金婚式しようよ!

金婚式は夫婦の金メダル!!★

結婚20年★ 銀婚式もまだですが(^^;) 50年目を2人揃って元気にお祝いしたいなぁ★

一緒にふたりで

旦那さんの会社の定年は


65才。



あと18年後ぐらいかな。


私は70才だな。


げ、元気かな。



退職金は出るかな。



子供たちももう


自立してるだろうし


孫もきっと何人かいるのかな。



定年後は


国内、国外


いろんなところに


ゆっくりと旅行したいって言ってる。



一緒にふたりで。



それが彼の夢らしい。




絶対行こうよ。



一緒にふたりで。



それを私も夢にします。





*:--☆--:*:--☆--:


迷っても


旅は道連れ 世は情け


始まっている あなたと共に 


*:--☆--:*:--☆--:









熟年離婚、熟年再婚

50代だって


人生まだまだこれからなんだって


思ってるよ。



子育てを終えたり


定年を迎えてからのシニアからが


本物の人生を楽しめる気がするから。


いや、楽しまなくっちゃね。


一緒のお墓に


入りたくないという夫婦もいて


熟年離婚する人もいれば


熟年再婚する人も増えてるようだけど


いろんな経験をしてきたからこその


幸せを求めるそういう人生後半の選択も


大賛成です。



自分の人生だもの


最後まで幸せを諦めたくないしね。



他人の人生と比べちゃだめなんだよね。




幸せには


早いも遅いも関係ないし。



「今」を幸せに過ごせればいい。




熟年離婚、熟年再婚するには


きっと勇気もいるし


きっとパワーもいるだろうけど


その覚悟は決して遅くはない。


自分のために迷わず突き進んで


「今」を幸せに生きてほしい。




看取ってあげたい人、


看取ってくれる人が


本物のご縁の人だと思う。



「最後の人」をちゃんと見つけたいよね。



年老いて


肉体的な繋がりよりも


精神的に強く繋がってる人の傍にいて


幸せな人生だったと感じたい。





*:--☆--:*:--☆--:


どれほどの


我慢を耐えて 決めた離婚


痛み乗り越え 決めて再婚


*:--☆--:*:--☆--:









生まれ変わったら別々の幸せを

旦那さんとは


前世、どんな関係だったのかな


なんて思うことがある。




現世は夫婦で


このまま彼と添い遂げる覚悟だけど


それじゃ来世はどうなのかな




正直に書くと


今度生まれ変わってもまた一緒に、


なんて気持ちには


なれないんだよね。(笑)




せっかく生まれ変わったのなら


今度は違う人と結ばれて


今とは違う人生を歩んでみたいなって。




現実はお互いの短所や


嫌いなところを


全部知り尽くしあっていて


それでも今まで


許しあってやってきたわけだけど


短所ってそんな簡単になおらないから


たまに


やっぱり凹むときもあるんだな。


許されるのは嬉しいんだけど


許すことに


いつかは疲れてしまう時が


やってくるかもしれないって。。。。


それなのに生まれ変わってもまた夫婦。。。


なんて


ありえないわけでして。


現世だけでいっぱいいっぱいみたいな。


来世では会えないかもしれない人だからこそ


現実を大切にできるご縁みたいに感じてる。



もしかしたら


私よりも彼のほうが


そう強く思ってるかもしれない。


来世はぜひ違う妻をって。。。




それでも全然ok!

いいと思う。




現世が


お互いに一途な夫婦で


何十年も許し合って支え合えて


長所を認めあって


充実してればいい。




彼と


1度でも金婚式できれば


満足。




とことん


夫婦関係を満喫して添い遂げられれば


次は別々でもいい。。。。




まぁ、そんなことを気にしてても


しょうがないんだけどね。




来世は来世の風が吹くだわ。




このご縁を


現世で全うするぞ







。。。。前世でももしかしたら


違う旦那さんとの間で


そんなこと思ってたかもしれないねぇ。




それとも


お、お、同じ旦那さんかな。。。





*:--☆--:*:--☆--:


完璧な


夫婦なんて いないから


許せる心を 完璧にしよう


*:--☆--:*:--☆--:








嬉しいような、寂しいような

毎年夏休みに行ってた


海や山への


5人での家族旅行。



今年は


行けそうにない。



子供たちの部活の予定やら


旦那さんの仕事やら


私の町内会役員の仕事やらで


5人の予定が全く合わな~い。



仕方ないんだけどね。



。。。ってか


正直少しホッとしてる部分も


あるんだよな。



小さな子供たち3人を連れての


真夏の人混みの中の旅行って


毎年毎年汗だくで


めっちゃめっちゃ疲れるだけでして。



暑いし疲れるし、お金もかかるしって


感じだったけど


子供たちに


少しでもいろんな景色を


見せてあげたかったし


外ではしゃぐ姿が


愛おしくてね。。。




それが今年は


涼しい家でゆっくりできるんだから


ホッとするしかないわ。



金銭的にも助かるし。



子育てってほんと大変だけど


今は3人とも成長したから


乗り越えて落ち着いた感じ。。。。



子供はいつか巣立っていき


家族もバラバラになっていくんだよね。



どんなに仲良し家族でも。。。。




嬉しいような


寂しいような。。。。


そんな気分の


2017の私の夏。




*:--☆--:*:--☆--:


夏休み


親にとっては 過酷な日


朝食すんだら 昼食準備


*:--☆--:*:--☆--:










本物の心の支えが幸せ

私の心の支えは


旦那さん。


私も彼を支えてあげたいし


1番に支え合える支合わせが


私の幸せだと感じている。



でも主婦の中には


旦那さん以外の男性を


心の支えにしてしまう人もいる。


それは


本当に支え合える幸せなのかな。


心とは別の


体だけの、偽りの支えじゃないのかな。


もしかしたら一方的に支えるだけで


切ないだけで


執着してるだけで


都合のいい存在だけの


本物の支合わせでは


ないんじゃないのかな。


誰も傷つけずに


自分一人だけで


ときめくだけの想いを


楽しむならいい。



例えば芸能人とかにね。




人によって


幸せの感じかたって


違うかもしれないけれど。。。。



相手にお子さんがいるパパさんなら


進展させればさせるほど


必ず傷つく人もいるわけだし


心の支えでいてって


誘惑している自分も辛いだけで


悲しいだけなんじゃないのかな。


そんな想いを美化するよりも


本物の幸せになれる


1番の支合わせを


見つめなおせないのかな。


配偶者を一生裏切らずに


大切にしようよ。



ときめかなくなってからが


安定した本物の愛は感じてくるもの。


身も心も


ボロボロになるような


わざわざ不幸の道を選ばずに


誰も傷つくことのない


みんなが祝福してくれる


安定した幸せを選ばうよ。







このブログの最新記事
プロフィール
アーカイブ
  • ライブドアブログ