おすすめ漫画、教えます。

漫画好きの、漫画好きによる、漫画好きのためのブログです。

カテゴリ: 野球




プロも愛用する、全ての野球選手の上級教科書!!

【あらすじ】類まれなる野球の才能をもつ主人公・久里武志(くり たけし)は、すぐキレるという性格から試合中の暴力事件などから、中学時代は6つのチームをつぶしてきた。しかし、夢の島高校野球部の監督・工藤に拾われ、1年生でありながらエースで4番としてその才能を存分に発揮していく。



今年、掲載誌が休載のため、ほぼ強制・やっつけともとれるような終わり方を迎えた『ドリームス』。
その結末にがっかりしたファンが多く、ネットは炎上したが、その反応の大きさから、この漫画の人気や期待度はそれだけ高かったのだと思い知らされた。


正直、これほど野球の勉強になった漫画はない。



高度な野球理論を展開することが多いが、基礎的な野球の物理的理論を教えてくれることで、野球に対する合理的な考え方を身につけられる。

野球選手にとって、こんなにありがたい漫画はなかった。


今でこそ、プロ野球の中継を見れば4シーム2シームなど、当たり前のように言われているが、昔はそういった野球の基礎理論はドリームス以外で聞いたことはなかった。
10年も20年のも先の野球を展開しているような漫画である。


そして、ピッチング理論だけではなく、独自のバッティング理論も展開されており、参考にしていた野球人は少なくなかっただろう。


全ての野球人にとって、特別な教科書なんだよね。




そして、もう一つの側面として、ストーリーの展開が最も遅い漫画としても有名だった。
「水曜日のダウンタウン」でも紹介されてたね。

20年以上連載していながら、主人公の久里が高校入学して1年生の夏までしか進んでいない。

まぁ、高度な野球理論を説明するには時間が必要だったんだな。



あと、皆が期待してたのは久里の行く末だったんだろうね。
高校1年生ながら、メジャーに行っても通用するポテンシャルであるどころか、とんでもなく現実離れした野球漫画を除いて、久里は最強選手だったのではないか。

このあたりは議論が白熱するところだが、必ず名前は挙がる選手だろう。


久里はそれだけ期待が大きい選手だっただけに、突然の完結に炎上騒ぎにまでなったのだろう。
多くの野球人が、彼に自分の代わりに大きな夢(ドリーム)を魅せてもらおうとしていたのだ。




何かと批判されて終わってしまうことになった『ドリームス』だが、文字通り最も夢のある漫画だったと思う。
結末に関しては、『ドリームス』の夢が破れてしまっただけだということ。


ここに、リアルがあっていいじゃないか。



全ての夢が叶うというわけじゃないことを最後に教えてくれたことに、あえて私は感謝をしたい。

これまで久里には多くの夢を魅せてもらったから、今度は自ら夢を叶えにいくべきだろう。



何はともあれ、数ある野球漫画のキャラクターの中で最も魅力をもつ久里武志である。
野球漫画界屈指のスーパースターが戻ってくることを密かに期待したい。




[まとめ買い] Dreams(週刊少年マガジンコミックス)(51-70)



「カネ」をテーマをした新感覚野球漫画!!!

数々の野球漫画を見てきた私だが、これは新しい!
というか、この漫画は新しすぎる目線で描かれている!


主人公・凡田夏之介は、プロ8年目で年俸1800万円の中継ぎ投手である。
プロ野球で8年目・1800万円はなかなか厳しいものがある。

野球に限らずプロスポーツの世界はシビアだが、特にプロ野球はわかりやすい成果主義である。
結果が残せなければ、極端に年棒は落ちる。
最悪の場合はクビとなり、翌年から収入0で高い税金だけを払わされる。
一方で、結果を残せば何億、何十億という、金が舞い込んでくる極端な世界である。


この凡打夏之介は、そんなプロ野球の世界は「グラウンド」に「ゼニ」が埋まっていると表現し、それを略して「グラゼニ」と呼んでいるのである。

夏之介の愛読書は選手名鑑であり、ほぼ全ての選手の年棒を暗記しており非常にゲンキンな奴である(笑)


彼のおもしろいところが、年俸マニアが高じすぎて自身の年俸1800万円以下の打者を相手にすると見事に抑える確率が高くなるのに対して、それ以上の選手に対しては委縮して抑えれなくなる。
ただし、年棒5000万円以上の打者が相手になると、逆に開き直って、抑える確率が高くなるという、見事に年棒で実力が左右されており、コーチから野球名鑑を読むことを禁止されている。


「グラゼニ」のいいところは、プロ野球の裏側がよくわかるところだ。

たとえば、引退後の選手の行く末や、控えの選手がどのような会話をしているか、はたまたプロ野球選手同士の微妙な人間関係など、これまで誰にも描かれなかった世界を見れることになる。
したがって、野球好きな人はもちろんだが、野球のことがあまりわからない人も楽しめる作品になっていると思う。


過去100タイトルは野球漫画を読んだぐらい野球漫画好きな私だが、この漫画ほど異質なものは無かったと思う。

一般の人は、「へぇ~」という気持ちになりながら読んでください。

野球少年たちは、知識や技術が高められるような漫画(ドカベン、ダイヤのA、ドリームスなど)を読んでください。

一番読むべき人は、プロ野球入団が現実に近づいてきたと実感している球児たちである。




あとはお金好きの人(笑)

この野球漫画はすごい!



[まとめ買い] グラゼニ(モーニングコミックス)


続編の「グラゼニ~東京ドーム編」も出ています。

がんばれ夏之介!!




[まとめ買い] グラゼニ~東京ドーム編~(モーニングコミックス)



平成の野球漫画の王道、吾郎のサクセスストーリーが抜群

現在、日本のプロ野球界で活躍してる選手の中にも、この漫画を読んで野球を始めた、あるいは強い刺激を受けたという選手は少なくないのではないだろうか。
主役である幼少期の吾郎が、プロ野球選手である父親の本田茂治に憧れ、メジャーリーガーに成長していくというストーリーとなっている。
なんといってもわれわれ読者は、リトルリーグに入る前から吾郎の成長を見続けてきて、親心のようなものが芽生えているはずである。


吾郎は、超・超・超~純粋な真の野球人である一方で、「どんな星の下に生まれたんだ?」というぐらい波乱万丈な野球人生だ。選手として致命的なケガやイップス(精神的な原因により、スポーツの動作に支障をきたす運動障害)、周囲で起こる不幸の数々。
並みの選手なら3回は引退しているのではないかと考えられる出来事を、執念と努力で乗り越えていく姿は、スポーツ選手に限らず、吾郎から学ぶことは多いのではないだろうか。

この漫画の良いところは、吾郎や幼馴染である佐藤寿也が選手として〝怪物″であるにもかかわらず、漫画としては現実とかけ離れ過ぎず、ほどよいリアリティがあるということだ。
よくスポーツ漫画にありがちなのが、選手としてバケモン染みた主役や、それに劣らないライバルたちが、とても現実とは思えないスポーツを繰り広げる展開である。
そうなると、一気にファンタジー感が出てしまい、私はあまり魅力を感じない。
その点このメジャーは、現実で出てきても決しておかしくない選手の中で、熱いストーリーが展開され、これだけの人気を誇っているというのは、すごいことだと思う。

投手である吾郎が肩を壊してサウスポーに転向するというのは、両投げのメジャーリーガーがいるぐらいだから、逸脱しているとは思えないだろう。
昔、ドカベンで出てきた両投げの「わびすけ」は現実に存在している。
タレントの武井壮さんは、右利きであるにもかかわらず幼いころから左利き最強説を唱え、あらゆる競技や日常動作を左で行える。(左投げで140km投げれるらしい。笑)

吾郎の最速は、漫画内の描写にあるもので164kmだが、2017年時点でメジャーリーグ最速は171km(106マイル)。

球種は、リトル時代しか投げていないチェンジアップと、日本代表のときにはフォークのみだが、威力抜群のジャイロボールがある。
これだけ速いストレートと切れ味のあるフォークがあれば、通用すると考えてもいいのではないだろうか。(どうでもいいが、この漫画がきっかけでジャイロボールの認識が一気に広まったような気がする。)


なんにせよ、この日本では漫画より漫画のような選手、大谷翔平が活躍している(笑)


まぁ、最後までリアリティを貫いてくれたことが、私にとって何より嬉しい。



[まとめ買い] MAJOR(少年サンデーコミックス)(1-50)

このページのトップヘ