要塞がゆっくりと動き出す、日本海側だな、中国にいけるぞ!

      キニ速の全記事一覧

      週間ページランキング

      過去記事ピックアップ
      最新記事
      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      はてなブックマーク
      3日間集計逆アクセス
      Copyright (C) 2011 キニ速 -気になる速報-. All rights reserved. ブログパーツ