先日、馴染みの家具メーカーさんがホワイトオークを購入するためお越しいただきました。家具専門メーカーさんなので、テーブルや椅子や収納を作られるのかと思いきや、ギターアンプを製作されるとの事。IMG_4992
木製のギターの音を出す時、通常の汎用アンプを使うよりオール木製のほうが木質感の音の再現性が高いらしいです。「音質がウッディになる」そうで、何となくわかるような、言葉で表現しにくいのですがとにかくマッチングがとても良いらしいです。

さらに樹種で音の系統もかなり変わるそうで、今回はオークで試されると言われてました。

IMG_4993
販売時には高級椅子の張地に使用する北欧製のファブリック(布地)でカバーして、家具とのコーディネートもバッチリだそうです。
IMG_4994
楽器に使う樹種もさまざまですが、周辺機器も木によって音がガラッと変わるものなんですね。当たり前のような、ちょっと不思議なような、面白いですね。