みなさんこんにちは。
現在の状況についてお知らせいたします。


キンリョウヘン
ミツバチランの別名もあるシンビジウムの野生種です。
キンリョウヘンの花はニホンミツバチを誘引する物質を
出しており、それによって働きバチだけでなく、
オバチや女王バチ、分蜂群までも引き寄せるそうです。
ミツバチの活動期に合わせて花を咲かせれば分蜂群を捕獲、
新たな巣箱にて養蜂を行うことができるそうです
DSCN6545

DSCN6546

DSCN6547


セネガ
国内で生産されるヒロハセネガの基本種です。
当然ですが、ヒロハセネガより葉は細くなっています。
タネをまいて7年ちょっとですが、昨年もタネはできませんでした。
虫媒花(ハチやアリなど?)らしいですが、花にきてくれる虫は
いないようです。アリでも集めてくればよいのでしょうか?
DSCN6548

DSCN6549


チャイブ
DSCN6550



ジギタリス
DSCN6551

DSCN6552



カノコソウ
満開となっています。チョウにとても人気があるようです。
根がいくつかの市販薬に使われています
DSCN6554

DSCN6553

DSCN6555



ホソバクサボタン
生きていたようです。
しかし、発芽がここまで遅れ、根は傷んでいるかもしれません。
今後は入手が難しそうですので、
(予備株の)株分けや挿し木での増殖を行っていきます
DSCN6556

DSCN6557



ジエビネ
DSCN6558

DSCN6559



アケビ
果実が肥大し始めています。
着果の少ない結果が続き、
しぶしぶ始めた受粉作業の効果があったようです。
当園のミツバアケビ株の咲き終わりの時期にアケビ株が咲き始めるので、
人工授粉できる期間はとても短いようです
DSCN6562

DSCN6563



コンニャク
花は1つだけ。新しい場所はちょっと日照不足なのでその影響だと
思われます。残念ながら不快なにおいでハエが引き寄せられていました
DSCN6564

DSCN6565

DSCN6566



サンザシ
DSCN6567

DSCN6568



ダマスクローズ
樹形は乱れておりますが開花し始めました
DSCN6569

DSCN6571

DSCN6570



シュンギク
やや昭和感のある花です。
シュンギクは固定種が多いようですので、それならば採種して
秋にまくことができます(F1もあるようです)
DSCN6572

DSCN6574

DSCN6573



ソバ
つぼみが見えています。
雨が降って、十分な水分が供給されるとあっという間に大きくなります
DSCN6575

DSCN6576


クワ
こんもりと繁っています。
確認したいことがあって、枝を残していましたが、
少し整理した方がよさそうです。
なお、根皮を生薬としますが、たまたま一部の根が露出しています
DSCN6577

DSCN6579

DSCN6578


アンズ
摘果を行いました。
果実は発病し始めているようです
DSCN6581

DSCN6582


チョウジソウ
DSCN6583

DSCN6584


シャクヤク
開花し始めました
DSCN6585

DSCN6586



ボタン
こちらは終了となっています
DSCN6587

DSCN6588


稲田桃
果実がはっきりとわかるようになってきました。
手の届く範囲のみ枝の垂れ下がりを防ぐために摘果します
DSCN6589

DSCN6590


ノイバラ
DSCN6592

DSCN6591