第2節 状況判断及び決心

2209 要旨
 状況判断は、指揮官が任務達成のため、
最良の行動方針を決定するために行うものであり、
決心は、状況判断に基づく最良の行動方針を
実行に移す指揮官意志の決定である。
 指揮官は、継続的に状況判断を行い、適時適切
に決心しなければならない。

2210 状況判断
 1.要旨
 任務を基礎とし、何を、いつ、決定すべきかを至当
に判断することは、状況判断の基礎的要件である。
 状況判断は、不断に変化し、かつ、推移する状況に
即応するように、継続的に行わなければならない。
このため、作戦の進展に伴い必要な事項を適時に
判断し、あるいは既に結論を得た事項についても
その結論に影響した要因の変化に応じて所要の修正
を加えることが必要である。
 状況判断に当たっては、状況並びに部隊の地位
及び特性等に応じ、考察すべき要因の時間的・空間的
範囲を適切に選定することが必要である。

 2.状況判断と幕僚見積の関係
 指揮官は、状況判断を行うに当たり、適時各幕僚に
指針を示して見積もりを行わせ、その成果を活用する。

 3.状況判断の要領
 (1)状況判断にあたっては、任務を基礎とし、任務
達成に影響するあらゆる要因を論理的に考察して
結論に到達する。このためには、卓越した戦略、戦術
能力が必要である。この際、先入観に陥り、あるいは
根拠のない直感に頼ることは厳に戒めなければならない

 (2)任務の分析にあたっては、任務に基づき具体的
に達成すべき目標とその目的とを明らかにする。
任務は、通常上級部隊指揮官から達成すべき目標
またはこれと目的とをもって示される。
 任務の分析