様子見、値幅50円そこそこの後場21600前半、値幅約30円の後場

2019年07月11日

アメリカ株最高値更新も反応イマイチ 中国株に連動で21600越え 

前場
3250 ADワークス 34−34 新株予約権2円で待ったけど買えず
8585 オリコ 130S−127 128S−128
4293 セプテーニ 376S−371
4764 サムライJ 199−195 193−196 199−202 193−194
4689 ヤフー 339S−339
計10.5

日経は14円GU.新たに日経225銘柄に採用されるバンダイナムコがS高気配で寄らず。21530〜21580の狭いレンジ細かな動きの時間が続いた。中国株強いと見ると10時45分過ぎにカイが来て21600到達。そのまま21624まで。小幅高で前場引け。 かんぽ生命1800ワレ

朝の先物が21530スタート。残念ながら今日も揉み合いと予想して相場に望んだ。個別はかんぽ生命の不適切発売で社長謝罪、任天堂の小型版スイッチ発売、決算で目立つ動き。変わらず売り目線でやってやった。 

後場、先物に注意を。このままジワジワと陽線を保つことができるかどうか。慎重に! 


kio1977 at 11:52│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
様子見、値幅50円そこそこの後場21600前半、値幅約30円の後場