SB公募ワレ 21000ワレてもどしてプラテンからジリ下がりダウ安値更新におつきあい 20600ワレまで

2018年12月19日

結局、日経21000ワレ

もちこし
9501 東電 736S−706 700割れると思ったけど
2768 双日 407S−403
後場
9424 日本通信 109−110
6636 千代田 298−298 297−298
5017 富士石油 286−292 
1514 住石 100−100
3315 日本コークス 93−1万株 持ち越し
計11.6
本日24.1

後場寄り約20円GD、再び21000を割り21940付近まで。前場安値トライはなかったけど、前場後場の窓埋めが精一杯。20940〜21020の狭いレンジで小動きで終わった。S高9、S安2 新安値600以上 出来高17億3903万株、売買代金2兆8046億円、上下髭陰線、−2σ上 

IPOソフトバンクが前場安値を更新し、一瞬リバってからさらに売られて1300を割り安値引け。市場はソフトバンクのお財布状態。全体にもっと悲観するウリが出るかと警戒したけど、安いまま小動きだった。

明日はFOMCを受けての反応。出尽くしでリバが来ることを期待したいけど、為替が円高に大きく振れれば下落懸念。利上げしないサプライズが来た場合は、反応が分からない。 今年最後のイベントなので、しっかりと相場と向き合いましょう! 

kio1977 at 15:57│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
SB公募ワレ 21000ワレてもどしてプラテンからジリ下がりダウ安値更新におつきあい 20600ワレまで