鉄クズ達のメモ帳・・・・・・・。

Ducati st2..DATSUN510.. 等のオボエガキ。物忘れ対策のメモです。
過去書きも随時加筆・・・ 良い子は、参考にしちゃダメだよ・・・


ドゥカティST2 ブルーバード510 プラドKZJ95W スーパーシェルパ KH250 風景 etc.

ナルホド と思ったら[拍手]をポチっとね!。> コメントはお気軽にお書きください。お助けになれば幸いです。

電動パワステのアシスト調整 重めに変更したい。

やはり、電動パワステは、ハンドルの戻りが良くない。
また、フロントタイヤの負荷の状況(フィードバック)がつかめない。
直進でも60Km/h時で変なハンドリング感覚、80Km/h時でも感覚がつかみにくい。
ハンドルから手を離せない。

パルス変換器を買った。
パルスを1.5倍、2倍、3倍、4倍に変換できると謳ったもの。
効果はどうだろう。

材料自体の値段は数百円でしょう。
回路設計料、マイコンの設定料とがほとんどでしょう。
こういうことを、出来る人は尊敬します。

ノーマル
60Km/h時  637RPM/60*4パルス*1倍= 42.47パルス 

とりあえず2倍設定で変化があるか?
60Km/h時  637RPM/60*4パルス*2倍= 84.93パルス 
ほとんど変化を感じず。

3倍設定
60Km/h時  637RPM/60*4パルス*3倍= 127.4パルス 
時速60Kmくらいでやや落ち着いた感じになる。
フィードバックも若干感じられる。

4倍設定
60Km/h時  637RPM/60*4パルス*4倍= 169.87パルス 
軽自動車では、ありえない速度 理論上、時速240㎞以上の車速パルス。
時折パワステがきかなくなる。パワステCPUとの相性が良くないようだ。




「電動パワステ 可変擬似車速信号発振装置 ダミーパルス発生器」の画像検索結果

↑こういうのもヤフオクにある。ボリューム調整でパルス数を変化させる奴
出力は5V/2~96Hzくらいの矩形波(4パルス式の2~137km/h程度相当)。
============================================


 100rpmを入力した時の出力(___)
ジャンパ__青線__________白線
;00_____1/1.5倍(150)___2倍(50)
;10_____1/2倍__(200)___4倍(25)
;01_____1/3倍_(300)___3倍(33.3)
;11_____1/4倍_(400)___6倍(16.6)
00の場合はジャンパどちらも刺さない
01の場合は右だけ刺す

配線
ピンク  12V
緑    GND
茶    回転信号IN
青、白 回転信号 OUT

20MHz=1000*1000*20=2000000Hzまでは反応 ただし5V以上。

=========================================

PIC12F683の主要な仕様
項目仕様補足
ピン数8ピンPICマイコン本体から出ているリード線(「足」とも呼びます)の数です。
動作電圧2.0V〜5.5Vこの範囲の電圧を与えれば動作しますが、早く動かすには(動作クロックをあげるには)高い電圧が必要になります。
動作クロック最大20MHzMacやPCで「CPUの周波数(速度)」と言われているものにあたります。MacやPCの場合、2GHzとか3GHzが普通ですが、PICマイコンは数MHz〜数十MHz、という感じです。20MHzで動作させるには5.0V以上の電圧が必要となります。
プログラムメモリ2kワード2000命令分のプログラムが書ける、と理解してよいと思います。ただ、C言語の1命令がここでいう1命令ではありませんので注意が必要です。C言語1命令が実際には何命令になるかはちょっと高度な内容ですのでここでは説明を省略します。
SRAM128バイトプログラム動作中の変数を保持するためのメモリ容量です。単位はメガバイトなどではなく「バイト」ですよ! このメモリに保持した内容は電源を切ると消えてしまいます(「揮発性メモリ」と呼びます)。
EEPROM256バイト電源を切っても消えないメモリです(「不揮発性メモリ」と呼びます)。ずっと保持しておきたい値はここに格納します。こちらも単位は「バイト」です。


PIC12F683のピン


Stereo 2017 8月号 QWT方式エンクロージャー & SP

とりあえず箱だけ、予約注文してみた。ユニットは装着できれば8㎝にしようかな。



8㎝は無理みたい。

で、推奨の6㎝のパイオニア製を装着。
一応、ちゃんと鳴る。

低音量でも、凄い低音が鳴ります。
10W未満で再生しましょう。


楽しめます。

能力は低いけど、奏でますなー。
深夜に最高な音かな。
この6㎝は凄い。

エージングが進むにつれ凄い低音再生能力。
ドロンとした低音じゃなく、音階がわかる低音。
エンクロージャーがいいのかどうか、違う箱でも試してみる価値あり。

サテライトスピーカー BRAITH PL-222 改造

サテライトスピーカー BRAITH PL-222 という奴を買ってみた。
DSC00926DSC00927












車で聴く用に使用予定だが、音がカンカン、カチカチ、キンキンで気にいらない。
分解
DSC00928












ツィーターを切り離す。元にはもどれません。
DSC00929












新しいユニットとして、F77G98-6(TOPTONE東京コーン紙製作所)を注文した。
http://www.toptone.co.jp/products/full.html
F77G98-11に進化??


8Ω10W広帯域用スピーカー

評判はさまざまだが、どうだろうか。送料込で2個1000円(税込)なので同等以上の
音質があればOKです。
3インチ(φ77mm)フルレンジスピーカー
黒色PPコーン
黒色ブチルゴムエッジ
インピーダンス:8Ω
定格入力:10W
最大入力:20W
Fo:90Hz
再生周波数:Fo~20KHz
マグネット:φ60×φ32×t8mm
重量:265g(マグネット重量81g)

届いた。
DSC00933DSC00932












音質は、カンカン してない。能力は低い。
表現力は、前のより全くイイ。

箱を密閉に加工中。
吸音材を詰めれば、聴ける音になるはず。
DSC00935












吸音材を調整して、
やや、聴ける音に近くなった。
もすこし、チューングできます。

50歩100歩じゃなく50歩1000歩にはなったが・・・・・・

音は、まだまだダメ子ちゃんです。
アンプの解像度???

でも、ノーマルから比較すると格段におすすめです。

バカやねー。私。

TA-F333ESXから333ESRに交換

まあ、良いアンプだとということででTA-F333ESX(ヤフオクで約1諭吉)を暫く使っていた。

音量は出るし、神経質ではない。解像度は低いというのが感想。
もともと79800円のアンプなんでこのあたりは許容範囲。
なのだが、当時のオーディオ評論家の音評価は結構いいので、
私の耳や感性が悪くなったのかな。

惰性でリスニングしてたのだが。
DSC00922





















プロテクトのロックがかかりまして、解除の方法いろいろやったけど
解除できないので、



333ESRを購入。
DSC00919












解像度が全く違う。
ソニーらしさ的な締まりとTRIO的な解像度との融合かな。



DATSUN 510 インダクションボックス エアクリーナーもOK

夏場対策です。

いい仕事をするとおもいます。⇒してます
DSC00913












よ。ちょっと重くなったけど。
DSC00918

プラド KZJ95W  車検 21歳

最近はユーザー車検と言わなくなったようだ。なーんでか?。

=======================

は、さておき、車検に行ってきた。1発で合格です。
P_20170525_140217[1]









この前の510の時は、ヘッドライトのLOビーム検査はなかったのだが
今回、我がプラドでは検査された。
平成10年9月以降の車が対象なのだそうだが、
ヘッドライトをバイキセノンに換えていたからかも。

排ガスは24/40
平成5年規制値(40)だと余裕で合格
平成9年規制値(25)だとギリギリ
でも私のは、平成8年式だから、平成5年規制値が基準。

費用
自賠責 25,830
重量税 50,400
検査料  1,400
登録料   400
用紙代    0
計    78,030

いつのまにか、用紙代は0となったが、登録料が100円UPとなっている。

自動車税、重量税、が古い?車にのしかかる。
車を大事にする人にとって、厳しい仕打ち(政策)だ。



DATSUN 510 電動パワステ装着

楽ちんになりました。
が、パワースライドやドリフトは難しくなりました。
セルフステアが????になりました。

DSC00897












HR30ミッションの場合は
車速センサー取付が、結構、肝です。
私の場合は以前に90度変換してたので、付きましたが。
DSC00896













TOYOTA 純正 ボールジョイントプーラー

なかなか、優れものらしいので買ってみた。
これがあれば、苦労しなくて済むようなジョイント外しのため。
DSC00825












09628-62011 

DATSUN 510 ユーザー車検

510 45歳の車検
P_20170427_140637[1]









ステッカーのデザインが替わった。
P_20170427_160820[1]









費用
 自賠責   25,830
 重量税   25,200
  検査印紙  1,300
 登録印紙   400
   計     52,700円
前回より、自賠責が少し安くなっている。

アクティトラック HA4 オイル交換

前回の交換がいつだったか、記録していない。

オイルを食うので継ぎ足しは2回くらい行った。

オイルエレメントも交換し、約2.5L。
ホンダのエンジンだから、オイルは安物でいいでしょ。
DSC00823

アクティトラック HA4 ライトの枠の塗装

ウィンカースモール系を後期型のクリアレンズタイプにしたら、
ヘッドライトの枠が黒ぶちメガネみたいで、特に気になるようになった。

取り外して、傷をパテ埋め
DSC00813












ボディと同色に塗装
DSC00815












スッキリしました。
DSC00819












1000円少々の安物の小型スプレーガンでも使い方マスターすれば
良い出来栄えで塗れます。
DSC00820

アクテイトラック HA4 全塗装 マフラー交換

点錆び、へこみ凄いので、長寿命化の為
自家全塗装しました。
DSC00781












DSC00784












軽トラの塗装は難しい。あちこちザラザラになった。
出来栄えは25点。

マフラーはココだけ破れているのだけど、
車検にひっかかる。
DSC00807












マフラーのナットネジが肉痩せで舐めるので
こんな、工具で外す。
DSC00810












溶接で修復しようと思ったが、
こんなに良くできた奴?が送料込で1諭吉以内なので
ゲットしました。
DSC00809

DATSUN 510 ルームミラー交換

ボロボロのルームミラーを交換。

サイズはほぼ同じ。

取付が3㎜程上に上がり、視界がやや増す。

下が今まで使っていた純正部品の奴。接続ボールの咥えが経年劣化でボロボロになってました。
DSC00771

DATSUN 510 フロントショックアブソーバー交換

Fショックアブソーバー交換。
KYBショックアブソーバー SR SPECIAL フェアレディZ 【 S130 】  | 品番 : RKC4057
オイルショック
S130用イルミナの最弱より,
やや硬め。2段階~3段階くらい。
新品なので?、荒れた舗装道でも跳ねはしない。
RKC4057






















DSC00774


プラド KZJ95W バッテリー交換

あんのじょう、今年の冬は越せなかった。
約4年。 
新品CCA値 約790
DSC00755

DATSUN 510 穴あき補修

左のフェンダー パテ盛りしてたが・・・・ 長くはもたなかった。

腐っている所を剥いでみる。錆びは落とす。
DSC00605












錆びやパテや泥などがぼろぼろっと
DSC00611












フェンダーを外す
DSC00643












錆びの酷いところを切り取り
DSC00644












アルミ板を裏あてにする
DSC00613












FRPで穴うめします
DSC00614












裏側もFRPで補強しますよ
DSC00615












養生(硬化)時間が8時間とか書いてあります。

後は、普通の作業です。
さて、何年持つか??。


DUCATI ST2 ウィンカーリレー交換

リレーの作動がおかしいので交換する。
P_20160919_143024[1]












純正3ピンから汎用2ピンへ変更
P_20160919_143036[1]










DUCATI ST2 等  CCA値メモ 2016/9


DUCATI ST2 B16AL-A2 2016年9月 279
P_20160919_091306[1]












GPX250RⅡ   B9L-A2  2016年7月 242
P_20160919_091534[1]












シェルパ  TX7L-BS  2016年7月 207 (バッテリ直結ではないので参考値)  
P_20160919_091819[1]












アクティ トラック HA4 40B19 2010年7月  249  標準270
P_20160919_092231[1]












プラド 115D31  594 2012年10月 (標準830 105は標準750)
今年の冬を越せるかどうか??。
P_20160919_092034[1]












DATSUN 510 60B24  311 2012年12月 (3週間乗ってない 標準460) 40B19標準は330
チャージランプが点灯している。 寿命間近??。
P_20160919_100927[1]












KH250    12N5.5   110 


続きを読む

DUCATI ST2 エンジンオイル エレメント バッテリー交換

走行 約 45000

エレメント交換 ストレーナ清掃
P_20160917_094238[1]












バッテリー交換 前回のバッテリー2014/3~
P_20160917_094245[1]














GPX250RⅡ タンクパッド装着

タンクのニーグリップがスカスカなので、
タンクパッド(デイトナ製)を装着する。

DSC00540












そもそも、GPX250R用に設計したんじゃあ ナイノ?的!!。
DSC00542












恩恵は、まあまああるでしょう。

アクティ HA4 22年目の車検 その後ウィンカーリレー交換

ユーザー車検へ行ってきた。

引っかかった項目は、
①フロントガラスのステッカー
②マフラーのガス漏れ
といっても、最終タイコの後のパイプ。
応急処理で通ったが、

定型的費用
自賠責 26,370円
書類     35円
検査料  1,400円
重量税  8,800円
 小計  36,605円 

応急修理費用
マフラーのパテGUM ホルツ       約1000円
マフラー補修テープ  ホルツ       約1100円
ガラスに貼ったシールの剥がし剤     約  600円
ステンレスワイヤーブラシ小        約  300円
                   小計   約3,000円

約40,000円やけど、高いなー。

~~~~~~~~~~~~~
3日後、調子が悪い時がある
ウィンカーリレーを汎用品と交換した。
416tkdjFujL__SY355_

プラド KZJ95W エンジンオイル交換 トヨタの整備士大丈夫か?

プラド KZJ95W エンジンオイル交換

メーターの走行距離 182,500㎞

次回は、エレメントも交換。

エアコンベルトも交換
MPMF6460
~~~~~~~~~~~~~
ラジエターのドレンコック、そもそもは、ちゃんと蝶ねじが付いている。

ここは、重整備のときにトヨタに任せていた項目なんだけど、
たぶん、ネジを緩める時に蝶部分を折ったと思える。
安い部品なので、単純に交換すれば良かったのに。
どうして、これ(蝶ネジの蝶部分なしを再装着)で済ませたのかな???。
DSC00514












トヨタの整備にまたもや、疑問??。
失敗の報告が出来ない体制なのか。
~~~~~~~~~~~~~
新品を取り寄せました。
DSC00520












シェルパ フロントスプロケ交換

フロントスプロケ付近から、チャラチャラ音がするので、
フロントスプロケを交換することにする。
今付いているのはメイドインフランスの15丁
裏返せば、まだまだ使えるが、、、、、。
DSC00510












取寄せたのは、サンスター製の15丁
DSC00508












サクサクと交換、掃除は省略。
DSC00511











KH250 HI-LOスイッチ 補修できるか

KKH250 HI-LOスイッチ 補修できるか

H250のスイッチが折れた。長年の樹脂の劣化とみた。
前にも折れたので、ヤフオクで乙2系のスイッチを買って入れ替えていたのだが。
今や出品部品も高すぎで、しかも、たぶん長くは持たない。

修復に挑戦してみる。
DSC00465













DSC00466












スイッチ部分を外して、ヤスリがけ

DSC00469












プラリペアを盛る

DSC00474












硬化待ち

DSC00475












ある程度、硬化したので整形する。
整形中にもっと根元から折れた。

DSC00476












そもそものプラスチックの劣化。
折れたところを繋ぐ。団子になったので強度が出るか心配

DSC00477












整形中に、さらに、根元から折れたが。。。。。

DSC00480












試行錯誤を何回か繰り返して完成かと思いきや???。

スイッチレバーをつけて、軽くねじると 折れた。
こんな事を繰り返したが・・・・・
プラリペアでは、ここの修復は無理だ(無理かも)!!。。
無理なのか、使用方法がヘタクソなのか???。


あと、20年間は使える方法を、考えよう。
考えた!!!!!。

================

針金を使う。
型取りもしておく。

DSC00497












針金を整形し、位置を合わせる。
ピンポイントで台座に穴を空ける。
針金に抜け止め加工を施し、慎重に位置決めしたあと
プラリペアを穴の回りに流し込み。硬化後に全体を整形。

DSC00498












完璧かな。組み込みます。

DSC00499













スイッチレバーを取りつける。
この、部分から折れることは、この先は無いでしょう。

DSC00500












修復完了です。

シェルパ バッテリー 交換

GS-YUASAのバッテリー寿命かな。
2011年10月交換時


2011.10月から、およそ4年半です。長いのか短いのか???。

AC デルコを調達。
DSC00457












結果がどうなのかは、わかりません。

同じくらい持続して欲しい。

セルの勢いが最初から弱い⇒大丈夫か?
~~~~~~~~~~~~~~~~
YTX7L-BS  114*71*113  6Ah 
GTZ8V    同サイズ    7Ah
~~~~~~~~~~~~~~~~
結果、このバッテリー 不良品でした。
電圧はあるけど、セルを回す能力が消耗しています。

購入後、2ケ月半後に、無事、新品交換に対応していただきました。
~~~~~~~~~~~~~~~~

プラド KZJ95W 運転席ドアのハーネス交換が妥当、交換

以前より、調子が悪かったハーネス。
いよいよ重症化してきた。

最初は、スピーカーケーブルの断線。←修復
次は室内のドアロック側の断線。   ←修復
電動ミラーの動作不安定。
キー連動のドアロックの不安定。

ショートして車両火災の恐れもあるので、これは、交換しかないですね。

ネットでフレーム番号を入力して部品検索
Frame number    KZJ95-0005???
と入力すると 私の車両の情報がでる。
Complectation    KZJ95W-GKPST
Characteristics   Engine 1KZTE  Grade TX  Transm. ATM  Options 5D 08S
電装系のワイヤリングから探すと
部品番号は、
018215182151-602300104.1996 - 01.1998WIRE, FRONT DOOR, RH

定価 12,400円 税込13,392円
お高いですが、長寿命化のため注文。

届きました。
DSC00444












まずは、内張とスピーカーを外す。
DSC00445












ハーネスを剥いでいくが、難儀なのはココ。
DSC00446












新しい、ハーネスへの交換終了。
DSC00450












もちろん、全てのドアの電装は完璧に作動します。
あと、5年以上は大丈夫でしょう。

シェルパ エンジンオイル交換

エンジン音も静かだし、オイル劣化みたいな感じも全くないので
交換時期を気にしていなかったが。

前回交換時 59,875km(オイルフィルターも交換)
マニュアルによると
エンジンオイル交換  6,000㎞毎
オイルフィルタ    18,000㎞毎(オイル交換3回毎)
現在の距離 65,596km
約5,700km走行

メーターは替えているので、実走距離は-40,000km
 DSC00441














オイルは、引き続き↓ 安いが信頼はあると思う。
DSC00440












中立状態で上限とする。
DSC00443












アクテイトラック HA4 ラジエターのリザーバ-タンク交換

今21年目中。 H6年式-H28年=もうすぐ22年目かも
不具合が、山のように出る時期ですね。
ラジエターのリザーバータンクが、経年劣化で穴空き。
新品に換えます。

純正部品№19101-PN3-000 
社外品なら
HS-2065  大野ゴム工業(株) 純正同等品らしい 標準価格2,150円(税抜)
DSC00439












ちなみにキャップはついていません  キャップ⇒19102-PN3-000

プラド KZJ95W 右ドアのキーの不具合

プラドの運転席側のドアキーが、引っかかる。
ただちに開かない(開けにくい)ことがある。

キーシリンダの中のプレートの摩耗の可能性が大きい。

メーカーが採用している少しの材質の差で、長年乗ると不具合が出るのかなぁ。
とは思いたくないのだが、
トヨタだから仕方がない??。とも思える。

キーの構造が解ったら、修復方法はわかりますよね。
DSC00430












どこを削ればいいのか(裏と表あり)。これ、なかなか、面白い。

キーの表側の蓋のスプリングとかが、少々難しい。

ってことで、修復です。キーの不具合を修復しました。


内張りのピンも相当劣破損していたので、5個替えました。
DSC00431




ガレージジャッキの、復活、メンテ(RV53)

大橋産業のRV53はさほどシリンダーが大きくないのに
アームが長い。したがって、レバーの操作は、重くストロークも小さいです。
しかし、53㎝まで上がるので、高く上げたいときには重宝してます。

このRV53が負荷がかかると上がらなくなったのでメンテ、

ピストンのオイルシールを交換したが症状は変わらず。

左と中央のジャッキは内蔵されている鋼球は2個ですが
右のジャッキ(RV53)は鋼球が7個、内蔵されている。
これを、全て取出して、パーツクリーナーで7か所の穴を清掃、
オイルを充填することにより復活させた。

他のジャッキも、オイルの継ぎ足しと各部給油。
DSC00418












改造ミッションジャッキ1t、 ローダウンジャッキ2t、53㎝ジャッキ2.25t、
天気