2018年01月10日

ピアノ川柳54

新年に入りまして早くも10日が経ち、
世の中は通常モードで動き始めたようです。
15日まではまだ小正月ということでありますので、

明けましておめでとうございます。🐕
本年もどうぞよろしく
お願い申し上げます。🐶


お休み中に読んだ記事で、

というのがありました。
東大生100人中約半数がピアノレッスン経験者とのことです。
そして習い事で2位‼️
これはピアノに関わっている者にとって、大変興味深いことだと思います。
詳しくは

新年も  多くを学ぶ  ピアノから
                                   調律仙人



kinoshitablog at 18:06|Permalink

2017年12月27日

ピアノ川柳53

今年も残すところ、あと4日となりました。
来年も宜しくお願い申し上げます。

今日は年内最後の修理をやりました。
アップライトピアノの中の機械、"アクション"と呼ばれる打弦機構の修理です。








この赤丸の部分、バットフレンジコードという部品が経年劣化によって破損しています。
この状態で弾いてるとどうなるか。
・音抜けによる連打(トリルなど)不能
・ノイズ発生の可能性大
・鍵盤タッチ不揃い
要するに非常に弾きにくいのです。
これではピアノの練習どころではありません。

ピアノの構造は、弾き手が求める音を忠実に出せるよう、非常に精密に設計されています。
言い換えれば、「ピアノが上手くなるには、完璧に調律・調整されたピアノで練習するのが最低条件」と言っても過言ではありません。


来る年も  ピアノ調律  忘れずに
                                    調律仙人














kinoshitablog at 21:57|Permalink調律 

2017年12月20日

弾かないピアノも調律が必要?

ピアノを弾かなくなると調律を
しなくなる方がいます。

ピアノを弾かなくても、温度や湿気の
変化により音はズレていきます。

音のズレが多くなると音階を正しく安定させる
ため調律が何回も必要となります。

また湿度の高い部屋にあるピアノは
鍵盤が戻らなくなったり、音が出なくなります。

調律の他に修理が必要になったりします。

定期的に調律をして良いコンディションで
気持ち良くピアノを弾きましょう。



kinoshitablog at 17:43|Permalink調律