Logitec HDDのトライアル。

このレビューは「みんぽす」の無償セミナーに参加して書かれています。

今日はお借りしてきたHDD(LHD-ENU2)をPCにつないで、ちょっと負荷を掛けてみる。
試しにLAN上のNASにおいてある6GBくらいの写真データをコピー。
(実は私のノートPCには殆どデータが入っていない。データは全てLAN上のNASに格納。必要最低限のプログラムファイルを乗せているだけだ)
無線LAN経由でもあり、最初45分必要とでたが、数分したところで残り16分となった。

いま、このblogを書いているノートPCのバックグラウンドでコピーが進行中というわけだ。ブラウザが動いているわけだが、これくらいの同時負荷は、通常でもあたりまえの事だから、当たり前の使用方法でパフォーマンスを見ようという事だ。

テストする環境を確認すると、ノートPCのスペックは一応Core2Duoが入っているが無線LAN経由でルーターに接続。アクセスポイントは最近光アクセスの1Gbitに切り替えたのにあわせて1000BaseTのLANにしてゲートウェイも11nのmax300Mbpsにしたものだ。ところがノートPCとの接続速度は130Mbpsとしかでなくて、しかもルーター経由のWEBアクセスで速度を計測すると0.5Mbpsしか出ないとかいう状況で悩んでいる。
無線LANを切り替えた当初はWEBアクセスの速度を計測したときに30Mbps位は出ていたのに、どういうことだろう。
LANにケーブル接続しているデスクトップPCからはWEBアクセスの計測をすると上り下りで600Mbpsくらいは出ているので、問題は無線LAN区間かもしれない。

こんな状況だからノートPCをLANにケーブルでつなげば(一応1000baseTのIFがついている)数百Mbpsの接続速度になるだろうけれど、ここは「普通の使い方」を守っておこう。

と、ここまで書いているうちに、残り5分になった。
今のところ平均4.2MBpsとなっている。これってbitじゃなくてByteだよね。まぁ、WEBアクセスよりましだ。


ところで、外付けHDDをPCにつなぐので、ちょっと制約があった。
このHDDは電源アダプタを必要とするのだが、そうするとコンセントから電源コードの長さの範囲でしか使えない。それに付属のUSB2ケーブルもあって、それらの長さの制約がある。
これではせっかく無線LANで部屋のどこでも使える状態にしているメリットが無い。

と書いてるうちに6GBのコピーが終わった。正確には測ってないが10分少々だったのでは。まぁ、良いパフォーマンスだ。

PCとの接続方法を考えると、やっぱりどちらかというとノートPC用の外付けストレージというより据え置き家電(ハイビジョンTVなど)の外付けストレージというイメージのようだ。

ノートPCで使うには無線LAN経由のNAS型(LANに接続する外部HDD)のほうが使い勝手が良いし、デスクトップの外付けにしたら、もっと大容量でとかeSATA接続もあるだろうし、大きさや見た目もそれほどこだわらないだろう。

パフォーマンスと言えば、このLHD-ENU2ではドライブの回転速度はあえて5400rpmのものを使っているそうで、主に熱対策のためだそうだ。
まぁ、煩雑な読み書きというのでなく、大きなサイズのファイルを連続で書いたり、読み出しする分にはそれほど差が出ないかもしれない。7200rpmと5400rpmで30%という差はあるが、一番大きなヘッドシークでは差が出ないだろうから。
それよりはバッファのサイズとかプラッタサイズのほうがパフォーマンスに効くのかもしれないが、それは公表されていない。そういう仕様って、ドライブメーカとかドライブのモデルによって異なるわけだが、こういった製品の場合、ドライブが変わったときにパフォーマンスで差が出るというのは普通は公表されないというか、保証されていないのだね、きっと。


まぁ、一番の特徴である小さくて格好良い自然空冷の箱を活かすには、ブックエンドみたいな形で使うことができるようになったら良いなと思う。
現在のモデルは単体で置いて見た目がどうかという事に意識が行ってるけれど、熱対策が大丈夫なら筺体のデザインとか通風スリットの配置などを考えた上で、物を置く間仕切りにするというような、逆に邪魔にならないデザインというのもアリじゃなかろうか。

PCを使いながら、隣においているけれど、本当に音がしないのはいいことだ。

後は長期間使って、スリットに埃がたまらないかを見てみたいが、それに十分な時間があるだろうか?


このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたセミナーに参加して書かれています。本セミナーへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)本セミナーに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillViii株式会社みんぽす運営事務局))



みんぽす