日経28546高値ひけ続伸

2022年08月14日

8月2週

週計

8日 15
9日 15.1
10日 9.1
11日 山の日
12日 25.6
計64.8

8月2週は28000のざっくり攻防からアメリカ7月CPIの数字を受けてついに上抜けし、金曜は28546の高値引けになった。TOPIXも6月9日の高値まであと少しの1973まで。4月から1000で始まった3指数。プライム指数とスタンダード指数は1000を回復したが、グロース指数は923

個別は決算プレイが鮮明。SBGの3.1兆円赤字でどうなるかと警戒したけど、全体を動揺させるほどの動きにはならなかった。ボロ株テラが破産で退場し、DDSも決算出せないIRに大幅落下したが、土壇場で踏み止まった模様

3週はまず金曜の勢いで月曜に続くかどうか。SBI等の決算に注目を。火曜以降は、夏枯れ相場懸念。サマーラリーで上値追いを期待したいけど、7月20日の大幅上昇後、28000手前でモミアイだったのと同じような展開がありえる。個別は材料難も地合いが良いので、仕掛け売買がありえる。商い閑散で膠着状態な個別銘柄と少数の活況銘柄にわかれそう。

kio1977 at 18:25│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日経28546高値ひけ続伸