こんばんは。キモいオタク、略してきのどくです。


今シーズンはいろいろありました。
ポケモン,レート通話童貞を卒業したり、それも相まって関係が広がったり。その面で大変充実していたといえると思います。

しかし肝心のポケモンの方は控えめ(C↑A↓)に言って髪の毛が抜け落ちた人たちの俗称でした。
最高2067、最終1930。瞬間ですら2100に届かず、今シーズンを終えると決めた時は本当に悔しくて涙が出ましたね。対戦数は7世代で最も稼いだのですが。

多分自分が使うポケモンに信頼を置ききることができなかった、使うポケモンを最終盤にコロコロしまくってしまった
というのが最も大きな敗因だと思います。本当に、マジで死ぬほどクソ悔しかったので今後の糧としていきたいところです。

でも所詮はオタク。TL見ていたらどうにも自己顕示欲というものが沸いてきてしまったっぽいです。
というわけで最高の時に使っていたパーティーを簡潔に。
構築名はミロティックサラマンダーです。たいへんかっこいいですね


コンセプト、と言えるほどのものは無いが強いて言うなら威嚇(主にランドロスとボーマンダ)が多く、強いと思っていたのでそこに合わせて勝気ミロカロスでの削りから展開すること。


ボーマンダ@ナイト 意地
威嚇
193-180-101-*-101-152(メガ前)
恩返し/身代わり/羽休め/竜の舞

流石の性能、無難に強かったがなんとなく違う気もした。


ミロカロス@ゴツメ 控えめ
勝気
191-*-123-154-145-101
熱湯/冷凍B/ミラーコート/自己再生

威嚇が嫌いすぎて採用した、削りを担当する枠。
せっかくの勝気を最大限活かしたくて(?)、控えめでの採用。数値と見た目の美しさがすこい。
結構いろいろ中途半端だったのでもう少し強く使えるポケモンのハズ。


ヒードラン@食べ残し 控えめ
貰い火
193-*-127-176-128-123
噴煙/大地の力/どくどく/ステルスロック

意味不明。補完できているような気がして採用。
ステルスロックは便利かな、と思って入れたがそんなことをしている暇はなかった。守るでよき。


デンジュモク@デンキZ 臆病
ビーストブースト
187-*-93-194-94-147
10万V/エナジーボール/めざパ氷/蛍火

中学の頃はウェイだったらしい方の枠を見ていて耐久振った蛍火ジュモクを使いたくなり採用。
狡い人間なのでSをめちゃくちゃ上げた。最速ギャラ抜きまで上げたらマンムーも抜けたのでエナジーボールも採用(倒せない)。正直めちゃくちゃ身代わりが欲しかった。
でも多分一番活躍していたと思われる。ジュモク最強!

控えめにするだけでCがかなり伸びるので正直そうしたい。


ゲッコウガ@命の珠 臆病
変幻自在
147-*-87-155-92-191
冷凍B/草結び/めざパ炎/水手裏剣

カエルさんすこw
ギルガルドにn回ボコボコにされて死ぬほど悪の波動が欲しかった。


キノガッサ@気合の襷 意地っ張り
テクニシャン
135-200-101-*-80-122
タネガン/マッパ/剣舞/胞子

頭が悪いのでこの環境下で岩石封じを切って剣の舞。あたまがわるいので。
せめて意地っ張りならば耐久調整を施すべきだった。このポケモン自体はかなり強かったと思う。
脳が正常なら。


以上となります。
もっとドヤ顔がしたかったですね、このシーズンは本当に弱さを痛感しました。全てに於いて。
また魂のシングルレーティングをしていきたいです。皆さんお疲れ様でした。
来期以降もよろしくお願いします。