富士カレンダーはもうすぐ2月。

何を今更!
と叱られそうですが
年末年始、とんとご無沙汰でしたので
あらためまして
あけましておめでとうございます

今年の新年は静岡の富士山麓にある
義兄家族のところで迎えました。
親戚揃ってワイワイ賑やかな楽しいお正月でした

そしてこの写真。
なんと義兄宅のお庭から撮った一枚です

富士山のお膝元!と呼ぶに相応しく
その庭からは毎朝毎晩当たり前に
こんな絶景が臨めるんです。
(うらやまし〜)

自然に囲まれた素晴らしい環境で
ス〜っと喉に入ってくる空気が清清しくて心地いい。
寒さに負けず何度も深呼吸したくなるような
本当に素晴らしい環境で迎えた爽やかな2010年でした

富士山といえば、

以前働いていたエアラインのパイロットで
ステイ中に富士登山に臨むツワモノが多かったのを
ふと思い出しました。

フライト中、コックピットでおしゃべりしていると、

「次回成田に飛んだとき富士山に登るつもりだから」と

富士山への行き方やオススメの登り口など
あれやこれや質問されてシドロモドロになったものです(^^;)

外国の人がこんなに富士山に関心を持ってくれているのに
登ったことすらなかった自分に歯がゆい思いをしていた私は、
心の中で

「いつかは登ってみよう」

と密かに思っていたのでした。

そうは言ってもなかなか計画は実行できずにいたところ
数年前、親しくなった友人の誘いで
念願の富士山登頂を果たしたのでした!

女3人で果敢にも挑んだ富士登山。

途中で友人が高山病になったりして大変だった最中
なぜか私だけはピンピンしていて

「やっぱり普段10000メートル上空にいる人は違うね!」

なんて冗談を言われたりしましたが
果たして本当に関係あるのかしら。。。

確かに飛行機に乗っていると気圧の変化を日常的に
体感しているのですが、それが高山病にならない
原因と関係あるのか。。。

どなたか知ってたら教えてください♪

それにしても
いつも飛行機の窓から何気なく見ていた富士山。
自分の足で苦労して登ってみると、
その大きさと存在感に圧倒されっぱなしでした

頂上に上り切ったときのあの感動
そしてご来光の素晴らしさは今でも忘れることができません

今でもフライト中に富士山を見かけると
あのときの感動を思い出します

そんな富士山。

残念ながら初夢には出てきませんでしたが
元旦の朝、一番にしっかり拝ませていただきました。

一富士、二鷹、三茄子。

今年も皆さんにたくさん良いことありますように!!

人気ブログランキング♪