先日Nikon Z7をお借りして試写する機会を得たので、その時の様子

新しく出たNikonZ7というミラーレス機のAFピント精度はどのくらいかというのが気になっていたので、Z7と同時発売の24-70mmF4というセットレンズとDSLR用のNikkor 24-70mmF2.8で比較してみた。

DSLR用のレンズを使うには、もちろんなにがしかのマウント・アダプターが必要になるのだが、これもZ7と同時発売のニコン純正のマウントアダプターを使わせていただいた。

比較したのは数ショットで数多くはないが、大体の感触はつかめたので、後はNikon Z7と24-70mmF4の組み合わせを楽しんで、いろいろと撮影してみたのでした。

まず某所の塀(有名な所)
24-70mm F4Z 50mm近辺 F4開放
DSC_0047F4


24-70mm F2.8E 50mm近辺 F2.8開放
DSC_0050F28


24-70mm F2.8E 50mm近辺 F4
DSC_0051F4


こういう比較ではレンズの違いもF値の違いも、あまりよく判らないのでした。

そこで、もう少しピント精度がわかるものはないかと探して撮影したもの。
24-70F4Z  70mm端 F4開放 
DSC_0052F4


その中心部分を切り出したもの
DSC_0052-2



比較したのは
24-70mm F2.8E 70mm端 F2.8開放
DSC_0053F28

中心部の切り出し
DSC_0053-2


これはAFのピント精度をみたかったので、F値は違うものの、どちらのレンズも絞り開放での比較。
比較して見ると、exifのデータとかを確認してみないと区別がつかないような結果でした。
ただ、この画面の中心部にあるねじり棒みたいなものにピントをあわせたのだけども、欲を言えばもうすこしカリっとした描写が欲しかったのだけど、そこはどういう撮り方をするかも関係してきそうなので、別のお題になりそうだ。

この比較だけで全部判った訳ではないのだけども、比較の範囲では、どちらのレンズでも、合焦する速度やピント精度は同じような結果におちついたようだ。