祝・ジョジョ初の実写映画化!!!

映画公開が近付いてきたのでそろそろ書かせていただく!!
数年前からジョジョシリーズのアニメ化が始まって遂に4部まできた。

アニメが始まったとき、そのクオリティの高さにただただ感服した。


そして、それも4部まできて5部を首を長くして待っていたら、実写映画化とは!
恐れ入りやした。


jojo-movie1


改めて『ジョジョの奇妙な冒険』を説明すると、これは1~8部まで現在も連載が続いている漫画で、1部ごとに主人公が変わって、強くて奇妙な敵と戦うという大人気アクション漫画シリーズ。

1部の主人公ジョナサン・ジョースターの血統たちが宿敵ディオ・ブランドーとの因縁の戦いを描いていく。
つまり、ジョースター家のサラブレッドが活躍してくから歴史を感じることができ、われわれジョジョファンは思い入れも強くなってきた。



そして、今回映画化するのは『ジョジョの奇妙な冒険』の29~47巻で描かれていた第4部・ダイヤモンドは砕けない(副題)である。


ちなみに7部のタイトルは『スティール・ボール・ラン』、8部は『ジョジョリオン』となっている。




4部は主な舞台が初の日本ということもあり、その人気はジョジョファンの中でも最も高いかもしれない。
そして、4部の主人公はリーゼントが特徴的な東方仗助(ひがしかた じょうすけ)で、映画で山崎賢人が演じる。


ジョジョは3部以降、
スタンド(背後霊をビジュアル化したもの)という能力を使って戦うので、それを実写化するのは賛否もわかれるところだが、個人的には失敗してもいいから期待している。
thumbs


正直なところ、絵の芸術性が高すぎて読み始めるのに躊躇する人も多いが、そんな人はアニメから見てみるのもよいだろう。
アニメはかなり観やすくて、よい出来になっている。

そこから、漫画→映画でもよいだろう。

これで君も
ジョジョラーだ(笑)




[まとめ買い] ジョジョの奇妙な冒険 第4部 モノクロ版(ジャンプコミックスDIGITAL)

[まとめ買い] ジョジョの奇妙な冒険 第4部 カラー版(ジャンプコミックスDIGITAL)