こんにちは、クサノ主任です。

本日のお客様は・・・




工房齋歌って踊れる家具作家、齋田一幸さん。

以前に「ブラックチェリーの良いのが入荷しましたよ」と
メールすると二つ返事でご成約。
「ただしチョー忙しいのですぐに引き取りにはいけませんから
取り置きしといて」との事。
そして1ヶ月半ほど経った本日、晴れてお引き取り。

朝、突如「今からもらいに行ってもいい?」と電話。
終話後ジャスト1時間半、彼の相棒S80ハイゼットで
下道をドンブラ
お越しくださいました

てきぱきと積み込み、万力縛りのサービスまでして差し上げ
せっかく来てくださったのだからコーヒーでも、とお誘いするも
お急ぎだったのか、はたまた積んだ材の質があまりに良すぎて
一刻も早くひと手押しかけたい!との衝動に駆られたか
「残念ですがそんな時間はありま温泉」とおなじみのフレーズを残して
私の誘いを振り切るように帰っていかれました。

相棒に積み込んだ後姿を撮る隙すらなく。



参考までに下は、いま在庫してる同等の材です。

IMG_0443

白太うすっ!  ガム・節、皆無っ!

齋田さん今ごろ工房で歌って踊ってることでしょう。