日経平均は大幅続伸、TOPIX1550回復、日本通信1億株超え 薄商いのまま日経21200の攻防

2019年06月11日

日経21200まで

前場
3390 INEST 67−70 早売り
4564 オンコ 108−108
4689 ヤフー 314S−312
7238 曙 119−119
6366 千代田 338−343 350越えで売ろうとしたら売り禁だったことを失念していた
1435 タテル 239−239
3323 レカム 136−5000株 持ち越し
計5.8

日経は欧米続伸も35円GD。朝安で21066まで。その後は小幅マイナスで揉み合い。9時40分すぎにプラテンし、そのまま21180付近まで。21200手前でヨコヨコも前場引け直前にカイが来て21208の高値引けで終わった。 金融株がしっかり。 

朝の先物が21110スタート。揉み合いと予想して相場に望んだ。全体の商いが盛り上がらず。2%超のプラス銘柄がいくつか。昨日、空売り比率が40%そこそこまで減ったので、今日も空売りの買い戻しが続いているのかもしれない。

後場、先物の仕掛けに注意を。アメリカダウに比べて戻り鈍いけど、為替が円ドル108なら仕方が無い。しっかりと見極めを! 



kio1977 at 11:48│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日経平均は大幅続伸、TOPIX1550回復、日本通信1億株超え 薄商いのまま日経21200の攻防