kaguyasoudatusen
 今年もこの季節がやってまいりました!
昨年の7月にも開催され大盛況だった(参加者6名)テッカグヤHR争奪戦が今年も帰ってきました!!
http://blog.livedoor.jp/kinpokeblog/archives/20190706.html←去年のシールド戦についてはこちら


日時:7/19(日) 13:00〜18:00
定員:12人
会場:かしゃハウス&みりんハウス(予選を2会場に分かれて6名ずつで行います)


〈各々準備するもの〉
・強化拡張パック「伝説の鼓動」10パック(必ず1BOXの左右どちらかから10取り出したものを使用。バラ買い不可)
・スリーブ(40枚)
・ダメカン ・コイン 
・エネルギーカード(今回は草雷闘超鋼が各約20枚ずつ)
・ジムトレーナーの代わりになるカード
・マスク(必須)

デッキ枚数40枚、サイド4枚

予選6人総当たり戦×2グループ(各グループ上位2名が決勝トナメ進出)
試合時間25分内に決着がつかない場合はサイド取得枚数が多い方の勝利

Aグループ1位vsBグループ2位
Bグループ1位vsAグループ2位
で決勝トナメ(かしゃハウス予定)
決勝トナメは25分過ぎても勝敗が決定するまでやります。

トナメで決定した順位に加え、予選の戦績(勝敗数、取得サイド数)も加味して1〜12位まで決定します。

 また、感染症予防のため、1戦ごとに換気とアルコールによる手指の消毒を行います。

〈スケジュール〉
〜13:00  かしゃハウス集合
13:00〜14:00  グループ分け、開封、デッキ構築
14:00〜14:25 予選1戦目
14:25〜14:30 デッキ修正、対戦準備
14:30〜14:55 予選2戦目
14:55〜15:00 デッキ修正、対戦準備
15:00〜15:25 予選3戦目
15:25〜15:30 デッキ修正、対戦準備
15:30〜15:55 予選4戦目 
15:55〜16:00 デッキ修正、対戦準備
16:00〜16:25 予選5戦目
16:25〜17:00 予選集計、決勝トナメ準備

17:00〜17:25 決勝トナメ1戦目
17:25〜17:30 デッキ修正、対戦準備
17:30〜17:55 決勝トナメ2戦目

18:00 終わり!閉廷以上解散!!

〜焼肉でみんな優勝!
------------------------------------------------

〈景品〉
S__82305027
↑激闘を制した王者に贈呈されるテッカグヤGX(SM9b)HR (ポニ石のサインは)ないです。
 予選1位抜けの2名にはテッカグヤGX(SM9b)SRも
S__87998511

↑惜しくも予選2位抜けの2名にはテッカグヤGX(SM4+)SRが(ソリにソってますが現在教祖が乾燥材にて修復中です)

 他にも豪華景品(当社比)を多数用意するつもりです。

〈以下、今回のシールド戦参加者の簡単な紹介〉

・かしゃ(運営1)
kasya
 我らが教祖。昨年度林組シールド戦戦績6位(1-4)。きんポケ最多の大型大会出場数(3/4ドロップ)
 原付ローン未完済
 一言:テッカグヤGX(SM9b)HR奪還します。


・みりん(運営2)
mirin
 ポケカ大好きフリーター。去年ジャッジオーガナイザー資格を取ってイキってるらしい。昨年度林組シールド戦2位(3-2)
一言:オッスお願いしまーす。

・らいと
right
↑なんか写真小っちゃくて草 お慈悲~^
 ポッチャマ... 昨年度林組シールド戦4位(2-3) 
ミュウツーHR争奪戦予選抜けのミュウツーSR所持者

一言:馬鹿野郎お前俺は勝つぞお前

・クリムゾントマト
🍅
tomapi
 きんポケ関係ないのに「とある共通言語」に堪能という理由で呼ばれた招待選手枠。ポケカに対する情熱とストイックさは随一。
CL東京2020マスター完走77位
一言:ご縁があって招待していただきました。よろしくお願いします!

・たたみ
timeline_20200710_170848
 毎期50本近くのアニメを消化しながらptcgoの11勝も毎日欠かさずこなし続ける狂人。昨年度林組シールド戦5位(2-3)
一言:そうみぃねぇ...やっぱりみぃは王道を征く...優勝みぃ!

・Coil-sp
timeline_20200710_175133
 林組が誇る変態デッキビルダー。今大会注目のコイル。昨年度林組シールド戦優勝(5-0)
一言:連覇目指して頑張ります。

・すずぽけ
 iwata
 ミュウツー争奪戦優勝のミュウツーHR保持者。今大会もその手腕に注目です。
🍀 
一言:ポケカもシールド戦も初心者です!(白目)

・イヴ
nagata
 ポケカ久しぶりマン。今回のダークホースとなるのか。注目。
一言:1勝はできるように頑張ります。


・オスマン
osumann
 スマブラで磨いた†運命力†を今大会でも発揮できるか。はたまたウ 〇 チ - コ ン グ と化すのか。
一言:今弾から復帰した人に厳しい仕打ちがないことを祈ります。

・mi-mi
mimi
 ケンホロウでエネ剥がしてくるやべーやつ。伝説の鼓動にはケンホロウはいないけどエネ剥がせるドデカバシがいるぞ!!
一言:テスト勉強からはいったん目を背けて頑張ります!

・ひぐらし
timeline_20200710_181548
 きんポケ期待の新入生その1。この記事執筆段階ですでに伝説の鼓動シールド戦を何回かやっているモチベの高さが光る。
一言:トレーナーズクラブ曰く、本名は不適切です。

・ヌ王
timeline_20200710_182325
 きんポケ期待の新入生その2。ミュウツー争奪戦優勝の今大会ミュウツーHR保持者2人目。(今大会レベル高くない?) CL京都2019シニアTOP16 色々と凄い。
一言:ヌオーは使ったり使わなかったりするかもしれません。

†石川の強豪†べる †木曽の強豪†べる
S__88342530
 昨年度林組シールド戦3位(2-3)
 野々市ブクマをポニ石の魔の手から守り切った英雄も社会の闇には勝てず、長野県木曽町に幽閉中の為今大会涙の不参加...。本人は「ワンチャン行くは!wガハハ」と豪語しているが果たして...?


 以上、テッカグヤを求めて(テッカグヤを求めているとは言ってない)鎬を削る12(+1)名の紹介でした!


 去年に引き続き波乱の予感しかしないテッカグヤHR争奪戦。参加する選手はもちろん、優勝予想をするなど参加しない方々にも楽しんでいただければ幸いです。
 

お久しぶりです。きんポケサー長の「かしゃ」です。

 3月の #春から金大 タグのツイートから更新がなかったためサークルは崩壊したのではないか?となっていましたが、生きてます。この記事をもって生存報告とさせていただきます。


 さて、これまで毎週月曜日に大学構内で活動を行ってきましたが、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大によって、現在でも大学への登学が原則禁止になっており、現状サークルとしての活動ができなくなっています。
 しかし、国及び石川県による緊急事態宣言が解除となり、6/19からの第2クォーターでは大学での対面授業が一部再開することとなりました。


 そのことに伴い、大学からの通告として、3密回避など感染防止対策の徹底等の状況に応じて一部の活動を許可するとのことでした。そこで、活動再開を初週(6/22)は見送って様子見とし、2週目(6/29)から開始することとしました。座席の間隔をあけたり、マスクの着用を徹底したりと感染防止に努めた上での再開です。

 例年ではこの新歓時期は毎日活動を行っていましたが、今年は通常通り毎週月曜日の活動とします。

 今後、大学側からの連絡次第では予定が早まったり遅れたりする可能性もありますが、現時点での考えを述べさせていただきました。状況が変わりましたら、またTwitter、ブログでお知らせしたいと思います。




 何が一番言いたいかというと、
ポケモン好きの新入生の皆さん、お待ちしております!!!よろしくお願いします!!!!!!!在学生の方も大歓迎です!!


質問等ありましたら、いつでもこのアカウントまでリプライ、DMよろしくお願いします。






早くポケカがしたい。

ありがとうございました。 

皆さん、お久しブリムオン
キョダイブリムオン
あれっ、デジャブ・・・?(参照:http://blog.livedoor.jp/kinpokeblog/archives/20180522.html)
ち、違うんだ。現在ワイルドエリアで出現率が高くなっているキョダイマックスブリムオンのお知らせがしたかっただけなんだ・・・(盾の勇者限定ですが)

というわけで今回のブログは、リョウが私自身の目線での活動報告(その2)を致します。いつものように長文ですがご容赦くださいm(_ _)m

(前回担当から実に8ヶ月半も経ってると気付いて泡(威力40命中100)吹きました)





今年度最後のサークル活動かつ第4クォーター最終日という事で、20人弱くらいのメンバーが集まりました(幼稚園児なので手の指の数以上が数えられず、正確な数がわからない)。みなさん無事?に試験週間がオワオワリ、ほっと一息ついたところでしょうか。私が来た頃には実機の対戦やレイドバトル、ポケカで盛り上がっていました。
私はつい先日、なんとか卒論を提出することができ、多忙な日々から抜け出せたため、昨年末以来のサークルに参加できました。というわけで・・・
安西先生
多忙な日々の中でも、すき間時間を見つけてちまちま育成していた6匹でバトルに挑みました。
ガラル統一
コンセプトはズバリガラル統一。自分ルールで、完全新作の最初につくるパーティは、新規ポケモンのみ(○○のすがたを除く)で作ると決めており、特に構築とかは考えず『お前、強そうだな』と思った6匹を並べました(できればガラルヒヒダルマが使いたかった)。結果は・・・
圧倒的敗北
・・・全敗でした。完膚なきにまでやられました。メジャーなポケモンに有利になれるような6匹を用意したはずなのに、全然対策できていませんでした。鉄壁サダイジャに3タテされたり、カバルドンにペースを乱されたりと散々でした。
しかし、自慢のヨクバリスがガラルヒヒダルマの馬鹿力を耐えてジャイロボールで返り討ちにするなどのちょっとした見せ場も作れたので、ひとまずは満足しました。
ヨクバリス
何かとネタにされているヨクバリス君ですが、私は今作トップクラスで注目しているポケモンの1匹です。特性はほおぶくろであり、イアの実などの混乱実やオボンの実を持たせることで抜群の回復力を生み出すことができます。同じノーマルタイプでほおぶくろの特性をもつホルードと比較しても耐久力に優れ、まさにこの特性を存分に活かすためにやってきたポケモンと言って良いでしょう(デデンネ?そんなポケモンは知らんネ)
デデンネ
私のヨクバリスは素早さの低さも活用したいと思い、はらだ(なおき)いこ+ジャイロボールほおばる+ボディプレスイアの実という、まさに欲張り侍もびっくりな技構成で、対面したポケモンに応じて撃ち分けようと思っていました。・・・が、やはり『二兎追う者は一兎も得ず』どちらかに絞った方が良さそうな気がします。

時間の取れない中でスーパーボール級(10勝1敗くらい)という中途半端な成績も残したので、次は本業?のノーマル統一を組みたいですね。まけんき持ちのタチフサグマウォーグル、サイコフィールド持ちのイエッサンなどを上手く活躍させたいところです。





ほんへ。きんポケ1?のプリキュアファンを自負しているので、話題はもちろんプリキュアです。
えっ、先週もプリキュアネタがあったからお腹いっぱいだって?

???『・・・悪くないだろう

某芸人さんのお許しも得たのでこのまま進めていきます。



時を戻そう

皆さんは『スター☆トゥインクルプリキュア』をご覧になっていたでしょうか。先月、感動のクライマックスを迎えました。私はララが宇宙人であるとクラスメイトにバレてしまった回が特に印象に残っています。また最終回前の回で、プリキュアの力を失った5人が、五芒星を描き変身時の歌を歌いながら復活するシーンがすこすこのすこで、さらにAIの『忘れるはずがありません』や、ひかるララの別れのシーンは涙が溢れました。東映アニメーション様、ありがとう!

ひかララ

スタプリロスに浸るのも束の間、今月からは『ヒーリングっど♥プリキュア』が放送開始しました!
花寺のどか
可愛い!!!
沢泉ちゆ
美しい!!!
平光ひなた
あざとい!!!

うーん、今年の推しは誰になるか、非常に悩みますね・・・。現時点ではのどかちゃんかちゆちゃんですかね。あっ、別にひなたちゃんが好きじゃないというわけでは決してないですよ!

のどかちゃんは元々病弱だったけど、口癖のように『生きてるって感じ』な姿がス・テ・キすぎるし、そんな彼女をさりげなくサポートするちゆちゃんや、元気いっぱいのひなたちゃんとの関係性がどのように深まってくのか今からとても楽しみです。

もし見逃した方は、YouTubeのプリキュア公式チャンネルで現在2話まで期間限定配信中なので、早速見に行きましょう!(のどかちゃん役はイーブイの声でおなじみの悠木碧さんなので、ポケ勢の皆さんにも今作はオススメ!)





さて、冒頭でもちょろっと話しましたが、卒論がちゃんと受理されれば晴れて卒業という形になります。つまり、私にとってのサークル活動もブログ更新も今回が最後でした。(もし来期もブログ更新していたらお察しください)

4年前、ハルカちゃんのきんポケ勧誘ポスターを見つけたのが全ての始まりでした。いままでポケモンはオンライン等一人で遊んでおり、陰の世界を過ごしてきた自分にとってきんポケは全く新しい世界でした。一番の思い出は、サークル内大会の進化前限定ルールで優勝できたことですかね。充実したサークル活動ができたのも、サークル員の皆さんに恵まれたからだと思っています。この場を借りて感謝申し上げます。ありがとう!



石川では先月末にようやく雪が降り積もり、北陸の冬らしくなってきました。と同時にインフルエンザや花粉症の足音も聞こえ始めています。どうか体調管理には気をつけて、これからも素晴らしいポケモンライフを過ごしましょう!



それでは皆さん、お大事に。
お大事に
そして、ごきげんよう!
ごきげんよう




















P.S. 先週のブログの『プリキュアは大人が見るアニメだ』という表現はやや語弊があり『幼女先輩が見るアニメを大人の我々が傍らで見させてもらう』が正しい表現だと思っています(個人的意見)。

↑このページのトップヘ