がんばれ国際線スッチー!              よっしーの日替わりブレンド♪

ママさんCA(キャビンアテンダント)のフライト&プライベート小話。
仕事と育児に奮闘しながら楽しむ日々の生活をマイペースで綴ります♪

★★★人気ブログランキングに参加中!★★★

Google

おしまいに。。。もう一度、大きなありがとう!!

親愛なる皆さんへ

これまで私のブログにお付き合いいただき
本当にありがとうございました!

知人のススメで何となく始めたブログですが
お蔭様で5年も続けることができました。

今、これまでに書き溜めたブログを振り返りながら
我ながらよく続いあなあ。。。と思います(^^)

今となっては、
書いたことさえ忘れている内容もあり

「この頃、こんな風に考えていたんだなあ・・・」

と過去の自分に思いを馳せることもでき、改めて
このブログが小さな自分史のような存在にまで
なっているのを感じています

「書く」という作業が私は好きです。
(上手か下手かはさておき・・・)


見たこと、思ったこと、感じたことを
そのときのみずみずしい気持ちが消えないうちに
文章にして書き残す。

たったこれだけの作業ですが、
後になって振り返ると
思い出アルバムになって残っているのは
なんだかとても素敵なことのように感じます。

「誰も読んでくれないかもしれないけど
 ま、独り言のつもりでいっか!」

と、ごくごく気楽に続けたブログですが
気づけば色々な方との出会いの場にもなりました

旧友が偶然このブログに辿り着いてくれてコメントをくれたり
遠方に住む友人たちがブログを通じて近況を知ってくれたりと
本当に便利で楽しく、ありがたいツールでもありました♪

コメントを通じて前向きなメッセージをくださった皆様
実際にお会いする機会にも恵まれ、素敵な時間をご一緒した皆様
そしていつも陰で支えてくれたまわりのみんな、
この場をお借りして

ありがとうございました


このブログはこれで更新を終えますが
これからもこのまま存在します。

エアライン関係で何かご相談などありましたら
コメント欄よりご質問ください。

現役を降りてしまった身ではありますが
できる範囲でお手伝いできれば幸いです。

すぐにはご返信できないかもしれませんが
時間がかかっても必ずお答えします!


そして、
クルー仲間と一緒に作ったサイト

私たちのクルーカフェ

は、来年の春で終了する予定です。

制作にあたり、ご意見、ご協力をいただいた皆様
そして、
たくさんの興味深い記事をご投稿くださった仲間のみんな
本当に本当に

ありがとうございました


今も現役でクルーライフを満喫する皆さん。
皆さんにとって一つ一つのフライトが
安全で素晴らしいものとなりますようお祈り申し上げます。

これからも空がくれるロマンを胸に
クルーライフを楽しんでください

地上から応援しています!!

ではでは、
皆さん、お元気で♪

よっしー

笑顔のラストフライト♪

お久しぶりです!

秋ですねえ

何かとイベントの多いこの時期。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
IMG_0168











こちらはお蔭様でラストフライトを終え
先月で退職いたしました。

(毎度ながらご報告が遅くなってごめんなさい

写真はラストフライトで仲間からいただいた
たくさんのプレゼントたち。

思い出のいっぱいつまったグッズばかりです。

今の気分・・・

やっぱりどこか寂しいような、
でも、何となくホッとしたような
複雑な気持ちです。

大好きな飛行機で働くことや
大好きなヨーロッパの街並みに会えない寂しさ半分。

家族を離れるときの一瞬の胸の痛みや
フライト帰りのあの乾涸びるような疲労感
(すみません、壮絶な表現で
から解放されることへの安堵感が半分(^^;)

でも、何はともあれ
無事に5年間の契約を満了したという
清々しい達成感が一番大きいかな

とにもかくにも、
たくさんの素敵な思い出や
素晴らしい仲間たちを与えてくれたこの仕事に
心から感謝の気持ちでいっぱい

私にとって一生の宝ものです。

この場をお借りしてありがとう!!

そしてラストフライト
本当に良い思い出になりました。

前回のブログでちらっとお伝えしたとおり
過去何度かは親戚や家族と一緒だったのですが
今回は久々にひとりのステイ。

秋の風が気持ち良い季節でもあり
のんびりとステイ先をあちこち歩いて巡り、
ゆったりと緑豊かなヨーロッパの空気を
楽しんでまいりました
IMG_0017











いつもは同期との楽しいおしゃべりや
頼まれものの買い出しに追われて
あっという間の2泊3日のステイ。

今回は時の流れを少しでもゆったりと感じたくて
あえて町の隅々を歩いてみることにしたのです。

どこもかしこも絵になってしまう街並み。
蜘蛛の巣に光る朝露さえこんなにアートです!
IMG_0022












私、もともと歩くのは大好きです

妊娠中など、毎日2〜3時間の道のりを
鼻歌など歌いながら散歩していたほどですが
最近では時間に追われてなかなかそうも行きません。

ステイ先は唯一、
そんな自分に戻れる場所でもありました。

今回は、
私が最後にステイ先をテクテク巡った奇跡を
これでもかっとばかり
写真でご紹介したいと思います(^^)
(ちょっと長いですがお時間の
 許す方はお付き合いください!)

それでは
秋のヨーロッパの街並みをお楽しみください

朝 ホテルを出発。
ここは近所の並木通りです。
まだ霧の濃い朝です。
IMG_0021











余談ですが、
この国では自転車が重要な交通手段。
学生さんはもちろんのこと、
スーツ姿のサラリーマンやOLさんたちも
颯爽と自転車に乗って通勤します。
(ちなみに1時間くらいなら自転車圏内だそうです!)

こんなふうに
IMG_0085










そのため
自転車レーンがしっかり整備されていて
うっかり歩行者が入ると怒られてしまいます
こんな標識を見たら要注意!!
IMG_0018













さて、テクテク歩きながら
久しぶりに中央駅にやってきました。

IMG_0025











この中央駅は日本の東京駅のモデルになった
という説もあるほど、雰囲気がよく似ています。

赤レンガの趣ある重厚な駅の姿。

IMG_0034












なんとな〜く今から電車に飛び乗って
遠くの町に旅したくなる衝動を抑えながら
その近くにある町の人気ポイント、
シティライブラリーへ♪

IMG_0040











あ、図書館のとなりの、なんと!工事現場で
こんな可愛い白鳥の家族(?)に会いました。



IMG_0041











雑然とした鉄鋼のにおいの中でも
優雅なお姿にちょっと感動。
たくましいヨーロッパの白鳥たちです

入り口にはここんな心躍る配色の
おしゃれなカフェも併設されています。


IMG_0044












思わず寄り道したくなりますが・・・
ちょっと抑えていざ、館内へ!


IMG_0047











この図書館、すごいんですよ!

内装もとてもおしゃれで
コンテンポラリーアートの美術館さながらです!



IMG_0048











さらにすごいことに、
各階にはインターネットフリーのパソコンがずらり!
ざっと100台近くはあったでしょうか。

IMG_0060











真っ白なインテリア。
i Macシリーズの階もありました。

IMG_0058











ここでは皆さん、並ぶこともなく
優雅にインターネット検索を楽しんでいる様子。
勉強中の学生さんたちの横顔にも
どことなく余裕の雰囲気

明るい図書館ってなんだかいいですね〜。
図書館好きな私にとっては感動ものです。
日本の図書館にも見習っていただきたい
遊び心がいっぱいです♪

屋上階には屋台式のおしゃれなカフェレストラン
IMG_0051











バイキングをもう一歩進化させたようなスタイルで
ショーゥインドウにずらりと並んだ食材から
好きなものを選び、
調理法も指定して料理してもらうシステムです。

IMG_0050











この日 私がいただいたのは
フレッシュサーモンのグリル
スキンポテトのフライに
ほうれん草のソテー。

IMG_0052












このボリュームで6ユーロ也。
お安い!!


今日は大好きなワインはやめにして
100%のりんごジュースをチョイス!
町を一望する屋外のテーブルを陣取って
それではいただきま〜す
IMG_0053












ちなみにこの場所。
会社のマネージャーから教えていただきました。

私がラストフライトでは町を一望したいので
町で一番高い教会に登るつもりだと
話していたところ、

「教会に登るなんて、そんな大変な思いをしなくても
 文明の利器、エレベータを使って
 町を一望できる場所があるわよ!!」

と。
おっしゃるとおり、本当に素晴らしい景色。
図書館の屋上からこんな町の絶景が
一望できるなんて、素敵だと思いませんか?

IMG_0054














IMG_0056














IMG_0057












さて、
お腹も心も満足したところで
またお散歩スタートです。

中央駅を後にして今度は町の中心広場へ。

ここはいつ来ても観光客でにぎわう
町のメインスポットです。

IMG_0063















この日は平日だったからか
いつもよりもちょっと静か。

カフェに立ち寄りたい気分ではありましたが
まだまだ先があるので前進です!

IMG_0064


















こちらは市民の足、とっても便利なトラムです。
ステイ中、本当にお世話になりました。

IMG_0067















IMG_0066












重厚な教会を横切って
町のショッピングストリートを通り
お次はもう一つの観光名所、
運河沿いの花市場です。


IMG_0071













ここは今日も人がいっぱい。
チューリップの球根が50個1000円という
お値段で手に入るのも魅力ですが

IMG_0072














個人的にはここを通るだけで
センス良くアレンジされた色鮮やかな花たちと
そのうっとりするような香りに癒されたくて
ここに足を運んだものです。

IMG_0073











今日も素敵なお花がいっぱい。
幸せな気分で花市場を後にしました

道すがら、最後の買い物を済ませたりするうちに
そろそろ夕方ちかくになりました。

ようやくここでひとやすみ・・・

と、ちょうど良いタイミングで
運河沿いに居心地のよさそうなカフェを発見!

IMG_0080












ちょっと混んでいそうですが、
お席は空いているかしら。。。

IMG_0077











何が何でも運河の見える外のテーブルがいいなあ。。。
と思って立ち止まっていたら
感じの良いウェイターのお兄さんが
こちらへどうぞ、と案内してくれました。

やった!
運河沿いのお席ゲットです

平日の3時過ぎというのに
このたくさんの人。
見たところ、観光客ばかりでもなさそうです。

IMG_0083











昼間から優雅にビールグラスを傾ける紳士たち。
日本ではあまり見ない光景です(^^)

つられて私も思わずシャンパンを注文
そろそろ歩く速度を緩める時間です♪

見上げるとまだまだ太陽は高く・・・

IMG_0081











そう、秋の初めのヨーロッパはまだまだ夜9時まで
真昼間の明るさなのです

清々しい夕方の風に吹かれながら
シャンパンで気分もふんわりいい感じ

ゆったりとした気分でカフェを後にしました。
そろそろ町にもさよならを言う時間です。

見慣れた景色にもう会えなくなると思うと
なんとも言えない寂しさがこみ上げます

これまで無意識に通り過ぎていた
お店や待ちゆく人々の風景までもが
とても恋しい存在に思えてきます。

IMG_0070












IMG_0084











たくさんの思い出をくれたこの町に
またいつか戻ってくることを自分に誓って
ホテルへと向かいました。

最後のフライト準備もパッキングも
何となく実感が湧かないものの、

「でも、これで最後なんだなあ。。。」

と思うと不思議な気分でした。

制服を揃えて、機内シューズを磨き
PAマニュアルとID、そしてパスポートを確かめて
腕時計は・・・

今では考えなくても手が勝手に動いてしまうほど
フライト準備は体に染みついています(^^;)

お蔭様で
プライベートではうっかり忘れものの多い、
本当にドジな私ですが
仕事では遅刻や忘れ物はほとんどなく
12年のフライト生活を過ごすことができました。

(あ、最初の頃はちょくちょくありましたが

これは日本発の便で一緒に飛んだクルーたちが
みんなで作ってくれたメッセージカードの首飾りです。

IMG_0093











オレンジ色は機内で働いたことのある方なら
ピンと来るはず!

そう。セキュリティ上の理由で
機内のコンテナをロックするのに使うシールです

これをつなげて首飾りにしたんですね〜。
いや〜、クリエイティブ!

同僚のアイデアに思わず感動でした

最後のフライトも無事に終わりますように・・・
そうお祈りしながら、最後の夜です。

翌朝、目を覚まして窓の外を見上げると
なんと、
飛行機雲で空にこんな模様が描かれていました!

IMG_0098











バツがふたつ・・・のようにも見えますが
ここはポジティブにキスふたつ!ということで
(よく英語の手紙の最後に×××と書きますがこれ、kissesの意味♪)

お蔭様でラストフライトは
大先輩おふたりがデッドヘッドでご搭乗され
なんと♪同期のMahoちゃんが偶然にも乗っていて
楽しいおしゃべりに花が咲き
仲間のクルーにも恵まれて
本当に思い出に残る楽しいフライトになりまいた。

キャプテンのご厚意で
離着陸時にはコックピットに乗せていただきました。
IMG_0136














IMG_0121














空からヨーロッパに最後のお別れです。


IMG_0124












聞くところによるとふつうラストフライトでは
皆さん、感動のあまり涙、涙になるそうなのですが
なぜか私の場合、
最初から最後まで笑顔と笑いの絶えない
涙知らずのラストフライトとなりました(^^;)

それでも最後に飛行機を降りる瞬間は
やはり胸にグッと迫るものがありました。

大好きな空の仕事に携われた10年とちょっと
私の人生は、この仕事なしには語れません。

この仕事のお蔭で体験できた様々なこと。

住んだり、ステイしたりできた様々な国や町。

出会うことのできたたくさんの人々。

今はすべての経験にただただ感謝の気持ちです

この仕事を前向きに楽しんで続けて来られたのは
いつもポジティブで冒険心いっぱいのクルー仲間、
プライベートで親身に話を聞いてくれた友人たち、
そして、
陰でいつも私を支えてくれた家族のお蔭です。

この仕事をしていなかったら
気づくことができなかったかも知れない
人の優しさ、思いやりを
これからも忘れないでいたいと思います。

最後になりましたが・・・

私はこれをもってCAのお仕事を後にします。

“スッチー”ではなくなってしまうので
残念ながら、このブログもこのあたりで
そろそろ幕を下ろすことになりました。

今までブログを読んでくださった皆さま。
本当にありがとうございました。

知人、友人はもちろん、
今まで一度もお目にかかったことのない方々までも
いつも温かいコメントをくださることで
ずっと仲良くしているような感覚で
お付き合いさせていただきました。

心から感謝しています。

自称“アナログ人間”の私ですが
このブログと、そして仲間と作ったサイト

「私たちのクルーカフェ」

を通して何となくデジタルの世界の楽しさにも
足を踏み入れることができました

1995年から航空業界に仲間入りし
アメリカ系1社
ヨーロッパ系3社の合計4社のエアラインに
お世話になりました。

大好きな空の仕事を通して
一期一会のはかなさを痛感しつつ、
「だからこそできることは何か?」を追求しながら
私なりにサービスの世界を生きてきました。

ここで学んだ

「たった一言の大切さ」

「一瞬の表情が語ることの重さ」

「ファーストインプレッションの大きさ」

をこれからの人生にも活かしながら
人とのかかわりを何より大切に
私らしく人生を楽しんでいきたいと思います!

フライト生活を終えた今後は
相変わらず子育てや家事に奮闘しながら
そして夫の仕事を手伝いながらも
次なる目標に向けてシフトチェンジです。

次なる目標が定まった暁には
また皆さんにご挨拶できるといいな、と思っています
(何年先になるかは不明ですが・・・)

その時まで、どうか皆さん、お元気で!
5年間にわたってお付き合いいただき
本当に、本当にありがとうございました

よっしーより

秋のヨーロッパ 女旅♪

triffこのパスタ。

私の同僚ならきっと誰もが
一目で

「あっ!」

と気づくことでしょう(^^)

私たちのステイ先にある
人気イタリアンレストランの
そのまた超★人気メニュー

tagliolini with truffles and spinach
(黒トリュフとほうれん草のタリオリーニ)


で〜す♪

トリュフ風味たっぷりの濃厚なクリームソースが
平たいパスタにしっかり絡んで
それはそれは、
もう思わず目を閉じてしまうくらい美味

クセになる一品です。

お値段もそれなりなので、さすがに毎回
というわけには行きませんが
ステイ先で同期と一緒になったりすれば

「久々に行ってみる?」

という話になって何度ここへ足を運んだことでしょう

同僚のみならず、私の姉も完全にこのパスタの虜。

姉もここへ来るたびに、

「とりあえず、あのパスタだけは外せないね!」

と、何を置いてもこのお店だけは必ずチェックするほど

ちなみに自他ともに認める“自由人”の姉は
私のフライトにちょくちょく同行しては
ヨーロッパを満喫しているラッキーさん

「英語には全く自信がない」と言いながら
目的が買い物となれば、場所がどこであろうと
コミュニケーションの達人に早変わりするツワモノです!

洋服好きが高じてインターネットショップを営む姉は
最近ではひとりでニューヨークへロンドンへと
ガンガン買い出しに出かける
なかなか度胸の据わった女性です(^^)

今ではコンビのように仲良く旅に出掛ける私たち。
これでも、
幼い頃は毎日のように姉妹喧嘩が絶えませんでした

でも、大人になるにつれて
だんだん気が合うようになり、

“大の旅好き”

という共通項も味方して、これまでに
ふたりでヨーロッパのいろいろな町を旅しました

旅をしながら、お互い色んな話をするうちに
不思議なもので、一緒に住んでいた頃よりも
今のほうがお互いをずっと良くわかっているような気がします。

今となっては女同志で良かったなあ、とつくづく思います

そんな姉との約束で
私がエアラインを卒業するまでにもう一度、
必ずフライトに連れて行くことになっていました。

そして今回、ギリギリセーフで
Second Last Flightに姉が同行。
たくさんの良い思い出ができました

今回は私のフライト生活の締めくくりでもあり
カメラマン顔負けに写真を撮りまくりました

そのうちのいくつかを、
思い出とともに掲載したいと思います。

こちらは先ほどご紹介したパスタをサーブする
人気のイタリアンレストラン。
casa di david

日本語では
「デイビッドの家」
という名のお店です。

運河沿いに建つこのお店。
夕暮れにオープンする店内は大人の雰囲気満点です。

店員さんも徹底していて、
なんと全員がイケメンの
イタリアン・ガイ。

お店に一歩入った瞬間、

"Buon Giorno!"

の声で迎えられると、気分はもうイタリアです

octopus
こちらは前菜に注文した
タコのカルパッチョ

柔らかいタコにレモンの酸味が利いていて
爽やかに美味しい一品。


rnoyそしてこちらも
美味しいトマトソース。

エビとルッコラの入った
トマトソースのパスタ。






イタリアンに来るといつも思うのですが
日本人の小さな胃袋では

Antipasti(前菜) ⇒ Primi(1番目のお皿) までしか進めず

メイン料理である ⇒ Socondi はおろか
最後のデザート ⇒ Dolce までたどり着いたことがありません

それまでにお腹がいっぱいになってしまうのです(^^;)

マナー的にはかなり邪道なのでしょうが
仕方ありません。
パスタを2種類も頼めばシェアしてもお腹がいっぱいで
結局いつも同じようなメニューになってしまう
冒険できない私たちです

いつも超満員のこのレストラン。
今回はラッキーにも運河沿いの席に通してもい
最後の晩餐は楽しいひとときとなりました。

そしてヨーロッパのもうひとつのお楽しみ。
それはスイーツです!

waffle名物のキャラメルを
サンドしたワッフル


リンゴが丸ごとひとつ入った
甘さ控えめのアップルパイ。
その名もアップルボール

apple ball


そのほか、街角にはこ〜んな可愛い
アートともいえる色鮮やかなチョコレート屋さんも。
choco




choco 2








見ているだけで幸せになれるお店が
街角のあちらこちらにちらほら。。。

この幸せ感ってヨーロッパの醍醐味だなあって
個人的には思っています♪

道行く景色に癒されながら
緑豊かな町並みを闊歩していると
私は本当にヨーロッパが大好きなんだなあ
と実感します。

munt tower











この仕事の一番のご褒美は、やっぱり
この豊かな緑と長い歴史に彩られた
懐の深い落ち着いた風情に
いつも触れていられることだったんだなあ
と今更ながら実感

canal










これからはちょっぴり寂しくなりますが
またいつか、家族と、姉妹で、そして友人たちと
戻って来る日を夢見て・・・

いよいよ次はラストフライトです

次回は家族も一緒ではないので
ひとりさびしく(のんびり?)のステイを過ごす予定。

ちょっと時差があるかもしれませんが
またレポートしま〜す!

ママのフライト♪

IMG_4423
「ママのフライトしてるとこが見たいなあ・・・」

そんなふうに娘が言い出したのは
ここ半年くらいでしょうか。

私が飛び始めた頃にはまだ1歳に満たなかった娘。

私が留守にしている理由すら理解していなかった
そんな小さな娘が、
やがて「フライト」という言葉を覚え、
その意味を理解するようになりました。

そして今では、そのフライトで
私が一体どんな仕事をしているのかに
とても興味を覚えているようでした。

いつか連れて行ってあげたいな、、、、

そう思いながらも、なかなか実現することのないまま
時間が過ぎてしまい、気づけばもう5年

突然の告白になってしまいますが、
実はこのたび、会社との契約が満了し、
来月でフライト生活に終止符を打つことになりました。

ええ〜〜〜〜とびっくりされた方、すみません。

近しい友人の皆さんには以前からお伝えしていましたが、
なかなかきっかけがなく、ブログに書くのは初めてですよね。

そんなわけで、
残すところフライトは後2回となりました。

焦った私は、前回のフライトで強行突破!
夫の仕事を無理やり調整してもらい
夫と娘を私の乗務便にて連れて行って参りました。

さすがに今回は勤務とあって、
1歳半の息子を連れて行く勇気はなく
泣く泣く息子はお留守番。

久しぶりに親子3人での旅です

そしてなんと、夫にとっては意外や意外!
生まれて初めてのヨーロッパ旅行です。

5歳になる娘には、

「ママはフライト中はお仕事しなきゃいけないから
 何かあってもママ〜!って呼んじゃダメだよ!」

と何度も言い聞かせ、
ドキドキしながらの乗務でしたが、
さすが年長さん♪
何とか立派に「お客さん」してくれてました(^^)

ほっ

それでも機内で、

「すみませ〜ん!」

って娘に声をかけられたときには
思わず吹き出してしまいましたが

気のいいキャプテンのおかげで
コックピットにも入れてもらえたふたり
客席の窓から眺める景色とは一味違った空の世界に
言葉を失っていた夫と娘でした

日本を出発して11時間

猛暑の日本がウソのように
ヨーロッパは摂氏18度でもうすでに秋の気配で
涼しいどころか夜はコートが必要なくらいの寒さにはびっくり!

それでも緑豊かな町並み。
ホテルのすぐ近くの公園で見つけた白鳥の親子。
娘はフライトの疲れも忘れて大興奮!
IMG_4431


IMG_4519


IMG_4517


ステイ先では、プリンセス好きの娘のリクエストで
町から近いところにある小さな古城へ

IMG_4474



シンデレラ城ほどのきらびやかさはありませんでしたが
中世の香り漂う可愛いお城に大満足の娘でした

IMG_4507



IMG_4493



お昼は中央広場の賑やかなカフェで
タパスランチ

IMG_4524


この季節、ヨーロッパの町は人々の顔も穏やかで
思わずカフェに長居してしまうような
とても居心地の良い雰囲気です

夫も娘も初めて来た町とは思えないほど
リラックスして楽しんでいるようでした。

IMG_4522



それにしても、
さすがに幼児には時差はテキメンで
夜中の2時から元気に飛び起きられたのは
少々つらかったですが
それでも無事に楽しいステイ時間を過ごし
帰りもスムーズなフライトで帰国しました♪

日本に着いてから娘に、

「ママって、頑張ってるんだね〜!」

と言われ、
これで何とか私が“本当に”働いていることが
理解してもらえたかな〜、と安心したりして(^^;)

いつもフライトのときは空港近くに前泊しているので
制服も着ない普段着で家を出る私。

働く様子など想像もできない出で立ちで出かけて行く母の後ろ姿を、
娘は一体どんな思いで見送っていたんだろう。。。
と今更ながら考えてしまいました。

遠足や夏祭り。。。
保育園の行事に私のフライトが入ってしまい
娘にさびしい思いをさせてしまったことも何度かありました。

もちろんおばあちゃんである母の助けが多きかったですが
どんなに寂しいときも、ぐっとこらえて、

「がんばって待ってるからママもがんばって!」

と笑顔で見送ってくれる娘の優しさに、
何度助けられたことでしょう。

こうして無事に5年間の乗務生活を終えることができるのも
温かく見守り、頑張ってくれた夫、母、子供たちのお蔭です

つくづくこの仕事は、ひとりの力でできるものでは
なかったな〜、と感じます。
そして、
この仕事を通して家族が助け合い、感謝し合いながら
繋がりを深められたような気もしている今日この頃です(^^)

いろんな思い出と経験をくれたこの仕事に感謝しつつ
残り2回のトリップを楽しみたいと思いま〜す!

さて、
次の便では姉と義姉を連れて行く予定
またのレポート楽しみにしていてくださ〜い♪

イルカと泳いだ夏休み

IMG_4288











皆さん、猛暑の夏休みは
いかがお過ごしですか?

我が家は先月、ちょっとだけ早めの夏休みで
家族4人で南の島へ行って来ました!

その南の島とは・・・憧れのパラオです。

思い起こせば15年前、

私がフライトアテンダントになったばかりの頃
訓練フライトでこのパラオを訪れたことがありました。

「訪れた」とは言っても
グアムからパラオへの日帰り便に乗務しただけなので
空港で飛行機を降りることもなくとんぼ返り。

ちょっと余談になりますが
当初は、

グアム → サイパン → 成田 → サイパン → グアム

という感じのフライトを日帰りでこなしていました。

距離にすれば大したことはなくても
離陸と着陸を日に8回も繰り返すというのは
今思えば相当タフな業です。
(各フライトで飲み物&食事サービス
 フルにこなしていました

朝グアムのホテルを出て、夕方戻ってくるまでに
ゆうに12時間くらいは経っているので
言ってみれば、今私が乗務している
日本―ヨーロッパ便と労働時間はほぼ互角

ヨーロッパ便乗務ならフライト後には必ず
一定のお休みがもらえるのが決まりですが
ショート便の場合には、労働時間は同じなのに
なぜか「軽い仕事」扱いになってしまうで
そんな日帰り乗務を5日間休みなしで続けたことも
ザラにありました

そんなスケジュールを苦にもせず平気でこなしてたんだから
若かったなあ〜!

とまあ、そんな余談はさておき、パラオです

初の訓練フライトで訪れた南の楽園。

当時は島に降り立つことさえできなかったのですが
飛行機の窓からちらっと見えたロックアイランドの
あまりに美しい景色に感動し、感嘆し、
それ以来その光景が忘れられませんでした。

sky02-7

「いつか絶対、ここに帰ってこよう!」

と心に決めていたのです。

あれから15年。

ついに夢かなえて訪れたパラオは
想像をはるかに超えた素晴らしいところでした。

豊かな自然

美しい海

しっとりと柔らかな空気

人々の明るい笑顔

どれをとっても癒される要素満点です

子供たちもどこまでもマリンブルーの透き通った海に
大興奮!

朝から晩まで水遊び三昧の4日間でした

中でも一番の思い出は

パラオのイルカちゃんたちとの触れ合い体験

お世話になったドルフィンズ・パシフィックさん。


IMG_4273











出発直前に思い立って日本から電話予約
ギリギリの問い合わせにもとっても親切に
対応してくださった日本人スタッフのMaaiさん
イルカについてクイズ形式で楽しく説明くださったTakashiさんはじめ
明るい現地スタッフの皆さん、
本当にパラオの自然とイルカちゃんを愛する素敵な人たちでした

今回、イルカちゃんと一緒に泳ぐというプログラム

Dolphin Symphony に参加させていただきました。

IMG_4298












小さな娘は水は大好きながら泳ぎはまだまだ練習中。
最初は緊張していましたが、
イルカちゃんのあまりの可愛さと
スタッフのお姉さんの優しいリードのおかげで
イルカちゃんに触ったりキスしたり。。。

最後は背びれにつかまって引っ張ってもらったりもしました
“イルカに乗った少年”の気分満喫です。

イルカって、人を癒す力を持っているそうですね

何人かが一緒に海に入ると
心に悩みを抱えている人や
体に障害を持った人のほうに
自然と近づいて来てくれる・・・

そんなお話を以前、機内で偶然お会いした
イルカヒーリングのセラピスト アウェハント静子さん
から伺ったことがあります。
それ以来私は、
いつかイルカと一緒に海で泳いでみたい!
という夢を温めていました。

そんな夢を叶えてパラオの太陽の下、
イルカちゃんたちにたくさん遊んでもらい
優しいパワーをいっぱいもらいました

このドルフィンズ・パシフィックさんは
イルカを飼育しながらその特殊能力を開発し、
ひいては
環境教育や自然や人を保護するための様々な取組みを
されている素晴らしいところです。

スタッフのみなさんの明るい笑顔が
今でも心に残っています

また訪れたい島、パラオ。

私の長年の夢がふたつ一気に叶えられてしまい
しばらくはちょっとた興奮状態

海の中の世界にあんなに引き込まれたのは
生まれて初めてです。
さすが世界のダイバーたちを魅了して止まない
永遠のダイビングスポット!

今度はぜひ、もう少し大きくなった子供たちを連れて
ダイビングにも挑戦してみたいな♪

Cafe Koti にて

3fce9d68.jpg毎日ジトジトと
すっきりしないお天気が
続きますね〜

こんな季節は無理せず静かに
美味しいコーヒーを楽しむのが
唯一の幸せです。

高校時代の友人JUNちゃんがこのほど
旦那様と一緒にカフェをオープンしたと聞き
昨日さっそくランチに出かけました。

とても行動派のJUNちゃん。
自然と海をこよなく愛する
さすらいのダイバーだった彼女は一昨年の今頃、
モルジブにあるリゾートホテルで働くことを夢見て
英語の勉強に頑張っていまいた。

そんな夢を語っていた彼女ですが
なんと昨年、今の旦那様と運命の出会い

馴れ初めを伺ってびっくり!

なんでも当時、職場の上司に頼まれて
草刈機の修理のための見積もりを取るべく
職場近くのホームセンターに行ったとき
見積もりを出してくれたのが今の旦那様なのだそうです。

見積もりを出してくれている間に
ちょっと交わした会話で自然と意気投合
すぐにお友達になり、お付き合いしていくうちに
自然の流れでゴールイン。

JUNちゃんいわく、実はモルジブ行きを夢見ていたときも
心の片隅に、

「いつか自分でカフェを開きたい」

という夢も持っていたのだそうです。
でも、ひとりでは到底無理!と諦めていた気持ち半分。
そんな折、彼に出会い、彼がプロポーズのときに一言。

「実はカフェを開くのが僕の夢で、そうするつもりなんだけど
 それでも付いて来てくれる??」

と聞かれて、

「あ、実は私も・・・」

と。
それを聞いて驚いたのはきっと旦那様のほうでしょうね!
同じ夢を描いていながら、それとは全く違う仕事を
していた二人が、結婚を機にお互いの本当の夢を
実現してしまうなんて!!

これはまさに運命としか言いようがありません。

素敵

こういう話を聞くと女性って
なぜか一日素敵な気分で過ごせるんですよね〜。

あ、前置き長くなりましたがお店お店。

お店もとっても素敵なテイストした。
北欧をこよなく愛し、初めての海外旅行で
たったひとり
フィンランドのヘルシンキから
スウェーデンのストックホルムまで
シリアラインに乗って旅したというから
相当の北欧好きですね(^^)

私も以前、フィンランドの航空会社で働いていた
ことがあるので、アラビアやイーッタラの食器や
ムーミンの絵本、コスケンコルバのお酒のボトルなど
びんびん反応してしまいました!!

北欧テイストのオブジェの横には
ダイバーズ雑誌が並べられ。。。

北を愛する旦那様と
南を愛するJUNちゃんの奏でる
素敵なハーモニーに心癒される空間。

お食事は料理上手のJUNちゃんが担当し
コーヒーは旦那様が担当。

独身時代から本格コーヒーを淹れるのが趣味で
お店にあったプロ仕様のバリスタマシンはなんと
ご自宅からお持込だとか。

筋金入りです!

カプチーノ、とっても美味しかったです!
私も最近、自宅でカプチーノ淹れるのがブームなので
泡の立て方、初心者向けをご伝授いただきました。

今度やってみよっと

ほんわか心があったかくなり
ちょっぴり気持ちが上がるお店

近くにお住まいの方はぜひお立ち寄りくださいませ

<<お店情報
Cafe koti 〜カフェ・コティ〜
営業時間 11〜21時(OS 20:30)
岡崎市竜美南4丁目8-11
毎週木曜、第1・3水曜定休

ワールドカップと赤いバラ♪

ばら2ワールドカップもいよいよ大詰め!
皆さん、寝不足気味じゃないですか〜?

サムライジャパンは無事に帰国しましたが
世界はまだまだ決勝に向けて
かなり盛り上がってますね〜!

今年の6月。
かなりタイトにフライトが入ってたお陰で
ワールドカップの開催中、私はまさに
日本とヨーロッパを行ったり来たり
世界の盛り上がりを肌で感じました。

フライト前のクルー同士の挨拶も
自然と流れはワールドカップ

「昨日はおめでとう!!」

「この前は残念だったね〜!」

「でも、いい試合ぶりだったよ〜」

「あのHONDAのキックはすごかった!」

と、自己紹介もそこそこにゲームの結果に
話題が移ります(^^)

ゲーム観戦も今年は時差のとの闘いでした

日本では夫と夜更かししながらTVにかじりつき
ステイ先ではフライト直後の疲れた体に鞭打って
ホテルの大画面で観戦したり・・・

はたまた機内ではキャプテンが地上と交信して
最新情報をアップしてくれたりと

いろんな場所でワールドカップを感じることができ
ある意味貴重な体験でした

そんな中、
先日のフライトでワールドカップの熱狂に
勝るとも劣らないアツアツぶりを発揮してた
クルーに遭遇

なんとフライト出発前、
あるCAのボーイフレンドが一輪の赤いバラを手に
お見送りに来ているではありませんか。

そしてまさにお別れの出国ゲート前で
熱烈なキスシーン!!

日本人の私達にはちょっと刺激的すぎ??
ではありましたが、
そんな様子さえまったく違和感なく
空港の雑踏の中で絵になってしまうあたり
やっぱり文化と国民性の違いを感じます〜

3日後にはもう戻ってくるガールフレンドを
あんな風に見送るなんて、
何だか忘れかけていた(?)ロマンチック気分を
ちょっと思い出したりして(??)

そしてその赤いバラは・・・

はい。
ビジネスクラスのギャレーの片隅で
12時間しっかり赤く咲き誇っていました

何だか心がほんわかあったかくなった
ワールドカップとバラの花フライトでした

光に包まれたお家ショップにて♪

plasir 2ママ友のYukieさんのお誘いで
フライト前にご近所で催された
One Day Shop へお邪魔しました。

Yukieさんはとってもhand craftな女性。

素敵な携帯ストラップや
息子への可愛いスタイなどなど
色んな手作りアイテムを
家事やお仕事の合間にサラッと作っては
プレゼントしてくれるような
素敵なお友達です

そんなYukieさんのセンスとお人柄に
最近では、Yukieさんの作品をオーダーする人も
増えているのだとか。

趣味が転じてお仕事になってしまうという方が
時々いらっしゃいますが(栗原はるみさんもそうなんですってね♪)
Yukieさんももしかしたら。。。
なんて話しているところです(^^)

そんなYukieさんの作品がまた展示されると聞いて
訪れたOne Day Shop。

オーナーのYoshinoさんはなんと、
同じ保育園のママさんだそうでびっくり!!

本当にうちの保育園には行動派のポジティブママが多くて
つくづく感動です

ショップの名前は "plasir"。
「喜び」という意味なのだそうです。

そしてそのお店の名前のとおり
お店のたたずまいは幸せそのもの

煙突のある緑色のお家。
私も近くを通るたびに可愛いお家だなあ。。。
と思っていたのですが、
その素敵なお宅がお家ショップをされているなんて
妙に納得です。

南向きの大きな窓を開け放したリビングに
太陽の光がいっぱい差し込んで
その明るい空間に所狭しと並んだ手作り品や
オーガニック製品などなど。。。
plasir 1

Yukieさんの手作りアイテムたちも
可愛く目立ってました!

このOne Day Shop "plasir"
もちろん普段はご自宅スペースなので
お店オープンのときは数日前から準備されるそうですが
自分の家がある日突然
ショップ&カフェに大変身!!なんて
子供たちにもワクワク体験でしょうね

ちなみに出品者は皆さんYoshinoさんのご友人。

手作り品やオーガニック素材のアイテムのほかに
今回は近くで整体院を営むご夫婦も参加されていて
お家の2階ではミニ整体を格安で受けることができる
という嬉しい企画もありました。

そして、私が今回一番楽しみにしていたのは
Yoshinoさんの自然派ミニエステ

ショップをしない日も普段はご自宅で
エステ&ネイルサロンをされているそうです♪

100%天然素材を使ったお肌に優しい安心エステ
その天然ハーブの香りと心地よいマッサージに
心も体も癒されて
フライト前に気分をリフレッシュできました!

普段、家事や育児に追われていると
ついつい自分に手をかけることを忘れがち。
でも、できれば少しの努力はしていたいなあ。。。

そんなふうに思っていた今日この頃の私には
この徒歩圏内の安心お手軽エステがとっても嬉しくて
これからも是非是非、リピートさせていただきま〜す!

エステの後はお庭カフェでまったりティータイム
美味しい手作りシフォンケーキをいただきながら
至福のひとときを過ごして
私はフライトへと出発しました。
(何だか珍しく仕事に行きたくなかったりして

そんな素敵なOne Day Shopで過ごしたひととき。
気持ち豊かなママたちのパワーと
積極的にライフスタイルを作り出すその心意気に
またまた良い刺激をいただきました

人生を楽しむエッセンスをまたひとつ
教えていただいたような心のほっこりする素敵な一日でした

新しいお仲間と♪

airportまたまたお久しぶりです。
あっという間に一ヶ月が
経ってしまいましたね


お陰様でその後、順調に乗務しています
2年のブランクも少しずつ埋まってきたかしら。。。

それにしても、
仕事に復帰してからというものは
一日が48時間あったらいいのに。。。
なんていつも思っている私です(^^;)

産休中、子供たちのペースに合わせて生活していたので
完璧なまでに早寝早起きの習慣が身についた体には
予想以上に時差ぼけが激しくてビックリ

以前ならどんなに時差があっても
自由自在にいつでもどこでも寝起きできた私は
いったいどこへ行っちゃったのかしら??
今は体内時計の管理がメインテーマです

今回も週末は炎天下でめいっぱい子供たちと遊びたおし
クタクタになった体をごまかしごまかし空港まで辿り着きました。

ふ〜!!
出発ゲートについてホッと一息

でも、
どんなに気持ちは慌しくとも
機内に入ればそんな気持ちは封印し、穏やかに、穏やかに(^^)

これから素敵なヨーロッパ旅行へ出かけようとするお客さまたちに、
少しでもゆったりした気持ちで空の旅を楽しんでもらわなくっちゃ!

そう思うと自然と気持ちが切り替わっていくから不思議です。

キャビンを歩く速さや表情もゆったり柔らかく。。。
「ママ」から「乗務員」になる瞬間です。

そして今回もお陰様で楽しいクルーに囲まれて
無事にフライトを終えてヨーロッパへと到着しました

今回はニュージーランドのスィミングチームがご搭乗。
マッチョなスポーツマン・キゥイたちがたくさんいて
機内は活気づいていました

そして今回は
この春、新しく採用された日本人クルーの方々が
訓練フライトで乗務されていました。
9週間の入社訓練の間に3回の訓練フライトが入るのです。

このところ日本人クルーが人手不足のために
日本人2名乗務(普段は3名乗務)の日が多いのですが
こうやって訓練生の皆さんがいらっしゃると
とっても助かってしまいま〜す(^^)

外資系エアラインの場合、「訓練生」とは言っても
すでに他のエアラインご経験者の方が多いので
皆さん本当に「即戦力」!!
もちろんそうでない方も、本当にしっかりとした
お仕事ぶりで感心してしまいます。

機内での仕事にはひととおり精通されている方も多く
こちらが何かを教えるというよりも、
逆にお手伝いしていただいているような感覚なのです。

機内の仕事ってどの会社も基本的には同じ。
あとはその会社ならではのサービスアイテムや
そのお国柄を理解してクルーとのコーディネートさえ
つかんでしまえば、後は楽しい時間が待っています

今回も皆さん、完璧なまでのお仕事ぶり
本当にありがとうございました!

訓練も山場のセイフティの試験が無事に終わったとのこと。
毎晩遅くまで続く試験勉強ももうあと少しですね。

私も訓練生だった当時を思い出しながら
清清しい気持ちで乗務を終えました。

さあ、2日間のステイを終えて
今日また日本へ戻ります。

今日も頑張るぞ〜!!

無事 戻りました♪

tulip火山の騒動から
早くも半月以上が過ぎました。

お陰様でその後、
私と同期のHaruちゃんは
無事に産休明けの初フライトを終え
日本に戻って参りました!

上空はすっかり視界良好


ようやく火山灰のかげりも消えて
いつもの美しい空に戻っていました(^^)

久しぶりの仕事

フライト前には緊張もありましたが
いざ始まってしまえば
相変わらずの温かい雰囲気と
気さくなクルーたちに恵まれて
楽しく充実した復帰便となりました

それにしても、1年8ヶ月産休育休を取っていた私たちに
クルーたちから

「何でそんなに長く休んでいたの?」
「日本ではみんなそんなに長く休むの?」
「いったい何年妊娠していたの??」(これは冗談)

と口々に質問され、私とHaruちゃんはしどろもどろ。。。

以前も書きましたが、ヨーロッパのこの国では
産後3ヶ月で乗務に復帰するクルーがほとんど。

日本では1年の育児休暇でも短いと思われがちなのに
ほんとにタフな国民性
お国柄を感じます。

そんなたくましい彼女たちに囲まれて
子育て談義に花を咲かせながら
ワイワイ楽しいフライトでした

今回一緒にビジネスクラスを担当したクルーは
とってもフレンドリーな女性。

フライト中、彼女とすっかり仲良しになった
私とHaruちゃんは、ステイ中
田舎町にある素敵なお宅に遊びに行ってきました♪

(あ、もちろん3日間の訓練はバッチリ終えてから

その日、ちょうど町は年1回のお祭りで
街角では賑やかなフリーマーケットが大盛況!
可愛い雑貨やおもちゃがぜ〜んぶ1ユーロとくれば
Haruちゃんも私も大興奮です

子供たちに良いお土産ができました♪

フリマ街角の至るところで
ライブコンサートが催され
ビール片手に陽気に歌ったり踊ったりする
楽しげな人々の笑顔に

「またヨーロッパに来たんだなあ。。。」

と改めて実感。

そうそう、
この音楽好きでおしゃべり好きの
気さくな雰囲気が私は大好きなのです

町から町をドライブしながら
チューリップ畑にも寄り道しました

一面に広がる赤と黄のコントラストは圧巻!
ちょっと遅めのヨーロッパの春を感じながら
すっかり癒されたステイとなりました。

そして
招待された素敵なお宅

おとぎ話に出てきそうな緑いっぱいのお庭と
空間を上手に使った素敵なインテリア

普段バタバタと家事子育てに追われ
ただただ “片付ける” ことばかりに
気を取られている身には
見習うべきことがいっぱいでした!

ヨナの庭

ケーキ

美味しいお茶とケーキをご馳走になり
すっかり素敵な気分に浸りました

ちなみに私とHaruちゃんは今回、
復帰訓練のため1週間という長い滞在でした。

私達の滞在中、通常のフライトで到着する
同期の仲間たちをホテルで順番に迎えては見送り
一気に同窓会もできたような充実の1週間でした

そしてなんと!

ホテルで朝食を取っていたとき、思いがけない再会が!!

この春、新しく入社したクルーの中に
私が学生時代、一緒にエアラインを目指していた
Makiちゃんがいたのです!

Makiちゃんはその後、アメリカ系のエアラインに入社し
長いことアメリカ、アジア路線を乗務していましたが
お子さんを産んでからしばらく、エアラインを
離れていたそうです。

そして、お子さんが大きくなった今年
またエアラインに復帰!

やっぱりこれがエアライン稼業。
離れるとなぜかまた恋しくなる不思議な仕事なのです。

思えばMakiちゃんとは15年ぶりの再会でした

こうして、別の航空会社で働いていた友人と
時を経て偶然に同僚となれることが多々あるのが
エアラインの楽しいところでもあるのです(^^)

そんなこんなで
私たちの復帰フライトは
平和にそして楽しく終わりました。

ご心配メールいただいた皆さん
どうもありがとうございました!!
livedoor プロフィール
みんなの感想ありがとう!!
過去の日替わりブレンド♪
楽天市場
  • ライブドアブログ