昨日から遂に授業が始まりました。初日から課程科目がっつりで身悶えしている四年のNです。四年にもなって何をやっているのやら。

さて、大変大変遅くなり申し訳ありませんでした。お待たせ致しました。
今は昔、去る2月16日に行われました第6回現代世界文学読書会のまとめを上げさせて頂きたいと思います。


第六回現代世界文学読書会 『憎悪・暴力』Bパート

08.ラルフ・エリスン『広場のお祭り騒ぎ』
09.ジョージ・オーウェル『象を討つ』
10.チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『アメリカにいるきみ』
11.アレホ・カルペンティエル『選ばれた人々』
12.ファジル・イスカンデル『略奪結婚、あるいはエンドゥール人の謎』
13.ナディン・ゴーディマ『戦士の抱擁』
14.トニ・モリスン『レシタティフ―叙唱―』


では、続きを読むで作品の解説と会内で話された内容について。
ネタバレを含みますが、ご了承下さいませ。
続きを読む