週末ごとに雨天と重なってしまったここしばらく、最近はやっとこさ爽やかな秋晴れに恵まれています。
何か月ぶりかのオートキャンプに家族で出かけてきました。
行きつけのキャンプ場はわが家から車で小一時間。
ちょっくらイオン行くか!のノリで行けちゃうのもうれしい。
(註:マイナスイオン浴びに行くか!の意)

IMG_6268
極度の雨女、なうちの妻もビックリな青空。

ちょうどこの日、キャンプ協会のイベントが開催されていて、その中のひとつ「ツリークライミング体験」に参加しました。

IMG_6283
たかが木登り、とあなどるなかれ。
ツリークライミングジャパンという団体が主催するこれは、林業の分野で活躍する「アーボリスト」たちの、その技術をレクリエーションやセラピーにも応用し「安全に、楽しく、樹木に優しく、敬意をもって」木登りしましょう、というものです。

まずは今回登らせていただくコナラの幹に、掌でそっと触れて尊敬と感謝と意を。
つぎに準備体操で日頃のなまった身体をほぐし(きれるはずもなく)、装具を身につけたら、いざ!

IMG_6284
高い枝から事前に吊るされたロープに金具で固定した身体は宙ぶらりん。
そして習いたてのロープワークで結いてつくった輪っかに片足つま先を入れて、腕でロープを引っ張る力とつま先で輪っかを蹴る力とを交互に使い、尺トリ虫のように登ります。

IMG_6285
運動不足と体重増加で悲鳴をあげるぼくと枝。のろのろ尺トリ虫。

IMG_6277
身軽で高いところ大好きなうちの子は、スウェディッシュトーチの煙とともに、すいすいゴール一番乗り!

IMG_6294

今回は残念ながら「体験」なので全行程ハイペースであっという間の時間切れ。
それでも普段味わえない高さから望む、束の間の景色は天候以上の清々しさ。

ふだん仕事で木(製材品)とさんざん戯れてはいるけれど、物心ついて木(立ち木)とこんな戯れ方したのは初めてかも。
また、板に挽かれた材面なら樹種の特定は手慣れたものである一方、情けないかな恥ずかしながら立ち木から樹種を同定するのはサッパリでして。
これを機に「立ち木から製品まで」を網羅できるマルチプレイヤーになれたらなぁと思いました。


FullSizeRender
ぼとぼと落ちてくるどんぐり対策にも、ヘルメットはいい仕事してくれましたよ。