木下クラブlog:個別記事

<2009年10月26日>

ドリパ行ってきた


「DreamParty東京2009秋」に行ってきました。
というのは語弊があるような気もする。
正確には
メモリーズオフ10周年記念ブースを見るためだけに「DreamParty東京2009秋」に行ってきました。
だ、正直それ以外は興味が無かった(OVERDRIVEブースは次回作が出るまで見るもんかという良く分からない決意を決め込んでいる、早く出してくださいw)

ここで改めて言ってみる

メモオフが好きです

そんなん知ってるしw
今更言うまでも無いだろw
と想ってくれている人がいたら光栄です、もはや半分洗脳の域のような気もする。



CIMG0387

そしてこれも改めて

メモオフ10周年おめでとう

なんだか、人を撮らずに上の方だけ撮ろう、とか想ったら間抜けな構図になってしまいましたがまぁいいでしょう。

CIMG0381

今日は懐かしのグッズが展示されている、ということで張り切って伺ったわけですが、
よくよく考えれば、メモオフってそんなにグッズとか出して無かったよな、と現場についてから気づき、
なんてことはない、殆ど持ってるものばかりでしたね(上の写真は一部ですが)
展示されていた絵も殆ど見たことあるものばかりでしたが(まぁ新作発表じゃないので当たり前っちゃ当たり前なんですけど)、
とりあえずそれぞれの絵にくっついてるQRコード?で携帯の待ちうけがもらえるということだったので、ブースに15分くらい張り付いて必死に写真をとってはもう一方で待ちうけ保存する必死な自分がいました、とかなんともお恥ずかしい限りですね。
かなり狭いスペースに無理やり詰め込んでいたので、相当に邪魔だったことでしょう、本当に申し訳ない。
てか、ブース以外のスペースが人もいないのにやたら広く場所を作っていて、それならスペース広げようぜ、とか一瞬想ったのはきっと自分だけではないはず。

CIMG0388

お布施ついでに買ってきたのがこれ。
「5pb.」のロゴが何とも哀愁を誘う一品ですね。



今日は暇だったのでついでに床屋と実家にも帰ってきました。
私は、道中の電車が一番読書が捗るため、「化物語」の原作も大分読み進められました、というか「偽物語」まで読み進んで後は「傷物語」を残すのみ、といったところです。

話は一旦飛びますが、
珍しく中谷さんの記事に自分のリンクが貼ってあったのでとりあえず突っ込んでみる。
>ぴよさんが麻雀が無駄に強すぎ!
また「無駄に」って書かれたw
いや、あのときは後学のためにということで中谷さんにゆうせさんがアドバイスを送っていましたが、その事が私達にとっては軽いヒントにもなってたため、
例えば「数え役満」くらいあったであろうあの手だってそのおかげをもって事前に察知することが出来ましたけど、ヒントも無く中谷さんがポーカーフェイスのままあの手を直撃させていたら私はハコっていたでしょうし、他にもヒントが無ければ危ない場面なんかも沢山あったと想いますよ。
ということで、実際には私はそんなに強くは無いですからまたいつかやりましょうねwww
8人集まってトーナメントできるといいですね(それまでには何とか点計算も覚えておかなければいけないかなぁ

>液晶のぶっ壊れたジャンクノートPCを外部ディスプレイにつないで使っている!
言われてみればそうだ、壊れてるよwww
って本気で忘れてた(というか外部ディスプレイに当たり前に馴染んでいた)自分がいて笑ってしまいましたw
いやまぁ冬までには何かしら買い換えますよ、きっと。
親も丁度使ってたパソコンがぶっ壊れたので買い換えたいから、良さそうなものを探しておいてくれ、と頼まれたので、それを踏み台にして良さそうなものを探そう、とか想います。


で、話を戻して、「化物語」ですが、これ流石にというか言わずもがなというか非常に面白いので、読書に精を出している中谷さんに是非に!と推しておきます。
単に面白いというだけでなく、考えさせられる(というとなんとも厨二的な輩に想われそうですが)、「生き方」というか「生きることに対する考え方」というのをこういうものから影響を受ける、というのは個人的にはアリだと想うんですよね(小学生時分の私の知識の半分程度はこち亀から得たものであったように想います
阿良々木君の考え方って中々に面白いものがあるので、よ、読んでみたらいいんじゃないのかな(ツンデレちゃん的な感じで
まぁ値段的なこともあるので、次回会う(であろう)冬コミ時までに買ってなければ私が強制的に押し付けることも辞さない、そんなくらいに活字の苦手な私でも読み進められる面白い作品です。






さぁて、シュタゲーの2週目はじめるか。
でもなんか、昔のゲームがやりたい今日この頃、昔っから気になっててでもやってないYU-NOとか、最近気になるお嬢様特急とか、そんなの探して売ってるレベルなのかどうか・・・・・・



そいえば、次回作 メモオフ7(たぶん)の舞台になる(であろう)「林鐘寺」ですが、同名のお寺さんは実際にあるんですよね、あり得そうな名前なので日本中に恐らく幾つかある感じ。
とりあえず検索に引っかかるのは埼玉の浦和(「イトザクラ」という市の天然記念物が有名らしい)、あとは兵庫とか静岡にもあるらしい。
えっと、メモオフの作中では確か名指しで当時の富豪だか何だかが立てたお寺、ということになってたはずですが、「登波離橋」みたいにどれかのお寺さんがモデル(由来?)になってたりするんですかねぇ。
浦和なら近いけど、兵庫とかだったらきついなぁ(笑


トラックバックURL(こちらへどうぞ)

この記事へのコメント(いつも楽しく読んでます)

1) Posted by トール鉄 2009年11月02日 07:55
あのノートって、ディスプレイ壊れたたんですか?見易いように外部ディスプレイに繋げてるのかと思ってました。

しかし、なぜ今になって、花田十輝先生の初期作を……

ユーノはすごいですよ。
ボクの中では、未だにこれを越えるゲーム……というか創作物はありません。

打越鋼太郎なども、90年代に菅野ひろゆきの洗礼を受けたシナリオライターの1人ですし、infinityシリーズは彼の、YU-NOへの解答の1つなんだと思います。
超オススメですよ。
2) Posted by ぴよ@木下の人 2009年11月05日 13:33
こんちは〜

PCはそろそろガタがきてますからね〜
年末に少し値段も下がったようなところで何とか買い換えたいものです。

お嬢特はニコ動で実況見てたら欲しくなって買いました。
いや〜実況動画も最近は色々あって中々面白いですよ、それでやった気になっちゃうのも問題ですが。

YU-NOはやっぱり伝説的に面白いゲームなんですね、これは何とかやりたい。
しかし、今頃このゲームを買おうという需要なんて中々無さそうですからね、売ってるのかどうか非常に微妙なところな気がします。

この記事にコメントするなんて本気ですか!?(必ずお返事します)

お名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
常に支援
なう
カテゴリー別に見ると
月別に見ると
コメントありがと!
TBありがと!
第34回2014秋調査に参加しました (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
2014/7-9月期終了アニメアンケート (第34回調査)
第31回2014冬調査に参加しました (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
2013/10-12月期終了アニメアンケート (第31回調査)
第25回 アニメ調査に参加しました! (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
2012/4-6月期終了アニメアンケート
第19回 アニメ調査に参加しました! (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
2011/1-3月期終了アニメアンケート(第20回調査)