この時期になると、テレビに映る熱い高校球児たちに釘づけのS井です。皆さんはどのような夏をお過ごしでしょうか。

さて、今回は去る8月2日に死魔馬先輩主催で行われました現代世界文学読書会の様子や私個人の感想などを書かせていただきたく思います。
今回の読書会では主催者が『生者・死者』というテーマに沿って選んだ7つの作品を扱いました。扱った作品については以下の通り。

01. 目取真俊(日本: 1960〜)
『面影(うむかじ)と(とぅ)連れ(ちり)て(てぃ)』
02. ホルヘ・ルイス・ボルヘス(アルゼンチン: 1899〜1986)
『不死の人』
03. ダニロ・キシュ(ユーゴスラビア−フランス: 1935〜1989)
『死者の百科事典』
04. チヌア・アチェベ(ナイジェリア: 1930〜)
『呪い卵』
05. 莫(モー・)言(イエン)(中国: 1955〜)
『秋の水』
06. ガブリエル・ガルシア=マルケス(コロンビア: 1928〜)《*1982》
『失われた時の海』
07. イサベル・アジェンデ(チリ−アメリカ: 1942〜)
『私たちは泥でつくられている』

『生者・死者』のテーマは2回に分けて扱う予定であり、ヨーロッパの作家については2回目に扱うこととして今回はアジアや南アメリカなどの作家の作品を選んだそうです。

詳細については続きを読むからお願いします。

続きを読む