読み始めた者は、必ずベルセルクの恐ろしい魔力にとりつかれる。

数日前、何気にテレビつけたら『ベルセルク』やってて、つい最後まで観てしまった。
大人が必ずハマるアクションは、まさにこれだと言いきれる。


大学生のとき、友人から薦められて読み始めたのをよく覚えている。

所見の印象は、
「なんじゃ、この絵は。なんじゃ、この独特な世界観は。」

読みづらそうだな。と思って読んでいたら、あれよあれよと読みこんでいった。


正直、どこでどうハマったのかよくわからない。
『ベルセルク』は知らぬ間に読み手を魅了する世界観がある。



ベルセルクは北欧のノルウェー語で、英語ではバーサーカー、日本語では狂戦士と訳される。
つまり、主人公・ガッツが狂戦士なのである。

主人公が、と言うよりこの漫画全体が文字通り狂っていると言った方がしっくりくる。




はっきり言って、あらすじを説明しようにもできません。
それぐらい読んでて理解できないことが多い。


登場人物が今何をしているのか。

何と戦っているのか。

物語が何を目指しているのか。



それなのに、魅了されていくっていったいこの漫画はなんなの?

ある意味、中毒症状が出ているのではないだろうか。
それだけおもしろいのはたしかである。


この漫画ひとことで表すと、99%の人がこう答えるだろう。



「エログロ」だと。



グロいし、エロいし、わけのわからない生き物?のようなものもたくさん死ぬし。
ただ、それでいて美しいキャラクターも存在している。

まさにカオス状態


それでもやっぱり狂ったようにハマる。



とにかく、主人公のガッツとその仲間たちが狂ったように、狂った敵たちと戦う。
そして、なんとその戦いが昨年ゲームでも味わえるようになった。



しかも「無双シリーズ」とは。
個人的には、無双シリーズが発売した中で一番うれしかった。


ただ、プレイしててもなんのこっちゃわかりません。
目の前の気色の悪い敵をとにかく倒しまくるのみ。

それが「ベルセルク」の最大の良い点なのだろう。



狂ったように読んでみるべし。

※グロ苦手な方は注意



[まとめ買い] ベルセルク(ジェッツコミックス)