7月5週と8月1週と7月のまとめ22500〜22600 イッテコイの後場

2018年08月06日

薄商い 中国株動向で22500〜22600

前場
3765 ガンホー 228−227
2370 メディネット 79−80
7004 日立造船 503S−498
4293 セプテーニ 174−174
7238 曙 252S−252
計2

日経は雇用統計で動かない為替とアメリカ株高を受けて11円GU.朝高で22590付近まで。スッと売られてマイテン。10時過ぎに22493まで。中国株が始まるとプラテンし、上昇だと伝わると先物にカイが来てモリモリと上がり22600越え。20円上下して22635まであったの+101で前場引け。2%安だった銀行株が場中で戻した。

朝の先物が22540スタート。個別は売り買い拮抗だし、新興は弱く、全体の商いが盛り上がらず方向感が無かった。決算プレイが鮮明。フォスター電機20%安。ノリタケのS高を受けてセラミック関連が物色された。

後場、このまま戻し基調が続くかどうか。先物と中国株に注目を。 慎重に! 

kio1977 at 11:52│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
7月5週と8月1週と7月のまとめ22500〜22600 イッテコイの後場