貧血のお薬をのみはじめて、約4ヶ月経ちました。
1番の変化は、氷食症がなおったことです。
氷の何が良かったのか・・・
今では、思い出せないほどです。

体力ももどってきて、息切れもほとんどしません。
自転車に乗るスピードも早くなりました。
スタミナは、あまりありませんが
酸欠になりそうになることは、今はありません。

今までは、標高の高い酸素が薄いところで
生活をしていたようなものだといわれました。
だからすぐに、息切れするし、すごく疲れやすかったそうです。

でも、パニック障害のほうはたまに顔を出してきます。
先月、パニック障害がでそうになり、頓服を飲みました。
わたしは、パニック障害が再発してから
2週間に1度の診察を休んだこともないし、お薬も忘れず飲んでるし
頑張ってやってきてるのに、まだ
たまにこうやって、パニック障害が顔を出してくるのか・・・
と、落ち込み先生にそのことを言いました。

そしたら先生は、こう考えたらどうでしょうといってくれました。
パニック障害は、ほとんどでることはなくなったし、
頓服を飲めば、すぐに効いて
普通の生活が続けられるようになったじゃないか、と。


確かに、パニック障害が出てきたのは、再発してからはじめてなので
約1年ぶり。
頓服を飲んだら、すぐに楽になって、普通に生活できた。


貧血って、いろんな病気を引き起こしているのだと
初めて知りました。


私が、パニック障害を再発したときには、もうすでに貧血だったのだろうと思う。
その貧血が、治療が必要になるレベルに達したのが
2017年になってから。

貧血の治療をするにつれて、食事の量が増えてきて
ぽっちゃり体型になってしまった・・・

でも、鬱っぽかった気持ちも減ってきて
パニック障害も、ほとんどきにならなくなってるし
もしかしたら、貧血を克服できたら
パキシルやイフェクサーに頼らなくても
やっていけるようになるかもしれない!
って思えるほどです。

女性の貧血は多いそうなので
いろんな病気は、貧血からきてるかもしれないから
1度、調べてみて!






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ