2024年04月22日

新しいピアノなのに…

買ったばかりなのにすぐ狂うピアノ。
これ、不良品じゃないの⁈

いえいえ、これは普通のことです。
ピアノの新しい部品は、最も良い状態になる
ための調整に癖がついておらず、しかも木材の
パーツなどはピアノが設置されているお部屋の
環境により納品直後は大きく変化してしまいます。
その環境に順応しようとしていることによる
変化がピアノの狂いとなっていると言っても
良いでしょう。

以上のことから、ピアノ購入2年間くらいは
少なくとも半年毎の調律をお勧め致します。
その後はピアノの使用頻度や狂い方により、
期間を決めて頂ければと思います。(M.Y)













kinoshitablog at 18:24|Permalink 調律 

2024年04月11日

アップライトピアノとグランドピアノの違い


グランドピアノを常に弾かれている方にとって、
アップライトピアノで同じ表現を求めようとする
となかなか難しい、逆も然りであります。

アップライトピアノとグランドピアノの比較で、
*連打性能
 UP(アップライトピアノ)鍵盤は元の位置まで戻
 らないと発音できず、GP(グランドピアノ)鍵盤
 は戻り半分でも発音可能
 単音で 1秒間に最大GP14回、UP7回
*ダイナミックレンジ(音量幅)
 GP>UP
*UPソフトペダル
 音色変化無し
 タッチに変化あり
*GPシフトペダル
 音色変化無限
 タッチに変化無し

他、様々なグランドピアノの優位性が存在します。
このことから、発表会や演奏会の本番前には
是非とも会場に設置してある同じタイプの
ピアノで感触を掴んでおきたいものです。
勿論しっかり調整されたピアノであることは
言うまでもありません。(M.Y)




















kinoshitablog at 16:00|Permalink 調律 

2024年03月21日

体育館のピアノ

とある高校の体育館の舞台に設置してある
グランドピアノの調律。
ピアノの置き場所としての環境は良いとは
言えませんが、卒業式に使用する位と
いうことで、狂いはやや多めレベル程度でした。
激変する湿温、飛んでくるボールの衝撃等々、
にもかかわらずこの1年間20トンもの弦の張力に
耐えてきたことに畏敬の念を抱きながら調律
させて頂きました。(M.Y)
IMG_0681


















kinoshitablog at 17:14|Permalink 調律