December 31, 2010

2010年総括らしきもの

さぁ半年ぶりくらいにPC前に座ってブログでも書こうかな。
実は毎年年末に書いてるしね。

さぁ本当に今年も激動の1年でした。
毎年おんなじこと言ってるけど、本当に一年一年が濃い。
色んなことがあったなー。

やっぱり切り口は、仕事・プライベート・音楽でしょうか。
まず今年を振り返った上で、来年をどうしようか考えて見ようかと思う。

【お仕事】
今年は本当にたくさん仕事をした。

その中でずっと気になってたことは、「成長を感じられない」ってこと。
去年このチームにきてプロモーションっていう領域に初めて入って
そこで感じること学べることはすべて新鮮ですごく成長したなーっていう
実感が自分の中ですごくあったんやけど、今年はそれをあまり感じなかった。

一緒に仕事してる汐留の同期ばかりほめられたりしてて、
自分の成長はもう止まってしまったんじゃないかとか、
もしかしたら今の自分は仕事に真剣に取り組んでないんじゃないかとか、
とにかくマイナス方向ばかり考える日々が続いていた。

そんな中、10月下旬からそんなことを考える暇さえない日々が訪れた。

いきなり週40時間残業っていう鬼スケジュールに加えて
新しいブランド担当をメインでやらせてもらえることになった。

よく考えてみると去年も同じようなスケジュールだった。
ただ、去年よりできる仕事・進め方がまったく異なっていて、
やっとこさ去年より成長した自分を感じることができた。

自分でもそれなりに満足できる仕事がある程度できるようになってきたし、
(もちろん不甲斐ない自分に悔し涙を流す日もまだまだありますが、負けず嫌いだし)
忙しい日々の中にも充実感を感じることができたのは非常に良かったと思う。

何より嬉しかったのは、最終日に同期が言ってくれた言葉。

「けんたんとこの部長が、お前のことべた褒めしてたよ。」って。

本当にこの言葉にすべて救われた気がしたよ。

(ちなみに…)
この同期たちには本当に今年救われた。
とあるプロジェクトの仕切りでリーダーの俺があまりうまくいかなかったとき、
「リーダーはお前で、ちゃんと前を見て戦っている。だから、俺はお前の背中についてくよ。
 お前だけを見てるから、誰もお前には文句言わない。お前の言葉を信用して前に進むよ。」
と言ってくれて仕事中にデスクで号泣したことがあった。
本当に大好きな同期たちよ、ありがとう。感謝の念が絶えません。

今のプロモーションプランニング・プロデュースってお仕事は本当に難しいと思っている。

でも、難しいからってそれで終わらせてしまえばそれまでで、
そこからどう壁に立ち向かっていけるかどうかがこの部での永遠のテーマ。

やるべきことは2つ。

来年はもっともっと前を向いてクライアントに向き合っていくことが求められる。
自分に足りないことは「クライアント・社内ともにもう一歩踏むこむ」こと。
もう4年目なんやから、もう一段階上のコミュニケーションを目指すこと。
間違いなくそのコミュニケーションは仕事を円滑にする。

どこかで遠慮しちゃうんですよね、この一歩で入っていいのかなって。
もちろん入っていくのがすべてじゃないけど、一歩前で止まっている
今の自分はどうも安全圏を越えていない気がする。

来年はその壁を飛び越えてみたい。

もう1つは、自分という人間が関わることでの付加価値を明確化すること。
この領域は、誰が関わるかによってプロモーションのアウトプットが全然違う。
プロモーション担当が社内で完全指名制になって、フィー化するという話もある。

そうなったときに、私が関わることによって生まれるプロモーションは
どういった付加価値があるかということが非常に重要になってくる。

心を動かすプロモーションが得意だったり、ふざけたプロモーションが得意だったり、
俺が一緒に仕事している先輩たちを見ているとみんな得意分野が違うのです。

私がここ2年半で学んだことに一つに
「仕事は私一人いなくても勝手に回ってしまう」ということがある。
だからこそ私が間に入ることによって生まれる付加価値を生み出さないといけない。

一人前のプロモーションプランナー・プロデューサーになるには程遠いけど、
少しでもそのステップを踏めるように現在の作業一つ一つおろそかにすることなく、
自分の考えを大事にして毎日の仕事に取り組んでいきたい。

以上の2つ、これを来年の大きなテーマとして今以上に積極的に仕事に取り組んでいきたい。

何も考えない仕事だなんてやっててもおもしろくないし、何よりもったいない。
自分が選んだおもしろい仕事なんやから、もっともっと自分でおもしろくしていかないと。
根底にある「仕事を楽しむ」という感覚を忘れませんように。

広告の仕事はドラマの連続だと、私は今でも信じ続けている。

【プライベート】
リア充とよく言われる私ですが、後半は本当に仕事詰めでまったくプライベートどころではなかった。

とはいえ、一番の出来事は二人暮らしを始めたこと。
まだ一週間くらいですが。

これからはすべてが一人だけの問題じゃない。
まだまだ未熟ですが、暖かく見守っていただますと幸いです。

ま、家の話はこのへんで、
実は趣味のクラブィングとワインがまったく充実してなかったんですね今年は。
非常に残念。

年始は毎週行ってたクラブも今年はあんまり行けず…。
(今年行ったイベントは大体日記書いてるので過去の投稿をぜひ)

ワインも月1飲むか飲まないか…。

うーん、本当に仕事詰めで残念な一年だった。

でも、twitterを通じてたーくさんの友達ができました。
ここでできた友達は来年以降も大事にしていきい人ばっかり。
みんな大好きです。

さぁ、来年やりたいことたちはやっぱりこの3つ!

・ワイン
今年はイタリアワインを攻める…!なんて言っときながら
結局飲んだのはフランスの左岸ばっかり。

来年はもっと第3国を攻めていきたい。

・クラブ
最近家CDJばっかり。
来年は今まであまり攻めなかった分野もせめていきたい。

でもベースはエバーラスト・タクテリック・ハウスビートこの三本柱。
ここにエレクトロを加えながら、ずっと行きたかったビッグビーチフェスティバルにぜひ今年ことは…!

・テニス
毎年行ってますが、今年こそがっつりやりたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、こんなかんじでまとめてみたけど、やっぱり自分の生活は仕事が中心。
みんなが毎日飲んでるツイート見てると超うらやましかったりもするけど、
仕事をやってて得れるものもたくさんあると思っている。
てか、この時期にがむしゃらに仕事せずに何時やるんだと学生時代から思っていた私にとって
格好の環境だとやっぱり思ってしまう。

この時期のすごし方が、30歳の自分を形成する

ただコミュニケーション能力を高めるだけではなく、
自分のいる広告という領域への深い専門性も高めていきたい。
ただのうわべだけの知識でコミュニケーションデザインを語るような
ぺらっぺらの若手には絶対になりたくない。

幸いにも私はプロモーション領域(とりわけセールスプロモーション)の最先端にいるのは事実で、
環境に慢心することなく、常に自分の向上に努めていきたいとやはり思う。

やっぱり仕事が好きなんだと思う。
これに気づけたことが今年一番の成果なのかも。

なりたい自分に近づくために最大限の努力を。

2011年もうえやまをよろしくお願いします。

(音楽領域は後に別投稿にします)

kintaro0224 at 00:20│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔