反落 日経28500ワレ マザーズ指数−3%超ユニクロとセブンだけでは支えられない 日経28000ワレ 

2022年01月13日

引け1分前に−300超 ざっくり日経28500の攻防

持ち越し
1605 INPEX 1114S−1101 引け
7167 めぶき 262S−262
後場
8714 池田泉州 186S−186
8338 筑波 194S−193
8524 北洋 273S−272
7167 めぶき 262S−262 263S−262
7186 コンコルデイア 481S−483 484S−484 486S−486 486S−484
8331 千葉 751S−751 751S−753
8593 三菱HCキャピ 621S−624 626S−626
4764 ネクサスバンク 108−108 Jトラストの完全子会社に
8308 りそな 517S−517 518S−517 515の蓋を喰って3%超に
計3.2
本日12.7

後場より28500を割って始まり、その窓を埋める動き。28480〜28550で膠着状態だった。引け前にウリ仕掛けで一瞬28444まで。が、引けカイ炸裂で−276で終わった。1%程度の下げにおさまった。S高6 鉄3% 非鉄2% 精密機器−3%超 陸運、小売り、サービスが−2%超 出来高11億6357万株、売買代金2兆7679億円、下髭陰線、昨日の場中の反発分は無かったことに、5日線から25日線をつないだ

やはりコロナ感染者急増を嫌気。あとオリンパス、キーエンス、HOYA等、これまで相場を牽引してきた割高銘柄が狙い打ちされている。高値調整というには荒すぎる。

金融株をコツコツと売ってやった。担がれても、カイ板を厚くする嫌がらせを受けても懲りずに執拗に売ってやった。銀行はクソ。

明日はなんといってもファストリ決算を受けての動き次第。1Qで913円なら予想外に良いって反応か、警戒してした分、一旦出尽くしがあるか。要チェック! 



kio1977 at 16:01│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
反落 日経28500ワレ マザーズ指数−3%超ユニクロとセブンだけでは支えられない 日経28000ワレ