2015年03月25日

春らしく ヤブカンゾウ

茹でて、酢味噌和え、お浸しは自然の春そのものの味。
炒めて、パスタもよし。
でも、きんととはヤブカンゾウを取りながら、
泥を払ってそのままいただくのが好きです。
このフレッシュ感はなんともいえません。贅沢です。
山菜の中でこんなに苦味のないものはないのでは・・・?
根元の白い部分は、プキプキと歯ごたえ良く甘み抜群。
こんな春のおいしいお恵みをいただかないなんて、
もったいないです。
DSCN3198

kintoto_nikki at 10:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

春らしく ヤブカンゾウ

DSCN3217
湯がしたヤブカンゾウを新わかめと吸い物に。
鮮やかな緑色に自然と顔がほころぶ。春、感じます。

kintoto_nikki at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月24日

ピンク色の木蓮

ピンクの木蓮ももうすぐ満開。
しかし、この寒さにはちょっと驚きです。
そして強風も。
せっかくのこのときなのに・・・。ちょっと風〜!静かにしててよねぇ。
もう少しすると、暖かい日がくるって。
そしたら、ピンクの木蓮の木の下は一面やさしさ色に染まる。
そこに立っている人間も優しい気持ちになって。
春です。
DSCN3293

kintoto_nikki at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

木蓮

雨がチョコチョコ降り出し手からの開花となり、今年の木蓮の白色は即座に茶色が入り混じりとなりました。
残念です。
DSCN3292

kintoto_nikki at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

木蓮

DSCN3286

木蓮の純白は、ず〜っと見てると花の中にもぐりこめたらもぐりこんで自分の心を洗い流したい気分になります。

kintoto_nikki at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月18日

なんとなく黄色いご飯、食べたくて。

昼間、黄色い蝶々を飛んでいるのを見たせい?
なんだか黄色いご飯が食べたくなった。

昨年のドライサフランがまだ少しあったような・・・。
本当に自然のお恵みは、ありがたい。
炊飯器にポンと一つまみ入れ込めば、程よい色合いの黄色いご飯が炊ける。
サフランだから、ちょっと薬草のような香りを感じるけど、
カレーと一緒がいいね。
今回のカレーは、お茶入り、納豆入り、甘夏ピール入り。
これが、またいいお味で。ウフ。

DSCN3175

kintoto_nikki at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

心くすぐられるチョコレート


DSCN3167

ホワイトデーにいただいた。可愛い可愛いチョコレート。
セゾンドセツコ。
セツコさんという方が作られているかと思いきや、
メリーチョコレートカムパニーの社長の想いがたっぷり詰まった「「趣々あつめ」のチョコレート。
四季折々の美・味・香を世界にお届けするのだそうです。

「きれい、可愛い、いいにおい」を大切に宝箱に詰め込んでた小さいころを思い出す。





kintoto_nikki at 16:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月15日

食べないと終わっちゃう。

DSCN3157
つくしが出つくす前に、季節をいただかないと!
まずは天ぷらで!

胞子がはじけていないものを摘んで、袴を取って、洗って食べやすい長さにぽきぽき折って、
天ぷらに。
次回は、ゆでて卵とじ。そして佃煮。
ここまでいただけば今年のつくしはよし!

そして次の春をいただくとすれば、そろそろヤブカンゾウの芽が伸びてくるころ。
春の楽しみは次から次へと忙しく、野草が身体中を楽しませてくれる。


kintoto_nikki at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

3月11日雪

3月は雪が舞うんです。ジジのお誕生日は7日。毎年この辺で白いものが舞うんです。
3月だ、3月だ、春だ、春だと言ってると、ど〜んと寒さが来るんです。
今年はまた、ちょこし積もりました。
にょっきにょっきと春を感じて出てきたつくし、かわいそう。DSCN3122

kintoto_nikki at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月09日

春の風大根干し作業終了

DSCN3116


春の風が吹いてきました。
昨日の風と光と青空はすっかり春。
梅の花が一気に開花です。

大根干しの作業も終了です。
やはり1月2月の風の威力は見事なもので、
干しあがりは1年保存可能なくらいにカチコチです。

そして畑に残した大根は、これからまだまだ働いていただくのです。
きんととは抜き捨てはしない!!
今までは地下の白い部分が活躍したけど、
これからは地上の緑が勝負よ!おいしいつぼみがいただける。
アブラナ科だから、つぼみに潜む免疫力アップの効果を取り込んで毎日元気!でいたいね。









kintoto_nikki at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)