趣味力向上作戦

遊びだけではやっていけない
仕事だけではやってられない
人生は趣味だ!

東京好奇心 2020 渋谷 J-WAVEに登場!

9月7日からJ-WAVEで取り上げられることになりました。
ナビゲーターの人達が自分でピックアップした作品について紹介してくれるというお話も!

Keep tuned on 81.3 FM  J-WAVE !!!

東京好奇心 2020 渋谷
Bunkamura ザ・ミュージアム
2020/10/20 Tue - 11/12 Thu



safe_image (1)

東京好奇心 2020 渋谷 BUNKAMURA展示が決まりました

COVID-19のおかげで5月の会期が中止となっていた渋谷BUNKAMURAでの「東京好奇心 2020 渋谷」の展示会期がアナウンスされ10月20日から開催されることになりました。

自分も展示に参加してるので、再開の決定は嬉しい事です。

「東京好奇心 2020 渋谷」は内外100名の作家による「東京」をテーマにした写真展ですが
この展示は4つのkeynotesをもっていて、展示もkeynotesに沿った
"Identity" "Diversity" "Here and Now" "Timelessness"のゾーンに分かれます。
それぞれがどんな展開になるのか、それもいまから楽しみです!

100名の写真家の眼差しを通して見つめる "東京=好奇心"

ご期待ください!

https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/20_curiosity/?fbclid=IwAR1CfocKPIoQh5EOpFDaVFgkaNX3137YWvP_pft_MRld5icrUvyVG9YbxXY



safe_image (1)






mv01

銀残し

銀残しってやり方を調べてるんだけど、言葉の説明はあっても程度問題が良くわからない。
まぁ其処は結局、作者の感覚というか好みの所に落ち着くのだろう。

これも最初は映画の手法だったようだけど、デジカメのエフェクトに入っていたり、スマホのアプリでもできたりとすそ野が広がっているものだから、色んな人の「自分の思う」銀残し手法も花盛りになっている。

それで、却って良く判らなくなってしまった気がする。

あ、調べてるのは勿論、デジタル写真のアプリというか加工で、本来のフィルム現像の漂白具合をシミュレートしてみようかというところで、そもそも銀残しと言われてるのは(見た目で)どういう効果があったのかと調べてみたら、千差万別であまり役に立たなかったというオチになってしまったのでした。 それはカメラメーカーさんのアプリなんかにしても、雰囲気は伝わってくるんだけども、やはり曖昧で、解釈の幅が広がっていくようだ。


FN7A8028-BP

Shimokitazawa, Tokyo Sep. 2019

190906-A8271FT

Shimokitazawa, Tokyo Sep. 2019


スクラップ・アンド・ビルド

東京の街を撮っている。
それは自分の生まれて育ったところだからというのが始りであるけれど、
考えてみると、東京という街の成り立ちは面白い。

小さな漁村に毛が生えたような村であったところが、江戸の幕府を開いたあたりから大きく変貌を遂げた。駿河台と呼ばれた山を崩して運河を掘り、埋め立てをして街を整備した。徳川幕府の江戸時代というのも凄い時代であったと思うけれども、大政奉還となって時代が変わった。明治維新というのはホントに大革命だ。そして、天皇が移ってくることになった。それでも未だに首都ではないというのも不思議なお話だ。

という話はおいといて、東京のルーツはどこに在るのかというと、それはどうやら神田あたりらしい。
そういえば昔、そこにはお玉が池という大きな池があったという。
いまや跡形もないけれど、考えてみると江戸時代から土地を拡げて流通や上下水の整備というのを絶え間なく行ってきた結果に今があるのだなぁと感慨深い。
地震の多いお国柄という事もあって、建物はスクラップ・アンド・ビルド それが日本の文化かもしれない。

そんな目で東京を見渡すと、今ある建造物や景色が何時まで残っていくものか、それにはいろいろな要素があるだろうけども、100年先を考えてみるのも面白いと思う。
例えば大きな津波が来たらどうなるのか?とか 新しいテクノロジーで街はどう変わるのか?
とか、ネタは尽きない。

そして、それには江戸のオリジンだった神田から始めるのが相応しいに違いないと思って、この街を徘徊してるのだ。

kanda

神田 snapbackphoto

新プロジェクトスタート

自分は東京で生まれて育ったので、地元意識というか、やはり地元の事は気になるものだ。
元号が変わる丁度の節目でもあるし、2度目のオリンピックも来年にやってくる。

前のオリンピックの時には、東京の街も色々と様変わりして、思い返すと生活様式までもが変わり始めるきっかけになったのだ。今度のオリンピックではそれほどの事件にはならないだろうけれど、ちょうど元号が切り替わるこのタイミングでは、東京の街を記録しておくのも良いのではないかと思うのだ。
190317-08166C

東京を記述するのに、上町と下町の対比を切り口にしようとして、台地と平地の比較をしようと試みて東京百景"Century scapes"を撮り進めていたが、どうも浮世絵の江戸百景のようには絵にならなくていた。

江戸=東京の成り立ちを考察していくと、どうやら東京の街は神田から始まったというのが自分なりの結論だ。江戸時代に神田山を切り崩して江戸湾を埋め立てて拡げていった。そうして当時世界一の人口規模の都市を作り上げた。それはどうも、インフラ整備や流通や資源リサイクル的な発想も先駆者的であったけれども、なによりも都市改造というか整備の規模と歴史は比類なきことではなかったかと推量している。都市の総合プロデュースみたいな事だ。

そうして場所ごとに色々な役割と人間の配置をしていった。それは自然発生的なものではない。
いうなればUnited village of YedでありUnited streets of Yedなのだと思う。
そして今それはUnited scapes of Tokyoに引き継がれてきているのだ。

令和に作る新しいシリーズをCentry scapes からUnited scapes of Tokyoに革めて始めるのだ。

190317-08294C

三月末にクローズした二つの企画展に参加しておりましたが、沢山の方に見て頂くことができて評判もそこそこなようで嬉しい事でした。

というところで世は春、桜。来月からは新元号の時代が始まる。
ちょうど「ことしの桜」展も開催されるので、ひたすらことしの桜を撮影しようと思う。

Torso-2TC
私の青空 - My blue heaven -

170323-003CF3外

「花」 - Ranunculus-


グループ展参加中

片や既に始まっているのですが現在2つの写真展に参加中

paper pool 3周年記念 「花」展 3月21日〜3月31日

Roonee 247 fine arts 公募展「私の青空」3月26日〜3月31日

いずれも最終日31日は早くクローズになりますのでご注意を。


IMG_2563


IMG_2564


皇居前広場には松が植わっている。
この黒松は2,000本ほどもあるそうですが、何時頃からあるのかと調べて見ると、環境省のHPに記載を見つけました。
---------------------------------------------------------------
江戸城築造前、この一帯は入江となっていて丘陵部にはクロマツが自生していました。皇居前の広場に植栽され始めたのは明治21年からで、その後、昭和14年〜18年にかけて実施された、「皇紀2600年記念宮城外苑整備事業」により、現在のような姿となりました。
---------------------------------------------------------------
という事です。

松は松竹梅の筆頭にくるめでたい木という事ですが、それに関しては別のところで、こんな記事をみつけました。
----------------------------------------------------------------
松はその変わらぬ緑から長寿のシンボルとして尊ばれた。また、その毅然とした姿から百木の長ともされた。たしかに、松は華やかな感じはないが、毅然とした大樹の姿には威厳がある。古くから祖霊の宿る木として、門松などに用いられてきた。
 松の字を分解すると「十八の公」となる。これは十八年待って、公=大臣になった人の話が中国にある。松は時を待って隠忍し、チャンスがくれば目的を達する訓えにもなった。松が家紋に採用されたのも、このようなめでたい木だからだろう。
----------------------------------------------------------------

自生の木だったけど、めでたいし、お城の前に植えるには丁度良いという事だったのですね。

うちの家紋は三階松なのです。

151006-00299BT

皇居前 TP05

都庁

TP00から武蔵野崖線をスライスしてきたけれど、東京23区でいうと一番標高(東京湾平均海面)の高いのが練馬区と西東京市と武蔵野市の三重点付近。その少し東側の練馬区関町にある。約TP58となる。
これは丁度23区と市部の境になっているけれど、それから西へ進めば山へ向かってだんだんと標高が上がっていく。東へ進むと海に向かって下がっていく。東京とはそういう地形の街だ。

そして現都庁舎の建っている新宿の西口はTP40
昔の淀橋浄水場は、たしかに周囲よりも少し高い土手に囲まれていた。それでも現在の高層ビル群は掘り下げた貯水槽の底の部分に建っているわけだから、実際にはTP35くらいになるのかもしれない。

都庁のビルへ登ってみる。都心方向を見ると高層ビルや電波塔が目に入ってくるのは、やはり東京のスカイラインだ。で、くるりと振り返ると西には丹沢の山々の向こうに富士山が見える。これは東京のではなく、日本のスカイラインと言うべきものだ。

新宿という名の起こりである、江戸時代に四谷大木戸の外に作られた内藤新宿の街は、都庁から見下ろすと新宿駅から都心に向かって伸びていく。甲州街道に沿って進んでいけば、四谷大木戸があり、その先に半蔵門がある。都庁の反対側は青梅街道に淀橋の橋がかかっている。江戸時代、その外は畑の続く田舎だったとあるから、上町下町の旅も淀橋まででお開きとしましょう。

TP40-130508-FUJI3E

借景 TP40 都庁舎の上

私の住んでいた辺りは、ちょうど右窓の下隅ギリギリのあたりだった

#tokyo #100yeartown #上町下町 #tokyopeil

TP+35

東京湾平均海面から35mというと山の手線の西側区間がそのくらいになります。

東京は坂の多い町だと前のblogに書きましたが、これは山の手線の東側ではほとんど坂はありません。
山手線より西側の地域、とくに段丘部分に多いわけですから、著名な名前のついた坂は山の手線の内側に多いという事になりそうです。

その山の手地区にある変わった風物はなんだろうかと言う事なんですが、それが煙突。

TP35-190103-07059CT

中落合2丁目 TP+35

私は東京に特有の景色であるとか風物を探して歩いているのですが、ちょっと気になったのは大きな煙突のような塔。煙突といえば昔はお風呂屋さんでしたが、今はだんだんと廃業されて見かけなくなってきました。一部愛好家の方型は煙突を探して風呂屋巡りなどもあるようです。
そのかわりに登場してきたのが主要な道路沿いなどに見られる大きな煙突。
あれらは清掃工場で、23区内に21箇所あります。一部建て替え中で閉鎖もありますが、大体そのくらいの数。それとは別に、道の真ん中に奇妙な塔の建っているのは環六(山の手通り)で、これは煙突ではなくて排気塔ですが、首都高の中央環状線山手トンネ部分の上に建っているものです。高さが45mあって、総数14本あります。

これも、他所ではなかなかお目にかかれない、東京の風物だと思います。


#Tokyo #tokyopeil #100yeartown #上町下町
Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
RSS
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    PIXTA WORKS
    livedoor 天気
    「livedoor 天気」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ