木ノスタで水撮できるセットのもう一つ。
手軽に水撮影ができるカラフルプール。

ちなみに、本格水撮影ができる「大プール」については前の記事をチェック!
DSC_0171-2

水遊びの撮影や、水の青いイメージの撮影ならカラフルプールがオススメ。
少人数でも借りやすくなっています。

9月末までの期間限定。こちらは毎日用意できます。


DSC_0279-1
水面を揺らしながら、上からの照明だけで撮影できます。
花とか、金魚(おもちゃ)、水風船とか浮かべて撮影しても涼しげです。
どんどん持ち込んでください!


DSC_0875

プールの大きさは人が1.2人くらい入れるほど。
ひたひたくらいの水深で寝転がって半分だけ沈んでもいいし、
深めに張って水の中に座るのもいいかも。


IMG_3616

明るいイメージの水撮影にはちょうどいいです。



DSC_0200-2
水着や夏っぽい衣装の撮影にもいいかもしれません。
水に入らなくてもプールの周りで水しぶき上げて遊んでるのも楽しそう。

暑い夏は水遊びしながら撮影がオススメですー!
スタジオについて詳しくはhttp://kinosuta.weebly.com


夏限定

水撮影の季節がやってきました!

今年の木ノスタ水撮セットは2種類にパワーアップ!

本格的な水撮ができる「大プール」
DBjuMqzUMAQpBXv-1


手軽に水遊び撮影ができる「カラフルプール」
DSC_0203-2


どちらも9月までの夏季限定

使い方に合わせて選んでくださいね!
カラフルプールは次の記事で詳しく書いています。合わせてご覧ください!


今回は、今年新たに作った「大プール」


広さは普通車の駐車場2台分。横並びでも5.6人並べます。
1面は白で光を通します。巨大なソフトボックスのようにも使えます。
DDu2quKV0AEKHZZ-1



ストロボお持ちなら、水びちゃー!バシャーン!みたいなあの撮影が思いのままにできます!

DBjmjUaV0AA4RPP-1
ホースで水量調節しながら上から水かけながら撮影してます。
これは被写体の顔面びちゃびちゃになってました(笑)


DBkBBofV0AAhsM8-1
かなり深いところにいるようなこちら。
水深20㎝くらいのところで膝立ちしてもらい、
カメラを水面ギリギリに持って手前の水をかいてもらっています。

DBj_TRKVoAEsSgt-1
水面に台置いて座ってもらって、サポートの人にシャボン玉出してもらってます。


だいたい水しぶき撮影しているうちに被写体は下着までずぶ濡れ。
カメラマンもサポートもびちゃびちゃです。
タオルはもちろん、着替えは上から下まで全部持ってくるのをお勧めします!!


DDu1ZW_U0AAirYK
被写体濡らさなくても撮影できますよ

被写体とカメラマン二人で水しぶき出すとかなり派手な撮影できます。

ストロボ置き方など、ご相談承りますので、お気軽におこえがけください
被写体に水をかいてもらってもいいし、水かけてもいいですね。
マンツーマンで撮影するなら、三脚にカメラ乗せて、リモコン操作。


たらいとか、手桶とか、棒とか、水しぶき作る道具も無料で貸してます。
DSC_0107-1
複数人で撮影に来れるようなら、
被写体→水しぶき
サポート→水しぶき
サポート→ホースでシャワー
サポート→シャボン玉
サポート→水しぶき
サポート→ストロボ持ち
カメラマン→撮影
こんな感じでみんなで協力して撮影できるだけのスペースもあります。


ストロボ無いし、そもそも一眼じゃない。
それでも大丈夫です。
無料で定常光ソフトボックスお貸ししています。
自然光を入れることもできます。
DSC_0346-1


雨撮はストロボでも定常光だけでもどっちでも撮れます。
DDu3qA2V0AA4uif-1

雨はホースで上から水かけて作ります。
被写体より手前をねらうと被写体にかかりにくいです。

DSC_0185-2
白い面近い水面に寝てもらって上から水かけて撮影してます。
雨に濡れて倒れてる・・・お好きなイメージで


このへんはカメラマン+1名で十分できます。
ビニール傘も貸してます。


水面の映り込みも撮れます。
DDu2EZsVoAEBs7X-1DBjmksvV0AArzVr-1
http://livedoor.blogimg.jp/kino_suta/imgs/d/e/de3a630c.jpg" target="_blank">
水に濡れての撮影は涼しいし、子供に返った気分になれます。
それでもっていい撮影ができたら一石二鳥ですよねー

プールの周りに裸足で歩けるすのこが置いてあります。
女子だけなら濡れた衣装を脱ぐのはここが便利。
タオル等でよく拭いて屋内に入ってください。

「大プール」は大掛かりな設置となる為、8/13までの土日祝日と8/14-16、8/21-9/24のみご用意可能です。(8/21-9/20の予約受付は8/3まで、9/21.22は9月上旬まで)
前日から作って、次の日片付けるという、採算度返しなセットです(笑)

9月に入ると涼しくなってくるので、お湯を作りながら撮影になります。
できるだけ気持ちいい撮影ができる暑いうちに来てほしい・・・ スタジオについて詳しくはhttp://kinosuta.weebly.com


機材に頼らない撮影もできますので、どんどん試してみてくださいね!
一回じゃ決まらないかも知れませんが、何回かやってみるのもまた楽しいですよ!



前回に引き続き、木ノスタの貸切撮影ってどうなの?ってことで、コスプレ撮影の活用例です。

前回の記事→木ノスタの貸切撮影サービスって?


背景たくさんあるだけじゃない、木ノスタいろいろをご案内します。

DSC_0018-2


天井に仕掛けがありまして、色んなものを吊るせるようになってます。
衣装の一部を吊るしたり、背景にいろんなもの吊るしたり、貼ったり。
どんどんお持込みください。




作業はスタッフも手伝いますのでお声がけください。

もちろん、撮影なしでサポートだけもいたします。
お気軽にお声掛けください。


DSC_0167-3



動きのある撮影も承ります。
上着がピラッとなったり、髪がふわっとなる瞬間を狙います。

靴や衣装によっては屋外でのみ承ります。

連写-1


何テイクかやることになると思いますので、被写体側も頑張ってください!




それから・・・
立っているようなこの写真。

DSC_0017-2

実はこんな努力が。


DSC_0013-1



レイヤーの理想と現実のお手伝いもいたします。
私たちは、越えられない二次元の壁を越えようとしているのです(笑)
こんなことになる場合もしばしば…

遠慮せずにやりたいこと、お話しください。知恵をしぼって一緒に作り上げていきます。

他にもいろんなオーダーがありますが、それはまた今度に。
撮影の流れはこんな↓感じです。

Twitterにとびます
https://twitter.com/_shika_maru_/status/850334777144037376

打合せして、セット作って、ポーズつけて、撮影して、確認して、また戻ってを繰り返してます。

今回はスタジオカメラマンが入ったパターンの案内でしたが、カメラマンが入らないパターンでも、スタジオ大道具を自由に配置換えしたり、持ち込み品をうまいこと吊るしたり貼ったり、今回紹介したような使い方をしているようです。

無料小道具、大道具もたくさんあるので、一回では使いきれないかも。
セットも組み合わせれば毎回違った撮影ができます。
持ち込み道具で全て作り込んでしまう方もいらっしゃいます。

是非、撮影を楽しんでいってください!

↑このページのトップヘ