こんにちわ(・◇・)ゞ
梅雨明けかと思ったらもうほとんど夏ですね

部室の扇風機も連日フル稼働しているようで、7月が思いやられる今日この頃
みなさんいかがお過ごしでしょうか

さて、この本はバイト先の知り合いがオススメしてくれた作品なんですが、
本格ハードボイルドもの、ていうんですかね。
久々に大当たりでした

渋いというか、しつこいくらい凝って男前な描写が自分は好きなんですが、
描写に凝らなくてもカッコよさは魅せられるんだ、という風に教えられた気がします。

キャラクターの生き方、セリフのセンス、それを書き写す筆遣い。
この三つが素晴らしい均衡を保ってるので、読んでいて気持ちがいい。
そして何より、カッコいい。

主人公の島村は、アル中のバーテン。四十男で、身寄り無し。
流れ者で、知人もおらず、作れるつまみはホットドッグのみ。

彼はある日、一日の始まりのアルコールを補給しようと、新宿の公園でウィスキーを口にしていた。
おりしも彼が眠りに落ちようとする時、地面が震えるような響きと共に、叫び声が遠くで上がった。

何が起こったのか確かめようと体を起こした彼の目に、湧き上がる黒い煙が見えた。
そして飛び散った血が、もがれた手足が、肉片があたりに飛び散っていた。

死傷者50人を超す爆弾テロをめぐる彼の物語はここから始まる――。


過去との決着を描くような作品であるにもかかわらず、
この作品に「回顧」はあっても「懐古」はない。

主人公は昔を懐かしむのではなく、現在を生きている。
たとえそれがアル中で飲むや食わずのバーテンダーであろうとも。

過去の贖罪というのは一見潔いようにみえてその実、自らを殺すことでもある。
作者が島村に仮託していたのは、そうではなく
自分の犯したことを抱きしめてなお今日を生きるような、そんな人々の物語だったような気がします。

アル中で指が震えているくせに、なぜお前はこんなにもかっこいいのか?
読んでいるうちに何度もそう呟いてました

テロリストのパラソル (角川文庫)テロリストのパラソル (角川文庫)
著者:藤原 伊織
販売元:角川書店
発売日:2007-05
おすすめ度:4.0
クチコミを見る