みなさんこんにちは。
植物園はまださみしい状況ですが、少しずつ緑も増えてきました。

現在の状況についてお知らせいたします。


スズラン
つぼみが見えてきました。
このスズランを植え付けたのは8年前で、
その頃は土壌環境もひどいもの(ほぼ真砂土のみ)でした。
バーク堆肥のマルチはここ数年施しているものの、よく育っているなあ、と思います。
DSCN6407

DSCN6408

DSCN6409


ウメ
着果数はとても少ないです。
接ぎ木した枝が順調に生育すれば改善されていくと思います
DSCN6410

DSCN6411


モモ
開花しています。
摘蕾により花数は少ないですが、サクラよりずっと大きな花を咲かせます
DSCN6412

DSCN6446

DSCN6414


アミガサユリ
となりの植物のためのネットにからみついています。
それなりに茎はしっかりしていて、少々の風で倒伏することはないのですが、
実った種子の重さに耐え、少しでも遠くに種子を飛ばすためには、
直立した姿勢の維持が有利に働くのでしょう
DSCN6415

DSCN6418


アメリカハッカクレン
この植物の地下茎に含まれるポドフィロトキシンという成分を原料に
エトポシドという成分が合成され、抗がん剤として使われるようになりました。
なお、Podophyllum属の他種にも同じ成分が含まれるそうです。
山草として扱われる植物で、土が悪いからでしょう、鉢植えに比べると生育は
あまりよくありません
DSCN6421

DSCN6422


ナルコユリ
こちらも土が悪いため(日照の影響も含まれる可能性あり)、
生育がよくありません。新しい芽が細いです。
アメリカハッカクレンもそうですが、鉢植えだと容易に成長するのに
地植えでこうも成績が悪ければ、鉢植え展示とせざるを得なくなります。
(いずれも根はまったく腐らないものの、病害ないしは虫害を
受けたようになっています。センチュウも影響しているのでしょうか?)
DSCN6423

DSCN6424


アケビ
ミツバアケビに引き続き開花し始めました
DSCN6427

DSCN6429


ウイキョウ
秋に植えたものが枯死し、最近直まきしてみましたが、
ほとんどが枯れてしまいました。立ち枯れを起こしています。
信じられないひどさです
DSCN6430

DSCN6431


アマ
開花し始めました
DSCN6432

DSCN6433


アンズ
小さな実がたくさんついています。
それにしても花芽ばっかりで葉芽が非常に少なく、
しかも先端部以外の多くは短枝を形成、翌年は花芽のみとなりますので、
樹形も乱れがちです
DSCN6434

DSCN6435

DSCN6436


ウマノアシガタ
DSCN6438

DSCN6439


ブルーベリー
DSCN6440

DSCN6441


イブキジャコウソウ
開花し始めました
DSCN6442

DSCN6443


ダマスクローズ
つぼみが見えてきました
DSCN6444

DSCN6445