趣味力向上作戦

遊びだけではやっていけない
仕事だけではやってられない
人生は趣味だ!

Photo martに出展します

今年で三回目となる写真と写真集のグループ展 Photo mart vol.3に出展します。

Photo martはアート写真を気軽に楽しむことができるグループ展。
1人1点の作品と、写真集またはZineを持ち寄り、展示販売するイベントです。

参加作家の方も36名と増えて、その多彩な顔触れに仲間入りさせて頂く事になりました。

参加作家:
赤羽佑樹・アラタンホヤガ・池谷友秀・井村一巴・呉在雄・大串祥子・大原明海
大和田良・小野淳也・幸本紗奈・蔦村吉祥丸・白倉由貴・鈴木達哉・泊昭雄・中藤毅彦
中村紋子・中森真・Hao Li・HASEO・HABU・HARUKI・広川泰士・宝槻稔
Michael Hitoshi・舞山秀一・Max Ho・牧野智晃・松岡幸宏・松田忠雄・宮地薫
村越としや・Yaskichi・矢野光・山路雅央・湯沢英治・渡辺一城

会期:2017年3月25日(土) - 4月2日(日)11:00 - 20:00 入場無料
   月曜休廊(3/27)  最終日は18:00まで
場所:Tokyoarts gallery
           〒東京都渋谷区東2-23-8 1F

 www.tokyoartsgallery.com

オープニングの3月25日の18:00からオープニングレセプションも開かれます。
皆様こぞってご参加ください!

お待ちしてます。 

IMG_20170323_0001


「里山」展

先にFBで告知しましたが、4月にRoonee247さんで個展開催の運びとなりました。

Roonee 247さんのHPでもご紹介頂きました!
http://www.roonee.jp/information/ルーニィ企画 宝槻稔写真展「里山」来月開催!

ルーニィ企画 宝槻稔写真展「里山」
会期:2017年4月18日(火)〜30日(日) 12:00 - 19:00
会場:Roonee 247 fine arts / Room2
東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビル4F
03-6661-2276 / mosimosi@roonee.jp


皆様、こぞってご覧くださいね。

DMも格調高く作って頂きました! お楽しみに!

satoyama-DM

 

CP+2017 雑感

TVで尾形光琳の紅梅白梅図屏風のお話を録画で見ていました。
屏風ならではの見せ方があるというので、立てて折って自立させると二曲一隻の真ん中が手前に飛び出して川が迫ってくる。そういう立体感の見せ方を意識していたのかと感心しながら見ておりました。

そうすると、壁にかけて平らに展示してしまっては、台無しなわけで、改装なった新MOA美術館では立てて展示してるようですから、見に行きたいなと思ったのです。
ところで、どうやら、紅梅白梅図屏風は期間限定で展示してるらしくて、それも熱海梅祭りのこの時期だけだと、わかって、これは早急に行ってこなくてはという話になりました。

上野の春日大社展はとりあえずお預けです。

さて、それで先日のCP+ですが、どこもカメラの解像度とかをうたって、大きなプリントの展示をしてるのですが、どれもパットしないのは、写真から奥行き感とか立体感みたいなものが感じ取れなかった事。
解像度とボケとか色のコントラストだけでは たどり着けない答えのヒントは先達の絵画にあるのでしょうか?それにしても3Dとか、そっち方向の立体感の話は出ては消えの繰り返しで、最近は騒がなくなりました。両眼で見る(認識する)立体感と、写真の立体感の話も似て非なるものかなぁと思う事暫しです。

CP+の話はおまけだったけど、写真で出す立体感は長年のテーマですね。

f2140197


写真はお題と関係ないけど、Summer & Winter  何時ぞやのJCIIグループ展に出した一枚。
そのほかに昼と夜の一枚もあるけど、最近、誰かがそれで有名になったので、季節をまたいだこちらの画を出しときましょうw
 
#CP+2017 

不思議の国 ニッポン

元旦に初詣を済ませているのだけど、それは神社だったので、今日はお寺さんに初詣と言う事で
深大寺に行ってきました。半分は蕎麦を食うのが目的であったのだけど。

そこで不思議なものを発見。
お寺に熊手が飾ってあって、そこにはお神輿が鎮座しておりました!
背景の金彩蒔絵はよろしいのだけど、お寺にお神輿とか飾るというかお供えってするの???
と疑問符満載でお参りしてきました。

かく謂うこちらも、神社へお参りにいったり、お寺にお参りにいったりそういうの普通な訳ですけども。
思えば永く神仏混交とか本地垂迹とかやってきた訳なんで、このくらいは大した事ではないんだな、きっと。
 
170107-07964-s
 

新年の計

謹賀新年

年初にあたっての計画というよりは、昨年のトピックを振り返って、今年の行き方を考えるよすがにしようという試みです。

「アルミテープ装着」
これはもう定番になってフェンダーに貼り付けたまま、外したらどうかという比較テストはしていません。
燃費が変わるわけでもなさそうな事と、エンジン特性は変わらないものの、街中でも走り心地と音の感じには違いを感じています。その意味では、テープ剥がすのは考えられないかな。
継続案件です。 

「ポートレート・シリーズ」
これも継続案件で、今のテーマはコスプレ・女性系で制作をまとめたいという感じ。
このシリーズでの展示ができたら良いなと夢想中。

「道具シリーズ」 
父親の道具から始まって、版画家の道具、叔父の道具と広げていった事で、誰かの持ち物というところから、道具それ自体にフォーカスできたように思います。これから撮り続けるには、きっと別の方向への広げ方が欲しいところ。さてどういう具合に進めようかと思案中。はい、これも年間継続案件です。

「CRP」
昨年一応2冊のCRP写真集を出したのだけど、一応と書いたのは自分の中ではCRPというのはストーリーを持たせたストリートスナップとかが相応しいと思うので、その解釈で行くとまだ一冊しか製作していない。
都市に的を絞ったテーマは考えつつあるのだけれど、こんどはちょっと撮影と組み立てが難しそうな感じが押し寄せてきている。
諦めずに続けようと思う!

「ポートフォリオ作り」
少しストップしている里山の写真でポートフォリオを作ろうと思っているのだか、これがなかなか進まない。
撮りたいイメージはあるのだけれど、そのシーンが何処に在るのか判らない。もっとうまいやり方でリサーチをしないといけないな。これは継続というより、懸案事項だ。

「パリ、ロンドン或いはニューヨーク」
季節が良くなったら、何処かへ出かけたいものだが、結構暇なしなのと先立つものも必要だ。
でも、身体が動くうちに行かないとね。遊べなくなってしまう。
あぁ、そうだナパかブルゴーニュという手もあるのだ!

「新シリーズ」
幾つか試しているRAWシリーズをモノにせねば!というのが年頭の方針だ!
数枚の展示みたいのは良いけど、シリーズ化してテーマというのを見いだせるのだろうか?
其処が問題のようだ。

と言う事で、皆さま今年もよろしくお願いいたします。

_DSC1061C


_DSC3436C

Going 2016, coming 2017

The last photo of the 2016 is the best photo of the year.
Very best masterpiece will be the next photo to have sooner.

Thank you for 2016 and happy new year to come!


161225-3483TF-s

 Mario  - Tokyo style portrait -   25 DEC 2016

今年もたくさんお世話になりました。
皆様良いお年をお迎えください。

 

APA web siteが更新されました

APA (Art Photography ASIA)の写真展がいよいよ今週の11月3日から表参道Promo-Arte Project Galleryさんで開催されます。

このタイミングでAPAの公式サイトがリニューアル・オープンとなりました。

ART Photography ASIA 

写真展に参加する作家さんの出展作がアップされていますので、是非ご覧ください!

今回は、各作家さんのPortfolioなども閲覧できるように準備をしてしていますので、展示作品以外でも
見るべきものがありますよ。

11月5日(土)は17:30〜20:00までレセプションもありますので、軽く飲みながらの鑑賞・歓談も楽しいかと思います。

APAの公式サイトも写真展同様、どうぞよろしくお願いいたします。


2016-10-31s

Art Photography ASIA 2016展

ようやく秋の季節がやってきて、私も参加しているArt Photography Asia (APA)の展示が開催されます。

場所は昨年と同じ表参道のPromo-Arte Projection Gallery さんで11月3日(木)から11月8日(火)までの6日間
11月5日(土)の17:30からレセプションも行いますので、ぜひ沢山の方にお越しいただければ幸いです。

私はここ数年撮り続けている「道具」のシリーズから数点を展示します。
同じような道具を撮り続けているように見えるかもしれませんが、作者の中では大きな変遷をしています。
父親の道具を写すという極私的な世界から、ある版画家の方の道具を撮影し、それからまた別の年季の入った道具を作品にしてきました。こうすることで、作品がより典型例の段階まで昇華していったように感じています。

その進化を見て頂きたいなと思う次第です。


DM 裏表


皆様宜しくお願いします。
是非、会場でお会いしましょう。(基本、毎日在廊の予定です)
 

車の空力 アルミテープチューニングの話 おまけ

アルミテープを貼る話がつづいていますが、まとめです。

高速走行テストに続いて、あとは貼るところないだろうかと考えてバックミラーとアンテナの先に貼るというのを
やってみました。 

バックミラーは一番外側。模様にあわせて目立たなくしたつもりw

IMG_0033

後ろのアンテナは単純に先っぽのところにまいてみました。

IMG_0039
 
これで今日は東京都内を走って、麻布十番まで行ってきました。その往復40kmくらい。

結論から言うと、違いはあんまりわかりませんでした。
というか、すでにあちこちアルミテープを貼ってあるので、追加した分の差は感じられないという事です。

30〜40km/hくらいの市中速度でも、ちょっとタイヤが柔らかくなったような感触やハンドルの擾乱が少ない感じは、そのままですが、だんだん慣れてきてしまいました。これが当たり前みたいな感じです。
人間慣れるのは早いようです。

ただ、On/Offを比較するために、わざわざはがしてみるのも面倒なので、しばらくの間はこのまま行く事にします。

ただ、今回の追加で、あんまり効果を感じなかったので、これ以上増やしてみても大差ないかもしれません。
最初に貼ってみたフロントとリアのコーナー周りが一番効果大きかったのかもしれません。

ほんとに手軽なチューニングです。

後は、静電気対策というのが趣旨のチューニングな訳ですから、冬場の乾燥期にボディタッチでバチッとくるあの電撃が減るのかどうか? とか、埃が付きにくくなるのかどうかが興味対象です。それは季節が巡るのを待ちましょう。

燃費の話はもう少し乗ってみての結果待ちです。

 

アルミテープで空力改善 高速走行をしてきました

車のボディにアルミテープを貼ったら静電気が放電されて空力特性が改善されるという実践テスト 第三弾!

それで、今日は久しぶりに天気も良くなったので、高速でのテストがてら写真を撮りに出かけてきました。
否、写真撮影がてら高速走行テストをしてきましたというのかな。

午前中出かけていた家人も帰ってきたので、昼を食べてからドライブに誘い出して一緒に行ってきました。
行先は佐野の新町薬師堂、そう「真田丸」で勇名になった真田の犬伏の別れの舞台になったところです。

家からだと東京外環道経由で東北道に入って一時間くらい。高速走行のテストをするには適当な距離です。

一般道より速度アップして60km/h〜80km/h位になっても、走りの感触は変わらないようです。
 
乗り心地が改善したというのか、ボディの挙動が落ち着いて、ハンドルの微小な振動が減るような感じです。
それでサスペンションを柔らかくしたのでもないのに、足下だけが動いて路面にぴったりくっついているような感じをうけます。道路の凸凹感も減るような感じです。
それが、ボディが軽くなったとかパワーアップしたとかの感覚なしにくるから、面白い体験です。

それと、室内が静かになったように思えます。うちの車はもともと静かな車では無いのですが、風切り音というようなのはそれほど酷くはありません。でも、100km/hくらいまで出してもFMラジオの音とかが音量あげずに聞き取りやすくなったようです。 

昔、いろいろ空力パーツとかいうのをつけたりして、高速でハンドルが軽くなるのを抑えたりとか風切り音対策のフィンをAピラーにつけたりとかやったことがありましたが、その手の空力パーツは確かに効果もわかりやすかったようで、例えばフロントのバンパー下につける大きなスポイラーなんかは高速で抑えられて接地力が強くなったとか、それでハンドルの手ごたえがどっしりするとか感じることができたのです。

これは、もっと上の速度域(120km/h〜140km/h超え)でも同じように続くらしいです(推測です)

今の車では、もともとそんなな極端な現象は出ていないから、効果というのは分かり難いのではないかと思っていましたが、 違っていたと言ってよかろうと思います。極端なハンドルの軽さというようなことはないけれど(パワステがデフォルトですし)、路面の荒れなどによるハンドルの乱れが減って、ハンドルが重くなるように感じることはないのに、細かく動いたりしないいう感じで安定します。 それに付随してるかのように、路面の継ぎ目などに不感症気味になります。

こういう体感レポートは、友人のTAKAさんも、プリウスで体験してるようですので、きっと効果の出方は同じように思われます。違いといったら元々のボディの空力特性で、あんまり空力が良くない車のほうが低速から効果を発揮するかもしれないといったところでしょうか。

 さて、空力改善と言うと、もう一つの問題は燃費改善の効果はあるか?という事ですが、これは正直良くわかりませんでした。往復で170kmくらいのもので、もう少し長距離で様子をみてみようと思います。

 それから、これはTAKAさんの記事からヒントを受けて、バックミラー周りにもアルミテープを貼ってみようか!というアイデア。考えたら、家のミニ(のバックミラー)にはアルミのテープを貼っても目立たない模様が付いているのでした。

 160608-9350ts


ユニオンジャックの模様に合わせて貼れば良いというのがね。
 
Comments
Archives
Truckback
RSS
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    PIXTA WORKS
    みんぽす
    livedoor 天気
    • ライブドアブログ