みなさんこんにちは。
現在の状況についてお知らせいたします。


ダイダイ
たくさんの実がついています。
摘果は来週に行います。
最終的には一般に着果させるより少ない果実数とします
DSCN6831

DSCN6832


ブドウ
今年こそはきちんと管理しようと思いましたが、
手つかずとなってしまいました。
きめ細かな管理が必要そうなので、来年こそは、、
DSCN6833


ハンゲショウ
葉が白くなり始めました
DSCN6834

DSCN6835


ドクゼリモドキ
アンミ ウィスナガとともに開花しています。
果実(種子)を生薬として利用しますが、
古くから白斑治療に有効なことが知られていました。
この生薬(アンミ実)から有効成分を特定したことによって
新たな製剤(メトキサレン製剤)がつくられ、
現在も白斑などの治療に使われています
DSCN6836

DSCN6838

DSCN6837


コガネバナ
開花し始めました。
根が黄色なのでコガネバナ。
使用量の多い重要生薬の一つです
DSCN6839

DSCN6840

DSCN6841



クララ
ハチの仲間に人気です
DSCN6845

DSCN6842



ハマボウフウ
肥満の方によい、との謳い文句で販売されることも多い防風通聖散
に配剤されています。
病害等による枯死を避けることを第一として、用土は鹿沼土単用と
しており、小さな株となっています。
DSCN6846

DSCN6847



ムラサキ
花は純白。本当は木陰に植えるくらいがよいのでしょう。
根が紫色であることからこの植物名です。
やけど治療に用いる紫雲膏に配剤
DSCN6848

DSCN6849

DSCN6850



ホソバクサボタン
DSCN6851

DSCN6852



アケビ
摘果しました。
アケビとミツバアケビではずいぶんと形が違うようです。
生薬としてはつるを利用します
DSCN6853

DSCN6855

DSCN6854

DSCN6856


ホップ
目立たない場所で毬花ができています。
手毬のような見た目なので「まりばな」または「きゅうか」と言うそうです
DSCN6857


ヒカゲノツルニンジン
根を利用し強壮効果のあることが知られています。
つぼみが見られますが、日陰がやや強すぎるようです。
寒冷地の植物です
DSCN6859

DSCN6861

DSCN6860


アンズ
急激に色づき始めました
DSCN6865

DSCN6877

DSCN6863

DSCN6864


ナツメ
地味で目立たない花が咲いています。
果実を生薬として利用しますが、栄養価が高いこともあってか
中国では食品としての利用も多いそうです
DSCN6866

DSCN6867



ソバ
熟してきました。ハトに狙われそうです。
かつては仕事で北海道の各地を巡りましたが、
幌加内町のソバ畑は一見の価値があります。
DSCN6868

DSCN6869

DSCN6870


セイヨウノコギリソウ
自然保護に関心のある方からは嫌われ者。
ハーブティなどにも使われます
DSCN6871

DSCN6872

DSCN6873


セイヨウカノコソウ
カノコソウより開花期は長いです
DSCN6874

DSCN6875

DSCN6876


ダイコン
種子ができています。
これは固定種だったと思いますので、採種して秋にまきたいと思います
DSCN6878

DSCN6879

DSCN6880


アーティチョーク
弱っているだけあってか、1本枯れてしまいました
DSCN6881