清寥々白的々

外の気温が高くなると家の中に居るのが寒く感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか〜。

今日は、油絵の教授御夫婦が我が家へお茶に来る予定になっていました。
最初は手作りのケーキとコーヒーの予定だったけれども、それだけじゃちょっとテーブルが寂しいし、中高年の集まりに甘いモノだけじゃね〜と思い、たまたま”もやし”があったので春巻きを作ろう!と考え付いた訳です。

しかし、肝心の春巻きの皮がなく・・・その為だけに買い物へ行く気にもなれず・・・
そうなると”作るしかないよね”と・・・作った事ないけど・・・(゚∀゚)アヒャヒャ。

途上国暮らしが長くなると”無くて当たり前、作るのが当たり前”って感じで、イメージが湧けばお料理は結構手作りできる!と思っているので、ネットで検索しつつ適当に作ってみたんです。日本で市販されている春巻きの皮は一度加熱されてるモノだけど、そこまではやっていられないので餃子の皮の延長線上のような感じをチョイス。

が、イメージと現実にはいくらかのギャップは必ず存在する訳で・・・生の春巻き皮が実に柔らかい事に気づく。市販のように薄くすると、直ぐに破けて中身が出てくるΣ( ̄ロ ̄|||)

一個作って、こりゃだめだ!と、いかりや長介になり、少々思案し巾着型に変更。
歯ごたえは若干変わるけど、味は変わらないし・・・。

ということで、春巻きじゃなくて春巾着と洋ナシのタルトを手作りしました〜。正確には手作りする事が出来ましたって感じです。水餃子の皮は手作りの方が断然美味しいし、春巻きの皮もやろうと思えば手作り可能ですが、次回からは市販のモノを使いたいと思います(キッパリ)。



と、長い前振りでしたが本日、初めて知る言葉に出合ったので( ..)φメモメモ

何と言うか、美しい響きです。
漢字というのは見ただけでイメージが掴めるという優れもの。
これは英語をはじめとする西洋の言語には無い特性。
漢字を見てそのイメージが湧く感性を持ち合わせる日本人で良かったな〜と思う瞬間です。

ひかたま(光の魂たち)から
☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚   ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆   ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

清寥々白的々
(せいりょうりょう はくてきてき)


という言葉があります。


「清寥々」は、
清らかにして静まりかえっているという意味。

「白的々(はくてきてき)」はで、
限りなく白いという意味。


どんなに荒れた嵐でも
どんなに激しい感情の波でも
いずれは
静寂の中に鎮まります。

どんなに汚れていても
どんなに粗雑なものでも
いずれは
清らかに滑らかになっていきます。


私たちは、長い輪廻転生を通して
さまざまな出来事を体験する中で
喜怒哀楽を無数に経験していきます。

こうした体験を繰り返していく中で、
やがて
感情の起伏を越えたある境地を感じ始めます。

それは
さまざまなつらい体験を通して
ようやく垣間見れる境地です。

無常の世界を超えて
どこまでも清らかで
限りなく光輝く体験。


この世界が
夢のようなものと理解したときに
突然
世界全体が変わります。

この世界で起きていることへの過剰な愛着や執着、憎悪は消え、
限りなく大きな慈悲のエネルギーに包まれ、
強い高揚感を感じることでしょう。


私たちは
たくさんの感情の波を経験することによって
いつか光を見出し
その境地に導かれていくのだと思います。



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚    ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆    ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

感情の波があっても良いんですよね。
そこで学び、自分の中で昇華してけば良いんですよね。
食べ物の消化は得意ですけど、感情の起伏を昇華していく術を見つけたいものです。
woods

ま、ボチボチと・・・トライあるのみ。


実はエクセーヌ

お元気ですか?

こちらは日々20度越えのお天気で過ごしやすくなりました。

お引越しからかなり日が経ちましたが、毎日まったりと過ごしています。

まったりの原因はこのソファ。
1

前の家では、二人掛けの小さいソファしかなくて・・・くたびれてるのは今のソファも同じなんですけど座り心地が悪かった。

で、今はこのソファに足を投げ出して外を見てるだけで「贅沢だな〜」と感じている訳です。
3


窓から見えるのは、この緑、緑、緑。
4


贅沢ですよね。

田舎に行けば日本でもバングラでも可能ですけど、ここ住宅街ですから・・・。
上の写真も道路から向うはお向かいの庭です。

お向かいの家々の庭も本当に広くて。。。日本であれば、あと2〜3軒の家は建てられるような庭が芝生なんですよね。さすがアメリカ、土地が余ってる国は違うわ!って感じです。
とはいえ、ここら辺一体がちょっと高級エリアらしいのですが。。一本向うの道路は”ウエルシィーストリート(豊かな通り)”なんて通りの名前からして恥じらいもない「どうだ=!」感、満載のエリアもありますし。。。そのウエルシィーストリートから少々奥に入るとヘンリーフォード元大統領の生家もありますし。

何処の国に行っても、豊かな人達の住んでいる場所は緑が多くて治安が良い感じがします。

ま、人様の財産の事はどうでも良いのですが、日々草木と供に暮らすというのは私の憧れです。いっそ山奥で隠遁生活でもしようか?と・・・その割には虫が苦手なので実現は無理でしょうけど。

ただ心がけたいのが、なるべく自然の近くに居たいと思うわけです。
それが期間限定で実現してる訳で・・・窓からぼ〜っと外を眺めたり、家の周りをウロウロしたり、芝生に座ってアーシングをしたり・・・を満喫させてもらってます。
2



この付近では、リスはゴミを荒らす害獣に近いですが、それでも見た目は可愛いしい、サクランボの種と木のそばに撒いたら、真っ二つに割って食べてました。
5

鹿もでれば、カラフルな鳥も来る。

太陽の光と、沢山の緑と、鳥のさえずりに癒される毎日。

ありがたいな〜と感じてます。

ま、実際は色々と問題が起こる訳ですが、ボ〜っと過ごせる時間でバランスを取ってる感じでしょうか。

あ、前回のブログで”私の人生の中で初めてのスエードソファ”と喜んでいましたが、先日お揃いのクッションで一つだけ品質表示が残っていまして、何気なく見たら「ポリエステル繊維 100%」と書かれておりました(゚∇゚ ;)エッ!?

そう、それはスエードを模したエクセーヌ100%のソファだったのでした。
私の喜びはどこへ・・・って感じです。
6

ま、座り心地は良いんですけど・・・。





引っ越し完了

今週の火曜日は今年初の気温30度超え。
あっつ〜って感じの日でしたが、そんな中お引越しが完了しました。

アメリカ滞在も残すところ後2か月ってな時の5月初旬に、いきなりの住居移動勧告で「(;゚Д゚)えぇぇ〜」って感じでした。

別に落ち込む事でもないんですけど、その前から色々な問題(基本的にフダ夫の問題なのだが)が起こりはじめた中、テンパリ度MAXのフダ夫が「心臓が痛い!」とか言い始めたりなんだり・・・。

なんというか、第三者的に見るとフダ夫が、ある事ない事を考えすぎて緊張やら不安やらを一人であおって具合が悪くなっただけに見えるんですけど、フダ夫の性格として自分の問題に周りを巻き込むのが得意なので、私のみならず、お向かいさんだったり、良くしてくれた学内にある診療所の看護師だったり、親戚だったり・・・色々な方々に自分の問題を広げていく訳です。そして、広げた分だけ更なる情報や指摘が入ってくる訳で、それに対して自分の不安が更に増大するという悪循環に嵌っていたのでした。

人間て落ち着いて現状を見ると何も問題がないのに、昨日はああだった、明日はこうなるかもしれないと”今”以外の事を考え始めると、どんどん不安になりそれが体に障害として如実に現れる・・・という強烈な例の間近にいるせいか、私もどうしようもない落ち込みに嵌ってしまいました。

引っ越しごときで落ち込んでられないんですけど、同じキャンパス内とはいえ、せっかくご近所付き合いも出来るようになった場所から離れるのはナカナカ心細くなる部分もあり、更に荷造りで食材のみならず食器から寝具までという本格的な移動を考えると、なんか心身に重しを乗せられたように感情も体も動かなくなってしまってました。

引っ越し恐怖症・・・というのもあるのかもしれないですけどね。
私達は2012年からバングラ→ドイツ→バングラ→日本→バングラ→アメリカと毎年のように国またぎで移動してるので、なんかもう・・・ほとほと(。´-д-)疲れた。。バングラの住宅が持ち家でスーツケースだけの移動だったらまだ良いんですけどね〜現実は家具も何も売り払って感じですし。

あ、なんかすごく愚痴っぽくなってしまいました。

現在はお蔭さまで引っ越し前の落ち込みが嘘のように回復してきております。
それもこれも、新居の日当たりが良いので家の中が暖かい!引っ越し当日の新居の2階はフダ夫でさえ”暑い”と言いだし窓を開けたまま寝たのですが、それでも暑かったほどです。

前の家は林に囲まれていたので冬の間は良かったんですけど、春が来て木に葉が生い茂ると陽が入らなくなって寒かったんですね。

あ〜太陽の光って大切です。

さて我が新居をご紹介!またもや古い家ですけど通常は女子学生寮になってます。夏休み期間中なので学生は指定の寮に移動します。
Home1

普通の住宅を大学に寄付したようなので家の中の作りは4LDKです。で、ここがリビング。
くたびれてるけどスエードのソファがあり、ちょっと気に行ってます。ヴィーガンの人達には卒倒モンでしょうけど私の生活の中で初めてのスエードソファ。チョー馴染みむし暖かいです。
Home3

こちらはダイニング、窓が大きく採光度高しです。
Home4


こちらはキッチン。かなり動線の悪い作りで非常に作業効率が悪いです。
昔ながらのアメリカンキッチンって感じですけどね・・・換気扇も動かず。
アメリカの女子学生は料理をしないので問題はないでしょが、煙の行き場もなく火災報知器をまた鳴らしたどうしようとビクビクしながら料理してます。
Home5

前の家よりは普通の家っぽいので心地よく過ごせそうです。

外は本当に芝生が広くて緑が一杯。ここで今日からアーシング。
Home2

あ、ちなみに先週の落ち込みを助けてくれたのは、アーシングのお蔭です。
毎日30分、土や芝生の上で裸足になり地球と繋がる・・・電気製品のアースと同じで体内に滞ってる電流を放流するだけで身体の痛みが軽減すると言われてる療法です。

左の踵がず〜っと痛いので何とかならないかな?と思って始めたのですが、踵より精神面に効果が早くでたようです。どんな方法であれ自然と繋がる事は人間の体に必要なのだな〜と実感する今日この頃です。

さて、残り2か月どうやって充実させようか・・・

今夜の予想気温は5度。窓を閉めて寝る事にしよう。
livedoor プロフィール
いつでも里親募集中
最新コメント
記事検索
楽天市場
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ