思っていたよりも大変でした
登るのは山なので当たり前ですが、ルートが途中から曖昧で
こっち?あっち?と探すのに時間がかかりました
下りはハッキリと見えるのですが、下からだと分かりにくいのです。

DSC_1450
出発地点ではこのように案内がありました。

DSC_1451
なので、最初は綺麗〜と余裕あり

DSC_1455
どらごんずもるんるん

DSC_1456


DSC_1458


DSC_1460
龍之介は落ち葉にくんくん・・

DSC_1465
「カサカサは大好きですのだ」by龍

DSC_1466


DSC_1470


DSC_1472


DSC_1474
木々の隙間から見える景色も良いです

DSC_1478


BlogPaint


DSC_1482
この後落ち葉でルートが見えずうろうろしたよ
とにかく登りだから上よね

DSC_1484
で、無事こちらへ出ました

DSC_1486


DSC_1488


DSC_1489
延々登り〜

DSC_1491


DSC_1493
標識がありました。
片道たったの2.2キロらしいですが・・・登りはやっぱりキツイ〜

DSC_1495
綺麗な紅葉に救われながら進みます。

DSC_1497


DSC_1498


DSC_1499


DSC_1502


DSC_1507


DSC_1511
本当に綺麗なので、歩くなら秋よね
疲れが和みます。
離山に行きたいと思った当初はスノーシュー目的でしたが
こうして登ってみると、雪の季節は迷って遭難しそうです

DSC_1512


DSC_1513


DSC_1514
あと450Mというところで・・・

DSC_1516
木道になりました。

DSC_1521
片側は急斜面になっているので慎重になります。
龍之介は外側ばっかり歩くから〜

BlogPaint2
わんこにはちょっとあるきにくかったかも・・・。
頑張って歩いたね

DSC_1525


DSC_1529
「疲れますのだ」by龍
「ちょっぴり怖いじょ〜」by辰

DSC_1534
歩くと暑いのでお水も沢山必要でした。
500のペットボトル2本しか持っていなかったので、往路だけで1本半飲んでしまい
焦りました
甘く見てはいけませんね

DSC_1538
それにしても、この木道を設置した人凄い

DSC_1539


DSC_1542
450Mの木道・・・でも、もっと長く感じましたよ

DSC_1543
つづく・・・




kintakun__160log.with2.net