21000前半で小動き令和相場、連敗ようやく止まった

2019年05月15日

方向感なく小動き

前場
4293 セプテーニ 366S−356 ヨリ
7167 めぶき 272S−6000株 持ち越し
8572 アコム 376S−4000株 持ち越し
8515 アイフル 224−222 219−217 215−217
2768 双日 347−357
4564 オンコ 106−108
4689 ヤフー 314S−4000株 持ち越し
計8

日経はアメリカダウが反発して帰ってきたことを受けて45円GU.高寄りから売られてすぐに失速マイテン。同値付近でややあってから↓へ21000を割り20968まで。売り込まれず。10時半に向けて戻し10時52分に朝の高値をとって21115まで。ヨリテン回避。続かず。再びマイテンし同値付近で前場引け。繊維、不動産が強く、医薬と鉄が弱い。売り買い拮抗

朝の先物が21120スタート。一目均衡雲の中で激しく動くことを期待して相場に望んだ。が、値幅150円弱でリバが鈍く弱い。決算プレイが激しい。

昨日、S安張り付きで終わったアンジェスがGU。株は難しい。地合いが最悪ではないということなんでしょう。

後場、先物に仕掛けがくるかどうか。個別は決算プレイ。慎重に! 

kio1977 at 11:54│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
21000前半で小動き令和相場、連敗ようやく止まった