22200〜22300 引けに失速ヨリ値付近22000回復まで 下げ幅縮小も引けはじんわり安い

2018年07月11日

トランプリスクで−400超まで 

前場 
5563 新日本電工 307S−307
5480 ヤキン 307S−305
8698 まねっくす 594S−594
計0.8

日経はトランプ発言で追加関税の話を嫌気し、約200円GD。22000を割ってからゴタゴタ22044まで。ソコから下げのターンに。22000を割りジワジワと売られて21900割れ。10時前からズルズルと落ちて21800を割り、21750割れて21744まで。スッと戻して21800手前。21800の攻防が続き、中国市場が始まるとゆっくりと様子見ながら戻し21850、雑に50円上下するも21900手前まで戻して前場引け。ボラがデカイ。 石油石炭だけが+ エーザイ10000割れ

朝の先物が22020スタート。サッカーを見ていたせいで少し寝過ごした影響で、朝出遅れた。22000の攻防だと見ていたけど、ズルズルと落ちていった。−300で許されず−500もあるかと覚悟した。

超短期では判断すると昨日の上髭が見事な天井だった。荒い値動き。

後場、先物と中国株に注意を。織り込み済みと嫌気売りの攻防。日銀ETFカイも株価下落の支えになるか怪しい。上下に振れる相場なので十分に注意を! 





kio1977 at 11:55│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
22200〜22300 引けに失速ヨリ値付近22000回復まで 下げ幅縮小も引けはじんわり安い