木材ぶど丸くんver7.5.3

歩留まりあるいは歩止まり(ぶどまり)とは、製造など生産全般において、「原料(素材)の投入量から期待される生産量に対して、実際に得られた製品生産数(量)比率」のことである。 また、歩留まり率(ぶどまりりつ)は、歩留まりの具体的比率を意味し、生産性や効率性の優劣を量るひとつの目安となる。
- - - - - -

材料コストは製品に大きく影響する要素。
材選びもシビアになって当然です。

木材をご注文いただく際、「ざっくり」もあれば「サイズや数をコト細かに」もあれば、お客さまによってさまざまなパターンがありますが、より歩留まりを意識した場合(私個人的に)は普段このように計算して、材の選別・出荷の目安としています。

まずは部材の仕上がり寸法をお聞きします。
前回ご注文時と同じ樹種・厚みの材でも、現時点での在庫状況によっては長さも巾もぜんぜん違うなんてこともしょっちゅうだからです。

部材の数や種類が多岐にわたる場合はスゴ腕アプリ「木材ぶど丸くんver7.5.3」(※ただのExcelの表です)にすべての数値を投入!

FullSizeRender

部材の仕上がり厚みに対して、使える材厚というのは決まって(限られて)くるので、その部分は現時点での計算式には入れずにひとまず置いといて、仕上がり巾×長さ=仕上がり面積を見ていきます。

この表のような今回のご注文内容では、巾も長さも特段広くて長い材が不要なので材に影響されにくく歩留まりUPも期待できそう。
(算数でいう「割る数」「割られる数」がテレコになってるのはお計らいのほど)

「材料材積は、仕上がり厚み・巾・長さのそれぞれ1割り増し(≒1.3倍!)で見なさい」などと教科書には書かれていますが、そんな夢のような材料はラフ材では皆無かも。

例えば900×1800の巾ハギ天板をつくるのに在庫が材長3000しかない場合、長さ歩留まりで既に1.6倍を超えてしまいます。ならばその余りでいかに他の部材を木取れるか、が重要となってくるわけです。

また、材の品質も大きく左右します。
どんな等級の材を選ぶのか。
さらには製品に白太や節が入っていいのか否か、その程度割合など。
等級(=価格)の高い材を使って木取り作業でラクするか。
等級の劣る安価な材で木取り作業にひと手間かけるか。

人工賃(ニンクチン)まで絡む話はここではスルーしますが、仕上がりのサイズや品質レベルがシビアでなく、かつ在庫中の材サイズや品質がそれらにぴったんこであれば、上の表の歩留率が1.2倍を切る驚異が起こるときもありますし、まぁふだん選別作業をしていておおよそこんなもん見とけば大きく外さないであろうあたりが上の表の1.5~2.0倍という数字なのです。

もちろん材の現物をよーく見て、あの部材はこの材のここでこう取って、とかこの節をぎりぎり避けたらうまいこと2丁取りできるか?とかあーでもないこーでもないと独りぶつぶつ言いながら選別するのが私たちの仕事。それによってお客さま皆様にとって木取り作業軽減の一助になれば。

長々と回りクドく書きましたが、プロなら通常業務のなかで自然に行ってしまえている今更な内容な一方、見積り段階で意外と材積計算に大ハズシしてしまう方も少なくないようで、今後の目安のひとつとしていただければ光栄です。


IMG_6093
↑既存のラフ材厚に仕上り厚みをあわせてデザインを決めたケース。
厚みロスが軽減できて歩留まりUPに大貢献!


IMG_6095
↑上のケースとは正反対、仕上り厚に対してラフ材厚が厚めだと、材積がかさんでしまいます。しかもカンナ屑で集じん機がすぐ満タンになってめんどくさいパターン。


FullSizeRender
↑この時は働き指定ナシでの2〜3枚ハギで揃え、仕上り長さも短めが大半だった為、実際には約1.4倍・0.36m3のラフ材積でご用意できました。


ゾロ目

クルマの距離計やデジタル時計や、同じ数字が並ぶ瞬間に偶然出くわすと、なぜか独りハッピーを感じます。

今日の朝から名古屋営業所倉庫の外、の日陰に置いておいたデジタル時計。

その存在すらすっかり忘れていた午後、ふと見ればゾロ目が揃う直前!

とっさにケータイを取り出してカメラアプリを立ち上げて…とあたふたしながら撮った写真かコチラ。

FullSizeRender

10秒遅かった(笑)
いついかなる時も騒がず慌てず冷静でありたいものです。

酷な暑さが続きますが皆さまどうぞお身体お大事に。

IMG_5795

ナラの板目、そこそこヌカ目。

出向終了

気温35℃を超えると蚊は活動しないんだとか。
周囲にヤブ蚊の多い名古屋営業所、喰われずに済む、とコレ幸いに炎天下の中、丸焦げになりながら選別業務をこなしています。
続きを読む
プロフィール

kinoeki_nagoya

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ