値幅50円程度で高いまま穏やかな後場日経23420〜23470 マザーズ指数2%超

2020年09月15日

円高を嫌気で小幅安 −200まで

前場
9424 日本通信 234S−232 234S−234
1699 原油 98−98
2768 双日 251S−249
1655 銀行 125S−124
4093 エスクロAJ 344S−347 358S−353 363S−363 
8562 福島 262S−254
計9.3

日経はアメリカ株高、円高を受けて121円GD。朝の戻しで23472まで。が、ウリに押されて↓へ。23400を割り23351まで。大きくは売り込まれず。23400の攻防。11時の中国指標を受けて下げ幅縮小しかけて引けた。マザーズ指数は+

アサヒGHDが新株受け渡しで大商い。昨日、新株価格の値決めが終わったSBも大商い。指数はやや弱いものの、膠着状態な銘柄が目立つ。小型株物色は続いている印象。

後場、先物と中国株に注意を。

kio1977 at 11:47│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
値幅50円程度で高いまま穏やかな後場日経23420〜23470 マザーズ指数2%超