なんで江戸時代には写真みたいに精密な肖像画描く画家おらんかったんやろな

    35
    コメント

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 04:59:59.81ID:FLVBlcEv0.net
    どんな時代だってめっちゃ絵上手い奴はいたはずやん

    なんでデフォルメしまくった人物画しか残ってないんやろ



    3:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:01:00.53ID:Re+dzF8F0.net
    あの当時の日本はリアルもあんな感じやったで


    5:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:01:19.02ID:KCK7QIWla.net
    男には自分の世界があるんやで


    6:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:01:28.77ID:QENQ+AkK0.net
    当時しらんのやろなぁ



    8:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:02:13.14ID:FLVBlcEv0.net
    江戸時代の画家の限界がこれなんか・・・・








    14:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:05:18.02ID:KhVCVEnId.net
    >>8
    無能すぎる



    72:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:39:13.09ID:qMtB+/Nnx.net
    >>8
    特徴とらえててええやん



    56:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:28:34.47ID:R7ZgLbD30.net
    >>8
    オリジナリティで言ったら超有能なんやけどな・・・



    99:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:54:28.12ID:LNaPcJz90.net
    >>8
    思ったより似てる



    134:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:10:39.76ID:3qMy1UwC0.net
    >>8
    茶髪だったってこと新発見やわ
    白黒の写真だと髪の色分からんかった



    138:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:13:03.97ID:jsVf5HrGM.net
    >>8
    似てるっちゃ似てる



    11:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:03:15.62ID:dGR2DnwN0.net
    今だって萌え絵だらけじゃん
    日本は全く変わってないって事や



    13:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:05:15.97ID:omHfnoVMd.net
    >>11
    お前がアニ豚やからやろ



    16:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:06:43.49ID:dGR2DnwN0.net
    >>13
    アニ豚云々以前にデフォルメした絵の方が写実的な絵より圧倒的に多いのは事実やろ



    12:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:04:20.87ID:1qCfB2Yh0.net
    写実主義の発祥でんでん


    15:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:05:52.27ID:FLVBlcEv0.net
    目に映ったものをそのまま再現するって発想自体が無かったってことなんか?


    19:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:07:41.52ID:QdJqM6llr.net



    71:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:38:05.69ID:cisZbZwQ0.net
    >>19
    カブトガニ適当すぎやろ…



    78:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:45:49.62ID:retgfsjH0.net
    >>71



    170:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:32:13.92ID:+xA+by2P0.net
    >>19
    左下もやしもんだろこれ




    22:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:08:12.36ID:OXOzrsug0.net
    こう言っちゃなんやけど精密画って写真じゃアカンのか?


    25:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:09:17.22ID:n/TGkK9t0.net
    江戸時代にも洋画家おったやろ


    20:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:07:48.03ID:QENQ+AkK0.net
    ガチレズすると、精密に書きすぎたら魂抜かれるみたいな考えちゃう


    30:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:12:11.40ID:n/TGkK9t0.net
    浮世絵と日本画はまた違うやろ


    29:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:11:52.79ID:429veTvO0.net
    坂本龍馬の肖像画?写真?みたいなの教科書にあるやん
    江戸末期の



    32:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:12:56.50ID:429veTvO0.net
    新撰組の写真とかも見たことあるぞ


    35:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:14:39.08ID:G9y/d3Ppd.net
    江戸っ子「絵じゃん」


    37:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:16:46.00ID:wTFBgjgQ0.net
    西洋じゃ逆に写真主義からジャポニズムやぞ


    39:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:18:44.94ID:DbIJDww9d.net
    >>37
    あいつらは長い歴史の中で写実を極めてしまったからな
    みんな上手いからどうにかして目立とうとしたんやろ



    26:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:10:37.79ID:FSs+wSgF0.net
    浮世絵はあんまり細かいと彫るの面倒そうだし仮に彫れてもちゃんと刷れないんちゃう


    31:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:12:13.19ID:dGR2DnwN0.net
    >>26
    これやな
    これしかないわ



    36:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:15:12.91ID:u5LAyUvA0.net
    >>26
    浮世絵って版画なんか



    38:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:16:55.04ID:n/TGkK9t0.net
    >>36
    大量生産のポップカルチャーやで



    28:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:11:11.99ID:NOipCevU0.net
    あー版画文化と結びついてんのかな


    33:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:13:08.08ID:i0r+7PKD0.net
    確かに細かすぎる線だと版画にしたとき潰れそうだな


    34:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:14:04.05ID:dGR2DnwN0.net
    浮世絵以外だと量産難しいし
    精密画が仮にあったとしても同じ絵は1枚しかないし見つかりずらいんやろ



    40:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:20:12.57ID:FLVBlcEv0.net
    今ぐぐって見つけたんやけど北斎いけるやん!この画でやれ


    作者不明の西洋画、北斎作だった オランダの博物館に
    http://www.asahi.com/articles/ASJBR4218JBRTOLB00F.html



    >作者がわかっていなかったが、フォラーさんが、シーボルトの子孫が所蔵する目録を2014年に確認したところ「北斎が西洋画の技法で描いた」とシーボルト自身による記載があった。フォラーさんは「西洋人が描いたものと思っていたので驚いた」と話す。
     

    43:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:23:25.99ID:BbG23rZu0.net
    >>40



    これもそうみたい
    意外と凄い



    45:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:24:00.92ID:ft5pytRm0.net
    >>40
    やっぱり天才は違うな



    41:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:20:37.04ID:Uq+AcbFP0.net
    それでも日本には正確な古地図があるから


    42:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:21:49.43ID:n/TGkK9t0.net
    マヤみたいな作風もすこ


    48:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:24:49.44ID:BbG23rZu0.net
    >>42
    あれも独特の世界観みたいなのがあるよな



    23:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:08:12.69ID:2wqhbY9z0.net
    動物画やったら
    伊藤若冲とかわりとリアルよりやねんけどな


    伊藤 若冲(いとう じゃくちゅう、正徳6年2月8日(1716年3月1日) - 寛政12年9月10日(1800年10月27日))は、近世日本の画家の一人。江戸時代中期の京にて活躍した絵師。名は汝鈞(じょきん)、字は景和(けいわ)。初めは春教(しゅんきょう)と号したという記事がある[3]が、その使用例は見出されていない。斗米庵(とべいあん)、米斗翁(べいとおう)、心遠館(しんえんかん)、錦街居士とも号す。
    写実と想像を巧みに融合させた「奇想の画家」として曾我蕭白、長沢芦雪と並び称せられる。





    https://ja.wikipedia.org/wiki/伊藤若冲


    47:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:24:48.92ID:ySDeeIK60.net
    そもそも絵の描き方って後天的なものだからな


    50:大阪鷹: 2017/04/18(火) 05:25:05.01ID:4NVVJS6A0.net
    犯罪者の人相描きは精密やろ


    51:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:25:22.94ID:EZBvn8Ym0.net
    江戸時代までの日本の風景はカラーだったけど明治から昭和になると白黒になってしまうという風潮


    46:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:24:29.36ID:MyMHf0Z30.net
    あれ、日本画家にも精密に描く人おったはずやけど


    53:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:26:25.28ID:n/TGkK9t0.net
    ラピュタのopみたいな画風てなんていうんや?

    https://www.youtube.com/watch?v=40BNY41SJCI



    55:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:27:39.53ID:NHaMIBdxa.net
    外国と違って日本の絵は線でとらえて描くからどエライことになってるんやなかった?


    60:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:30:47.26ID:R7ZgLbD30.net
    >>55
    洋画は宗教と科学が背景にあって写実とか遠近法とかでガチガチやったからね



    58:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:30:33.58ID:Y5NCMHNm0.net
    精密な画風もごく一部にあったけど需要ない売れない人気ないの三十苦
    画家だって商売でやってんだからそんなのに手を出さねえよ



    65:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:32:48.10ID:gkKck8Ky0.net
    >>58
    どうでもええけどその三十苦全部一緒やろ



    64:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:32:25.75ID:Re+dzF8F0.net
    >>58
    なんで需要無いの?



    184:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:43:03.54ID:MfseD5ALM.net
    >>64
    リアルな景色は見たら済むからや



    61:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:31:25.62ID:1QnXG/3s0.net
    平安人 平仮名が発明されたけど使い道ないな…→官能小説書いたろ
    江戸人 浮世絵の技術を学んだンゴ→春画描いたろ
    現代人 インターネットサービスが始まったンゴ→エロ画像アップしたろ

    なぜ日本人は新しい技術をまずエロに使うのか



    120:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:04:29.15ID:1bAVvUm40.net
    >>61
    日本人に限るか?



    131:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:10:19.24ID:xjApBBSz0.net
    >>61
    毒芋を砕いて粉にしたものを灰を溶いた水でかき混ぜてから煮て固めたらプルプルした変なもんできたわ→切れ目入れてち●こ突っ込んだろ



    62:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:31:29.90ID:lkGSMA390.net
    ワイもついつい線で対象を捉えてまうわ
    だから塗りなんてぜんぜん苦手



    63:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:31:44.25ID:n/TGkK9t0.net
    絵師、彫師、刷り師というワークシェア


    66:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:35:28.12ID:FLVBlcEv0.net
    写真機が無い時代なら尚更需要あると思うんやけどなぁ


    69:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:37:43.25ID:BbG23rZu0.net
    >>66
    絵なんてデフォルメされてて当たり前であって、精密な物はつまらなかったんだろ
    多分浮世絵としての絵が見たいのであってリアルな風景は求められてなかった



    67:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:37:15.82ID:n/TGkK9t0.net
    >>66
    一品物は金持ちが買って愛でるから多数の目にとまらない、



    73:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:40:46.39ID:BbG23rZu0.net
    でも意外とリアルな絵はあるんやね

    狩野 山雪(かのう さんせつ、天正18年(1590年) - 慶安4年3月12日(1651年5月1日))は、江戸時代初期の狩野派の絵師。京狩野の画人狩野山楽(光頼)の婿養子で後継者。本姓は秦氏。諱は光家。号は「蛇足軒」「桃源子」「松柏山人」。息子は狩野永納。垂直や水平、二等辺三角形を強調した幾何学的構図で知られる。



    https://ja.wikipedia.org/wiki/狩野山雪

    これとか
    遠近法がめちゃくちゃで変な感じだけど



    74:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:41:31.43ID:Jagdf9Jz0.net
    化政期に西洋画真似して写実絵画書いた奴おったやろたしか


    77:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:43:27.36ID:BbG23rZu0.net
    >>74
    それこそ葛飾北斎やないの?



    80:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:46:24.15ID:Jagdf9Jz0.net
    >>77
    調べたら司馬江漢やったわ

    司馬 江漢(しば こうかん、延享4年(1747年) - 文政元年10月21日(1818年11月19日))は、江戸時代の絵師、蘭学者。浮世絵師の鈴木春重(すずき はるしげ)は同一人物。本名は安藤峻。俗称は勝三郎、後に孫太夫。字は君嶽、君岡、司馬氏を称した。また、春波楼、桃言、無言道人、西洋道人と号す。





    https://ja.wikipedia.org/wiki/司馬江漢

    でもそれと北斎以外にもいたわ



    75:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:42:00.12ID:0OoW4yp/M.net
    ノッブ「江戸時代以前のならあるでよ」




    81:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:46:51.12ID:DVSJEFn30.net


    若冲はすげえわ



    91:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:50:25.01ID:lkGSMA390.net
    >>81
    10年以上ひたすら観察だけ続けたっていうからね
    一番好きな絵師やわ



    84:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:48:13.24ID:FLVBlcEv0.net
    正確には明治時代のものやけど来日したアメリカ人画家が描いた日本の風景
    こいういうのを日本人画家が描かなかったことが不思議なんや






    86:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:48:50.23ID:qMtB+/Nnx.net
    >>84
    すげえ



    88:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:49:53.85ID:BbG23rZu0.net
    >>84
    凄いなぁ
    写真って言われたら信じるかも



    96:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:53:19.77ID:sbWRZq56a.net
    >>84
    これ写真に彩色したんちゃう?
    描いたとしたらすげーな



    104:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:56:31.17ID:4ijY9EzXd.net
    >>84
    ええなあこれ



    85:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:48:24.55ID:xjApBBSz0.net
    写実主義が流行ってなかっただけやし…


    87:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:48:50.63ID:ZQYlaOpQ0.net
    宣教師がこっそり描いた絵とかないんか


    89:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:49:54.61ID:PJsheGj+0.net
    下書きしない筆での一発勝負だからや
    筆の強弱が芸術



    90:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:50:02.87ID:n/TGkK9t0.net
    浮世絵文化が以上なんやろあの頃大量に流通できる美術品てあれだけちゃうか?


    93:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:52:16.88ID:Jagdf9Jz0.net
    写実絵画としては秋田蘭画とかの洋風画も江戸期には存在していたんやけど
    岡倉天心以降の日本美術界が日本画優先のなったことでマイナー扱いされ今に至るって感じか



    94:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:52:24.32ID:Y4P0vPS70.net
    戦国時代にやたら写実的な絵描いた奴おったやろ


    95:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:52:43.85ID:wTFBgjgQ0.net
    絵師が子供や弟子に画風や技法を引き継いだからってのはありそう


    97:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:54:00.54ID:n/TGkK9t0.net
    西洋絵具、東洋墨やから塗りと輪郭文化にわかれたんやろ


    98:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:54:24.32ID:ElO5tVEea.net
    写実主義的な美術自体それなりの下地があってのもんやからな
    現実をそのままそっくり上手く描くことが人類共通の上手い絵なら古代からいろんな国でずっとやってないとおかしいし何か理由がない限り写実主義には至らないんやろ



    101:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:55:39.74ID:A5q1ET1jd.net
    浮世絵と同じ大衆文化である漫画や雑誌、新聞に写実的な絵などあるだろうか(いや、ない)


    106:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:57:59.17ID:llVzt/u00.net
    リアルなだけなら写真でええやんって考えが一般的やったからな
    ようは棲み分けや



    113:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:02:02.38ID:qMtB+/Nnx.net
    >>106
    江戸時代にか?



    123:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:06:24.80ID:llVzt/u00.net
    >>113
    なんや江戸時代の話か
    てっきり江戸時代の話やと思ってたわ



    126:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:08:49.59ID:429veTvO0.net
    >>123
    意味不明すぎてワロタ



    133:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:10:28.54ID:qMtB+/Nnx.net
    >>123
    なんや、江戸時代の話かと思ってたんか
    ならしゃーない切り替えていく



    107:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:58:09.33ID:Jagdf9Jz0.net
    より問題の核心に近いのは写実絵画現物の有る無しより当時の見る側に写実絵画のリテラシーがあったかどうかやろなあ


    108:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:58:47.86ID:BbG23rZu0.net
    一応オランダ人が描いた日本の絵なんだけどなんでもこの人は一度も来日して無くて、情報だけを頼りに描いたらしい








    114:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:02:12.62ID:4ijY9EzXd.net
    >>108
    中国とまじってるな



    110:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:59:54.67ID:6PBcMk2la.net
    白が描けないのは痛ない?


    112:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:02:02.31ID:8Cduw3W/M.net
    魚の絵とかは超写実的だぞ


    116:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:02:48.50ID:Ry5oUjLr0.net
    昆虫植物鳥あたりは精確なの見てるわ


    117:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:03:26.99ID:xjApBBSz0.net
    目に見えた物を目に見えるまま描いてもねぇ
    で?見たまんまと一緒やんおもんなってなるし
    資料とかなら日本でもリアル路線多かった



    119:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:03:39.21ID:8aiQ8iVoK.net
    西洋の写実主義が極まってるときに鎖国してたからせいなのか
    知らないままに独自に発展しちゃって今に至るんかな



    128:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:09:33.88ID:nGUPPUpRK.net
    >>1は襖に書かれたボタンや松の絵を見ても写実的じゃない!と思うのかな
    単に写実的って言葉をクドくてテカテカした絵って意味だと思ってるだけちゃうの



    129:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:09:51.43ID:hzHaZbUY0.net
    あれ?今も変わってなくね?
    ゲームとか顕著
    いかに現実に近い映像にするかの洋ゲー
    初っぱなから現実にしようとしてない和ゲー



    135:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:11:26.82ID:jBQyN4120.net
    西洋の写実主義はルネッサンスで人間そのまま描こうやってなったからやろ
    別にリアリズムにも色々あるしそれ以前のキリスト教的リアリズムで書かれたのも悪いわけやない



    137:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:12:40.62ID:BbG23rZu0.net
    高橋由一の作品は写実的な物が多い
    なんせ日本で初めて西洋画を描いた人だからな


















    高橋 由一(たかはし ゆいち、文政11年2月5日(1828年3月20日) - 明治27年(1894年)7月6日)は江戸生まれの日本の洋画家。幼名は猪之助、のち佁之介。名は浩、字は剛。明治維新後に由一を名乗る。号は藍川、華陰逸人。居庵号は、石蒼波舎、伝神楼。

    近世にも洋画や洋風画を試みた日本人画家は数多くいたが、由一は本格的な油絵技法を習得し江戸後末期から明治中頃まで活躍した、日本で最初の「洋画家」といわれる。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/高橋由一


    109:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 05:59:35.45ID:FLVBlcEv0.net
    歴史の教科書で見たことあるわ
    藝大の創設者とかも西洋画界の大物やったよな

    西洋の画風から影響を受ける以前に「見たものをそのまま描く」ということが定着しなかったこと自体が不思議なんや



    139:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:13:15.31ID:FLVBlcEv0.net
    そもそも「写実主義」という概念自体がカメラ発明以前/以後で捕らえ方が全く違うのかもしれんな
    目の前の物を切り取って絵にするのって今でこそ写生の基本みたいに考えがちやけど
    決して自然に行える行為ではなく機械がやることを人の手が真似してる案外不自然な行為なのかもしれん



    140:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:13:21.55ID:dFfcGu/3p.net
    リアルなの写したいなら写真かVTRでええやろの精神


    148:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:16:25.07ID:lkGSMA390.net
    >>140
    それは見る人の目線やね
    描く側目線だと技巧に興味が沸いちゃうねん



    141:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:14:05.47ID:Jagdf9Jz0.net
    写実主義の起こりは宗教画人物画やしその原動力が人間観察を通じた神への探求って宗教的動機だとするなら
    まあ日本人は人間に興味がなかったってのが結論なんやろな



    149:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:16:31.85ID:pc7yRBxSM.net
    >>141
    仮定から結論を出すのは詭弁やで



    142:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:14:08.93ID:TE9IsjDJ0.net
    写実主義は評価が低いからな
    芸術の世界では見たまま描いてるだけって話になる



    147:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:16:21.15ID:wTFBgjgQ0.net
    >>142
    誰が描いても完成は一緒やからな



    150:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:16:50.06ID:jsVf5HrGM.net
    まともな遠近法を確立してなかったから距離感無茶苦茶なんだよなぁ
    まず海外出て勉強すべきは絵描き共なんだよなぁ



    153:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:21:06.05ID:V3bQv7MZr.net
    >>150
    江戸は江戸で独自の遠近法を使っていて人間の目を欺くことができていたから別に変ではないし、むしろ線遠近法で描く世界では見えないものも見えるから、どっちがどうというわけではない



    151:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:20:22.17ID:hzHaZbUY0.net
    スーパーリアリズムやっけ?
    写真みたいなやつ
    あれで非現実的な絵を描いて欲しいわ


    スーパーリアリズム(英:Super-Realism)は、写真を用いて対象を克明に描写する美術の潮流である。ハイパーリアリズム、フォトリアリズム、ニューリアリズム、シャープ・フォーカスなどともいう[1]。1960年代後半から70年代はじめにかけて主としてアメリカ合衆国で起こった。主要な作家にロバート・ベクトル(英語版)、チャック・クロース(英語版)、リチャード・エステス(英語版)、マルコム・モーリー(英語版)などがいる[2]。彼らは互いに独立して制作をはじめ、画家としての出発点もそれぞれ異なるが、市民生活や都会風景、一般人の肖像画など、ごくありきたりな主題を写真を用いた機械的な手法(多くは写真をプロジェクターでキャンバスに投射し、エアブラシなどを用いながら転写する手法が用いられる[3])で克明に写し取る作風において共通している。この手法の結果として、彼らの絵画は写真の平面性を再現した、また感情を廃したものとなる[2][3]。



    https://ja.wikipedia.org/wiki/スーパーリアリズム


    158:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:23:58.71ID:BbG23rZu0.net
    >>151
    あれは写真の絵を写してるだけだから無理だぞ



    160:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:25:00.10ID:BbG23rZu0.net
    >>158
    写真を写した絵やった



    164:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:27:17.40ID:hzHaZbUY0.net
    >>160
    これもうわかんねぇな



    169:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:32:04.35ID:BbG23rZu0.net
    >>164
    つまり写真を描いた絵ってことや
    描く対象が写真



    163:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:26:26.32ID:hzHaZbUY0.net
    >>158
    そうなんか残念やわ
    というか同じにするんやったら何の意味があるんや?



    167:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:28:56.19ID:V3bQv7MZr.net
    >>163
    絵の具で描くと、写真で写したのとは違う奇妙な感じがでるやろ?
    スーパーリアリズムはその奇妙な感じを狙っているんや



    168:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:31:44.49ID:hzHaZbUY0.net
    >>167
    なるほど
    わからんけど少しわかった気がする



    154:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:22:27.09ID:l9ezDnxP0.net


    これとかええやん



    155:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:23:09.19ID:BbG23rZu0.net
    >>154
    しっかり遠近法使っててええな



    157:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:23:55.54ID:n/TGkK9t0.net
    >>154
    60、70年代の漫画みたいやな



    156:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:23:43.31ID:FLVBlcEv0.net
    きっと「見たものをそのまま書くのが一番シンプル」というワイの考え自体が凝り固まったもんなんやな


    159:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:24:02.39ID:R7ZgLbD30.net
    写実的な絵は遠近法とか科学の要素も強いからやろな
    今でも外人は2Dより3D志向やし



    161:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:25:17.86ID:l9ezDnxP0.net


    眼鏡絵というジャンルや


    眼鏡絵(めがねえ)とは、江戸時代に描かれた浮世絵の一種。

    45度傾けた鏡に映した絵をレンズを通して覗いてみる風景画の一種で、それにより原画は絵や文字が左右反対に描かれている。

    応挙は修業時代に、尾張屋中島勘兵衛という玩具商に勤めていたことがあったが、オランダから移入されていた眼鏡絵を見て、自ら京都の風景を描いた眼鏡絵数点を描いた。これらの作品は木版墨摺りで手で着色がしてあった。それには画面に小さな穴を開けて、薄紙を貼って裏から光を当てるという工夫がみられ、遠近を深く感じることができた。また応挙は肉筆画の眼鏡絵も作っている。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/眼鏡絵


    162:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:26:14.41ID:8hPHbrt/0.net
    シャケのどこがすごいんやと思ってたけどこう見るとすごいってわかるわ


    165:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:27:38.63ID:n/TGkK9t0.net
    北斎で江戸城を川からみた遠近法の絵なかった?


    172:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:33:28.44ID:n0ZBES050.net
    見たまんま本物っぽく描くやつってガチのマジでおらんかったん?


    176:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:35:02.14ID:BbG23rZu0.net
    >>172
    おるで
    売れなかったから描いてる人は少ないけど



    178:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:38:11.00ID:zVXgIRcq0.net
    まあワイらも何気ないそこら辺の風景が何百年後に貴重な資料になるなんて思わんしあえて原風景を残そうとした人なんておらんかったんとちゃうか


    187:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:45:55.65ID:ZOrGev2KM.net
    写実的やないってこマ?




    174:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:34:25.56ID:BOrPaKS+0.net
    画材のせいでそういう風にみえるんちゃうん


    132:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/04/18(火) 06:10:28.03ID:V3bQv7MZr.net
    狩野派が伝えてきた画帳みたら自然界はやたらと緻密に描いてるし、興味の対象が違ってただけとしか
    みんな大好きじゃくちゅうも鶏や草花はやたらくそ上手い



    ※関連記事
    江戸時代の最も軽い刑罰wwwwwwwwwwwwww

    江戸時代から伝わる処女の見分け方を伝授するわ

    江戸時代の性の百科全書を手に入れたので画像うpする

    江戸時代のホモセ●クスについて語っていく


    叶美香さん、コミケで拝まれる

    ケンタッキーフライドチキンが 「関西風すき焼きセット」 販売キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    【画像あり】貧乳女子「貧乳つらいよ~」自撮りパシャッ→

    【ドラえもん】欲しいひみつ道具 子供と大人で比較した結果wwww



    キニ速の全記事一覧

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

    人気記事ランキング

      おすすめサイト最新記事一覧

      コメント

      1.気になる名無しさん2017年04月20日 04:09  ▽このコメントに返信

      はあはあ・・・・うっ・・・!

      すげー 風神雷神図だしちまったよ・・・
      いやらしいなあ・・・・はあ ・・はあ
      奇抜な構図がエロいねぇ!

      優れた色彩感覚と図様・・・
      いやらしいなあ

      2.気になる名無しさん2017年04月20日 04:18  ▽このコメントに返信

      西洋も中世末だと建物に比べて異常に人間が大きい進撃の巨人みたいな攻城戦の絵があるんよな
      14世紀イタリアのジョットの絵は目が細くて中国の影響が見て取れる
      イル=ハン朝か知らんけどバグダード攻囲戦の絵も写実的じゃないしイランやイスラムの絵も人間の個性があまりないような絵

      3.気になる名無しさん2017年04月20日 04:24  ▽このコメントに返信

      見たままに見えるように絵を描くっていうのは今でこそスタンダードになってるけどわりかし文化的に特殊な気がするな
      古代の壁画とかって線画やし

      4.気になる名無しさん2017年04月20日 04:24  ▽このコメントに返信

      途中の海の生き物の絵のタコのあしの子タコみて微笑んだ、疲れてるんだ、寝よう

      5.気になる名無しさん2017年04月20日 04:27  ▽このコメントに返信

      ※3
      壁画でリアルとなるとそれはもはや石像やな

      6.気になる名無しさん2017年04月20日 04:42  ▽このコメントに返信

      「古代ローマの芸術」→「中世ヨーロッパの落書き」
      で文明の後退プゲラwとか散々バカにするけど
      日本の絵なんてずっと中世ヨーロッパレベルのボンチ絵やからな。高度な技術体系が伝わらないと写実的表現ってのは出来ないのよ

      7.気になる名無しさん2017年04月20日 04:47  ▽このコメントに返信

      日本人は絵に資料性を求めていなかったんだよ
      「本物に似てるか」では無くて「本物を想像させられるか」に重点を置いている

      8.気になる名無しさん2017年04月20日 05:01  ▽このコメントに返信

      現在迄残ってない説は?

      9.気になる名無しさん2017年04月20日 05:03  ▽このコメントに返信

      孔雀の絵凄いな、長沢芦雪って人が描いたのか

      10.気になる名無しさん2017年04月20日 05:09  ▽このコメントに返信

      むしろ創作者として遥かに先行ってたんでしょ
      見たまんまのものをいくら上手く書いてもただ実物らしい絵がそこにあるだけだし
      だから写真が生まれたら一気に写実画から抽象画移られた

      11.気になる名無しさん2017年04月20日 05:26  ▽このコメントに返信

      花や鳥や風月だけはキレイに描けたのは中国画にその技法があったから
      人物がヘタくそで女はみんなオカメ顔なのも中国画がそうなってるから
      日本の絵は日本人が発明したんじゃなくてほぼ唐の時代の絵画技法のパクりだよ、1000年間進歩もない
      「教えられた絵ってのはそういうモンだから」で納得してたんだよ

      12.気になる名無しさん2017年04月20日 05:28  ▽このコメントに返信

      スーパーレアリズム過小評価され過ぎや思うわ

      13.気になる名無しさん2017年04月20日 06:09  ▽このコメントに返信

      江戸時代から動物、植物、は写真みたいに書いてるで
      人物はデフォルメ

      今のアニメの絵みたいなもんじゃね

      14.気になる名無しさん2017年04月20日 06:16  ▽このコメントに返信

      近世までは日本も西洋も中国も大差ないやろ
      19世紀の日本と西洋は古代の縄文時代とローマ帝国並の差があっただろうけど
      19世紀の産業革命の近代で西洋は別の次元に到達したんや
      都市の人口推移や工業生産の世界シェア推移を観ればわかる

      15.気になる名無しさん2017年04月20日 06:42  ▽このコメントに返信

      徳川将軍家の肖像画ですら源頼朝のやつと変わらん感じだもんな。14代家茂は写真あったらしいが消失してしまったらしい。

      16.気になる名無しさん2017年04月20日 06:45  ▽このコメントに返信

      12が云々をでんでん言ってて草

      17.気になる名無しさん2017年04月20日 06:53  ▽このコメントに返信

      絵が下手くそだからだぞ

      技術がないから

      目も悪いんじゃね?
      スレでも細かい漫画絵を「写実あるじゃん」とか言ってるし、線でしか見れない脳みそなんだろ

      18.気になる名無しさん2017年04月20日 06:55  ▽このコメントに返信

      孔雀も鶏も細かいだけで、平面だからな普通に

      19.気になる名無しさん2017年04月20日 06:58  ▽このコメントに返信

      無理な日本アゲやめろよ恥ずかしい

      まずは写実を描けてからだろうに、その証拠がないんだからエジプトの壁画が進化しただけだ

      味はある
      刃牙みたいなもん

      20.気になる名無しさん2017年04月20日 07:49  ▽このコメントに返信

      精巧に描きすぎると妖術使いだと晒し上げに合うから

      21.気になる名無しさん2017年04月20日 08:14  ▽このコメントに返信

      そもそも精巧にかけるような道具がないんじゃないんか?

      22.気になる名無しさん2017年04月20日 08:19  ▽このコメントに返信

      ブサイクに、緻密に、書いたら抹消されてたんだろ。

      23.気になる名無しさん2017年04月20日 08:22  ▽このコメントに返信

      精巧に描くと暗殺されやすくなるからやぞ

      24.気になる名無しさん2017年04月20日 08:35  ▽このコメントに返信

      主流だった道具の差もあったはず
      書類とかもペン系ではなく筆が主流デーみたいなことだっと記憶してる
      同じように中国とかでも似たような描き方になってるとか何とか

      25.気になる名無しさん2017年04月20日 08:43  ▽このコメントに返信

      浮世絵は現在の目で見ると精密感がいまいちだけど、庶民が買えるビジュアル文化だった
      欧米の金持ち向けの一品物の油絵とは違う
      逆に欧米では、庶民が絵を入手するなんて文化は無かった

      26.気になる名無しさん2017年04月20日 09:16  ▽このコメントに返信

      書と水墨画に共通する部分が多いみたいに、日本の絵も字のように抽象化•簡略化•一般化•平面化する発想に至ったんじゃないかな

      27.気になる名無しさん2017年04月20日 12:22  ▽このコメントに返信

      単に技術がなかっただけだぞ

      28.気になる名無しさん2017年04月20日 12:36  ▽このコメントに返信

      表現の技術の発達は認識に対しての発見の上にあるわけだから、技術信仰からはイノベーションは起こりにくいだろうな

      29.気になる名無しさん2017年04月20日 12:44  ▽このコメントに返信

      なんで技術が生まれなかったのかて話でしょ

      30.気になる名無しさん2017年04月20日 12:51  ▽このコメントに返信

      今の日本だってアニメ絵ばかりじゃん、なんでリアルな絵にしないの?

      31.気になる名無しさん2017年04月20日 14:37  ▽このコメントに返信

      絵の具が発達してなかったからやで
      画家の求めてる色が出せなかったんやで

      32.気になる名無しさん2017年04月20日 19:48  ▽このコメントに返信

      アニメ絵て記号やん。主人公はどこにでもいる高校生とか設定すら記号やん。

      33.気になる名無しさん2017年04月20日 19:53  ▽このコメントに返信

      ※31
      西洋画は画布上で混色したり、透明度の高いつなぎを使った重ね塗りという技法を使ったけど、日本画は基本的に一筆だよね。なぜその発想に至らなかっただろうね。

      34.気になる名無しさん2017年04月20日 22:41  ▽このコメントに返信

      実物と全く同じだと技術すげえ!で終わるしな、見る方に色々想像させる方が楽しかったんじゃない

      35.気になる名無しさん2017年04月27日 08:35  ▽このコメントに返信

      日本の作風を見た欧州の画家たちは日本の絵師のデフォルメ技術に強い影響を受けたそうです

      キニ速の全記事一覧

      週間ページランキング

      過去記事ピックアップ
      記事検索
      カテゴリ別アーカイブ
      月別アーカイブ
      はてなブックマーク
      3日間集計逆アクセス
      Copyright (C) 2011 キニ速 -気になる速報-. All rights reserved. ブログパーツ