1月2日から8日まで渋谷ヒカリエで開催されたSHIBUYA - TOKYO CURIOSITYの展示は7日間で2,500名以上の方々にお越し頂きました。 大変ありがたく思うと同時に、年始のこの時期にこれだけ沢山の方にお越し頂けたという事で注目度が高ったのとヒカリエという立地条件の良さを感じました。

IMG_0041


会場の中央のブースは写真のパネル展示だったのですが、そこにあったドアにはParis 2018とBerlin 2019のデカールが貼ってありました。
このドアを開けてParisとBerlinに出て行こうというメッセージだったのですが、ヒカリエの展示が終わったので、もう次のステージが始まっています。

東京画のプロジェクトはNPO法人として運営されている、写真家集団によるプロジェクトですが、今後の活動にも資金が必要です。
いろいろなスポンサー探しの活動をしながらも、広く個々人の方のサポートを募っていますので、少しでもご関心持たれた方、ご興味持たれた方は、どうぞ支援プログラムのほうもご覧ください。

http://tokyo-ga.org/topics/2017/12/02.html



皆様 引き続きのご支援宜しくお願いします。